トップページ > キッズこだま > 8月テーマは「平和」

8月テーマは「平和」

「投稿を見る」へ

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

自死する人へらしたい

越前市武生西小   4年 河島 実夢

 私(わたし)は、ずっと平和(へいわ)だと思(おも)っていました。ですが、そうではないことを知(し)りました。1年間(ねんかん)に約(やく)2~3万人(まんにん)。日本(にほん)で自死(じし)をした人(ひと)の数(かず)です。
 私(わたし)は、相談(そうだん)にのってくれる人(ひと)をふやすと自死(じし)がへるのじゃないかなと考(かんが)えました。アドバイスをしてあげることが大切(たいせつ)です。「次(つぎ)はがんばろうね」という言葉(ことば)や「いつでも相談(そうだん)にのってあげるね」という言葉(ことば)などです。そういった声(こえ)をかけるだけでも気持(きも)ちがかわります。私(わたし)も大人(おとな)になったら少(すこ)しでも力(ちから)になりたいと思(おも)います。これからは、自死(じし)を少(すこ)しでもへらしていけたらいいなと思(おも)いました。私(わたし)は、いつか自死(じし)をなくして、平和(へいわ)にしたいと思(おも)っています。

分け合いややさしさを

若狭町梅の里小 4年  須賀原 郁斗

 ぼくは、戦争(せんそう)がないということは、どんな時(とき)でも平和(へいわ)なんだなと思(おも)いました。ぼくは、どうしたら平和(へいわ)になれるんだろうと考(かんが)えました。分(わ)け合(あ)いややさしさを持(も)ってくらせば戦争(せんそう)が起(お)こらないと思(おも)います。
 今(いま)と昔(むかし)ではぜんぜんちがうと思(おも)います。昔(むかし)はいつもいつもばくだんを落(お)としてきて、家(いえ)がもえたり、人(ひと)がたくさん亡(な)くなったりしました。今(いま)は非常食(ひじょうしょく)もたくさんふえてきています。カンパンやレトルトのごはんもあります。だから今(いま)と昔(むかし)はとってもちがうと思(おも)います。
 ぼくは、争(あらそ)いごとで戦争(せんそう)になってほしくないです。ぼくは本当(ほんとう)に平和(へいわ)ということがとっても大切(たいせつ)なんだなあと思(おも)いました。

ケンカやいじめ争いにつながる

若狭町梅の里小 4年  森下 陽菜

 わたしは、約(やく)70年前(ねんまえ)におきた第(だい)2次世界大戦(じせかいたいせん)のことを思(おも)い、わたしたちにできることを考(かんが)えました。
 それはケンカをやめることです。理由(りゆう)は、だれかがいじめをしたら、そのいじめられている人(ひと)がぎゃくにおこってケンカになったら、争(あらそ)いへとつながってしまうからです。まず、やらないことが大事(だいじ)だと思(おも)います。もし、他(ほか)の人(ひと)がケンカをやっていたら「やめなよ」と声(こえ)をかけてあげることもだいじだと思(おも)いました。
 これからも、ケンカだけでなくいじめとかをやらないようにしたいです。一人一人(ひとりひとり)があんぜんにくらせるように、みんながあんぜんにくらせるようにすることが一番大事(いちばんだいじ)だと思(おも)います。わたしも、いじめやケンカをやらないように、考(かんが)えたことをいしきして行動(こうどう)したいです。

ようしや考え方ちがってもいい

越前市武生西小 4年  田中 紗彩

 わたしは戦争(せんそう)のことについて考(かんが)えた。なぜ戦争(せんそう)がおきるかぎもんに思(おも)った。戦争(せんそう)をなくすためにはどうしたらいいだろう。わたしは世界(せかい)のみんながなかまだと思(おも)えばいいと思(おも)う。
 わたしのクラスではブラジルの子(こ)と日本(にほん)の子(こ)が強(つよ)い口調(くちょう)でケンカしている。そういうことが戦争(せんそう)の始(はじ)まりだと思(おも)う。そんなことやらなくてもいいのに。ようし、考(かんが)え方(かた)、せいかくのちがう人(ひと)がいてもいい。みんながみんな同(おな)じではないのだから。そうすればみんながなかまになって戦争(せんそう)がなくなり、世界(せかい)が平和(へいわ)になる。ぜんぶの国(くに)に戦争(せんそう)がなくなってみんなが平和(へいわ)になるといいな。

