トップページ > キッズこだま > 11月テーマは 「感動したこと」

11月テーマは 「感動したこと」

「投稿を見る」へ  

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

ねこが出産うれし泣き

若狭町梅の里小 4年 武長 睦

 わたしは、毎朝家(まいあさいえ)の前(まえ)を通(とお)る、のらねこが赤(あか)ちゃんを産(う)んだことにとても感動(かんどう)しました。
 わたしは、まい朝(あさ)、ねこが通(とお)るのが楽(たの)しみでした。そののらねこが赤(あか)ちゃんを産(う)もうとがんばっていました。わたしは「だいじょうぶかな」と、しんぱいしていました。そしたら、赤(あか)ちゃんの頭(あたま)が出(で)てきて「がんばれ、がんばれ、もう少(すこ)しだからね。がんばって」とおうえんしていると、無事産(ぶじう)まれて、感動(かんどう)して泣(な)いてしまいました。それから5ひき産(う)まれてきたので、妹(いもうと)と姉(あね)といっしょにうれし泣(な)きしました。
 わたしは感動(かんどう)して泣(な)いたことがなかったけど、感動(かんどう)というのは、うれしいことや、よかったときに、するのだと分(わ)かりました。

理科作品が展示 来年もがんばる

越前市武生西小 5年 酒井 優里那

 わたしが感動(かんどう)したことは、わたしが作(つく)った理科作品(りかさくひん)が今立芸術館(いまだてげいじゅつかん)に展示(てんじ)されたことです。理由(りゆう)は、がんばって作(つく)った作品(さくひん)がいろんな人(ひと)に見(み)てもらえたからです。
 わたしは、1年生(ねんせい)のときから、理科作品(りかさくひん)を作(つく)っています。お兄(にい)さんが6年間(ねんかん)、作品(さくひん)を作(つく)っていたので、それを見(み)て楽(たの)しそうだと思(おも)い、やりました。4年生(ねんせい)では、県(けん)の出品展(しゅっぴんてん)に展示(てんじ)されたので感動(かんどう)しました。他(ほか)の友達(ともだち)もすごいものを研究(けんきゅう)したり、作品(さくひん)にしたりしていたのでびっくりしました。負(ま)けないように、次(つぎ)の夏休(なつやす)みもがんばりたいです。

天皇陛下ご来県 思い出を大切に

福井市長橋小6年 6年 平尾 早伎

 私(わたし)が最近感動(さいきんかんどう)したことは、福井(ふくい)しあわせ元気国体(げんきこくたい)に天皇陛下(てんのうへいか)や皇族(こうぞく)の方々(かたがた)が福井県(ふくいけん)に来(こ)られたことです。天皇陛下(てんのうへいか)や皇族(こうぞく)の方々(かたがた)はいつも東京(とうきょう)にいらっしゃるのにわざわざ福井(ふくい)に来(き)てくださったからです。
 この前(まえ)、校外学習(こうがいがくしゅう)で国際交流会館(こくさいこうりゅうかいかん)へ行(い)きました。そこで、福井国体(ふくいこくたい)で実際(じっさい)に天皇陛下(てんのうへいか)が入(はい)られた特別室(とくべつしつ)に私(わたし)も入(はい)って、すごくうれしかったです。国体(こくたい)の開会式(かいかいしき)は残念(ざんねん)ながら雨(あめ)が降(ふ)っていました。天皇陛下(てんのうへいか)、みちこさまは雨(あめ)の中(なか)、来(き)てくださったのでありがたく思(おも)います。国体(こくたい)の後(あと)は、みちこさまがかぜをひかれたそうなので、お体(からだ)を大事(だいじ)にしていただきたいです。私(わたし)はこの思(おも)い出(で)を大切(たいせつ)にしたいです。

家でバレエ練習 努力が実を結ぶ

大野市上庄小 5年 岩田 栞奈

 わたしはバレエを習(なら)っています。高学年(こうがくねん)になると2回(かい)、ターンをしなくてはいけません。先生(せんせい)は「あまり強(つよ)く意識(いしき)せずに顔(かお)を2回(かい)まわすだけだよ」とアドバイスしてくれますが、すぐによろついてしまいます。
 だからわたしは、家(いえ)でひたすらターンの練習(れんしゅう)をしました。たまにはころんでしまう日(ひ)もありました。でも、ずっと練習(れんしゅう)しました。するとある日(ひ)、2回転(かいてん)ができるようになりました。その時(とき)はとってもうれしかったです。努力(どりょく)が実(み)を結(むす)んでよかったです。
 これからもあきらめず、できなかったことにちょうせんしていきたいです。ターンにもいろいろなやり方(かた)があるので、それも身(み)につけます。楽(たの)しみつつ、がんばります。

