トップページ > キッズこだま >  3月テーマは「別れ」

3月テーマは「別れ」

「投稿を見る」へ  

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

中学校でもかっこよく

大野市上庄小  1年 森永 貫太郎

 6年生(ねんせい)と別(わか)れるのはさみしいです。たくさん遊(あそ)んでくれました。今(いま)までお世話(せわ)になりました。
 三重跳(さんじゅうと)びや後(うし)ろ二重跳(にじゅうと)びを見(み)せてもらい、大縄跳(おおなわと)びも教(おし)えてもらいました。
 中学校(ちゅうがっこう)では、運動(うんどう)や英語(えいご)の勉強(べんきょう)をがんばってください。僕(ぼく)も2年生(ねんせい)になったら、難(むずか)しい問題(もんだい)をいっぱい解(と)けるようになりたいです。難(むずか)しい漢字(かんじ)も書(か)けるようにしたいです。
 中学校(ちゅうがっこう)でもかっこよく、キラキラ輝(かがや)いてください。

小学校の教室に思い出たくさん

若狭町熊川小 6年  西野 理音

 6年間過(ねんかんす)ごした学校(がっこう)との別(わか)れは、さみしいです。
 入学(にゅうがく)してワクワクしながら1年生(ねんせい)の教室(きょうしつ)に入(はい)ったことを思(おも)い出(だ)します。同級生(どうきゅうせい)とけんかしたこともあったけれど、そのおかげで絆(きずな)を強(つよ)めることができました。
 昼休(ひるやす)みは体育館(たいいくかん)でドッジボール。音楽室(おんがくしつ)では、休(やす)み時間(じかん)に集(あつ)まって合奏(がっそう)の練習(れんしゅう)を一生懸命(いっしょうけんめい)しました。
 小学校(しょうがっこう)の全(すべ)ての教室(きょうしつ)に思(おも)い出(で)が詰(つ)まっています。今度(こんど)は、中学校(ちゅうがっこう)で思(おも)い出(で)をたくさんつくりたいです。

新しい先生に多くを学んだ

鯖江市中河小 5年 堀本 爽太郎

 保育園(ほいくえん)や低学年(ていがくねん)の時(とき)の先生(せんせい)など今(いま)まで多(おお)くの別(わか)れがありました。でも、別(わか)れた分(ぶん)だけ、友(とも)だちができたり、いろいろな出会(であ)いがあったりしました。
 1、2年(ねん)の担任(たんにん)にはお世話(せわ)になりました。だけど3年(ねん)の時(とき)に別(べつ)の学校(がっこう)に行(い)きました。その後(あと)にクラス替(が)えがあり、たくさん友(とも)だちができました。新(あたら)しい先生(せんせい)からも多(おお)くを学(まな)びました。
 別(わか)れはさみしいけど新(あたら)しい出会(であ)いが待(ま)っています。

友達や先生との出会いはキセキ

勝山市成器西小  6年 南部 香乃

 入学時(にゅうがくじ)は人見知(ひとみし)りで、恥(は)ずかしがりやで教室(きょうしつ)に入(はい)るのもつらく、泣(な)いていました。そんな時(とき)、支(ささ)えてくれたのは先生(せんせい)でした。
 中学校(ちゅうがっこう)では、部活動(ぶかつどう)など分(わ)からないことがあって不安(ふあん)です。でも西校(にしこう)の先生方(せんせいがた)が、私(わたし)たちの背中(せなか)を押(お)してくれると信(しん)じています。
 こんなによい学校(がっこう)、そして友達(ともだち)、先生(せんせい)に出会(であ)えたことは「キセキ」です。中学校(ちゅうがっこう)では先生(せんせい)に注意(ちゅうい)されたことをしっかり守(まも)り、学校生活(がっこうせいかつ)を楽(たの)しみたいです。

だめな所直し 勇気を持てた

敦賀市中郷小 6年 田伏 陽菜

 小学校(しょうがっこう)に通(かよ)い始(はじ)めたころの私(わたし)と、今(いま)の私(わたし)を比(くら)べると、たくさんのことができるようになりました。特(とく)に6年生(ねんせい)になってからは、成長(せいちょう)したなと思(おも)います。
 大(おお)きな声(こえ)を出(だ)すなどして自分(じぶん)から行動(こうどう)していたけれど、5年生(ねんせい)になると、それができなくなりました。
 6年生(ねんせい)からは、だめな所(ところ)を直(なお)すことを心(こころ)がけました。不安(ふあん)で落(お)ち込(こ)んだこともあったけど、友(とも)だちや先生(せんせい)の応援(おうえん)があり、勇気(ゆうき)を持(も)てるようになりました。
 成長(せいちょう)できたのは、友(とも)だちや先生(せんせい)のおかげです。