たすけ合って楽しく生活を

大野市有終南小 3年  宮下 敦希

 ぼくは「平和(へいわ)」というテーマをもとにして、家(いえ)での平和(へいわ)が何(なに)かを考(かんが)えました。そして、楽(たの)しい時(とき)が平和(へいわ)で、わるい気分(きぶん)の時(とき)が平和(へいわ)じゃないと分(わ)かりました。平和(へいわ)がいいわけは、わるいこともなくて、元気(げんき)にすごせるからです。
 ぼくがそうぞうする平和(へいわ)な世界(せかい)は、みんながたすけ合(あ)って、元気(げんき)で楽(たの)しくすごせる世界(せかい)です。みんなが楽(たの)しんで生活(せいかつ)をおくれて、せんそうやいじめがない世界(せかい)があったら、みんなよろこびそうです。
 ぼくたちのこの世界(せかい)を平和(へいわ)にするためにたいせつなのは、えがおを大切(たいせつ)にすることです。えがおになれば、なんでもできます。えがおだったら、友(とも)だちがふえたり、みんなのにんきものになれたりするかもしれません。えがおは、みんなのたからものです。ぼくもえがおを大切(たいせつ)にしていきたいです。

大雨のときは早めにひなん

大野市有終南小 3年  富田 千晴

 この間(あいだ)の大雨(おおあめ)で大野(おおの)はだいじょうぶだったけれど、今(いま)もおかやまけんの人(ひと)たちは、ひなんしているので、とてもかわいそうです。大野(おおの)は少(すこ)ししかふらなかったので、わたしたちはぶじでした。大野(おおの)は平和(へいわ)でよかったなと思(おも)いました。
 もし、わたしがおかやまけんとかにすんでいたら、とっても大(たい)へんなことになっていたんだなと思(おも)います。でもお母(かあ)さんに聞(き)いたら、ふくいもむかし、大雨(おおあめ)で家(いえ)がながされた人(ひと)もいるそうです。今(いま)では道路(どうろ)も家(いえ)もきれいになっているけど、今(いま)テレビでやってるぐらいひどかったそうです。
 今年(ことし)は、広(ひろ)いはんいで水(すい)がいになったけど、早(はや)めに注意(ちゅうい)してひなんするようにしたいです。平和(へいわ)な日本(にほん)がいいけど、地(じ)しんや大雨(おおあめ)のしぜんさいがいは、どうすることもできないので、ひなん場所(ばしょ)などをかくにんしておきたいです。

思いやりもち心結びあおう

越前市服間小 4年  児玉 明希恵

 私(わたし)は、平和(へいわ)というものは「幸(しあわ)せ」「感(かん)しゃ」「ありがとう」と言(い)えるものだと思(おも)います。
 なぜそう思(おも)ったのかというと、平和(へいわ)というものは幸(しあわ)せだと思(おも)うからです。まず、幸(しあわ)せになるには「感(かん)しゃ」や「ありがとう」という気持(きも)ちができなければいけないと思(おも)うのです。気持(きも)ちだけでなく、お年(とし)よりの方(かた)に気(き)を使(つか)ってあげたり、小(ちい)さい子(こ)のおせわ、めんどうを見(み)たりして、体(からだ)を使(つか)ってできることもあります。
 なのでわたしは、こう考(かんが)えました。みなさんも、気持(きも)ちや体(からだ)を使(つか)って、相手(あいて)に思(おも)いやりをもって、せっしてください。こうすると、人(ひと)と人(ひと)の心(こころ)が結(むす)びあうと思(おも)います。
 わたしは、このようなことをすれば平和(へいわ)になって、またその上(うえ)の平和(へいわ)になってと、幸(しあわ)せ、平和(へいわ)のつみかさねになるのをねがっています。