カマキリ〝出産〟大きなこうふん

勝山市成器南小  4年 木下 結人

10月(がつ)24日(か)の午後(ごご)1時(じ)に、教室(きょうしつ)の虫(むし)かごの中(なか)でカマキリが卵(たまご)を産(う)みました。横(よこ)1センチ、たて3センチ5ミリの卵(たまご)でした。初(はじ)めてカマキリの出産(しゅっさん)を見(み)たのでおどろきとこうふんとうれしさが大(おお)きかったです。卵(たまご)を産(う)むすがたは一生(いっしょう)けん命(めい)に見(み)えました。カマキリが、あわで卵(たまご)を産(う)むのは図(ず)かんで見(み)たけれど、本物(ほんもの)を見(み)ることができたのでうれしかったです。
 2日(ふつか)たって卵(たまご)をさわったらカチカチでした。なぜ、あわがカチカチなのか不思議(ふしぎ)だったので調(しら)べたら、カマキリの卵(たまご)はあわの中(なか)で冬(ふゆ)をこすため、寒(さむ)さや外(がい)てきから守(まも)れるようにじょうぶになっていると分(わ)かりました。春(はる)になってたくさんのよう虫(ちゅう)が生(う)まれてくるのが待(ま)ち遠(どお)しいです。

上庄チームがV 勇士8人に感謝

大野市上庄小 6年 白﨑 愛唯

私(わたし)が感動(かんどう)したことは連合体育大会(れんごうたいいくたいかい)です。私(わたし)は800メートル混合(こんごう)リレーに出場(しゅつじょう)する予定(よてい)でしたが、本番(ほんばん)の数日前(すうじつまえ)に足(あし)を痛(いた)め、代(か)わりに友達(ともだち)に出(で)てもらうことになりました。私(わたし)は夏休(なつやす)み前(まえ)から連体(れんたい)をすごく楽(たの)しみにしていたので自分(じぶん)が走(はし)れなくてとても悔(くや)しかったです。
 本番(ほんばん)、800メートル混合(こんごう)リレーを私(わたし)はハラハラしながら見(み)ていました。そして上庄(かみしょう)チームは1位(い)でゴールしました。そのしゅん間(かん)、うれしくて感動(かんどう)し、なみだが出(で)てきました。出場(しゅつじょう)できなかった悔(くや)しさもありましたが、比(くら)べものにならないくらい圧倒的(あっとうてき)にうれしさ、感動(かんどう)の方(ほう)が大(おお)きかったです。感動(かんどう)を与(あた)えてくれた上庄小(かみしょうしょう)の8人(にん)の勇士(ゆうし)に「ありがとう」という感謝(かんしゃ)の気持(きも)ちでいっぱいです。

心ふるえる体験うらやましいな

大野市有終南小 3年 富田 千晴

 わたしはまだ感動(かんどう)というものがよく分(わ)かりません。お母(かあ)さんに「感動(かんどう)したらどうなるの?」と聞(き)いてみました。そしたら「心(こころ)がふるえたり、なみだがでたりするんだよ」と教(おし)えてくれました。なんだかむずかしくて、もっと分(わ)からなくなりました。
 お母(かあ)さんは、わたしや妹(いもうと)が生(う)まれた時(とき)、入学式(にゅうがくしき)、うん動会(どうかい)、発(はっ)ぴょう会(かい)、いろんな行事(ぎょうじ)があるたびに感動(かんどう)したと言(い)っていました。ちょっと感動(かんどう)しすぎだと思(おも)うけど、少(すこ)しうらやましいです。
 わたしはまだ感動(かんどう)がよく分(わ)からないけど、知(し)らないうちにお母(かあ)さんを感動(かんどう)させることができていたようです。これからわたしも感動(かんどう)することがあると思(おも)うけど、人(ひと)を感動(かんどう)させられるようになりたいです。

