トップページ > キッズこだま > 5月テーマは「お母さん」

5月テーマは「お母さん」

「投稿を見る」へ  

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

お手伝いをして よろこばせたい

福井市明新小  5年 後藤 椿季

 私(わたし)のお母(かあ)さんは、いそがしい仕事(しごと)をしています。お父(とう)さんも帰(かえ)りがおそいので、学校(がっこう)から帰(かえ)るといつも一人(ひとり)です。
 最初(さいしょ)はとてもさみしくて、よく仕事中(しごとちゅう)のお母(かあ)さんに電話(でんわ)をかけていました。でも、電話(でんわ)をすると、もっとさみしくなることが分(わ)かりました。
 5歳(さい)のときに弟(おとうと)が生(う)まれました。いつも、いっしょだったお母(かあ)さん。弟(おとうと)にうばわれたようが気持(きも)ちがして、すごくかなしかったです。でも、ママは「今(いま)までも、これからも、つばきが一番(いちばん)」と言(い)ってくれました。弟(おとうと)がいたって、お母(かあ)さんは、お母(かあ)さん。いそがしい毎日(まいにち)だけれど、お手伝(てつだ)いをがんばって、お母(かあ)さんをよろこばせたいです。

感謝の気もちを手紙でつたえる

大野市有終南小  3年 星山 輝羽

 おかあさんは、ごはんを作(つく)ってくれたり、せんたく、さらあらいをしてくれる。でも、ありがとうの気(き)もちをうまくつたえられない。
 どうして、つたえられないのか、たくさん、たくさん考(かんが)えた。そして思(おも)いついた。手紙(てがみ)でつたえることにした。
 何(なん)て書(か)こうか、たくさん考(かんが)えた。そして「いつもさらあらいや、ごはんのしたくをしてくれて、ありがとう。こはくより」と書(か)いた。この手紙(てがみ)をあげると、お母(かあ)さんは、よろこんで読(よ)んでいた。それを見(み)たら、わたしも、うれしくなった。「また、たいへんだったら、手伝(てつだ)うよ。いつも、ありがとう」

いつもやさしい そんけいする人

若狭町熊川小  5年 近田 大翔

 お母(かあ)さんが大好(だいす)きです。洗(せん)たく、ご飯(はん)の準備(じゅんび)、皿洗(さらあら)い、そうじをしてくれるから。ぼくにもやさしいです。
 お母(かあ)さんは、ぼくのことを考(かんが)えながら、いろいろなことをしてくれています。だから、お母(かあ)さんがいなくなったら、どうなるんだろうと不安(ふあん)です。お母(かあ)さんをそんけいしています。お母(かあ)さんのように、やさしい人(ひと)になりたいです。
 お母(かあ)さんみたいになるために、どんな人(ひと)にもやさしくしたいです。大人(おとな)になった時(とき)、お母(かあ)さんのように、だれかの役(やく)に立(た)ちたいです。お母(かあ)さんを楽(らく)にさせたいので、お手伝(てつだ)いをふやしたいです。

仕事忙しくても見守っていてね

福井市木田小 4年 高溝 優奈

 お母(かあ)さんは宿題(しゅくだい)のじゃまにならないよう弟(おとうと)のめんどうを見(み)てくれます。学校(がっこう)ではマラソンやなわとび大会(たいかい)など、いろいろな行事(ぎょうじ)を忙(いそが)しい中(なか)、休(やす)みをとってきてくれます。分(わ)からない問題(もんだい)を教(おし)えてくれたり、習(なら)い事(ごと)のおくりむかえ、いやなことがあったときも、いつもよりそってくれます。仕事(しごと)でも病院(びょういん)でかんじゃさんにやさしくよりそっています。そんな、やさしいお母(かあ)さんが大好(だいす)きです。
 家事(かじ)や仕事(しごと)をして、わたしのことも手伝(てつだ)ってくれるお母(かあ)さんは、すごいです。うれしいとき、かなしいとき、楽(たの)しいときも、いっしょにいてくれて、ありがとう。お母(かあ)さんのようなすてきな人(ひと)になりたいです。いつまでも見守(みまも)っていてください。