苦しむ子ども 他の国にいる

越前市神山小 5年  下霜 翔

 日本(にほん)は平和(へいわ)です。ですが他(ほか)の国(くに)では戦争(せんそう)が起(お)きていて、苦(くる)しんでいる子(こ)どもたちがたくさんいてかわいそうだと思(おも)います。ぼくたちが戦争(せんそう)にあっていたら、たくさんの友達(ともだち)を失(うしな)っていくし、大切(たいせつ)な命(いのち)を失(うしな)ってしまいます。それを考(かんが)えただけで、戦争(せんそう)がなくてよかったなと思(おも)います。
 でも、ぼくたちの住(す)んでいる地(ち)いきにミサイルが飛(と)んできたらこわいです。ぼくは戦争(せんそう)の物語(ものがたり)をたくさん読(よ)んでいます。その中(なか)では死(し)んでいく人(ひと)がたくさんいます。そんな戦争(せんそう)が70年(ねん)ぐらい前(まえ)まで起(お)きていました。第(だい)2次世界大戦(じせかいたいせん)(太平洋戦争(たいへいようせんそう))ではたくさんの人(ひと)が亡(な)くなりました。
 ぼくのひいばあちゃんも戦争(せんそう)を体験(たいけん)しています。ひいばあちゃんに戦争(せんそう)の話(はなし)を聞(き)いたことがあります。戦争(せんそう)では毎日勉強(まいにちべんきょう)をせず、戦(たたか)う練習(れんしゅう)をしていて、大変(たいへん)だったそうです。ひいばあちゃんはすごいと思(おも)いました。ぼくはこれからも日本(にほん)に戦争(せんそう)が起(お)こらないようにしてほしいと思(おも)います。

戦争の話にきょうふ感じる

越前市神山小 5年  南山 明日佳

 何十年(なんじゅうねん)か前(まえ)、日本(にほん)は戦争(せんそう)で負(ま)け、たくさんの人(ひと)が死(し)んでしまいました。小(ちい)さな子(こ)ども、老人(ろうじん)などいろいろな人(ひと)が。
 私(わたし)は、なぜ戦争(せんそう)をするかよく分(わ)かりません。戦(たたか)いをして帰(かえ)ったら愛(いと)しい人(ひと)が死(し)んでしまっていたり、戦争(せんそう)をして自分(じぶん)が死(し)んでしまい、その愛(いと)しい人(ひと)は悲(かな)しいにちがいありません。戦争(せんそう)はこわいです。戦(たたか)っている人(ひと)はきょうふでいっぱいです。
 私(わたし)には90さいのおばあちゃんがいます。おばあちゃんは戦争(せんそう)を経験(けいけん)していて、そのころの話(はなし)を聞(き)くときょうふを感(かん)じます。「日本(にほん)が戦争(せんそう)をしていたころ、おばあちゃんの夫(おっと)が戦争(せんそう)へ行(い)っていたね。夜(よる)はアメリカ軍(ぐん)が見回(みまわ)ってて電気(でんき)を消(け)して静(しず)かにしていたんだよ。アメリカだけじゃなく、米(こめ)をもっていく日本(にほん)もこわかったよ」
 「戦争(せんそう)はこわい。友達(ともだち)が消(き)えるのはとても悲(かな)しい」。この言葉(ことば)を心(こころ)に残(のこ)したいと思(おも)います。

