トップページ > キッズこだま > 7月テーマは「気になるニュース」

7月テーマは「気になるニュース」

「投稿を見る」へ  

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

水分補給声かけ体育大会練習を

若狭町熊川小 6年  松見 栞

 新聞(しんぶん)で鯖江市(さばえし)の小学校(しょうがっこう)の29人(にん)が熱中症(ねっちゅうしょう)で搬送(はんそう)されたニュースを読(よ)みました。これからの季節(きせつ)は暑(あつ)くなるので気(き)をつけたいです。児童(じどう)たちは体育大会(たいいくたいかい)の練習(れんしゅう)をしていたそうです。搬送(はんそう)された29人(にん)のうち20人(にん)が5年生(ねんせい)でした。前(まえ)の授業(じゅぎょう)は体育(たいいく)で、ずっと日(ひ)に当(あ)たっていたそうです。
 私(わたし)の学校(がっこう)の体育大会(たいいくたいかい)は9月(がつ)にあります。だから練習(れんしゅう)が終(お)わったら、しっかりと水分補給(すいぶんほきゅう)をして、みんなにも声(こえ)がけするようにしたいです。
 これから本格的(ほんかくてき)な夏(なつ)が始(はじ)まり、どんどん暑(あつ)くなります。体育(たいいく)の授業(じゅぎょう)やランニングをするときは、ぼうしをしっかりとかぶり、水分補給(すいぶんほきゅう)も忘(わす)れないようにします。熱中症(ねっちゅうしょう)に気(き)をつけて、最高(さいこう)の体育大会(たいいくたいかい)にしたいです。

ポイすてせずにまちをきれいに

大野市有終南小  3年 清水 裕仁

 「エキマエのごみゼロに」という記事(きじ)を見(み)つけました。道路(どうろ)にこびりついたガムをとったり、ほうきでごみを集(あつ)めたりしていました。
 ごみを集(あつ)めてきれいにすることもすごいけれど、ごみをすてることをなくさないといけないと思(おも)います。よく、たばこのすいがらが落(お)ちているので、ポイすてはしないでほしい。ぼくは、ポイすてをせずに家(いえ)にもち帰(かえ)り、ごみはごみばこに入(い)れたいです。そうすると「ごみゼロ」につながります。全国(ぜんこく)いっせいそうじをみんなでしていることも新聞(しんぶん)に書(か)いてありました。ぼくもさんかして、自分(じぶん)のすんでいるまちを、きれいにしたいです。

子どもを襲う事件ない世に

あわら市北潟小 6年  見澤 朋花

 私(わたし)が気(き)になったニュースは、小学生(しょうがくせい)17人(にん)を含(ふく)む19人(にん)が男(おとこ)に次々(つぎつぎ)とナイフで襲(おそ)われたことです。
 なぜ、子(こ)どもらは何(なに)もしていないのに、その男(おとこ)に刺(さ)されないといけないのか。2人(ふたり)が亡(な)くなり、かわいそうです。私(わたし)と同(おな)じ6年生(ねんせい)で、まだまだ若(わか)いのに、急(きゅう)に起(お)こる事件(じけん)でぎせいになってしまう。
 これから先(さき)の夢(ゆめ)や希望(きぼう)が、とつ然(ぜん)うばわれてしまい、かわいそうだと思(おも)います。容(よう)ぎ者(しゃ)はストレスなどで犯行(はんこう)におよんだのだと思(おも)います。私(わたし)は、こういう事件(じけん)が起(お)こらない世(よ)の中(なか)になってほしいと強(つよ)く思(おも)っています。