ぼくのことなら何でも知ってる

大野市有終南小  6年 加藤 陽向

 お母(かあ)さんは、やさしくて、ぼくのことを何(なん)でも知(し)っています。ぼくがウソをついてしまったときは、すぐにばれます。宿題(しゅくだい)を後(あと)でしようと思(おも)っているとき、お母(かあ)さんは必(かなら)ず「宿題終(しゅくだいお)わったの」と聞(き)きます。ほかにも、歯(は)みがきや後片付(あとかたづ)けをしていない時(とき)に限(かぎ)って言(い)われます。ぼくのことが全部(ぜんぶ)ばれてると感(かん)じます。
 だけど、ぼくもお母(かあ)さんのことを全部知(ぜんぶし)っています。お母(かあ)さんは、ばれていないと思(おも)っているけれど、少(すこ)しイライラしている時(とき)やしゃべりかけてはだめな時(とき)、なぜおこっているのか、ぼくは知(し)っています。とはいえ、お母(かあ)さん、これからもよろしくね。

素直に言えない感謝を伝えたい

若狭町熊川小  5年 池上 美来

 私(わたし)は、お母(かあ)さんをそんけいしています。いそがしいのに、宿題(しゅくだい)で困(こま)っているとやさしく教(おし)えてくれます。けれど、なかなか素直(すなお)に「ありがとう」と言(い)えません。毎日(まいにち)お手伝(てつだ)いをすると決(き)めたけれど、結局(けっきょく)できませんでした。
 もう少(すこ)しお母(かあ)さんに対(たい)して素直(すなお)になりたいし、お手伝(てつだ)いも自分(じぶん)から進(すす)んでしたいです。おはしをならべたり、お茶(ちゃ)を入(い)れたりするだけでも、うれしいと思(おも)います。まずは毎日(まいにち)できることから始(はじ)めて、ご飯(はん)を作(つく)ったり、せんたく物(もの)をほしたりと、むずかしいことに挑戦(ちょうせん)したいです。
 お母(かあ)さんにたよらず、自分(じぶん)でできることは自分(じぶん)でして、お母(かあ)さんの仕事(しごと)をへらしたいです。そして、感謝(かんしゃ)の気持(きも)ちも伝(つた)えたいです。

けん玉めいじん私も上手になる

越前市服間小  2年 中みち みさき

 お母(かあ)さんは、けん玉(だま)めいじん。私(わたし)のできないわざができるので、すごいです。
 たとえば「もしもしかめよ」と「ひこうき」です。もしもし―は、うたに合(あ)わせ、大(おお)ざらと中(ちゅう)ざらに、こうたいでけん玉(だま)をのせるわざ。私(わたし)は10回(かい)くらいしかできないけれど、お母(かあ)さんは、うたのさいごまでできます。ひこうきは、たまをもってけんをふり、けんさきをあなに入(い)れるわざです。1回(かい)も入(はい)ったことがありませんが、お母(かあ)さんは何回(なんかい)も入(はい)ります。「小学校(しょうがっこう)で、いっぱいれんしゅうしたよ」と言(い)っていました。私(わたし)もれんしゅうをして、お母(かあ)さんより上手(じょうず)になりたいです。

好きなまっ茶 母の日に

福井市明新小  3年 八杉 美琴

 母(はは)の日(ひ)には、おくりものをわたしたいです。お母(かあ)さんの好(す)きな、まっ茶(ちゃ)です。家(いえ)に自分(じぶん)でおまっ茶(ちゃ)をつくれるものがあるからです。
 きれいにたたんだ紙(かみ)の上(うえ)に、わがしを真(ま)ん中(なか)くらいにおいて、おまっ茶(ちゃ)とわがしをいっしょに持(も)って、お母(かあ)さんにプレゼントしたいです。
 おまっ茶(ちゃ)は何回(なんかい)もできるので、お母(かあ)さんは何回(なんかい)ものむことができます。わがしも、おまっ茶(ちゃ)と同(おな)じで何回(なんかい)も食(た)べられるけれど、お店(みせ)で買(か)うわがしは、何回(なんかい)も買(か)いに行(い)くとたいへんなので、食(た)べられるりょうを買(か)っておくと、べんりです。母(はは)の日(ひ)が楽(たの)しみです。

