トップページ > キッズこだま >  10月テーマは「自分の好きなところ、嫌いなところ」

10月テーマは「自分の好きなところ、嫌いなところ」

「投稿を見る」へ  

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

助けたい思い すてきなこと

越前市武生西小 6年 池田 惺羅

 「困(こま)っている人(ひと)を助(たす)けてあげたい」「地域(ちいき)の人(ひと)にたくさんあいさつしたい」。こんなことを私(わたし)は一番(いちばん)に思(おも)っている。でも、助(たす)けたいと思(おも)っている時(とき)、はずかしくて助(たす)けてあげられないことがある。あいさつしても、返(かえ)してくれない人(ひと)などもいる。それでも、こんなことを思(おも)うことは、いいことだと思(おも)っている。そんなことを思(おも)う私(わたし)は、とてもすてきな人(ひと)かもしれない。これからも、こんな気持(きも)ちをずっともって、笑顔(えがお)でいたい。
 「口(くち)を閉(と)じなさい」と毎日(まいにち)のように言(い)われている。私(わたし)はなぜか、口(くち)を開(あ)けるくせがある。「くせは直(なお)そうと思(おも)っても、なかなか直(なお)せない」と言(い)いたくなるけれど、あえて言(い)わない。だって、お母(かあ)さんたちは良(よ)くないと思(おも)っているからだと思(おも)う。

将来の夢むけ古生物調べる

越前市神山小  5年 前田 ゆうき

 まず好(す)きな所(ところ)は、将来(しょうらい)の夢(ゆめ)にむけて恐竜(きょうりゅう)などの古生物(こせいぶつ)を調(しら)べることです。ぼくの夢(ゆめ)は生物学者(せいぶつがくしゃ)です。アンモナイト、首長竜(くびながりゅう)などの恐竜(きょうりゅう)と同(おな)じ時代(じだい)にいた生(い)き物(もの)が特(とく)に好(す)きです。もっと生(い)き物(もの)を調(しら)べて、もっと興味(きょうみ)を持(も)って好(す)きになりたいです。
 次(つぎ)はきらいな所(ところ)です。ぼくは生(う)まれつき、おこりっぽい性格(せいかく)なので、直(なお)そうと思(おも)います。時(とき)には家(いえ)のものをこわしてしまうことがあるので、これはやめたいです。
 ぼくは、これから好(す)きな所(ところ)はもっと好(す)きに、きらいな所(ところ)は直(なお)して、好(す)きな所(ところ)をたくさん増(ふ)やしたいです。

弟妹のせわ よくしている

越前市神山小 5年 岩本 満

 私(わたし)は不思議(ふしぎ)な性格(せいかく)だ。泣(な)いたり、怒(おこ)ったり…。いろいろと性格(せいかく)がはげしい。人(ひと)がいる所(ところ)だと、はずかしくて何(なに)もできない。すぐにはらも立(た)つし、すぐに泣(な)く。それが私(わたし)の気性(きしょう)なのかもしれない。
 でも、私(わたし)の好(す)きな所(ところ)は負(ま)けないくらいある。自分的(じぶんてき)には、人(ひと)に優(やさ)しくできると思(おも)うし、正直言(しょうじきい)って勉強(べんきょう)も理解(りかい)していると感(かん)じている。弟(おとうと)や妹(いもうと)のめんどうも、ちゃんとみている。
 自分(じぶん)で言(い)うのもおかしいけれど、そういう自分(じぶん)の好(す)きな所(ところ)、きらいな所(ところ)を感(かん)じる心(こころ)がいいのだと思(おも)う。気(き)が合(あ)う人(ひと)や合(あ)わない人(ひと)がいるのは、その心(こころ)が多様(たよう)で、今(いま)の感情(かんじょう)がどうなっているのか深(ふか)く関(かか)わっているからだ。自分(じぶん)はその心(こころ)を変(か)えたかったら変(か)えられるから、いやなことは今後(こんご)は変(か)えたいと思(おも)う。