小さなゴミでも すてるのやめて

福井市木田小 4年 江端 琉依

 「G20へ厳(きび)しい認識(にんしき)が必要(ひつよう)」という記事(きじ)を読(よ)み、海(うみ)にしずんだゴミの量(りょう)にびっくりしました。ペットボトルの年間(ねんかん)出荷本数(しゅっかほんすう)は227億本(おくほん)で、レジ袋(ぶくろ)は年間(ねんかん)300~500億枚(おくまい)もしずんでいたという。記事(きじ)によると、レジ袋(ぶくろ)のはいふを法律(ほうりつ)できん止(し)したのは、83カ国(こく)にたっし、ストローなどのとくていの使(つか)いすてせい品(ひん)の使用(しよう)をきんじたのも70カ国(こく)にも上(のぼ)る。
 みなさんに気(き)をつけてほしい事(こと)があります。それは、知(し)らないふりをして、ゴミをそこらへんにすてないでほしいです。ゴミをすてると、そのまま海(うみ)に流(なが)れていき、海(うみ)でくらす生(い)き物(もの)を苦(くる)しめます。
 ニュースでは、ウミガメが1本(ぽん)のストローをのみこんでしまい、鼻(はな)からはこうとしたところ、ぬけなくなってしまった。小(ちい)さなゴミでも海(うみ)の生(い)き物(もの)が苦(くる)しみます。このような事(こと)が起(お)こらないよう、一人(ひとり)一人(ひとり)が気(き)をつけてほしいです。

高れい者の事故早くなくなって

あわら市伊井小  6年 宮﨑 佑夏

 高(こう)れい者(しゃ)による交通事故(こうつうじこ)のニュースが気(き)になります。他(ほか)の車(くるま)としょうとつしたり、人(ひと)をはねたり、歩道(ほどう)を走(はし)ったりする事故(じこ)です。
 このような事故(じこ)をニュースで知(し)って、おどろきました。また、道路(どうろ)を車(くるま)で走(はし)っていて、しょうとつされたり、横断歩道(おうだんほどう)を歩(ある)いていて車(くるま)にはねられて亡(な)くなったり、けがをした人(ひと)たちが、とてもかわいそうです。事故(じこ)にあった人(ひと)も、その人(ひと)を知(し)っている人(ひと)も、とても悲(かな)しむと思(おも)います。
 こんな事故(じこ)が早(はや)くなくなってほしい。私(わたし)のおじいちゃん、おばあちゃんも車(くるま)で出(で)かけることがあるので、事故(じこ)には気(き)をつけてほしいです。

時代が変わった心も入れかえて

勝山市平泉寺小  6年 栃木 源次郎

 元号(げんごう)が、時代(じだい)が変(か)わった。平成(へいせい)から令和(れいわ)になった。元号(げんごう)や時代(じだい)が変(か)わることで、世(よ)の中(なか)も変(か)わる。平成(へいせい)は事故(じこ)や事件(じけん)が多(おお)かった。しかし令和(れいわ)が始(はじ)まって間(ま)もないのに、何度(なんど)も事故(じこ)や事件(じけん)が起(お)きている。 平成(へいせい)はたくさんの事件(じけん)があった。南海(なんかい)トラフ地震(じしん)が近(ちか)い将来(しょうらい)に起(お)きる予想(よそう)もある。人(ひと)が亡(な)くなるのはいやだ。言(い)い方(かた)は悪(わる)いが、地震(じしん)は自然災害(しぜんさいがい)で仕方(しかた)がない部分(ぶぶん)がある。でも、事件(じけん)や事故(じこ)は人(ひと)の過(あやま)ちによって起(お)きる。注意(ちゅうい)すれば大丈夫(だいじょうぶ)だが、事件(じけん)は過(あやま)ちで起(お)きることはあまり多(おお)くない。人(ひと)が故意(こい)に起(お)こす、ということだ。
 なぜ、こんな事件(じけん)が起(お)きるのか。時代(じだい)が変(か)わったのだから、心(こころ)も入(い)れかえてほしい。そう願(ねが)っている。