ありがとうで胸がいっぱい

福井市木田小  4年 妹背 亮汰

 お母(かあ)さんには感(かん)しゃと、ありがとうの気持(きも)ちで胸(むね)がいっぱいです。じゅぎょうさんかんは、仕事(しごと)であまりこれません。でも行事(ぎょうじ)の時(とき)に作(つく)ってくれるおべんとうは、楽(たの)しみで楽(たの)しみでしかたありません。
 昨年(さくねん)のマラソン大会(たいかい)の日(ひ)が、きせきてきに仕事(しごと)が休(やす)みで、見(み)に来(き)てくれました。よいけっかではなかったけれど、お母(かあ)さんが来(き)たから悲(かな)しくありませんでした。
 いやな事(こと)があっても、お母(かあ)さんが聞(き)いてくれて、その対(たい)しょ方(ほう)も教(おし)えてくれるから毎日心(まいにちこころ)がほぐれます。いつもお母(かあ)さんのおかげで一日一日(いちにちいちにち)、うれしく終(お)わることができます。朝(あさ)ごはんのしたくをしてくれたり、宿題(しゅくだい)を教(おし)えてくれたり、悪(わる)いことをした時(とき)にはしかってくれる―。そんなお母(かあ)さんが大好(だいす)きです。

いっしょにいて心おちつき幸せ

福井市木田小  4年 鹿島 悠之介

 いつも母(かあ)さんに助(たす)けられています。そのおかげで毎日幸(まいにちしあわ)せです。でも、たまに、わる口(ぐち)などを言(い)ってしまいます。母(かあ)さんのおかげで、しっかりとした4年生(ねんせい)になりました。母(かあ)さんがきびしくしてくれなかったら、今(いま)のぼくにはなれなかったと思(おも)います。
 たん生日(じょうび)は、母(かあ)さんがおいしいごはんをはりきって作(つく)ってくれます。プレゼントも楽(たの)しみです。
 母(かあ)さんといっしょにいると、心(こころ)がおちつきます。母(かあ)さんがこの世界(せかい)に生(う)まれてくれて幸(しあわ)せです。毎日(まいにち)のように習(なら)い事(ごと)のおくりむかえをしてくれます。サッカー、スイミング…。どれも1分(ぷん)1秒(びょう)もおくれずに。これからもきびしく、やさしい母(かあ)さんでいてくれたら、ぼくは幸(しあわ)せです。

やれることから手伝い始めたい

若狭町熊川小  5年 前川 晴哉

 僕(ぼく)はお母(かあ)さんに感謝(かんしゃ)しています。理由(りゆう)は、僕(ぼく)はよくおこられるけれど、それは僕(ぼく)が悪(わる)いことをしてしまっているから。だから、お母(かあ)さんには、ありがとうと伝(つた)えたいです。
 お母(かあ)さんはやることがたくさんあるので、少(すこ)しずつ手伝(てつだ)いたい。まずはやれることから。それから、心配(しんぱい)もさせないようにしたいです。遊(あそ)ぶ時(とき)は、ちゃんとお母(かあ)さんに言(い)ってから遊(あそ)びに行(い)きたいです。
 お母(かあ)さんからもらった大事(だいじ)な命(いのち)だから、心配(しんぱい)させるわけにはいきません。今考(いまかんが)えていることを守(まも)って、一日一日(いちにちいちにち)を大事(だいじ)にすごしたいです。お母(かあ)さんへの感謝(かんしゃ)の思(おも)いを持(も)って、生(い)きていきたいです。