秋の陸上大会 最高のタイム

越前市武生西小 5年    赤澤 和香

 わたしが感動(かんどう)したことは、秋(あき)の陸上(りくじょう)の大会(たいかい)です。めあてで、うでの動(うご)き、足(あし)の回転(かいてん)、そして16秒台(びょうだい)で走(はし)ると決(き)めていました。本番(ほんばん)で走(はし)ったら今(いま)までで最高(さいこう)のタイムで、うれしくて感動(かんどう)しました。
 こんなに感動(かんどう)した理由(りゆう)は、一度(いちど)も休(やす)まず、一生(いっしょう)けん命(めい)に「ああしたらいいのかな」「こうしたらいいのかもしれない」となやんで、やったからだと思(おも)います。そのようなことをしていなかったら、ぜったい16秒台(びょうだい)は出(だ)せなかっただろうし、こんなに感動(かんどう)しなかったと思(おも)います。
 わたしは、陸上大会(りくじょうたいかい)で、めあてをたっせいできたし、16秒台(びょうだい)で走(はし)れて良(よ)かったと改(あらた)めて思(おも)いました。来年(らいねん)もがんばりたいです。

OSKの歌声 思わず「すごい」

若狭町梅の里小 4年  須賀原 愛来

 わたしが感動(かんどう)したことは、遠足(えんそく)で見(み)に行(い)ったOSKというげきだんです。そのげきだんは全員女(ぜんいんおんな)の人(ひと)なのに、男(おとこ)の人(ひと)のえんぎや歌(うた)を歌(うた)っていたり、男(おとこ)の人(ひと)のような歩(ある)き方(かた)で歩(ある)いていたりしました。テレビではなく、まぢかで見(み)られたことに感動(かんどう)しました。
 その中(なか)で一番感動(いちばんかんどう)したことは、げきだんの人(ひと)の歌(うた)です。その歌声(うたごえ)はいままで聞(き)いたことがないような歌声(うたごえ)で、わたしは思(おも)わず「わぁすごいなぁ」と言(い)ってしまいました。それほどすごい歌声(うたごえ)でした。私(わたし)たちは時間(じかん)のつごうで20分(ぷん)ほどしか見(み)られなくて、わたしは「もうちょっと見(み)たいなぁ」と思(おも)いました。
 わたしはこのげきだんを見(み)て、歌手(かしゅ)にもなってみたいし、げきだんに入(はい)ってみたいと思(おも)いました。こんどはOSK以外(いがい)のげきだんも見(み)てみたいです。

友達のメッセージになみだ

越前市神山小  5年 山影 真央

 私(わたし)は、ようち園(えん)の卒園式(そつえんしき)に友達(ともだち)からメッセージプレートをもらいました。なぜかというと私(わたし)はようち園(えん)のお友達(ともだち)とちがう小学校(しょうがっこう)に入学(にゅうがく)したからです。
 そして1年生(ねんせい)になった時(とき)、ようち園(えん)のお友達(ともだち)がいないのに、さがしてしまいました。私(わたし)は冷静(れいせい)になってメッセージプレートに書(か)かれている言葉(ことば)を思(おも)い出(だ)して何(なん)だか悲(かな)しくなってきました。「みんなに会(あ)いたいな」。1年生(ねんせい)の時(とき)は家(いえ)に帰(かえ)るといつも泣(な)いていました。
 それからたくさんの年月(ねんげつ)がすぎ、学校(がっこう)にもなれ、友達(ともだち)もでき、気(き)がつけば5年生(ねんせい)になっていました。そんなある日(ひ)、自分(じぶん)の部屋(へや)を整(せい)とんしていたら、四角(しかく)いボードを見(み)つけました。なんだろうと不思議(ふしぎ)に思(おも)いながら見(み)てみると、ようち園(えん)の時(とき)の友達(ともだち)からのメッセージボードでした。読(よ)んでいるとなぜだか、なみだ目(め)になり、いつのまにか泣(な)いていました。「ずっと友達(ともだち)だよ」。