大野の「水」支援 他国に広まって

福井市木田小 4年 荒川 梓

 「大野(おおの)の『水(みず)』支援(しえん) 動画(どうが)で紹介(しょうかい)」という記事(きじ)がありました。大野市(おおのし)は2016年(ねん)から東(ひがし)ティモールに支援活動(しえんかつどう)をしてきました。それを「大野(おおの)の挑戦(ちょうせん)」という動画(どうが)にまとめて公開(こうかい)しました。水(みず)くみをしなくてよくなり、学校(がっこう)に通(かよ)えるようになった子(こ)が水遊(みずあそ)びをする内容(ないよう)です。この動画(どうが)で支(し)えん活動(かつどう)をしていることを多(おお)くの人(ひと)に知(し)ってもらえれば、大野(おおの)の豊(ゆた)かな水(みず)しげんを見直(みなお)すことができます。
 記事(きじ)を読(よ)んで、私(わたし)は支(し)えん活動(かつどう)が広(ひろ)まるといいと思(おも)います。日本(にほん)では、じゃ口(ぐち)をひねると、おいしい水(みず)が出(で)るけれど、東南(とうなん)アジアなどは片道(かたみち)1時間以上歩(じかんいじょうある)いて水(みず)をくみにいかないといけないところもあります。他国(たこく)にもこのような支(し)えんが広(ひろ)まるといいです。
 私(わたし)はこの動画(どうが)を見(み)て、自分(じぶん)がどれだけしあわせに生(う)まれてきたかを知(し)りたいです。東南(とうなん)アジアの苦(くる)しい生活(せいかつ)も見(み)て、どれだけ苦(くる)しいかも知(し)ってみたいです。

新しいお札 たしかめたい

越前市王子保小  3年 さいとう りく

 こどもタイムズ(6月(がつ)16日(にち))の「お札(さつ)はなぜ変(か)わるの」を読(よ)んで、分(わ)かったことが二(ふた)つあります。
 一(ひと)つ目(め)は、偽札(にせさつ)を作(つく)れないように、くふうしていること。マイクロ文字(もじ)、すき入(い)れ、識別(しきべつ)マークを取(と)り入(い)れていることを知(し)りました。二(ふた)つ目(め)は、印刷局(いんさつきょく)で1年間(ねんかん)に刷(す)るお札(さつ)は、積(つ)み重(かさ)ねると富士山(ふじさん)の約(やく)80倍(ばい)になるそうです。
 5年後(ねんご)に新(あたら)しいお札(さつ)が出(で)たら、識別(しきべつ)マークなどが入(はい)っているかたしかめたいのと、もし工場(こうじょう)に行(い)けたら、どんなふうにお札(さつ)を作(つく)っているのかたしかめたいです。「これなら富士山(ふじさん)の80倍分(ばいぶん)のお札(さつ)が作(つく)れるな」。こんなふうに、そうぞうしてみたいです。

事こ、事けん ない社会に

福井市中藤小 3年  松井 萌々香

 さい近(きん)、事(じ)こや事(じ)けんが多(おお)いのが気(き)になります。自分(じぶん)がちゃんとしていても、車(くるま)がつっこんできたり、ほうちょうでさしたりする人(ひと)がいるから、とてもこわいです。
 交通事(こうつうじ)こは、車(くるま)を運転(うんてん)する人(ひと)がもう少(すこ)し、そくどをおとすと、歩(ある)いている人(ひと)や自転車(じてんしゃ)にのっている人(ひと)は安心(あんしん)できます。また、事(じ)けんにまきこまれないようにするには、友(とも)だちと遊(あそ)んでいる時(とき)や登下校(とうげこう)の時(とき)も不審(ふしん)しゃがいないか、まわりをよくかくにんする事(こと)がとても大事(だいじ)だと思(おも)います。
 少(すこ)しでも事(じ)こや事(じ)けんがなくなって、子(こ)どもたちが安心(あんしん)して、かつ動(どう)できる社会(しゃかい)になってほしいと思(おも)います。