料理の味に出る 家族思う気持ち

大野市上庄小  6年 廣瀬 雫月

 家族(かぞく)の中(なか)でも特(とく)に、お母(かあ)さんに感謝(かんしゃ)しています。家事(かじ)など私(わたし)たちの生活(せいかつ)を支(ささ)えてくれているからです。だから、ふだんの生活(せいかつ)を見直(みなお)し、家(いえ)の手伝(てつだ)いをしてあげたいです。
 一番感謝(いちばんかんしゃ)しているのは、料理(りょうり)を毎日作(まいにちつく)ってくれていること。毎日毎日(まいにちまいにち)、家族(かぞく)みんなの思(おも)いを考(かんが)えながら作(つく)っているんだろうと思(おも)います。その思(おも)いが、いつも味(あじ)にあらわれていて、おいしいです。大人(おとな)に近(ちか)づいていく時(とき)に、私(わたし)の料理(りょうり)も食(た)べてみてほしいです。
 これからもきっと、めいわくをかけると思(おも)いますが、お世話(せわ)になります。よろしくお願(ねが)いします。私(わたし)はこんなお母(かあ)さんがいて幸(しあわ)せです。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2019年07月07日 郷土新聞作りポイントは?前回知事賞木田さん(勝山南部中)聞いた  郷土新聞作りポイントは?前回知事賞木田さん(勝山南部中)聞いた 
  • 2019年07月07日 伝える力コラムで育む 本社でセミナー  伝える力コラムで育む 本社でセミナー 
  • 2019年06月30日 新聞コラムを知ろう 教員ら向け講義や実践 6日、本社 新聞コラムを知ろう 教員ら向け講義や実践 6日、本社
  • 2019年06月30日 本社「しんぶん寺子屋」に13人 本社「しんぶん寺子屋」に13人
  • 2019年06月27日 児童紙芝居で記事理解 勝山・荒土小 校長が用語など解説 児童紙芝居で記事理解 勝山・荒土小 校長が用語など解説