弱気よさらば新たな挑戦を

越前市武生西小  6年 大友 由奈

 別(わか)れという言葉(ことば)を聞(き)き「こんな自分(じぶん)と別(わか)れたい」と思(おも)いました。やる前(まえ)からあきらめてしまう弱気(よわき)な自分(じぶん)です。
 「挑戦(ちょうせん)」が好(す)きで、習(なら)い事(ごと)などに挑(いど)んできました。ですが、他(ほか)の人(ひと)がやっているのを見(み)たり、対戦相手(たいせんあいて)を見(み)ただけで、やる前(まえ)からあきらめてしまうことがありました。
 4月(がつ)から中学生(ちゅうがくせい)。挑戦(ちょうせん)することもたくさんあります。そんな時(とき)に、あきらめない強(つよ)い自分(じぶん)でいるために、今(いま)の弱気(よわき)な自分(じぶん)と別(わか)れたい。そして前(まえ)へ進(すす)みたいと思(おも)います。
 弱気(よわき)な自分(じぶん)と別(わか)れるためには、まず努力(どりょく)を積(つ)み重(かさ)ね、自信(じしん)を持(も)てるようになることが必要(ひつよう)です。いつでも強(つよ)い気持(きも)ちでいることが大切(たいせつ)です。このことを心(こころ)にとめて、中学生(ちゅうがくせい)へ一歩(いっぽ)ずつ進(すす)みたいです。

お手本は卒業生 多くを学びたい

越前市服間小  5年 武安 凜佳

 私(わたし)の兄(あに)は今年(ことし)、卒業(そつぎょう)です。兄(あに)は私(わたし)とはよくけんかをするけれど、1年生(ねんせい)など小(ちい)さい子(こ)にはやさしくする6年生(ねんせい)です。6年生(ねんせい)にはやさしい人(ひと)がいっぱいいます。私(わたし)もたくさんのことができて、やさしくできる人(ひと)になりたいです。
 卒業生(そつぎょうせい)をお手本(てほん)にして、あと少(すこ)しの時間(じかん)の中(なか)で、多(おお)くを学(まな)びたいと思(おも)います。

仲良しの友だち別の中学へ進学

勝山市成器西小 6年  立壁 晶紀

 私(わたし)はあまり別(わか)れを経験(けいけん)したことがありません。でもこれから、ある友(とも)だちと別(わか)れます。
 その友(とも)だちとは1年生(ねんせい)から一緒(いっしょ)で、6年近(ねんちか)く共(とも)に過(す)ごしてきました。時(とき)には対立(たいりつ)することもありましたが、すごく仲良(なかよ)しでした。
 中学校(ちゅうがっこう)も一緒(いっしょ)だと勝手(かって)に思(おも)い込(こ)んでいました。でも、その友(とも)だちと遊(あそ)んだ日(ひ)、打(う)ち明(あ)けてくれました。中学校(ちゅうがっこう)を受験(じゅけん)して合格(ごうかく)し、もう入学(にゅうがく)が決(き)まったことを。衝撃(しょうげき)を受(う)けました。その子(こ)といると楽(たの)しくて、別(わか)れるなんて思(おも)ってもいなかったから。卒業式(そつぎょうしき)をしたらお別(わか)れ―。そう考(かんが)えると、さみしく感(かん)じました。
 でも中学校(ちゅうがっこう)ではたくさんの友(とも)だちができます。そのワクワク感(かん)もあります。別(わか)れもありますが、新(あたら)しい出会(であ)いもあります。そう考(かんが)えると、友(とも)だちとの別(わか)れも、前向(まえむ)きに考(かんが)えることができました。今(いま)は中学校(ちゅうがっこう)に進(すす)むことがとても楽(たの)しみになっています。