観光客を月まで夢のような計画

鯖江市神明小 5年  大久保 里桜

 新聞(しんぶん)の切(き)り抜(ぬ)きの宿題(しゅくだい)が出(で)た。何(なん)の記事(きじ)がいいかと思(おも)いながらページをめくった。そのとき、私(わたし)はえっと思(おも)った。2024年(ねん)までに月面着陸(げつめんちゃくりく)を目指(めざ)すという記事(きじ)が目(め)に入(はい)ったからだ。とてもおどろいた。なぜなら、月(つき)に行(い)くということは失敗(しっぱい)もあるし、命(いのち)を落(お)とすきけんもある。かんたんなことではない。
 でも、この計画(けいかく)を立(た)てたことはすごい。私(わたし)だったら、この計画(けいかく)をいっしょにしないかと言(い)われても、ことわると思(おも)う。観光客(かんこうきゃく)を月(つき)のそばまで運(はこ)ぶ計画(けいかく)もしているそうだ。宇宙(うちゅう)ひこうしでない人(ひと)が、宇宙(うちゅう)に行(い)くなんて夢(ゆめ)のようだ。
 未来(みらい)は地球(ちきゅう)の人々(ひとびと)が宇宙(うちゅう)に自由(じゆう)に行(い)けるようになるかもしれない。そんなことを考(かんが)えると、とてもドキドキする。

人のため何かできる人間に

大野市有終南小 3年 坂口 晟慈

 東京(とうきょう)のえきで、ダウン症(しょう)の男(おとこ)の子(こ)が家(いえ)へ帰(かえ)ろうとするとき、こうつうひが足(た)りなくなり、知(し)らない年(ねん)ぱいのふうふが、千円(せんえん)をわたして助(たす)けてあげたニュースがありました。
 男(おとこ)の子(こ)のお母(かあ)さんは、お金(かね)の大切(たいせつ)さを教(おし)え、むだづかいをさせないため、お金(かね)をもたせていませんでした。
 年(ねん)ぱいの人(ひと)は、男(おとこ)の子(こ)に「使(つか)いなさい」とわたしてくれたそうです。そして、だまってたちさっていきました。男(おとこ)の子(こ)のお母(かあ)さんは、その人(ひと)に会(あ)って、おれいをしたいそうです。ぼくも、少(すこ)しのことでいいから、人(ひと)のために何(なに)かできる人間(にんげん)になりたいです。

人をおそうクマ 人がこわいから

大野市上庄小 3年 ひろせ しおり

 気(き)になるニュースは、クマがいろんな所(ところ)で目(もく)げきされていることです。私(わたし)がすむ大野(おおの)も同(おな)じ。だからクマにおそわれないよう、ランドセルにすずをつけています。
 クマは人(ひと)をおそったり、けがをさせたりするから、こわいです。おそわれたら、どうしようと不安(ふあん)になります。
 クマが山(やま)からおりて町(まち)にやってくるのは、山(やま)にドングリなどの木(き)の実(み)がへっているから。たくさん実(みの)れば、クマはそれを食(た)べて幸(しあわ)せだろうと思(おも)います。そうすれば人間(にんげん)もクマにおそわれなくなります。
 クマが人間(にんげん)をおそうのは人間(にんげん)をこわいと思(おも)っているから。人間(にんげん)もクマがこわいし、クマも人間(にんげん)がこわい。こわいのは同(おな)じなんだと思(おも)います。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2019年11月26日 杉原君(武生西小)ら5人奨励賞 学校奨励賞に県内31校 いっしょに読もう!新聞コンクール 杉原君(武生西小)ら5人奨励賞 学校奨励賞に県内31校 いっしょに読もう!新聞コンクール
  • 2019年11月26日 県学校新聞コンクール 金津高 2年ぶり最優秀 話題多彩、見出しも工夫 県学校新聞コンクール 金津高 2年ぶり最優秀 話題多彩、見出しも工夫
  • 2019年11月25日 新聞ワークショップ 言葉の力、会話力高めよう 新聞ワークショップ 言葉の力、会話力高めよう
  • 2019年11月24日 社会の一員 何できる? 芦原中生18歳選挙権で道徳授業 税金使途、投票重み学ぶ 社会の一員 何できる? 芦原中生18歳選挙権で道徳授業 税金使途、投票重み学ぶ
  • 2019年11月24日 新聞制作の工夫理解 金津高図書委員 地方紙読み比べも 出前講座 新聞制作の工夫理解 金津高図書委員 地方紙読み比べも 出前講座

