トップページ > キッズこだま > 2月テーマは「大人たちへ」

2月テーマは「大人たちへ」

 「投稿を見る」へ

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

いやな言葉で なぜおこるの

越前市服間小 4年 宮田 綾乃

 なぜ大人(おとな)は子(こ)どもにおこるのか。なぜ大人(おとな)は子(こ)どもにおこっても、おこられないのか。大人(おとな)が子(こ)どもにおこっている言葉(ことば)は、子(こ)どもがいやになる言葉(ことば)です。わたしたち子(こ)どもは、なぜおこられたかを考(かんが)えます。でも答(こた)えはみえてこないのです。
 おこられたわたしたちは、なにも言(い)い返(かえ)す言葉(ことば)はみつからないから、おこられた時(とき)はだまっているんです。いつか言(い)い返(かえ)せる言葉(ことば)がみつかればいいのになとわたしは思(おも)います。言(い)い返(かえ)す言葉(ことば)がみつかれば、いつ、おこられてもだいじょうぶで、つらい思(おも)いをしないからです。みんながおこらなくてもいいような平和(へいわ)な時代(じだい)がきてほしいです。

妹ばかり…わたしとも

福井市長橋小 2年 西田 彩希

 わたしが、おとなにつたえたいことは二(ふた)つあります。
 一(ひと)つ目(め)は、妹(いもうと)だけとあそばずに、わたしともあそんでほしいということです。いつもわたしが「音読聞(おんどくき)いて」と言(い)うとママは「絵本読(えほんよ)んでからね」と言(い)って妹(いもうと)の絵本(えほん)を読(よ)みます。「こっち見(み)にきて」と言(い)っても妹(いもうと)のところから行(い)くので、わたしともあそんでほしいです。
 二(ふた)つ目(め)は、もう1人(ひとり)、妹(いもうと)がほしいということです。わたしには、お姉(ねえ)ちゃんも妹(いもうと)もいるけど、もう1人(ひとり)女(おんな)の子(こ)が生(う)まれてほしいです。バスケの子(こ)で8人兄弟(にんきょうだい)の子(こ)がいて、すごいなと思(おも)いました。だからもう1人(ひとり)うんでほしいとつたえたいです。

みんなが来る レストランを

あわら市北潟小 3年 髙嶋 静香

 わたしは、だれでもいいので、おねがいしたいことがあります。それは、わたしの住(す)んでいる波松(なみまつ)に、みんなが来(き)そうなレストランをつくってほしいということです。
 理由(りゆう)は、波松(なみまつ)がもっとにぎやかになってほしいからです。みんなが行(い)きたくなるようなレストランをつくれば、波松(なみまつ)は、今(いま)よりもっと人(ひと)がふえると思(おも)います。だから、みんなが来(き)そうなレストランをつくってほしいです。

見守りたいや先生らに感謝

小浜市口名田小 5年 井根本 楓大

 ぼくは、大人(おとな)の人(ひと)たちに感謝(かんしゃ)しています。なぜなら、ぼくがたくさんのことを学(まな)べるのは、学校(がっこう)の先生(せんせい)のおかげで、安全(あんぜん)に登下校(とうげこう)できるのは、見守(みまも)りたいの方(かた)のおかげで、ぼくが元気(げんき)な体(からだ)で大(おお)きくなれるのは、お父(とう)さんとお母(かあ)さんのおかげだからです。
 大人(おとな)になるということは、周(まわ)りの人(ひと)を守(まも)る心(こころ)も体(からだ)も強(つよ)くて、優(やさ)しい人間(にんげん)になることだと思(おも)います。ぼくの近(ちか)くにいる大人(おとな)たちは、そういう人(ひと)ばかりです。
 今(いま)は、ぼくには大人(おとな)のようなことはできないけれど、大人(おとな)になる準備(じゅんび)をしています。ぼくは、お父(とう)さんのような大人(おとな)になります。お母(かあ)さんみたいなかわいいおよめさんをもらって、おいしいご飯(はん)を作(つく)って喜(よろこ)ばせたり、面白(おもしろ)い話(はなし)をして笑(わら)わせたり、家族(かぞく)を守(まも)るために一生(いっしょう)けん命働(めいはたら)いたりするお父(とう)さんのような大人(おとな)になりたいです。