6年生が教えてくれた

勝山市平泉寺小  4年 竹内 悠翔

 「もうちょっとで6年生(ねんせい)が卒業(そつぎょう)してしまうよ。そうしたら、僕(ぼく)たちが学校(がっこう)のリーダー。どうやって下(した)の学年(がくねん)をまとめていくのかな」
 6年生(ねんせい)は僕(ぼく)の前(まえ)に立(た)って、支(ささ)えてくれました。1年生(ねんせい)の時(とき)は学校(がっこう)がよく分(わ)かりませんでしたが、6年生(ねんせい)が教(おし)えてくれました。2年生(ねんせい)の時(とき)は授業(じゅぎょう)が難(むずか)しくなりました。その時(とき)にも漢字(かんじ)などを教(おし)えてくれて、見守(みまも)ってくれました。3年生(ねんせい)の時(とき)は、なわとびの二重跳(にじゅうと)びがうまく飛(と)べるこつを教(おし)えてくれました。そして、4年生(ねんせい)になり、いろいろなことができるようになりました。
 4月(がつ)から僕(ぼく)は、今(いま)の6年生(ねんせい)のように、下(した)の学年(がくねん)にたくさんのことを教(おし)えたいです。

「また会える」と前向きに考える

大野市有終南小  6年  山田 莉空

 僕(ぼく)は幼(おさな)いころ、お母(かあ)さんを亡(な)くしました。その時(とき)、僕(ぼく)は目(め)から自然(しぜん)と涙(なみだ)が流(なが)れ、なかなか止(と)まりませんでした。
 保育園(ほいくえん)のころは、友(とも)だちと別(わか)れるとか、そんな考(かんが)えはありませんでした。でも今(いま)は6年生(ねんせい)で、あと少(すこ)しで卒業(そつぎょう)です。今(いま)の友(とも)だちが大好(だいす)きで、別(わか)れるのが嫌(いや)で、みんなと同(おな)じ中学校(ちゅうがっこう)に行(い)こうと決(き)めました。
 これから先(さき)、高校(こうこう)まではその友(とも)だちと一緒(いっしょ)にいると思(おも)います。でも、その先(さき)には大学進学(だいがくしんがく)があります。それぞれ夢(ゆめ)があるので、もちろん僕(ぼく)と同(おな)じ大学(だいがく)ではないと思(おも)います。幼(おさな)いころの、あの経験(けいけん)をしたからこそ、別(わか)れが嫌(いや)でも生(い)きてさえいれば、また会(あ)える―。そう前向(まえむ)きに考(かんが)えています。

中学での出会い楽しみに頑張る

敦賀南小  6年 中村 朱里

 友(とも)だち、先生(せんせい)、学校(がっこう)。小学校(しょうがっこう)の自分(じぶん)。そして、この「キッズこだま」。卒業(そつぎょう)はたくさんの別(わか)れです。私(わたし)はもう少(すこ)しで、6年間通(ねんかんかよ)い続(つづ)けた学校(がっこう)を卒業(そつぎょう)します。
 たくさんの思(おも)い出(で)ができました。体育大会(たいいくたいかい)、音楽発表会(おんがくはっぴょうかい)、マラソン大会(たいかい)、友(とも)だちとたくさん遊(あそ)んだこと…。マラソン大会(たいかい)は上位(じょうい)に入(はい)ることができなくて悔(くや)しかったですが、今(いま)では良(よ)い思(おも)い出(で)です。
 中学校(ちゅうがっこう)は、新(あら)たな出会(であ)いの場(ば)でもあります。他(ほか)の小学校(しょうがっこう)から来(く)る友(とも)だちと仲良(なかよ)くなることができます。
 このように、別(わか)れだけではなく、私(わたし)には新(あたら)しい出会(であ)いが待(ま)っています。その出会(であ)いを楽(たの)しみに、中学校生活(ちゅうがっこうせいかつ)を精(せい)いっぱい頑張(がんば)りたいです。

支えてくれた みんなに感謝

越前市吉野小    6年 長谷川 泰志

 僕(ぼく)の友(とも)だちは、6年間(ねんかん)つらい時(とき)や悲(かな)しい時(とき)、どんな時(とき)でも寄(よ)り添(そ)って、支(ささ)えてくれた大切(たいせつ)な存在(そんざい)です。でも、別(わか)れの時(とき)がやってきてしまいました。だからこそ、これまで支(ささ)えてくれた友(とも)だち、家族(かぞく)、先生(せんせい)に感謝(かんしゃ)の気持(きも)ちをめいっぱい伝(つた)えたいです。
 一番感謝(いちばんかんしゃ)している事(こと)は、副団長(ふくだんちょう)をつとめた体育大会(たいいくたいかい)です。副(ふく)リーダーとして、みんなを引(ひ)っ張(ぱ)っていけるか心配(しんぱい)だったけど、支(ささ)えがあったから優勝(ゆうしょう)できました。黄組(きいぐみ)のみんなに感謝(かんしゃ)しています。
 中学校(ちゅうがっこう)に入(はい)っても6年間支(ねんかんささ)えてくれた友(とも)だちを大切(たいせつ)にしたいです。永遠(えいえん)の友(とも)だから。

