トップページ > キッズこだま > 12月テーマは「私の重大ニュース」

12月テーマは「私の重大ニュース」

「投稿を見る」へ  

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

楽しい田植え大切さ伝える

越前市神山小  5年 小東 優斗

 初(はじ)めて田植(たう)えと稲刈(いねか)りをしました。田植(たう)えはドロドロの中(なか)に入(はい)るので「いやだな」と思(おも)いましたが、実際入(じっさいはい)ってみると楽(たの)しかったです。
 稲刈(いねか)りも同(おな)じで楽(たの)しかった。田植(たう)えとは真逆(まぎゃく)で、田(た)んぼはかわいていました。稲(いね)はかたく、切(き)るのは力(ちから)がいりました。がんばって稲刈(いねか)りをしたお米(こめ)が、僕(ぼく)たちの食卓(しょくたく)においしく届(とど)いたらいいと思(おも)いました。自分(じぶん)やみんなが、どれだけお米(こめ)に愛情(あいじょう)を込(こ)めたかが分(わ)かるからです。
 お米(こめ)は和食(わしょく)に欠(か)かせない食(た)べ物(もの)。洋風文化(ようふうぶんか)が進(すす)んでいる中(なか)で、お米(こめ)の大切(たいせつ)さをみんなに伝(つた)えたいです。

開脚後転できたチャレンジ大切

越前市服間小  2年 さいとう ゆめ

学校(がっこう)で開脚(かいきゃく)の後転(こうてん)ができるようになりました。
 はじめは後転(こうてん)もできませんでした。いっぱい練習(れんしゅう)して、できるようになりました。後転(こうてん)ができたから次(つぎ)は開脚(かいきゃく)での後転(こうてん)を練習(れんしゅう)し、これもできるようになりました。
 チャレンジすると、すぐにではないけれど、できないことが、できるようになることが分(わ)かりました。チャレンジは大切(たいせつ)だと思(おも)いました。

修学旅行で勉強 忘れずに頑張る

越前市武生西小  6年 イナゲ マイナ

 6年生(ねんせい)みんなと修学旅行(しゅうがくりょこう)に行(い)きました。奈良(なら)の大仏(だいぶつ)は、教科書(きょうかしょ)や資料集(しりょうしゅう)で見(み)るより大(おお)きく、びっくりしました。たくさんの鹿(しか)たちは怖(こわ)かったけれど、だんだん慣(な)れて、最後(さいご)には触(さわ)ることができて、すごくうれしかったです。
 USJは、これまで友(とも)だちとは一度(いちど)も行(い)ったことはなかったので楽(たの)しい思(おも)い出(で)になりました。旅行(りょこう)を通(とお)して、自分(じぶん)の意見(いけん)を話(はな)す大切(たいせつ)さも勉強(べんきょう)しました。もっといい6年生(ねんせい)、もっといい人(ひと)になりたいと考(かんが)えるようになりました。
 修学旅行(しゅうがくりょこう)で学(まな)んだことを忘(わす)れず、これからもいろいろなことをがんばりたいです。

友だちのこと見えるように

越前市服間小  5年 西 ふうが

 僕(ぼく)は今年(ことし)1年(ねん)で、友(とも)だちのことがよく見(み)えるようになりました。自分(じぶん)では、みんなよりできることが少(すく)ないと思(おも)います。その分(ぶん)「みんなは〇〇ができて、いいな」と感(かん)じることが、たくさんあります。
 E君(くん)はクラスで一番足(いちばんあし)が速(はや)い。K君(くん)は物知(ものし)りで、いつも授業中(じゅぎょうちゅう)に発表(はっぴょう)をする。Aさんは、どんな場面(ばめん)でも意見(いけん)が言(い)えて堂々(どうどう)としています。Iさんが怒(おこ)っているところを見(み)たことはありません。Yさんは、なぜか周(まわ)りの人(ひと)が助(たす)けたくなる雰囲気(ふんいき)があります。
 来年(らいねん)は、僕自身(ぼくじしん)の良(よ)いところを見(み)つけられる年(とし)にしたいと思(おも)います。