かくれていた花さいてよかった

越前市服間小 4年  飯田 恭子

 私(わたし)の家(いえ)の前(まえ)に花(か)だんがあります。その花(か)だんには、とても大(おお)きなメランポジウムがさいています。それ以外(いがい)の花(はな)はメランポジウムにかくれていました。かくれている花(はな)がかわいそうだなと思(おも)って見(み)ていました。
 何日(なんにち)かたってから、登校前(とうこうまえ)にお母(かあ)さんが「メランポジウムでほかの花(はな)がかわいそう」と言(い)っていたので、私(わたし)は「うん、少(すこ)しその花(はな)をつんだら」と言(い)いました。次(つぎ)の日見(ひみ)てみたら少(すこ)しすっきりしていて、ほかのお花(はな)も顔(かお)を見(み)せていたので、かくれていてもちゃんと生(い)きていたのでよかったなと思(おも)いました。
 次(つぎ)の日(ひ)も次(つぎ)の日(ひ)もきれいにさいていたので、ほかの花(はな)とかさなりあっていても、花(はな)をさかせるんだと感動(かんどう)しました。何(なに)があってもきれいにさいていてほしいです。

根尾せんしゅ 間近で見たよ

福井市円山小 4年  木下 優雅

 ぼくがさいきん、かんどうしたことは国体(こくたい)の野球(やきゅう)です。中(なか)でも一番(いちばん)かんどうしたのが、1回戦(かいせん)で大阪桐蔭(おおさかとういん)の根尾(ねお)あきらせんしゅが、はつだせきでホームランを打(う)ったことです。とてもすごいと思(おも)いました。
 根尾(ねお)せんしゅはその日(ひ)はせんぱつ投手(とうしゅ)でした。150キロのたまをなげて、とてもかんどうしました。ぼくは投手(とうしゅ)になりたいので、根尾(ねお)せんしゅみたいになりたいです。
 国体(こくたい)は野球部(やきゅうぶ)みんなで行(い)って、一番前(いちばんまえ)のせきにすわって、ベンチにいた根尾(ねお)せんしゅに「根尾(ねお)さん、がんばってください」と声(こえ)をかけました。そしたらこっちをむいて、うなずいてくれました。また見(み)に行(い)きたいと思(おも)いました。

くじけない心みならいたい

鯖江市神明小 4年 大久保 里桜

 私(わたし)は、国体(こくたい)で陸上(りくじょう)の決勝(けっしょう)を見(み)に行(い)きました。決勝(けっしょう)でスタートから足(あし)をつって走(はし)れなくなった選手(せんしゅ)がいました。でもあきらめずに、追(お)いこされてもずっと歩(ある)きつづけ、ゴールしました。私(わたし)はすごいなと思(おも)いました。私(わたし)だったらすぐにリタイアすると思(おも)うからです。最後(さいご)まであきらめずにゴールした選手(せんしゅ)に感動(かんどう)しました。
 また障害者(しょうがいしゃ)スポーツの車(くるま)いすバスケも見(み)ました。私(わたし)は観戦(かんせん)して、とても足(あし)が不自由(ふじゆう)には見(み)えませんでした。そう思(おも)えた理由(りゆう)は、きっと選手(せんしゅ)のみなさんがつらいことをのりこえて、あきらめず、くじけずにこられたからだと思(おも)います。
 私(わたし)は二(ふた)つの観戦(かんせん)で、あきらめない心(こころ)とくじけない心(こころ)が大切(たいせつ)なんだと思(おも)いました。私(わたし)も目標(もくひょう)を見(み)つけて、二(ふた)つの心(こころ)をわすれずにがんばりたいです。

秋刀魚の名前かっこいいよ

越前市神山小  5年 南山 明日佳

 海(うみ)の中(なか)にすんでいる、秋(あき)の旬(しゅん)の魚(さかな)。そう、ぼく、さんまだよ。ぼくが最近感動(さいきんかんどう)したことは…。ぼくの名前(なまえ)に感動(かんどう)したんだ。今(いま)までぼく、自分(じぶん)の名前(なまえ)、さんまってひらがなで書(か)くかと思(おも)っていたけれど、なんと「秋刀魚(さんま)」と書(か)くんだったんだよ。秋(あき)の刀(かたな)の魚(さかな)って、とてもかっこいいと思(おも)わない? ぼくはそれに感動(かんどう)したんだ。
 そしてもう一(ひと)つ、ぼくの身体(からだ)の色(いろ)さ。夕焼(ゆうや)けに光(ひか)る銀(ぎん)のうろこ。ロマンチックって、自分(じぶん)でも思(おも)うんだ。
 ぼく「秋刀魚(さんま)」。ぼくたちは世界(せかい)で一番(いちばん)きらきら、とてもかっこいい名前(なまえ)を持(も)っている魚(さかな)なんだ。僕(ぼく)たち秋刀魚(さんま)のこと、人間(にんげん)たちは少(すこ)しでもかっこいいと思(おも)っているかな。こんな世界一(せかいいち)かっこいい名前(なまえ)とうろこを持(も)っている魚(さかな)をとって食(た)べるなんて、人間(にんげん)もどうかしてるよね。少(すこ)しは感動(かんどう)してほしいよ。
 うわっ。人間(にんげん)の船(ふね)が来(き)たぞ。にげろー! 食(た)べられるぞー!