8人のクラス 変わらない絆

あわら市伊井小  6年 山本 歩夢

 私(わたし)たちのクラスは8人(にん)。とても少(すく)ないです。でも悪(わる)いことは一(ひと)つもありません。少(すく)ないからこそ、絆(きずな)が深(ふか)まり、より楽(たの)しいからです。
 他(ほか)のクラスより、私(わたし)たちのクラスが一番仲(いちばんなか)が良(よ)いと思(おも)います。男子(だんし)と女子(じょし)で、もめることがあるけれど、何(なに)かをする時(とき)はいつも協力(きょうりょく)し合(あ)い、支(ささ)え合(あ)ってきました。私(わたし)がここまでこられたのも、みんなのおかげです。
 みんなと別(わか)れるのは、とてもさみしいです。でも、別(わか)れても私(わたし)たちの絆(きずな)は変(か)わりません。みんなのことは、これからも絶対忘(ぜったいわす)れません。
 みんなと過(す)ごした一(ひと)つ一(ひと)つの思(おも)い出(で)は宝物(たからもの)です。それぞれの道(みち)に進(すす)んでも、一人(ひとり)一人(ひとり)が活躍(かつやく)してほしいです。みんなが大好(だいす)きです。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2020年03月27日 勝山市全小中でNIE 持続発展教育「ESD」一環 ふるさとへの学び深める 勝山市全小中でNIE 持続発展教育「ESD」一環 ふるさとへの学び深める
  • 2020年03月22日 2年目実践校 本年度活動報告(下) 2年目実践校 本年度活動報告(下)
  • 2020年03月15日 1年目実践校 本年度活動報告(上) 1年目実践校 本年度活動報告(上)
  • 2020年03月15日 【大学生TIMES】仁愛大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点 【大学生TIMES】仁愛大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点
  • 2020年03月01日 NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う

福井教育ダイジェスト

  • 2020年02月26日 全日制平均 1倍割る 県立高入試  全日制平均 1倍割る 県立高入試
  • 2020年02月21日 拉致問題 風化許すな 地村さん証言  拉致問題 風化許すな 地村さん証言
  • 2020年02月21日 森田小「児童多すぎ」56%   森田小「児童多すぎ」56% 
  • 2020年02月21日 県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携  県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携
  • 2020年02月20日 あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から  あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から
  • 2020年02月20日 教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院  教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院
  • 2020年02月19日 教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針  教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針
  • 2020年02月18日 探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設  探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設
  • 2020年02月14日 22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点  22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点
  • 2020年02月13日 授業上手24人「名人」に任命 県教委  授業上手24人「名人」に任命 県教委
  • 2020年02月08日 同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高  同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高
  • 2020年01月30日 県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初  県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初
  • 2020年01月30日 新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示  新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示
  • 2020年01月29日 暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.  暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.
  • 2020年01月26日 記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」  記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」
  • 2020年01月24日 平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ   平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ
  • 2020年01月24日 早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格  早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格
  • 2020年01月23日 提案する大学生地域活性化策を発表  提案する大学生地域活性化策を発表
  • 2020年01月23日 県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%  県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人   宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人
  • 2020年01月21日 通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ  通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ
  • 2020年01月14日 全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う  全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う
  • 2020年01月13日 不登校解決策探る 福井で講座  不登校解決策探る 福井で講座
  • 2020年01月13日 iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察  iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察
  • 2020年01月12日 新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座   新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座
  • 2020年01月06日 入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標  入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標
  • 2019年12月28日 電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え  電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え
  • 2019年12月24日 体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低  体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低
  • 2019年12月22日 北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲  北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲
  • 2019年12月21日 高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育  高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育
  • 2019年12月13日 おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信  おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信
  • 2019年12月12日 部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針  部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針
  • 2019年12月10日 最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式  最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式
  • 2019年12月10日 教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減  教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

職人の手ほどきで焼き鳥の串を刺し、出来栄えを見せ合うこども記者=11月23日、福井市下河北町の秋吉グループ本部(東村淳吾撮影)

こども記者「秋吉」を取材 笑顔生む 福井の焼き鳥

 福井新聞「こども記者」5人は11月23日、県内27店舗(...
2019年12月08日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」