バッティング練習場できた

若狭町熊川小  6年 糀谷 知輝

 ぼくの重大(じゅうだい)ニュースは、8月(がつ)にお父(とう)さんがバッティング練習場(れんしゅうじょう)を作(つく)ってくれたことです。練習(れんしゅう)をたくさんして、上手(じょうず)になりたいです。
 二(ふた)つ目(め)は運動会(うんどうかい)。応援合戦(おうえんがっせん)が一番(いちばん)の楽(たの)しみで、みんなで一生(いっしょう)けん命練習(めいれんしゅう)し、絶対(ぜったい)に優勝(ゆうしょう)しようと思(おも)いましたが結果(けっか)は2位(い)で、とてもくやしかったです。競技(きょうぎ)の部(ぶ)では優勝(ゆうしょう)できて、うれしかったです。

将棋アプリが新しい相手に

大野市上庄小  4年 山川 恭平

 僕(ぼく)は将棋(しょうぎ)が好(す)きだけれど、上手(じょうず)ではありません。うまくなりたいので家族(かぞく)にたのんでも、お姉(ねえ)さんは部活(ぶかつ)と勉強(べんきょう)で忙(いそが)しく、お父(とう)さんは仕事(しごと)で帰(かえ)りが遅(おそ)く、インターネットの仕事(しごと)が大変(たいへん)。お母(かあ)さんは将棋(しょうぎ)のやり方(かた)を知(し)りません。
 そんなことから、お父(とう)さんがタブレットに将棋(しょうぎ)のアプリを入(い)れてくれました。敵(てき)はほどよい強(つよ)さ。とても楽(たの)しくて、新(あたら)しい相手(あいて)ができました。
 お父(とう)さんは「もうちょっと強(つよ)くなったら勝負(しょうぶ)しよう」と言(い)ってくれました。僕(ぼく)はこの言葉(ことば)が心(こころ)に残(のこ)りました。この目標(もくひょう)に向(む)かって、これからアプリを続(つづ)けたいです。できれば、大野(おおの)や福井県(ふくいけん)の中(なか)の将棋(しょうぎ)の強(つよ)い人(ひと)と戦(たたか)いたいです。

副委員長がいい経験に

越前市武生西小  6年 岩堀 楓彩

 1学期(がっき)の委員会(いいんかい)で給食(きゅうしょく)の副委員長(ふくいいんちょう)になりました。給食(きゅうしょく)の献立(こんだて)を放送(ほうそう)することが恥(は)ずかしかったから、第(だい)3希望(きぼう)までには入(はい)っていませんでした。
 クラスで集(あつ)まり、各委員会(かくいいんかい)の委員長(いいんちょう)と副委員長(ふくいいんちょう)を決(き)めました。どんどん決(き)まっていきましたが、給食委員会(きゅうしょくいいんかい)の副委員長(ふくいいんちょう)だけが空白(くうはく)で、時間(じかん)がたっても決(き)まりませんでした。私(わたし)は同(おな)じような委員会(いいんかい)に入(はい)っていたので、放送(ほうそう)するような委員会(いいんかい)もいいかなと思(おも)い、勇気(ゆうき)を持(も)って手(て)を挙(あ)げました。
 副委員長(ふくいいんちょう)をやってみて、大変(たいへん)な時(とき)もあったけれど、いい経験(けいけん)になりました。これからも少(すこ)しの勇気(ゆうき)を出(だ)し、いろいろなことに挑戦(ちょうせん)したいです。

体育大会優勝 最高の思い出

越前市吉野小  6年 藤田 爽叶

重大(じゅうだい)ニュースは体育大会(たいいくたいかい)で優勝(ゆうしょう)したことです。今年(ことし)のチームは、私(わたし)が小学校(しょうがっこう)にいる間(あいだ)に一度(いちど)も優勝(ゆうしょう)がなかった黄色組(きいろぐみ)でした。
 迎(むか)えた応援合戦(おうえんがっせん)。テーマは「みんなの笑顔(えがお)で飛(と)ばそう 光(ひか)り輝(かがや)くスター」。放課後(ほうかご)もクラスで練習(れんしゅう)し、みんなの心(こころ)を一(ひと)つにして成果(せいか)を出(だ)し切(き)ることができました。
 色別(いろべつ)リレーは、代表(だいひょう)になったからには絶対(ぜったい)に1位(い)でバトンをつなぎたい、と強(つよ)く思(おも)い、全力(ぜんりょく)で走(はし)りぬき、目標(もくひょう)を果(は)たすことができました。
 令和初(れいわはつ)、6年間(ねんかん)で初(はつ)、小学校最後(しょうがっこうさいご)―。優勝(ゆうしょう)を飾(かざ)ることができて、忘(わす)れられない最高(さいこう)の思(おも)い出(で)ができました。