みんなえ顔で明るい世界に

越前市服間小 4年 武安 凜佳 

 平和(へいわ)は、戦争(せんそう)がなくて、おだやかなことです。わたしは、平和(へいわ)がずっと続(つづ)いてほしいと思(おも)います。そのためには、どんなことをすればいいのかを考(かんが)えなければなりません。
 一(ひと)つ目(め)は、え顔(がお)でいることです。え顔(がお)がなかったら暗(くら)い世界(せかい)になると思(おも)います。だから、人々(ひとびと)みんなが、え顔(がお)になると、明(あか)るく元気(げんき)な世界(せかい)になると思(おも)います。
 二(ふた)つ目(め)は、物(もの)を大事(だいじ)にすることです。お金(かね)のむだづかいをしない、感(かん)しゃしてごはんを食(た)べる、このようなことができないと、住(す)みにくい所(ところ)になると思(おも)います。
 今(いま)、わたしが生(い)きていることが平和(へいわ)なことです。わたしが大人(おとな)になってもずっと平和(へいわ)な国(くに)であってほしいです。

戦争や自然災 起こらなければ

あわら市伊井小 5年  大島 薫

 ぼくは、平和(へいわ)はとても大切(たいせつ)だと思(おも)います。なぜなら、平和(へいわ)は安心(あんしん)してくらせるという意味(いみ)だと思(おも)うからです。でも、今(いま)も世界(せかい)では戦(たたか)ったり、争(あらそ)ったりして安心(あんしん)してくらせない人(ひと)たちがいます。
 今(いま)、日本(にほん)は平和(へいわ)だと思(おも)います。でも昔(むかし)は日本(にほん)も外国(がいこく)と戦争(せんそう)をしていました。ぼくは、戦争(せんそう)のことはあまりくわしくわかりません。でも、長(なが)さき県(けん)や広島県(ひろしまけん)に原(げん)ばくが落(お)とされ、たくさんの人(ひと)がなくなったことは知(し)っています。そのとき、日本(にほん)は平和(へいわ)ではなかったと思(おも)います。
 戦争(せんそう)だけでなく、自然災害(しぜんさいがい)があっても、平和(へいわ)ではないと思(おも)います。冬(ふゆ)にあった大雪(おおゆき)やこの間(あいだ)あった大雨(おおあめ)でも、安心(あんしん)してくらせない人(ひと)がたくさんいるからです。これから、戦争(せんそう)や自然災害(しぜんさいがい)が起(お)こらないといいです。そして、日本(にほん)だけでなく、世界各地(せかいかくち)が平和(へいわ)になってほしいです。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2019年05月19日 記事通し思考力育てて 小浜二中 教員向け活用法研修 記事通し思考力育てて 小浜二中 教員向け活用法研修
  • 2019年05月13日 論説 NIE実践9校始動 意欲的な取り組みに期待 論説 NIE実践9校始動 意欲的な取り組みに期待
  • 2019年05月12日 いっしょに読もう!新聞コンクールに参加しよう いっしょに読もう!新聞コンクールに参加しよう
  • 2019年04月28日 【ふくいNIE最前線】伝え合う学び重視 県教育研究会 玉木会長に聞く      【ふくいNIE最前線】伝え合う学び重視 県教育研究会 玉木会長に聞く     
  • 2019年04月21日 教員向け「NIE塾」スタート 新聞活用のヒント探ろう 教員向け「NIE塾」スタート 新聞活用のヒント探ろう