福井教育ダイジェスト

  • 2019年11月24日 】生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業  】生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業
  • 2019年11月24日 毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」  毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」
  • 2019年11月23日 福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ  福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ
  • 2019年11月23日 白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献  白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献
  • 2019年11月22日 現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点  現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点
  • 2019年11月16日 教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案  教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案
  • 2019年11月10日 地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール  地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール
  • 2019年11月10日 ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流  ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流
  • 2019年11月06日 福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問  福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問
  • 2019年11月06日 中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト  中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト
  • 2019年11月05日 最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査  最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査
  • 2019年11月03日 笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰  笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰
  • 2019年10月30日 県立高20年度定員 全日制55人減 4880人 武生商工 足羽 外国人向け選抜新設  県立高20年度定員 全日制55人減 4880人 武生商工 足羽 外国人向け選抜新設
  • 2019年10月29日 工大福井高、啓新高 進学コース専願に 来年度入試から変更  工大福井高、啓新高 進学コース専願に 来年度入試から変更
  • 2019年10月27日 高校生、記者に記者する 県高文祭 本社で新聞大会 4校29人、取材し紙面制作  高校生、記者に記者する 県高文祭 本社で新聞大会 4校29人、取材し紙面制作
  • 2019年10月26日 魅力ある県立高とは 11年ぶり高問協、県教委諮問 校数維持の選択肢へ  魅力ある県立高とは 11年ぶり高問協、県教委諮問 校数維持の選択肢へ
  • 2019年10月25日 ラグビー熱 春江小(坂井)にも 今春新設のクラブ 人気で定員超え 「トライ楽しい」  ラグビー熱 春江小(坂井)にも 今春新設のクラブ 人気で定員超え 「トライ楽しい」
  • 2019年10月25日 個性磨き 楽しい学びを 県が教育大綱策定  個性磨き 楽しい学びを 県が教育大綱策定
  • 2019年10月18日 中学生郷土新聞コンクール審査 柳本さん(足羽中2)最優秀  中学生郷土新聞コンクール審査 柳本さん(足羽中2)最優秀
  • 2019年10月13日 高校受験へ1320人腕試し  高校受験へ1320人腕試し