プレゼントの服 喜ばれうれしい

福井市木田小  4年 山田 瀬菜

 重大(じゅうだい)ニュースは、おじいちゃんとおばあちゃんの誕生日(たんじょうび)でした。11月(がつ)6日(むいか)と9日(ここのか)でした。でも、その前(まえ)におじいちゃんが入院(にゅういん)してしまって、2人(ふたり)の誕生日(たんじょうび)パーティーはできませんでした。おじいちゃんは点滴(てんてき)を打(う)ったりしていました。誕生日(たんじょうび)は病院(びょういん)ですごすことになり、パーティーは退院(たいいん)の1日前(にちまえ)にしました。
 私(わたし)は2人(ふたり)に服(ふく)をプレゼントしました。2人(ふたり)は喜(よろこ)んで「ありがとう」と言(い)ってくれました。その後(あと)、いとこらも集(あつ)まって、ごちそうを食(た)べました。お母(かあ)さんが用意(ようい)したケーキも食(た)べ、2人(ふたり)ともうれしそうに一日(いちにち)をすごしました。
 退院(たいいん)の日(ひ)は、プレゼントした服(ふく)を着(き)てくれていたそうです。すごくうれしかったです。2人(ふたり)が喜(よろこ)んでくれていたことが伝(つた)わりました。

校内マラソン夢のV6達成

大野市有終南小  6年 田中 悠月

 10月(がつ)に最後(さいご)の校内(こうない)マラソン大会(たいかい)がありました。1年(ねん)の時(とき)から、ずっとマラソン大会(たいかい)は1位(い)で、4年(ねん)から6連覇(れんぱ)を目指(めざ)そうと思(おも)いました。4、5年(ねん)も1位(い)で、いよいよ最後(さいご)の大会(たいかい)。6連覇(れんぱ)の夢(ゆめ)まで近(ちか)づき、さらに「1位(い)になる!」という気持(きも)ちが高(たか)まりました。
 スタートを切(き)りました。今(いま)まで5年間(ねんかん)、せっかく1位(い)でやってきたのだから、最後(さいご)には絶対負(ぜったいま)けたくないと精(せい)いっぱい走(はし)りました。後(うし)ろから足音(あしおと)が聞(き)こえたけれど、どんなつらい時(とき)でも頑張(がんば)りゴールしました。結果(けっか)は1位(い)でした。
 6連覇(れんぱ)の夢(ゆめ)を達成(たっせい)できて、うれしかったです。まだ駅伝(えきでん)などもあるので、それも最後(さいご)まで精(せい)いっぱい頑張(がんば)ります。

ニュース選んで自分だけの新聞

大野市有終南小  3年 山内 優輝

 毎日(まいにち)、何気(なにげ)に読(よ)んでいる新聞(しんぶん)。だれが、どう作(つく)っているのか気(き)になる。おばあちゃんに聞(き)いてみた。「記事(きじ)は書(か)けないけれど、新聞(しんぶん)から自分(じぶん)が気(き)になるニュースを切(き)りぬいて、自分(じぶん)だけの新聞(しんぶん)をつくろう」と提案(ていあん)してくれた。
 うれしいニュース、かなしいニュース…。天気(てんき)、スポーツなどバランスよく選(えら)んで切(き)りぬいた。そして、紙(かみ)にはりつけて新聞(しんぶん)をつくった。自分(じぶん)だけの「何(なに)か」をつくるのは初(はじ)めてなので、僕(ぼく)の重大(じゅうだい)ニュースとしました。
 モノをつくることは難(むずか)しい。でも、できあがったときは、うれしい気持(きも)ちになる。おばあちゃんから、そのことも学(まな)んだ。

運動会で最優秀 努力は必ず実る

勝山市成器西小  6年 定友 咲弥

 運動会(うんどうかい)で最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)を取(と)りました。私(わたし)は赤組(あかぐみ)の団長(だんちょう)でした。みんなをしっかりとまとめて賞(しょう)を取(と)れたことが、とてもうれしかったです。
 赤組(あかぐみ)メンバーと「優勝(ゆうしょう)は無理(むり)。でも、3位(い)か4位(い)にはなりたい」「そうだね。でも、応援(おうえん)は最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)だ」と話(はな)しました。だから、最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)を取(と)れたので仲間(なかま)と喜(よろこ)びました。
 私(わたし)は努力(どりょく)は必(かなら)ず実(みの)ることを学(まな)びました。練習(れんしゅう)から全力(ぜんりょく)で、本番(ほんばん)はみんなをまとめつつ、自分(じぶん)も楽(たの)しめました。だから賞(しょう)が取(と)れたと思(おも)います。
 競技(きょうぎ)は4位(い)だったけれど、応援(おうえん)で賞(しょう)が取(と)れて、いろいろ学(まな)ぶものがありました。やはり、みんなで協力(きょうりょく)することは大切(たいせつ)。仲良(なかよ)く楽(たの)しむことも大切(たいせつ)だと改(あらた)めて感(かん)じました。