福井教育ダイジェスト

  • 2019年04月24日 杉本知事方針 両副知事、教育長は続投へ 「適材適所、ノーサイド」  杉本知事方針 両副知事、教育長は続投へ 「適材適所、ノーサイド」
  • 2019年04月22日 県内高校生「新聞版ハッカソン」に挑戦 30人が取材の基本学ぶ  県内高校生「新聞版ハッカソン」に挑戦 30人が取材の基本学ぶ
  • 2019年04月20日 NIE実践指定9校を認定 県推進協議会が総会  NIE実践指定9校を認定 県推進協議会が総会
  • 2019年04月19日 中3に英語、4技能測る 全国学テ 県内小中1万4200人  中3に英語、4技能測る 全国学テ 県内小中1万4200人
  • 2019年04月17日 中学、高校の英語力、福井が1位 18年度文科省調査で2年連続 教員も上位占める  中学、高校の英語力、福井が1位 18年度文科省調査で2年連続 教員も上位占める
  • 2019年04月06日 福井大留学生に新宿舎 文京キャンパスで入居始まる  福井大留学生に新宿舎 文京キャンパスで入居始まる
  • 2019年04月06日 県内浪人生の進学をサポート 退職教員、福井市内にセンター開所  県内浪人生の進学をサポート 退職教員、福井市内にセンター開所
  • 2019年04月02日 福井国体選手の技 中高生へ 部活指導員に22人任命県教委  福井国体選手の技 中高生へ 部活指導員に22人任命県教委
  • 2019年03月27日 福井大附義務の中央棟完成、職員室を統合 小中一貫、連携密に  福井大附義務の中央棟完成、職員室を統合 小中一貫、連携密に
  • 2019年03月27日 文科省・特色ある私大研究支援 仁愛女子短大を選定 保育士不足解消目指す  文科省・特色ある私大研究支援 仁愛女子短大を選定 保育士不足解消目指す
  • 2019年03月26日 福井大入試の英語民間検定 全学部、出願資格に活用 20年度実施 現在の高1ら対象  福井大入試の英語民間検定 全学部、出願資格に活用 20年度実施 現在の高1ら対象
  • 2019年03月21日 福井大後期308人合格 敦賀市立看護大は15人  福井大後期308人合格 敦賀市立看護大は15人
  • 2019年03月20日 福井国体の選手を部活指導員に 教員負担を軽減  福井国体の選手を部活指導員に 教員負担を軽減
  • 2019年03月19日 「地域を巻き込み、JK課で運動会」提案 スポーツ庁訪問、鈴木長官に 鯖江の女子高生10人  「地域を巻き込み、JK課で運動会」提案 スポーツ庁訪問、鈴木長官に 鯖江の女子高生10人
  • 2019年03月16日 県内の私立6高、2054人入学へ 19年度、6年続き定員上回る  県内の私立6高、2054人入学へ 19年度、6年続き定員上回る
  • 2019年03月13日 県内高校、東大に15人合格 前年から大幅増  県内高校、東大に15人合格 前年から大幅増
  • 2019年03月08日 福井は「日本一」の教育県 学力と働き方、調和を「教員の犠牲と子どもの忍耐で成り立っている」  福井は「日本一」の教育県 学力と働き方、調和を「教員の犠牲と子どもの忍耐で成り立っている」
  • 2019年03月07日 大野市の旭幼稚園は廃止 県内私立で1983年以来 県審議会答申  大野市の旭幼稚園は廃止 県内私立で1983年以来 県審議会答申
  • 2019年03月07日 730人待望の〝春〟 福井大、県立大が前期日程の合格発表  730人待望の〝春〟 福井大、県立大が前期日程の合格発表
  • 2019年03月06日 県教委、授業や部活動の指導優秀教職員を表彰  県教委、授業や部活動の指導優秀教職員を表彰
  • 2019年03月05日 教員採用に嶺南枠を検討 県教育長 福井大入試合わせ  教員採用に嶺南枠を検討 県教育長 福井大入試合わせ
  • 2019年02月24日 大学生TIMES 仁愛大編 地域活性化に〝奮闘〟  大学生TIMES 仁愛大編 地域活性化に〝奮闘〟
  • 2019年02月19日 部活動数削減なら 区域外通学希望増 坂井市教育長が認識  部活動数削減なら 区域外通学希望増 坂井市教育長が認識