よつんばいゴール 駅伝選手勇気ある

福井市円山小 4年   林 仁衣奈

 わたしは、この前(まえ)おこなわれた女子駅伝(じょしえきでん)のことに感動(かんどう)しました。わけは、走(はし)っていると中(ちゅう)に、こっ折(せつ)してしまったのに、よつんばいでゴールしていた人(ひと)がいたからです。
 たすきをわたしたいので、よつんばいになってでもゴールしたので、えらいと思(おも)いました。その人(ひと)は、あと200メートルだったのでゴールをめざして、すすんだそうです。その人(ひと)は、ひざから血(ち)が出(で)ていました。すごく勇気(ゆうき)がある人(ひと)だと思(おも)います。わたしだったら、そんなことはしていないと思(おも)います。きついし、いたいし、もっとけががひどくなってしまうと思(おも)うからです。
 わたしは、この人(ひと)のいいところを考(かんが)えてみると、きっと「まけずぎらい」なんだと思(おも)います。この人(ひと)は、すばらしい人(ひと)だと思(おも)います。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2019年01月20日 金津高で授業 多様な情報 扱い方探求 新聞使い「視野」広げる 金津高で授業 多様な情報 扱い方探求 新聞使い「視野」広げる
  • 2019年01月20日 現代的な諸課題 教育でどう対応 来月、東京でNIEフォーラム 現代的な諸課題 教育でどう対応 来月、東京でNIEフォーラム
  • 2019年01月20日 大学生TIMES福井工大編 〝脱スマホ〟道は険し 大学生TIMES福井工大編 〝脱スマホ〟道は険し
  • 2019年01月13日 26日本社でセミナー 社会人、親子ら参加募る 26日本社でセミナー 社会人、親子ら参加募る
  • 2018年12月23日 心に残った国体 文章に 福井・木田小でNIE授業 心に残った国体 文章に 福井・木田小でNIE授業