修学旅行で二条城堪能

あわら市伊井小 6年  渡邉 敬重

 僕(ぼく)の重大(じゅうだい)ニュースは修学旅行(しゅうがくりょこう)です。初(はじ)めて行(い)くところばかりで、一番楽(いちばんたの)しかったのは二条城(にじょうじょう)です。「うぐいす張(ば)りの廊下(ろうか)」は、歩(ある)くとキュッキュッと音(おと)がして、すごいと思(おも)いました。昔(むかし)の人(ひと)は、侵入者(しんにゅうしゃ)があっても、この音(おと)ですぐに分(わ)かるようにしたそうです。外(そと)から床(ゆか)の仕組(しく)みを見(み)て、どのように音(おと)が鳴(な)るかを知(し)ることができました。頭(あたま)が良(よ)かったんだと思(おも)いました。
 二(に)の丸御殿(まるごてん)の大広間(おおひろま)には武士(ぶし)の人形(にんぎょう)が置(お)いてあり、大政奉還(たいせいほうかん)の様子(ようす)を感(かん)じることができました。庭園(ていえん)もきれいでした。とても楽(たの)しい修学旅行(しゅうがくりょこう)になって良(よ)かったです。

たったひと言で男女同士仲良く

勝山市成器西小  6年 久保 藍里

 私(わたし)の重大(じゅうだい)ニュースは、男子(だんし)と女子(じょし)が一緒(いっしょ)に遊(あそ)ぶようになったことです。今(いま)までは、男子(だんし)は男子(だんし)、女子(じょし)は女子(じょし)だけで遊(あそ)んでいました。でも、私(わたし)たちがバレーボールをしていると、男子(だんし)たちもバレーで遊(あそ)びはじめ、「いっしょにやろう」と言(い)ったら「いいよ」と返事(へんじ)があり、一緒(いっしょ)にバレーをするようになりました。今(いま)は長(なが)い休(やす)み時間(じかん)や昼休(ひるやす)みなど毎日遊(まいにちあそ)ぶようになりました。
 男子(だんし)と女子(じょし)が別々(べつべつ)に遊(あそ)んでいても「いっしょにやろう」のひと言(こと)で、仲良(なかよ)くなれることが分(わ)かりました。中学生(ちゅうがくせい)になっても、違(ちが)う学校(がっこう)の人(ひと)たちと仲良(なかよ)くして、男子(だんし)と女子(じょし)が遊(あそ)べるようになりたいです。

夏の理科研究 入賞びっくり

勝山市平泉寺小  4年 平林 美結

 ビッグニュースは理科研究(りかけんきゅう)で賞(しょう)に入(はい)ったことです。夏休(なつやす)みの自由研究(じゆうけんきゅう)で「かんきょう問題(もんだい)を考(かんが)えてやってみる」という内容(ないよう)で研究(けんきゅう)しました。
 はじめて市(し)の中(なか)で金賞(きんしょう)を取(と)り、県(けん)の審査(しんさ)にいきました。県(けん)では入選(にゅうせん)でした。がんばったけれど、まさか県(けん)まで進(すす)むなんて夢(ゆめ)のようでした。今度(こんど)、表彰式(ひょうしょうしき)があり、久(ひさ)しぶりなので、すごくきんちょうしています。私(わたし)よりも上(うえ)だった作品(さくひん)を見(み)て、どのような作品(さくひん)が賞(しょう)に入(はい)るかを研究(けんきゅう)し、来年(らいねん)にそなえたいと思(おも)います。
 次(つぎ)も理科(りか)で賞(しょう)が取(と)れるようがんばり、もっと大(おお)きなニュースをつくりたいです。