私は私と受け止める

大野市有終南小 6年 加藤 ちなつ  

 人間(にんげん)には自分(じぶん)の好(す)きな所(ところ)ときらいな所(ところ)があり、私(わたし)もそうです。そして、好(す)きな所(ところ)より、きらいな所(ところ)の方(ほう)が多(おお)く思(おも)いついてしまいます。
 自分(じぶん)のきらいな所(ところ)として、容姿(ようし)や性格(せいかく)などいろいろあります。特(とく)に足(あし)の形(かたち)と、たまに醜(みにく)くなる心(こころ)がきらいです。幼児(ようじ)のころは、それがとてもきらいでしたが、今(いま)では何(なん)とも思(おも)いません。なぜなら、受(う)け止(と)めたからです。きらいでも私(わたし)は私(わたし)だから。私(わたし)の一部(いちぶ)だからと受(う)け止(と)めました。だから、また新(あたら)しくきらいな所(ところ)が生(う)まれたとしても、受(う)け止(と)めていくと思(おも)います。
 自分(じぶん)のことが大(だい)きらいで、悩(なや)んでいる人(ひと)がいたら、何(なに)かアドバイスをしてあげたいです。きらいな所(ところ)が、好(す)きな所(ところ)に変(か)わるといいです。

強い責任感で委員長に挑戦

越前市武生西小 6年 古田 桃子

 私(わたし)の好(す)きな所(ところ)は、ささいなことでも強(つよ)い責任感(せきにんかん)をもって行動(こうどう)することです。でも自分(じぶん)は、このいい所(ところ)を十分(じゅうぶん)に発揮(はっき)していないと思(おも)います。責任感(せきにんかん)は強(つよ)いけれど「ぜひ、リーダーをやらせてください」などと、勇気(ゆうき)を出(だ)して伝(つた)えることができません。同級生(どうきゅうせい)なら気軽(きがる)に話(はな)すことができるけれど、下級生(かきゅうせい)をまとめる委員長(いいんちょう)などは絶対(ぜったい)できないだろうとあきらめて、一歩踏(いっぽふ)み出(だ)すことができません。
 すると、先生(せんせい)に「委員長(いいんちょう)やってみたら。チャレンジしよう」と言(い)われ「どうしよう…」。とまどいながらも、することにしました。
 私(わたし)は自分(じぶん)の好(す)きな所(ところ)、またきらいな所(ところ)も活用(かつよう)し、自分(じぶん)の可能性(かのうせい)を少(すこ)しずつでも広(ひろ)げていきたいです。

元気いっぱい友だち笑顔に

大野市上庄小 2年 ひろせ あゆむ

 元気(げんき)な所(ところ)がすきです。ぼくがいると、いつも友(とも)だちが笑(わら)ってくれるからです。
 すぐにあきらめてしまう所(ところ)がきらいで、いらいらしてしまいます。鉄棒(てつぼう)の逆上(さかあ)がりができなくて、いらいらしたことがありました。もっともっと休(やす)み時間(じかん)や昼休(ひるやす)みに練習(れんしゅう)したいです。おへそを鉄棒(てつぼう)にくっつけていないことに気(き)づきました。考(かんが)えて、できるようにがんばりたいです。
 元気(げんき)にみんなといっぱい遊(あそ)べば、いらいらしなくてすむと思(おも)います。楽(たの)しいことが増(ふ)えて、元気(げんき)に毎日遊(まいにちあそ)べたらいいです。

やさしい性格で放っておけない

若狭町熊川小 5年 池上 美来

 好(す)きな所(ところ)は、だれにでもやさしくできることです。ひとりぼっちの子(こ)や、さびしそうにしている子(こ)などは、放(ほう)っておくことができません。
 なぜなら、いじめた子(こ)が悪(わる)いのに、いじめられた子(こ)が自分(じぶん)が悪(わる)いと思(おも)い込(こ)むことは良(よ)くないからです。だから、そのことを伝(つた)えたいです。
 自分(じぶん)の言(い)いたいことをはっきりと言(い)えないことがきらいです。人(ひと)の意見(いけん)に同情(どうじょう)し、自分(じぶん)の意見(いけん)を言(い)うことができません。自分(じぶん)の身(み)の回(まわ)りのことで、きちんとできないこともきらいで、お母(かあ)さんによく注意(ちゅうい)されます。
 好(す)きな所(ところ)は続(つづ)け、きらいな所(ところ)は直(なお)していきたいです。