福井教育ダイジェスト

  • 2019年06月28日 県立高再編を議論へ 県教委、県高校教育問題協議会(高問協)を設置  県立高再編を議論へ 県教委、県高校教育問題協議会(高問協)を設置
  • 2019年06月28日 来春開校の「武生商工高」 25年度に校舎集約  来春開校の「武生商工高」 25年度に校舎集約
  • 2019年06月27日 児童、紙芝居で記事を理解 勝山・荒土小 校長が用語など解説  児童、紙芝居で記事を理解 勝山・荒土小 校長が用語など解説
  • 2019年06月21日 持続可能な鯖江どうつくる? 中学3年生700人 SDGs学ぶ  持続可能な鯖江どうつくる? 中学3年生700人 SDGs学ぶ
  • 2019年06月17日 宇宙わくわく スペースキッズ3期目スタート  宇宙わくわく スペースキッズ3期目スタート
  • 2019年06月12日 勝山高芸術部×市広報紙・消費者相談欄 イラストで市民啓発  勝山高芸術部×市広報紙・消費者相談欄 イラストで市民啓発
  • 2019年06月11日 プレゼン能力 児童125人養う 福井大附義務校で出前授業  プレゼン能力 児童125人養う 福井大附義務校で出前授業
  • 2019年06月09日 県立大が「創造農学科」を来春新設 地域密着で人材育成  県立大が「創造農学科」を来春新設 地域密着で人材育成
  • 2019年06月08日 居酒屋仕切る学生店長 福井の「五目亭」導入 若い発想に期待 バイト人員確保も  居酒屋仕切る学生店長 福井の「五目亭」導入 若い発想に期待 バイト人員確保も
  • 2019年06月08日 福井の出生率上昇、1.67 18年、全国は1.42 3年連続減  福井の出生率上昇、1.67  18年、全国は1.42  3年連続減
  • 2019年06月01日 来春の高志中入試 集団面接を導入 作文問題取りやめ  来春の高志中入試 集団面接を導入 作文問題取りやめ
  • 2019年05月24日 県立大生考案の嶺南ドライブコース JAF機関誌に掲載  県立大生考案の嶺南ドライブコース JAF機関誌に掲載
  • 2019年05月22日 犯罪、電柱から見逃さぬ 福井・松本地区 防犯カメラを北陸初設置  犯罪、電柱から見逃さぬ 福井・松本地区 防犯カメラを北陸初設置
  • 2019年05月21日 鯖江市が「眼育」本腰 就学前検診や意識啓発  鯖江市が「眼育」本腰 就学前検診や意識啓発
  • 2019年05月16日 複式続く学校から統合 若狭町・小中学校適正化計画で検討委  複式続く学校から統合 若狭町・小中学校適正化計画で検討委
  • 2019年05月14日 プール開放 引率者同伴 福井市今夏方針  プール開放 引率者同伴 福井市今夏方針
  • 2019年05月05日 県内スポ少1万人割る 少子化進みピークから半減  県内スポ少1万人割る 少子化進みピークから半減
  • 2019年05月05日 子どもの人口 福井県9万7265人で過去最少 県推計  子どもの人口 福井県9万7265人で過去最少 県推計
  • 2019年05月03日 懐かしの校歌、試聴人気 坂井・県教育博物館  懐かしの校歌、試聴人気 坂井・県教育博物館
  • 2019年04月24日 杉本知事方針 両副知事、教育長は続投へ 「適材適所、ノーサイド」  杉本知事方針 両副知事、教育長は続投へ 「適材適所、ノーサイド」
  • 2019年04月22日 県内高校生「新聞版ハッカソン」に挑戦 30人が取材の基本学ぶ  県内高校生「新聞版ハッカソン」に挑戦 30人が取材の基本学ぶ
  • 2019年04月20日 NIE実践指定9校を認定 県推進協議会が総会  NIE実践指定9校を認定 県推進協議会が総会
  • 2019年04月19日 中3に英語、4技能測る 全国学テ 県内小中1万4200人  中3に英語、4技能測る 全国学テ 県内小中1万4200人
  • 2019年04月17日 中学、高校の英語力、福井が1位 18年度文科省調査で2年連続 教員も上位占める  中学、高校の英語力、福井が1位 18年度文科省調査で2年連続 教員も上位占める
  • 2019年04月06日 福井大留学生に新宿舎 文京キャンパスで入居始まる  福井大留学生に新宿舎 文京キャンパスで入居始まる
  • 2019年04月06日 県内浪人生の進学をサポート 退職教員、福井市内にセンター開所  県内浪人生の進学をサポート 退職教員、福井市内にセンター開所
  • 2019年04月02日 福井国体選手の技 中高生へ 部活指導員に22人任命県教委  福井国体選手の技 中高生へ 部活指導員に22人任命県教委
  • 2019年03月27日 福井大附義務の中央棟完成、職員室を統合 小中一貫、連携密に  福井大附義務の中央棟完成、職員室を統合 小中一貫、連携密に
  • 2019年03月27日 文科省・特色ある私大研究支援 仁愛女子短大を選定 保育士不足解消目指す  文科省・特色ある私大研究支援 仁愛女子短大を選定 保育士不足解消目指す
  • 2019年03月26日 福井大入試の英語民間検定 全学部、出願資格に活用 20年度実施 現在の高1ら対象  福井大入試の英語民間検定 全学部、出願資格に活用 20年度実施 現在の高1ら対象
  • 2019年03月21日 福井大後期308人合格 敦賀市立看護大は15人  福井大後期308人合格 敦賀市立看護大は15人
  • 2019年03月20日 福井国体の選手を部活指導員に 教員負担を軽減  福井国体の選手を部活指導員に 教員負担を軽減
  • 2019年03月19日 「地域を巻き込み、JK課で運動会」提案 スポーツ庁訪問、鈴木長官に 鯖江の女子高生10人  「地域を巻き込み、JK課で運動会」提案 スポーツ庁訪問、鈴木長官に 鯖江の女子高生10人
  • 2019年03月16日 県内の私立6高、2054人入学へ 19年度、6年続き定員上回る  県内の私立6高、2054人入学へ 19年度、6年続き定員上回る
  • 2019年03月13日 県内高校、東大に15人合格 前年から大幅増  県内高校、東大に15人合格 前年から大幅増
  • 2019年03月08日 福井は「日本一」の教育県 学力と働き方、調和を「教員の犠牲と子どもの忍耐で成り立っている」  福井は「日本一」の教育県 学力と働き方、調和を「教員の犠牲と子どもの忍耐で成り立っている」
  • 2019年03月07日 大野市の旭幼稚園は廃止 県内私立で1983年以来 県審議会答申  大野市の旭幼稚園は廃止 県内私立で1983年以来 県審議会答申
  • 2019年03月07日 730人待望の〝春〟 福井大、県立大が前期日程の合格発表  730人待望の〝春〟 福井大、県立大が前期日程の合格発表
  • 2019年03月06日 県教委、授業や部活動の指導優秀教職員を表彰  県教委、授業や部活動の指導優秀教職員を表彰
  • 2019年03月05日 教員採用に嶺南枠を検討 県教育長 福井大入試合わせ  教員採用に嶺南枠を検討 県教育長 福井大入試合わせ
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

みその香りを感じ、色合いを間近で見るこども記者。みそは大豆と米こうじ、塩で造られる=福井市春山2丁目の米五(杉本哲大撮影)

奥深い伝統のみそ 手作り仕込みも挑戦

 みそのおいしさ、楽しみ方を届(とど)けたい―。職人さんの「...
2019年04月14日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」