福井教育ダイジェスト

  • 2018年12月29日 キャリア教育で大臣賞 ふくいの担い手づくり団体  キャリア教育で大臣賞 ふくいの担い手づくり団体
  • 2018年12月27日 福井市連絡協 最優秀賞輝く キャリア教育推進 全国模範と評価  福井市連絡協 最優秀賞輝く キャリア教育推進 全国模範と評価
  • 2018年12月27日 先生は高校生、中学生に指導 武生高で「アカデミア」 理数系の魅力伝える  先生は高校生、中学生に指導 武生高で「アカデミア」 理数系の魅力伝える
  • 2018年12月27日 即興型英語ディベート全国大会 藤島高 力発揮し初V  即興型英語ディベート全国大会 藤島高 力発揮し初V
  • 2018年12月25日 プログラミング 体験活動広がる 県内ソフト企業など 15年から 障害、病気ある子にも  プログラミング 体験活動広がる 県内ソフト企業など 15年から 障害、病気ある子にも
  • 2018年12月23日 世界ぶっ飛びエピソード 県立大生がユニーク先生取材  世界ぶっ飛びエピソード 県立大生がユニーク先生取材
  • 2018年12月20日 生徒会再考、政治へ関心 主権者教育 県立高60人福井で研修  生徒会再考、政治へ関心 主権者教育 県立高60人福井で研修
  • 2018年12月16日 犬猫問題伝えていく いっしょに読もう!新聞コンクール 橋本君(宝永小)5年ら表彰  犬猫問題伝えていく いっしょに読もう!新聞コンクール 橋本君(宝永小)5年ら表彰
  • 2018年12月16日 全国Jr.中国語スピーチ審査 小村さん(足羽高)最優秀輝く 高校生大会 永原さん(足羽)最高賞  全国Jr.中国語スピーチ審査 小村さん(足羽高)最優秀輝く 高校生大会 永原さん(足羽)最高賞
  • 2018年12月15日 全国高校生自作電気自動車レース 坂井が技術・デザイン賞 木製車体、曲線こだわり  全国高校生自作電気自動車レース 坂井が技術・デザイン賞 木製車体、曲線こだわり
  • 2018年12月13日 次期指導要領に対応 「主体的学び」探る 科技高で理科公開授業  次期指導要領に対応 「主体的学び」探る 科技高で理科公開授業
  • 2018年12月12日 不登校を経験 悩み寄り添う 県発達障害児者支援センター・野村さん  不登校を経験 悩み寄り添う 県発達障害児者支援センター・野村さん
  • 2018年12月11日 県学校新聞コンクール 美方など4高校表彰  県学校新聞コンクール 美方など4高校表彰
  • 2018年12月11日 部活減で教員負担解消 県教委改善案 中学200部相当  部活減で教員負担解消 県教委改善案 中学200部相当
  • 2018年12月09日 意欲や自制心、成功の鍵 教育経済学者・中室氏 福井で講演 幼児教育に注力訴え  意欲や自制心、成功の鍵 教育経済学者・中室氏 福井で講演 幼児教育に注力訴え
  • 2018年12月08日 池田小、地域と連携強化を 校長、住民ら 運営巡り初会議  池田小、地域と連携強化を 校長、住民ら 運営巡り初会議
  • 2018年12月07日 記事の感想、児童熱弁 大野・上庄小でコンテスト  記事の感想、児童熱弁 大野・上庄小でコンテスト
  • 2018年12月02日 いっしょに読もう!新聞コンクール 県NIE推進協議会賞 黒田さん(武生東高1年)ら14人 奨励賞は141人  いっしょに読もう!新聞コンクール 県NIE推進協議会賞 黒田さん(武生東高1年)ら14人 奨励賞は141人
  • 2018年12月02日 「はがき新聞」で地域学習 県内取り組み広がる 郷土愛育むツールに  「はがき新聞」で地域学習 県内取り組み広がる 郷土愛育むツールに
  • 2018年12月02日 福井流教育、アフリカに 8カ国の教員ら 福井大で研修  福井流教育、アフリカに 8カ国の教員ら 福井大で研修
  • 2018年11月27日 橋本君(宝永小5年)最優秀賞 いっしょに読もう!新聞コンクール 「子犬工場」記事に着目  橋本君(宝永小5年)最優秀賞 いっしょに読もう!新聞コンクール 「子犬工場」記事に着目
  • 2018年11月25日 福井大院生ら羽水高で授業 AIの光と影じっくり 医療、自動運転の課題探る  福井大院生ら羽水高で授業 AIの光と影じっくり 医療、自動運転の課題探る
  • 2018年11月25日 こども記者、若狭町の県年縞博物館へ 水月湖の奇跡に驚き 7万年の歩み理解  
  • 2018年11月25日 「拉致覚えていて」 小浜 地村さん、小中回り講座 7校310人受講 優しく語り啓発  「拉致覚えていて」 小浜 地村さん、小中回り講座 7校310人受講 優しく語り啓発
  • 2018年11月22日 白川静漢字教育賞 古澤さん(浜松)最優秀 岸下さん(福井)ら優秀賞  白川静漢字教育賞 古澤さん(浜松)最優秀 岸下さん(福井)ら優秀賞
  • 2018年11月22日 福井大新学長に上田氏 3人続けて医学部出身  福井大新学長に上田氏 3人続けて医学部出身
  • 2018年11月20日 創立120周年で 1300人飛躍誓う 仁愛女子高  創立120周年で 1300人飛躍誓う 仁愛女子高
  • 2018年11月20日 越前町の未来を考察 特別授業で意見交換 小さな親切運動会員と丹生高生  越前町の未来を考察 特別授業で意見交換 小さな親切運動会員と丹生高生
  • 2018年11月17日 記事活用事例で情報交換 本社 北信越のアドバイザー会議  記事活用事例で情報交換 本社 北信越のアドバイザー会議
  • 2018年11月17日 認知症知って 児童が映画出演 敦賀南小5年、三輪さん作文原作  認知症知って 児童が映画出演 敦賀南小5年、三輪さん作文原作
  • 2018年11月15日 不登校の悩み、親が共有 三國さん(敦賀)ら月1「カフェ」 話し合い「心を楽に」  不登校の悩み、親が共有 三國さん(敦賀)ら月1「カフェ」 話し合い「心を楽に」
  • 2018年11月14日 EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業  EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業
  • 2018年11月13日 外国籍子どもらの教育、保育 越前市、企業が研究会 年内設置で合意 支援策協議へ  外国籍子どもらの教育、保育 越前市、企業が研究会 年内設置で合意 支援策協議へ
  • 2018年11月11日 社労士と高校授業立案 福井大院生 労働問題を題材に  社労士と高校授業立案 福井大院生 労働問題を題材に
  • 2018年11月11日 22年度から高校で必修「公共」 授業は専門家と連携を 福井大・橋本教授に聞く 他教科と接続も 切実なテーマ選んで  22年度から高校で必修「公共」 授業は専門家と連携を 福井大・橋本教授に聞く 他教科と接続も 切実なテーマ選んで
  • 2018年11月11日 地域の魅力、紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作  地域の魅力、紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作
  • 2018年11月11日 キレる子に考える力を 福井で全国児童館大会  キレる子に考える力を 福井で全国児童館大会
  • 2018年11月11日 県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰  県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰
  • 2018年11月07日 国体記事、熱気を実感 木田小 3年生、切り抜き発表  国体記事、熱気を実感 木田小 3年生、切り抜き発表
  • 2018年11月06日 外国籍子どもに 学習支援の場 越前市「オラ・バモス」始動 ブラジル人ら集う 急増受け、居場所にも  外国籍子どもに 学習支援の場 越前市「オラ・バモス」始動 ブラジル人ら集う 急増受け、居場所にも
  • 2018年11月06日 高校生、園児と劇を通し交流 坂井 「教科横断授業」にらむ  高校生、園児と劇を通し交流 坂井 「教科横断授業」にらむ
  • 2018年11月04日 県高文祭新聞大会 紙面作り、3校交流 鯖江 29人、4班で取材  県高文祭新聞大会 紙面作り、3校交流 鯖江 29人、4班で取材
  • 2018年11月04日 留学生がはがき新聞挑戦 福井大 記事の書き方学ぶ  留学生がはがき新聞挑戦 福井大 記事の書き方学ぶ
  • 2018年11月03日 新学部「恐竜前面に」 県立大 有識者が初会合  新学部「恐竜前面に」 県立大 有識者が初会合
  • 2018年11月02日 越前市 小中入学式を遅らす 4月7日 教員多忙解消へ  越前市 小中入学式を遅らす 4月7日 教員多忙解消へ
  • 2018年10月31日 書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告  書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告
  • 2018年10月30日 県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人  県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人
  • 2018年10月30日 小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合  小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合