友だち大勢と助け合いたい

越前市武生西小 6年 谷川 由奈

 自分(じぶん)の好(す)きな所(ところ)ときらいな所(ところ)、どちらもたくさんあります。好(す)きな所(ところ)は、友(とも)だちがたくさんいること。きらいな所(ところ)はピアノができないと、すぐあきらめてしまうことです。
 私(わたし)には数(かぞ)えきれないほどの友(とも)だちがいます。学校(がっこう)、習(なら)い事(ごと)、親(しん)せきなどです。とてもありがたいことだし、当(あ)たり前(まえ)ではないと思(おも)います。
 友(とも)だちがいっぱいいた方(ほう)がいいと思(おも)います。理由(りゆう)は、悲(かな)しい時(とき)や困(こま)っている時(とき)に助(たす)けてくれるからです。時(とき)には、私(わたし)が助(たす)けてあげることができるかもしれません。
 きらいな所(ところ)もたくさんあります。でも、それは仕方(しかた)がないこと。好(す)き、きらいな所(ところ)があるから、人間(にんげん)なんだと思(おも)います。

「ありがとう」の言葉がうれしい

大野市有終南小 2年 高尾 七海

 人(ひと)にやさしいことをすると、友(とも)だちが「ありがとう」と言(い)ってくれます。うれしいし、またやさしくしようと思(おも)う。これからもやさしくして「ありがとう」と言(い)われるように、がんばりたいです。
 「イライラ」になることがあります。宿題(しゅくだい)のプリントをする時(とき)に、ついつい強(つよ)い力(ちから)で書(か)いてしまいます。紙(かみ)がやぶれたりします。何(なに)か言(い)われても「はい、分(わ)かったよ」とへんじをしたいです。

妹となかよしで やさしくできる

大野市有終南小 2年 伊藤 璃美

 私(わたし)のすきなところは、妹(いもうと)にやさしいところです。2さいの時(とき)に、妹(いもうと)は生(う)まれました。とてもかわいくて、びっくり。はじめての妹(いもうと)で、大切(たいせつ)にかわいがってあげようと思(おも)いました。たまに、けんかもするけれど、なかよしです。
 直(なお)したいことは、すぐにおこるところ。テレビの番組(ばんぐみ)をかえられたりするだけで、すぐにおこります。もっとやさしくなり、人(ひと)の気持(きも)ちがよく分(わ)かるようになりたいです。

興味を持ったら とことん調べる

越前市服間小 5年 三井 優弥

 自分(じぶん)の好(す)きな所(ところ)の一(ひと)つ目(め)は、興味(きょうみ)を持(も)ったことを、とことん調(しら)べることです。新(あたら)しいことが分(わ)かるからです。もう一(ひと)つは、好奇心(こうきしん)がおうせいです。大変(たいへん)でも、難(むずか)しくても、やってみたいと思(おも)う気持(きも)ちが強(つよ)いと思(おも)います。
 きらいな所(ところ)は、言葉(ことば)をかんでしまうことです。何(なに)も決(き)めずに話(はな)そうとすると、かんでしまいます。やらないといけないことを、後回(あとまわ)しにしてしまうこともあります。
 これからは、きらいな所(ところ)をなくし、いろんなことができる人(ひと)になりたいです。

がんばりやで負けずぎらい

越前市服間小 5年 上坂 さえ

 私(わたし)はがんばりやさんです。何(なん)でも最後(さいご)までやりとげます。負(ま)けずぎらいなところもあります。みんなに、いろんなことで負(ま)けたくないから。
 きらいな所(ところ)の一(ひと)つ目(め)は、だめだと分(わ)かっていても、必要以上(ひつよういじょう)に手伝(てつだ)ってしまうことで気(き)をつけたいです。二(ふた)つ目(め)は片付(かたづ)けが下手(へた)。いつも勉強道具(べんきょうどうぐ)やおもちゃをほったらかしにするので直(なお)したいです。
 自分(じぶん)が好(す)きな所(ところ)はこれからも続(つづ)け、きらいな所(ところ)は直(なお)せるようにがんばりたいです。

みんなのいいところを発見

越前市王子保小 3年 齊藤 理玖

 好(す)きなところは、みんなのいいところを1日(にち)に1回(かい)は見(み)つけて「なかよしポスト」に入(い)れることと、絵(え)がうまいこと。ポストに毎日書(まいにちか)いていたら、友(とも)だちから「名人(めいじん)」と言(い)われ、はずかしかったです。
 きらいなところは、わすれ物(もの)をすることです。食(た)べ物(もの)の好(す)ききらいは多(おお)すぎて、直(なお)せそうにありません。何(なん)でも食(た)べようとして、ワカメが食(た)べられるようになってきました。これからは、どんどん食(た)べるようにしたいです。