  • 2019年10月13日 「高田博厚」五感で鑑賞 福井大院生 シート4種創作、発表 福井市美術館 常設展楽しく  「高田博厚」五感で鑑賞 福井大院生 シート4種創作、発表 福井市美術館 常設展楽しく
  • 2019年10月12日 無言清掃 精神に磨き 小浜二中  無言清掃 精神に磨き 小浜二中
  • 2019年10月08日 福井市街地で“子ども五輪” 八杉さん(福井大)3月開催へ  福井市街地で“子ども五輪” 八杉さん(福井大)3月開催へ
  • 2019年10月03日 陸上記録処理で科技高生輝く 半年かけシステム構築 瞬時に順位、負担減  陸上記録処理で科技高生輝く 半年かけシステム構築 瞬時に順位、負担減
  • 2019年09月30日 小中生が理系研究発表 福井大「育成塾」 テーマじっくり  小中生が理系研究発表 福井大「育成塾」 テーマじっくり
  • 2019年09月25日 武生「探究進学」、敦賀「文理進学」 2高校の新学科名  武生「探究進学」、敦賀「文理進学」 2高校の新学科名
  • 2019年09月20日 県内小学5・6年の「外国語科」 教科担任制の導入検討  県内小学5・6年の「外国語科」 教科担任制の導入検討
  • 2019年09月20日 来春に広域通信制高校 青池学園 県内法人で初めて  来春に広域通信制高校 青池学園 県内法人で初めて
  • 2019年09月19日 全日制受験教科を限定 外国人生徒の県立高入試 来春にも特別枠導入の方針  全日制受験教科を限定 外国人生徒の県立高入試 来春にも特別枠導入の方針
  • 2019年09月15日 福井市など6割が「国以上」 幼保無償化で自治体調査 独自財源で拡充  福井市など6割が「国以上」 幼保無償化で自治体調査 独自財源で拡充
  • 2019年09月14日 勝山北部中 心に残った記事〝熱弁〟 学校祭で表現、考える力競う  勝山北部中 心に残った記事〝熱弁〟 学校祭で表現、考える力競う
  • 2019年09月10日 子の不登校 親はどうする? 福井大で質問会 専門家ら助言  子の不登校 親はどうする? 福井大で質問会 専門家ら助言
  • 2019年09月04日 都市の大学定員削減を 福井県など知事ネット、内閣府へ提言  都市の大学定員削減を 福井県など知事ネット、内閣府へ提言
  • 2019年09月03日 福井大、来春に社会人向け新専門職大学院を設置 グローバル人材を育成  福井大、来春に社会人向け新専門職大学院を設置 グローバル人材を育成
  • 2019年08月27日 新鯖江高・スポーツ専攻 体操、駅伝特化へ 来春再編 体育授業数4倍に  新鯖江高・スポーツ専攻 体操、駅伝特化へ 来春再編 体育授業数4倍に
  • 2019年08月25日 「エビデンス(科学的根拠)」基に学校見直し 春江東小・江澤教諭が共著 時間対効果上げる一助に  「エビデンス(科学的根拠)」基に学校見直し 春江東小・江澤教諭が共著 時間対効果上げる一助に
  • 2019年08月23日 福井工大福井高に「eスポーツ同好会」 県内高校で初めて  福井工大福井高に「eスポーツ同好会」 県内高校で初めて
  • 2019年08月23日 道徳教育こつ 教員200人学ぶ 福井で研究会  道徳教育こつ 教員200人学ぶ 福井で研究会
  • 2019年08月22日 小学校プール利用者86%減 福井市、開放7日間のみ 熱中症予防、人手不足…「来夏の可否議論」  小学校プール利用者86%減 福井市、開放7日間のみ 熱中症予防、人手不足…「来夏の可否議論」
  • 2019年08月19日 選択科目にポルトガル語 来春開校の武生商工高 地域性を考慮  選択科目にポルトガル語 来春開校の武生商工高 地域性を考慮
  • 2019年08月14日 若い発想、紙面に凝縮 新聞版ハッカソン 本社で編集 高校生42人「達成感」  若い発想、紙面に凝縮 新聞版ハッカソン 本社で編集 高校生42人「達成感」
  • 2019年08月09日 学生のU・Iターン促進へ 愛知学院大、京都橘大など6大学と就職支援協定 県、企業情報など提供  学生のU・Iターン促進へ 愛知学院大、京都橘大など6大学と就職支援協定 県、企業情報など提供
  • 2019年08月07日 プログラミング基礎学ぶ 坂井、あわら 小学教員 必修化前に  プログラミング基礎学ぶ 坂井、あわら 小学教員 必修化前に
  • 2019年08月02日 新聞で深い学びを 宇都宮でNIE全国大会 県内から13人  新聞で深い学びを 宇都宮でNIE全国大会 県内から13人
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

静かにゆっくりと深呼吸。座禅体験で心を整えるこども記者たち=9月28日、永平寺町の「柏樹関」(出蔵浩隆撮影)

座禅「気持ち良い」 精進料理味わう 食材敬う心学ぶ

 禅(ぜん)の心とは―。福井新聞「こども記者」活動は9月28...
2019年10月13日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」