  • 2018年10月28日 「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない  「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない
  • 2018年10月26日 揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」  揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」
  • 2018年10月26日 いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査  いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査
  • 2018年10月26日 不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人  不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人
  • 2018年10月26日 不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」  不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」
  • 2018年10月25日 日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業  日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業
  • 2018年10月25日 県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞  県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞
  • 2018年10月25日 アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業  アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業
  • 2018年10月24日 日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募  日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募
  • 2018年10月23日 下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署  下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署
  • 2018年10月23日 ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価  ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価
  • 2018年10月21日 古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘  古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘
  • 2018年10月21日 久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査  久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査
  • 2018年10月20日 勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問  勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問
  • 2018年10月15日 池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う  池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う
  • 2018年10月06日 岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文  岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文
  • 2018年09月27日 SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査  SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査
  • 2018年09月27日 「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請  「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請
  • 2018年09月26日 生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人  生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人
  • 2018年09月23日 不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る  不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る
  • 2018年09月23日 大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材  大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材
  • 2018年09月23日 学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練  学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練
  • 2018年09月23日 英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告  英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告
  • 2018年09月23日 記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ  記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ
  • 2018年09月20日 藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ  藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ
  • 2018年09月16日 海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す  海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す
  • 2018年09月16日 読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」  読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」
  • 2018年09月15日 小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置  小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置
  • 2018年09月14日 福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を  福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を
  • 2018年09月13日 数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念  数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念
  • 2018年09月08日 自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針  自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針
  • 2018年09月02日 学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」  学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ
こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」