苦手だった国語 得意になり自信

南越前町今庄小  6年 綿谷 美咲

 私(わたし)の重大(じゅうだい)ニュースは、5年(ねん)より国語(こくご)が得意(とくい)になったことです。漢字(かんじ)や文(ぶん)を書(か)くことが得意(とくい)ではありませんでした。だけど、6年(ねん)になって書(か)くことが多(おお)くなり、だんだんと慣(な)れてきたことで得意(とくい)になり始(はじ)めました。漢字(かんじ)は記(き)おく力(りょく)が強(つよ)くなったのか、習(なら)った文字(もじ)を頭(あたま)の中(なか)で覚(おぼ)えようとするようになりました。
 得意(とくい)な教科(きょうか)ができて自信(じしん)になりました。これからもやる気(き)を出(だ)して国語(こくご)をどんどん努力(どりょく)したいです。国語(こくご)だけではなく、苦手(にがて)な算数(さんすう)や理科(りか)も頑張(がんば)って勉強(べんきょう)をして得意(とくい)になりたいです。高校生(こうこうせい)では文系(ぶんけい)に進(すす)みたいと思(おも)っています。

「勝つ」思い一つ 難敵にリベンジ

南越前町今庄小  6年 伊藤 優作

 5月(がつ)に少年野球(しょうねんやきゅう)の甲子園(こうしえん)といわれる大会(たいかい)に出場(しゅつじょう)しました。1、2回戦(かいせん)を突破(とっぱ)し、3回戦(かいせん)は福井県(ふくいけん)1位(い)の木田(きだ)。試合内容(しあいないよう)は悪(わる)くなかったけれど、0―5で負(ま)けました。
 続(つづ)く順位決定戦(じゅんいけっていせん)は、練習試合(れんしゅうじあい)で大差(たいさ)で負(ま)けていた朝日(あさひ)。正直勝(しょうじきか)てるか不安(ふあん)でした。先制点(せんせいてん)を取(と)ったものの、ピンチが何度(なんど)もあり、今(いま)までの試合(しあい)で一番(いちばん)きん張(ちょう)しました。
 結果(けっか)は、「勝(か)つ」という今庄(いまじょう)ウィングス全員(ぜんいん)の思(おも)いが一(ひと)つになり、3―2で勝(か)ちました。今(いま)までで一番(いちばん)うれしくて、本当(ほんとう)に勝(か)ったのか、よく分(わ)かりませんでした。
 5位決定戦(いけっていせん)も勝(か)ち、西日本大会出場(にしにほんたいかいしゅつじょう)が決(き)まった時(とき)は、最高(さいこう)の仲間(なかま)に出会(であ)えたと思(おも)いました。一生忘(いっしょうわす)れない、最高(さいこう)の思(おも)い出(で)です。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2020年01月19日 県NIE推進協 松友会長インタビュー(下) 分かり合う論述大切 県NIE推進協 松友会長インタビュー(下) 分かり合う論述大切
  • 2020年01月12日 NIE教育 県NIE推進協 松友会長インタビュー(上) 「地域」知る学び必要 NIE教育 県NIE推進協 松友会長インタビュー(上) 「地域」知る学び必要
  • 2020年01月12日 【大学生TIMES】福井工大編 海外から見た福井って? 【大学生TIMES】福井工大編 海外から見た福井って?
  • 2020年01月11日 新聞切り抜き 五・七・五 勝山・荒土小 見出し使い川柳挑戦 新聞切り抜き 五・七・五 勝山・荒土小 見出し使い川柳挑戦
  • 2020年01月11日 新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座 新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座