  • 2019年02月19日 教員の実践、工夫紹介 県教育総合研 28組が研究発表  教員の実践、工夫紹介 県教育総合研 28組が研究発表
  • 2019年02月19日 職業系高校生の資格得点制度 「トップ賞」9人表彰  職業系高校生の資格得点制度 「トップ賞」9人表彰
  • 2019年02月18日 IT魅力、大人が体感 鯖江 授業支援へプログラミング講座 教員ら19人、ミニゲーム作り挑戦  IT魅力、大人が体感 鯖江 授業支援へプログラミング講座 教員ら19人、ミニゲーム作り挑戦
  • 2019年02月17日 教員へ40の時短術 春江東小・江澤教諭が著書 働き方変え「ゆとりを」  教員へ40の時短術 春江東小・江澤教諭が著書 働き方変え「ゆとりを」
  • 2019年02月17日 労働問題、高3生に授業 社労士と福井大院生 奥越明成高 労使の立場、劇で理解  労働問題、高3生に授業 社労士と福井大院生 奥越明成高 労使の立場、劇で理解
  • 2019年02月16日 地産地消の優良活動 奥越特別支援学校 北陸農政局長賞に  地産地消の優良活動 奥越特別支援学校 北陸農政局長賞に
  • 2019年02月16日 福井大入学に嶺南枠 出身教員不足で検討 教育学部  福井大入学に嶺南枠 出身教員不足で検討 教育学部
  • 2019年02月14日 主体的学習、意欲高める 県教育総合研 課題解決型、成果を紹介 モデル6高校  主体的学習、意欲高める 県教育総合研 課題解決型、成果を紹介 モデル6高校
  • 2019年02月13日 県内教員働き方改革 教育の質持続へ決意 11組織・団体メッセージ保護者、地域の理解呼び掛け  県内教員働き方改革 教育の質持続へ決意 11組織・団体メッセージ保護者、地域の理解呼び掛け
  • 2019年02月10日 発信!新聞部 金津高 取材の出会い通し成長  発信!新聞部 金津高 取材の出会い通し成長
  • 2019年02月10日 大学生TIMES 福井大編 先生多忙、将来に不安  大学生TIMES 福井大編 先生多忙、将来に不安
  • 2019年02月09日 新教育大綱、納得できぬ 池田中生自殺 母親が意見書「どの市町でも通用」  新教育大綱、納得できぬ 池田中生自殺 母親が意見書「どの市町でも通用」
  • 2019年02月08日 キャリア教育 国表彰を報告 市内2団体、市長に  キャリア教育 国表彰を報告 市内2団体、市長に
  • 2019年02月07日 小学校プログラミング教育 教材、市内全校に配備へ 福井コンHDが470台寄付  小学校プログラミング教育 教材、市内全校に配備へ 福井コンHDが470台寄付
  • 2019年02月07日 「残業80時間超」ゼロに 教員働き方改革で方針 県教委策定  「残業80時間超」ゼロに 教員働き方改革で方針 県教委策定
  • 2019年02月05日 朝読書に新聞 有識者が提言 県教育計画改定で会合  朝読書に新聞 有識者が提言 県教育計画改定で会合
  • 2019年02月03日 子ども電話相談「力貸して」 県内 足りぬボランティア NPOセンター苦慮  子ども電話相談「力貸して」 県内 足りぬボランティア NPOセンター苦慮
  • 2019年02月02日 学校偏重の教育「反省」 池田町 生徒自殺受け新大綱案  学校偏重の教育「反省」 池田町 生徒自殺受け新大綱案
  • 2019年02月01日 「教育旅行適している」 中国の校長ら 福大附義務校など視察  「教育旅行適している」 中国の校長ら 福大附義務校など視察
  • 2019年01月27日 記事選び、親子で会話 本社でセミナー開催  記事選び、親子で会話 本社でセミナー開催
  • 2019年01月27日 「もう一つ」の高校 福井の定通制 不登校、勇気出して進学  「もう一つ」の高校 福井の定通制 不登校、勇気出して進学
  • 2019年01月27日 主権者の自覚育む教材に 新科目「公共」向け 県内高校教諭ら作成 除雪の順番、夫婦別姓… 討論促す  主権者の自覚育む教材に 新科目「公共」向け 県内高校教諭ら作成 除雪の順番、夫婦別姓… 討論促す