もっと子どもを増やしてほしい

小浜市口名田小 6年  辻 和佳

 わたしは、大人(おとな)にしてほしいことがあります。それは、もっと子(こ)どもを増(ふ)やすことです。
 現在(げんざい)、老人(ろうじん)の人数(にんずう)は増(ふ)えているけど、子(こ)どもの数(かず)は減(へ)ってきています。なので、お世話(せわ)をする人(ひと)が少(すく)なく、はやく動(うご)ける人(ひと)より、はやく動(うご)けない人(ひと)の方(ほう)が多(おお)くて、もしものことがあったら、いろいろ不便(ふべん)なことがあります。なのでもっと子(こ)どもを増(ふ)やしてほしいです。
 それと、もう一(ひと)つあります。それは、病気(びょうき)で苦(くる)しんでいる人(ひと)を今(いま)より少(すく)なくしてほしいです。病気(びょうき)で苦(くる)しんでいる人(ひと)は、人(ひと)が思(おも)っている以上(いじょう)に大変(たいへん)だと思(おも)います。わたしのおじいちゃんも、おじさんも病気(びょうき)でなくなりました。病気(びょうき)じゃなかったら、もっと長(なが)く生(い)きられた人(ひと)もいるので、病気(びょうき)で苦(くる)しむ人(ひと)をもっと今(いま)より少(すく)なくしてほしいです。

長時間労働問題 改善に力注いで

大野市有終南小 6年  室田 優成

 税金(ぜいきん)を納(おさ)めるためや、家族(かぞく)や自分(じぶん)を養(やしな)うために働(はたら)いている大人(おとな)たちですが、最近(さいきん)、長時間労働(ちょうじかんろうどう)で無理(むり)をする人(ひと)が増(ふ)えています。そして、精神的(せいしんてき)にも体力的(たいりょくてき)にも限界(げんかい)がきて、病(や)んでしまうのだと思(おも)います。ぼくの母(はは)は福祉施設(ふくししせつ)に勤(つと)めていて、大変(たいへん)な勤務(きんむ)が続(つづ)き、つかれて帰(かえ)ってくるので、とても心配(しんぱい)です。
 長時間労働(ちょうじかんろうどう)は、する側(がわ)の人(ひと)もですが、何(なに)より、させる側(がわ)の人(ひと)に問題(もんだい)があると思(おも)います。だから、国(くに)が長時間労働(ちょうじかんろうどう)になる原因(げんいん)を理解(りかい)し、この問題(もんだい)を改善(かいぜん)することに力(ちから)を注(そそ)いでほしいです。そして、残業(ざんぎょう)などによる長時間労働問題(ちょうじかんろうどうもんだい)を「大人(おとな)同士(どうし)」で減(へ)らし、よりよい社会(しゃかい)にしてほしいです。
 そして、社会(しゃかい)に出(で)て働(はたら)くぼくたちが、安心(あんしん)して仕事(しごと)ができる世(よ)の中(なか)にしてほしいです。そんな世(よ)の中(なか)が実現(じつげん)すれば、きっとよい国(くに)になると思(おも)います。

大人と子どもの どちらがいい?