福井教育ダイジェスト

  • 2019年12月28日 電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え  電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え
  • 2019年12月24日 体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低  体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低
  • 2019年12月22日 北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲  北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲
  • 2019年12月21日 高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育  高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育
  • 2019年12月13日 おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信  おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信
  • 2019年12月12日 部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針  部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針
  • 2019年12月10日 最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式  最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式
  • 2019年12月10日 教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減  教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減
  • 2019年11月24日 生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業  生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業
  • 2019年11月24日 毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」  毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」
  • 2019年11月23日 福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ  福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ
  • 2019年11月23日 白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献  白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献
  • 2019年11月22日 現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点  現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点
  • 2019年11月16日 教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案  教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案
  • 2019年11月10日 地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール  地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール
  • 2019年11月10日 ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流  ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流
  • 2019年11月06日 福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問  福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問
  • 2019年11月06日 中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト  中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト
  • 2019年11月05日 最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査  最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査
  • 2019年11月03日 笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰  笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰
  • 2019年10月30日 県立高20年度定員 全日制55人減 4880人 武生商工 足羽 外国人向け選抜新設  県立高20年度定員 全日制55人減 4880人 武生商工 足羽 外国人向け選抜新設
  • 2019年10月29日 工大福井高、啓新高 進学コース専願に 来年度入試から変更  工大福井高、啓新高 進学コース専願に 来年度入試から変更
  • 2019年10月27日 高校生、記者に記者する 県高文祭 本社で新聞大会 4校29人、取材し紙面制作  高校生、記者に記者する 県高文祭 本社で新聞大会 4校29人、取材し紙面制作
  • 2019年10月26日 魅力ある県立高とは 11年ぶり高問協、県教委諮問 校数維持の選択肢へ  魅力ある県立高とは 11年ぶり高問協、県教委諮問 校数維持の選択肢へ
  • 2019年10月25日 ラグビー熱 春江小(坂井)にも 今春新設のクラブ 人気で定員超え 「トライ楽しい」  ラグビー熱 春江小(坂井)にも 今春新設のクラブ 人気で定員超え 「トライ楽しい」
  • 2019年10月25日 個性磨き 楽しい学びを 県が教育大綱策定  個性磨き 楽しい学びを 県が教育大綱策定
  • 2019年10月18日 中学生郷土新聞コンクール審査 柳本さん(足羽中2)最優秀  中学生郷土新聞コンクール審査 柳本さん(足羽中2)最優秀
  • 2019年10月13日 高校受験へ1320人腕試し  高校受験へ1320人腕試し
  • 2019年10月13日 「高田博厚」五感で鑑賞 福井大院生 シート4種創作、発表 福井市美術館 常設展楽しく  「高田博厚」五感で鑑賞 福井大院生 シート4種創作、発表 福井市美術館 常設展楽しく
  • 2019年10月12日 無言清掃 精神に磨き 小浜二中  無言清掃 精神に磨き 小浜二中
  • 2019年10月08日 福井市街地で“子ども五輪” 八杉さん(福井大)3月開催へ  福井市街地で“子ども五輪” 八杉さん(福井大)3月開催へ
  • 2019年10月03日 陸上記録処理で科技高生輝く 半年かけシステム構築 瞬時に順位、負担減  陸上記録処理で科技高生輝く 半年かけシステム構築 瞬時に順位、負担減
  • 2019年09月30日 小中生が理系研究発表 福井大「育成塾」 テーマじっくり  小中生が理系研究発表 福井大「育成塾」 テーマじっくり
  • 2019年09月25日 武生「探究進学」、敦賀「文理進学」 2高校の新学科名  武生「探究進学」、敦賀「文理進学」 2高校の新学科名
  • 2019年09月20日 県内小学5・6年の「外国語科」 教科担任制の導入検討  県内小学5・6年の「外国語科」 教科担任制の導入検討
  • 2019年09月20日 来春に広域通信制高校 青池学園 県内法人で初めて  来春に広域通信制高校 青池学園 県内法人で初めて
  • 2019年09月19日 全日制受験教科を限定 外国人生徒の県立高入試 来春にも特別枠導入の方針  全日制受験教科を限定 外国人生徒の県立高入試 来春にも特別枠導入の方針
  • 2019年09月15日 福井市など6割が「国以上」 幼保無償化で自治体調査 独自財源で拡充  福井市など6割が「国以上」 幼保無償化で自治体調査 独自財源で拡充
  • 2019年09月14日 勝山北部中 心に残った記事〝熱弁〟 学校祭で表現、考える力競う  勝山北部中 心に残った記事〝熱弁〟 学校祭で表現、考える力競う
  • 2019年09月10日 子の不登校 親はどうする? 福井大で質問会 専門家ら助言  子の不登校 親はどうする? 福井大で質問会 専門家ら助言
  • 2019年09月04日 都市の大学定員削減を 福井県など知事ネット、内閣府へ提言  都市の大学定員削減を 福井県など知事ネット、内閣府へ提言
  • 2019年09月03日 福井大、来春に社会人向け新専門職大学院を設置 グローバル人材を育成  福井大、来春に社会人向け新専門職大学院を設置 グローバル人材を育成
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

職人の手ほどきで焼き鳥の串を刺し、出来栄えを見せ合うこども記者=11月23日、福井市下河北町の秋吉グループ本部(東村淳吾撮影)

こども記者「秋吉」を取材 笑顔生む 福井の焼き鳥

 福井新聞「こども記者」5人は11月23日、県内27店舗(...
2019年12月08日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」