サッカーと習字 卒業まで続ける

あわら市伊井小 6年 大島 薫

 長所(ちょうしょ)は、楽(たの)しいことも、いやなことも最後(さいご)までやりとげるところです。サッカーと習字(しゅうじ)を習(なら)っています。サッカーは6年生(ねんせい)が2人(ふたり)に減(へ)って、みんなに指示(しじ)しながら引(ひ)っ張(ぱ)っていくのが大変(たいへん)だけれど、がんばっています。習字(しゅうじ)は上手(じょうず)に書(か)けなくていやになることもあるけれど、最後(さいご)までていねいに書(か)いています。どちらも1年生(ねんせい)の時(とき)から習(なら)っているけれど、小学校(しょうがっこう)を卒業(そつぎょう)するまで続(つづ)けようと思(おも)います。
 短所(たんしょ)は、すぐ「後(あと)でする」こと。おふろに入(はい)る時(とき)、家族(かぞく)に「入(はい)りね」と言(い)われても「後(あと)で入(はい)る」と返事(へんじ)をし、全然入(ぜんぜんはい)りません。直(なお)せないままでいます。短所(たんしょ)を減(へ)らし、長所(ちょうしょ)をたくさん増(ふ)やしたいです。

はじめての子も友だちになれる

越前市王子保小 3年  田中 うる羽

 私(わたし)のすきなところは、友(とも)だちと仲(なか)よくし、友(とも)だちをつくることです。理由(りゆう)は、友(とも)だちをつくると楽(たの)しいし、気持(きも)ちがいいから。はじめて会(あ)って話(はな)すような子(こ)でも、しぜんと友(とも)だちになったこともあります。話(はな)しかけたら友(とも)だちになりました。そういう所(ところ)は、自分(じぶん)のすきなところです。
 きらいなところは、すぐに妹(いもうと)とけんかをすることです。妹(いもうと)とのけんかは、わたしの方(ほう)が悪(わる)いこともあります。けんかをしても、すぐ仲直(なかなお)りができるようにしたいです。

あきらめず努力 心明るくなった

勝山市平泉寺小 4年 中村 優里

 私(わたし)は勉強(べんきょう)やスポーツが、すぐにできない。みんなは、さっさとできている。まほうを使(つか)っているみたい。きようにできない自分(じぶん)がきらい。
 例(たと)えば、逆上(さかあ)がり、あやとび、マラソン…。できないから、いっぱい練習(れんしゅう)した。そうしたら、できるようになった。足(あし)も速(はや)くなった。努力(どりょく)して、あきらめない自分(じぶん)が好(す)き。なんだか自分(じぶん)の心(こころ)が明(あか)るくなった気(き)がした。うれしいな。
 みんなは、まほうを使(つか)っていたと思(おも)ったけど、きっといっぱい努力(どりょく)していたのかな。もっと自分(じぶん)のことが好(す)きになれるように、努力(どりょく)していきたい。みんなの心(こころ)の中(なか)には、努力(どりょく)の「つぼ」があると先生(せんせい)に教(おし)えてもらった。私(わたし)はそのつぼを、もっと増(ふ)やしたい。