  • 2019年01月26日 鉱物、岩石、ゲームで理解 福井大院生開発 カード型教材 坂井・丸岡南中生が体験  鉱物、岩石、ゲームで理解 福井大院生開発 カード型教材 坂井・丸岡南中生が体験
  • 2019年01月25日 平均点、合否ライン上昇 県内国公立 県外から出願減か 河合塾 センター試験自己採点分析  平均点、合否ライン上昇 県内国公立 県外から出願減か 河合塾 センター試験自己採点分析
  • 2019年01月25日 沓見小、車いす贈り20年 敦賀 児童が缶回収し換金  沓見小、車いす贈り20年 敦賀 児童が缶回収し換金
  • 2019年01月24日 いじめ防止へ 方針を初改定 発達障害児ら支援 県教委  いじめ防止へ 方針を初改定 発達障害児ら支援 県教委
  • 2019年01月24日 高校推薦、選抜 1828人〝春〟一番乗り  高校推薦、選抜 1828人〝春〟一番乗り
  • 2019年01月24日 永平寺町活性化を提案 県立大生 住民取材の成果発表  永平寺町活性化を提案 県立大生 住民取材の成果発表
  • 2019年01月21日 藤島が英語討論世界2位 大阪で即興型高校大会 誰もが納得の主張展開  藤島が英語討論世界2位 大阪で即興型高校大会 誰もが納得の主張展開
  • 2019年01月20日 大学生TIMES 福井工大編 “脱スマホ”道は険し アプリで2週間「時間制限」  大学生TIMES 福井工大編 “脱スマホ”道は険し アプリで2週間「時間制限」
  • 2019年01月19日 プログラミング、教員学ぶ あわら 小学校必修化向け31人  プログラミング、教員学ぶ あわら 小学校必修化向け31人
  • 2019年01月18日 教員働き方改革へ 部活動在り方議論 県教委、有識者会議  教員働き方改革へ 部活動在り方議論 県教委、有識者会議
  • 2019年01月14日 iPS細胞学び「感動」 坂井・県教育総合研ラボで講座 9高校60人が最先端体感  iPS細胞学び「感動」 坂井・県教育総合研ラボで講座 9高校60人が最先端体感
  • 2019年01月11日 地域皆でIT教育を 鯖江で大人のプログラミング講座 必修化向け人材育成  地域皆でIT教育を 鯖江で大人のプログラミング講座 必修化向け人材育成
  • 2019年01月11日 多様性認める教育望む 保護者間関係も考慮を いじめ対策協で意見  多様性認める教育望む 保護者間関係も考慮を いじめ対策協で意見
  • 2019年01月08日 安野さん(敦賀松陵中)暗算十段 県内最年少で合格 全珠連最高位 2年かけ達成「次は珠算で」  安野さん(敦賀松陵中)暗算十段 県内最年少で合格 全珠連最高位 2年かけ達成「次は珠算で」
  • 2019年01月05日 久保田さん(藤島)最高賞 全国高校生読書体験記 903グラムで誕生 命救われた病院訪問  久保田さん(藤島)最高賞 全国高校生読書体験記 903グラムで誕生 命救われた病院訪問
  • 2019年01月03日 同世代へ、伝えたい “ジュニア記者”憧れのオトナに会う なぜ学ぶ、なぜ働く? 夢かなえるには?①  同世代へ、伝えたい “ジュニア記者”憧れのオトナに会う なぜ学ぶ、なぜ働く? 夢かなえるには?①
  • 2019年01月03日 同世代へ、伝えたい “ジュニア記者”憧れのオトナに会う なぜ学ぶ、なぜ働く? 夢かなえるには?②  同世代へ、伝えたい “ジュニア記者”憧れのオトナに会う なぜ学ぶ、なぜ働く? 夢かなえるには?②
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

みその香りを感じ、色合いを間近で見るこども記者。みそは大豆と米こうじ、塩で造られる=福井市春山2丁目の米五(杉本哲大撮影)

奥深い伝統のみそ 手作り仕込みも挑戦

 みそのおいしさ、楽しみ方を届(とど)けたい―。職人さんの「...
2019年04月14日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」