ピアノフェスの練習がんばった

大野市上庄小 2年 すぎ川 まお

 よくお父(とう)さんから「がんばりやさんだね」と言(い)われます。自分(じぶん)の好(す)きなところは、いっしょうけんめいがんばるところです。6月(がつ)にピアノフェスティバルがありました。出(で)ることは自分(じぶん)できめました。どうしても賞(しょう)をとりたかったので、練習(れんしゅう)をたくさんしました。そして、最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)をとりました。がんばって、よかったと思(おも)いました。
 まじめすぎるところが、きらいです。何(なん)でもきちんとやらないといやなので、時間(じかん)がかかりすぎてしまうことがあります。
 今(いま)は勉強(べんきょう)をがんばっています。計算(けいさん)や漢字(かんじ)がすらすらできるようになりたいから。将来(しょうらい)、何(なに)になりたいかは、まだきめられていないけど、いろんなことに挑戦(ちょうせん)したいです。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2019年12月01日 第10回「いっしょに読もう!新聞コンクール」 県NIE推進協議会賞 岡崎さん(雄島小3年)ら20人 奨励賞には274人 第10回「いっしょに読もう!新聞コンクール」 県NIE推進協議会賞 岡崎さん(雄島小3年)ら20人 奨励賞には274人
  • 2019年11月26日 杉原君(武生西小)ら5人奨励賞 学校奨励賞に県内31校 いっしょに読もう!新聞コンクール 杉原君(武生西小)ら5人奨励賞 学校奨励賞に県内31校 いっしょに読もう!新聞コンクール
  • 2019年11月26日 県学校新聞コンクール 金津高 2年ぶり最優秀 話題多彩、見出しも工夫 県学校新聞コンクール 金津高 2年ぶり最優秀 話題多彩、見出しも工夫
  • 2019年11月25日 新聞ワークショップ 言葉の力、会話力高めよう 新聞ワークショップ 言葉の力、会話力高めよう
  • 2019年11月24日 社会の一員 何できる? 芦原中生18歳選挙権で道徳授業 税金使途、投票重み学ぶ 社会の一員 何できる? 芦原中生18歳選挙権で道徳授業 税金使途、投票重み学ぶ

福井教育ダイジェスト

  • 2019年11月24日 】生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業  】生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業
  • 2019年11月24日 毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」  毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」
  • 2019年11月23日 福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ  福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ
  • 2019年11月23日 白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献  白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献
  • 2019年11月22日 現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点  現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点
  • 2019年11月16日 教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案  教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案
  • 2019年11月10日 地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール  地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール
  • 2019年11月10日 ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流  ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流
  • 2019年11月06日 福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問  福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問
  • 2019年11月06日 中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト  中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト
  • 2019年11月05日 最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査  最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査
  • 2019年11月03日 笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰  笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰
  • 2019年10月30日 県立高20年度定員 全日制55人減 4880人 武生商工 足羽 外国人向け選抜新設  県立高20年度定員 全日制55人減 4880人 武生商工 足羽 外国人向け選抜新設
  • 2019年10月29日 工大福井高、啓新高 進学コース専願に 来年度入試から変更  工大福井高、啓新高 進学コース専願に 来年度入試から変更
  • 2019年10月27日 高校生、記者に記者する 県高文祭 本社で新聞大会 4校29人、取材し紙面制作  高校生、記者に記者する 県高文祭 本社で新聞大会 4校29人、取材し紙面制作
  • 2019年10月26日 魅力ある県立高とは 11年ぶり高問協、県教委諮問 校数維持の選択肢へ  魅力ある県立高とは 11年ぶり高問協、県教委諮問 校数維持の選択肢へ
  • 2019年10月25日 ラグビー熱 春江小(坂井)にも 今春新設のクラブ 人気で定員超え 「トライ楽しい」  ラグビー熱 春江小(坂井)にも 今春新設のクラブ 人気で定員超え 「トライ楽しい」
  • 2019年10月25日 個性磨き 楽しい学びを 県が教育大綱策定  個性磨き 楽しい学びを 県が教育大綱策定
  • 2019年10月18日 中学生郷土新聞コンクール審査 柳本さん(足羽中2)最優秀  中学生郷土新聞コンクール審査 柳本さん(足羽中2)最優秀
  • 2019年10月13日 高校受験へ1320人腕試し  高校受験へ1320人腕試し
  • 2019年10月13日 「高田博厚」五感で鑑賞 福井大院生 シート4種創作、発表 福井市美術館 常設展楽しく  「高田博厚」五感で鑑賞 福井大院生 シート4種創作、発表 福井市美術館 常設展楽しく
  • 2019年10月12日 無言清掃 精神に磨き 小浜二中  無言清掃 精神に磨き 小浜二中
  • 2019年10月08日 福井市街地で“子ども五輪” 八杉さん(福井大)3月開催へ  福井市街地で“子ども五輪” 八杉さん(福井大)3月開催へ
  • 2019年10月03日 陸上記録処理で科技高生輝く 半年かけシステム構築 瞬時に順位、負担減  陸上記録処理で科技高生輝く 半年かけシステム構築 瞬時に順位、負担減
  • 2019年09月30日 小中生が理系研究発表 福井大「育成塾」 テーマじっくり  小中生が理系研究発表 福井大「育成塾」 テーマじっくり
  • 2019年09月25日 武生「探究進学」、敦賀「文理進学」 2高校の新学科名  武生「探究進学」、敦賀「文理進学」 2高校の新学科名
  • 2019年09月20日 県内小学5・6年の「外国語科」 教科担任制の導入検討  県内小学5・6年の「外国語科」 教科担任制の導入検討
  • 2019年09月20日 来春に広域通信制高校 青池学園 県内法人で初めて  来春に広域通信制高校 青池学園 県内法人で初めて
  • 2019年09月19日 全日制受験教科を限定 外国人生徒の県立高入試 来春にも特別枠導入の方針  全日制受験教科を限定 外国人生徒の県立高入試 来春にも特別枠導入の方針
  • 2019年09月15日 福井市など6割が「国以上」 幼保無償化で自治体調査 独自財源で拡充  福井市など6割が「国以上」 幼保無償化で自治体調査 独自財源で拡充
  • 2019年09月14日 勝山北部中 心に残った記事〝熱弁〟 学校祭で表現、考える力競う  勝山北部中 心に残った記事〝熱弁〟 学校祭で表現、考える力競う
  • 2019年09月10日 子の不登校 親はどうする? 福井大で質問会 専門家ら助言  子の不登校 親はどうする? 福井大で質問会 専門家ら助言
  • 2019年09月04日 都市の大学定員削減を 福井県など知事ネット、内閣府へ提言  都市の大学定員削減を 福井県など知事ネット、内閣府へ提言
  • 2019年09月03日 福井大、来春に社会人向け新専門職大学院を設置 グローバル人材を育成  福井大、来春に社会人向け新専門職大学院を設置 グローバル人材を育成
  • 2019年08月27日 新鯖江高・スポーツ専攻 体操、駅伝特化へ 来春再編 体育授業数4倍に  新鯖江高・スポーツ専攻 体操、駅伝特化へ 来春再編 体育授業数4倍に
  • 2019年08月25日 「エビデンス(科学的根拠)」基に学校見直し 春江東小・江澤教諭が共著 時間対効果上げる一助に  「エビデンス(科学的根拠)」基に学校見直し 春江東小・江澤教諭が共著 時間対効果上げる一助に
  • 2019年08月23日 福井工大福井高に「eスポーツ同好会」 県内高校で初めて  福井工大福井高に「eスポーツ同好会」 県内高校で初めて
  • 2019年08月23日 道徳教育こつ 教員200人学ぶ 福井で研究会  道徳教育こつ 教員200人学ぶ 福井で研究会
  • 2019年08月22日 小学校プール利用者86%減 福井市、開放7日間のみ 熱中症予防、人手不足…「来夏の可否議論」  小学校プール利用者86%減 福井市、開放7日間のみ 熱中症予防、人手不足…「来夏の可否議論」
  • 2019年08月19日 選択科目にポルトガル語 来春開校の武生商工高 地域性を考慮  選択科目にポルトガル語 来春開校の武生商工高 地域性を考慮
  • 2019年08月14日 若い発想、紙面に凝縮 新聞版ハッカソン 本社で編集 高校生42人「達成感」  若い発想、紙面に凝縮 新聞版ハッカソン 本社で編集 高校生42人「達成感」
  • 2019年08月09日 学生のU・Iターン促進へ 愛知学院大、京都橘大など6大学と就職支援協定 県、企業情報など提供  学生のU・Iターン促進へ 愛知学院大、京都橘大など6大学と就職支援協定 県、企業情報など提供
  • 2019年08月07日 プログラミング基礎学ぶ 坂井、あわら 小学教員 必修化前に  プログラミング基礎学ぶ 坂井、あわら 小学教員 必修化前に
  • 2019年08月02日 新聞で深い学びを 宇都宮でNIE全国大会 県内から13人  新聞で深い学びを 宇都宮でNIE全国大会 県内から13人
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

静かにゆっくりと深呼吸。座禅体験で心を整えるこども記者たち=9月28日、永平寺町の「柏樹関」(出蔵浩隆撮影)

座禅「気持ち良い」 精進料理味わう 食材敬う心学ぶ

 禅(ぜん)の心とは―。福井新聞「こども記者」活動は9月28...
2019年10月13日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」