若狭町梅の里小 6年  岩﨑 愛

 私(わたし)は、大人(おとな)の人(ひと)たちへ聞(き)きたいことがあります。それは、子(こ)どもの方(ほう)が良(よ)いか大人(おとな)の方(ほう)が良(よ)いか、どちらですかということです。
 私(わたし)はまだ大人(おとな)ではないのでお母(かあ)さんに聞(き)いてみました。すると「大人(おとな)の方(ほう)がいい」といいました。理由(りゆう)を聞(き)くと「自分(じぶん)の子(こ)どもに会(あ)えたし、今(いま)の生活(せいかつ)もなかなか楽(たの)しいよ」と話(はな)してくれました。でも「勉強(べんきょう)は子(こ)どもにもどりたい」といいました。私(わたし)は、その言葉(ことば)を聞(き)いて、今(いま)、勉強(べんきょう)がいやでもがんばれば、大人(おとな)が楽(たの)しくなるんじゃないかなと思(おも)いました。
 もし、私(わたし)が大人(おとな)だったとしたら、子(こ)どもの方(ほう)がいいと思(おも)います。理由(りゆう)は、子(こ)どもの方(ほう)がいろんな経験(けいけん)がいっぱいできて、たくさん学(まな)べるからです。でも、大人(おとな)もいいと思(おも)います。理由(りゆう)は、自分(じぶん)のやりたい仕事(しごと)ができるからです。
 どちらが良(よ)いかは、人(ひと)それぞれだし、どちらが良(よ)いかは決(き)められない質問(しつもん)だけど、この質問(しつもん)を一人(ひとり)の大人( おとな)に聞(き)くだけで私(わたし)の未来(みらい)が変(か)わるかもしれないと思(おも)いました。

「ありがとう」の意味が分かった

勝山市村岡小 6年  林 佳歩

 私(わたし)は、トランポリンの先生(せんせい)に、練習(れんしゅう)の後(あと)、ある話(はなし)を聞(き)きました。その話(はなし)の内容(ないよう)は、ありがとうの意味(いみ)についてでした。
 私(わたし)は今(いま)まで「ありがとう」の反対言葉(はんたいことば)は「ごめんなさい」だと思(おも)っていました。でも「ありがとう」の反対言葉(はんたいことば)は「当(あ)たり前(まえ)」だそうです。初(はじ)めて知(し)りました。「何(なん)でだろう」。そう思(おも)いました。すると先生(せんせい)は「ありがとう」の漢字(かんじ)を教(おし)えてくれました。「ありがとう」は漢字(かんじ)で「有(あ)るのが難(むずか)しい」と書(か)きます。だから、何(なん)でも当(あ)たり前(まえ)にできるとは限(かぎ)らない。有(あ)るのが難(むずか)しいことができることは幸(しあわ)せなことを教(おし)えてくれました。
 私(わたし)はそれから「有難(ありがと)う」についてさらに考(かんが)えるようになりました。大人(おとな)の人(ひと)たちが話(はな)していることは耳(みみ)をかたむけて聞(き)いてみたいと思(おも)います。

料理上手なお母さん すごい

あわら市伊井小 4年  圓道 遥菜

 わたしが大人(おとな)たちに対(たい)して思(おも)うことは二(ふた)つあります。
 一(ひと)つ目(め)は、なぜそんなに料理(りょうり)が上手(じょうず)なのだろうということです。わたしは「子(こ)どものころからずっと料理(りょうり)をしていたのかな。それとも、自然(しぜん)に身(み)に付(つ)いたのかな」と思(おも)っていました。お母(かあ)さんに聞(き)くと「お母(かあ)さんは18歳(さい)ごろにやり始(はじ)めて、少(すこ)しずつ身(み)に付(つ)いたよ」と言(い)っていました。わたしは、お母(かあ)さんがとても料理(りょうり)が上手(じょうず)なので、18歳(さい)ごろからやり始(はじ)めて身(み)に付(つ)いたのがすごいなと思(おも)いました。
 二(ふた)つ目(め)は、なぜ手(て)の動(うご)きが速(はや)いのだろうということです。わたしは、手(て)の動(うご)きがおそく、細(こま)かい作業(さぎょう)をすると、いらいらしてしまうことがあります。でも、お母(かあ)さんなど大人(おとな)を見(み)ていると、すぐにできています。
 だから、大人(おとな)になったら、料理(りょうり)を上手(じょうず)にしたり、手(て)を速(はや)く動(うご)かしたりできるようにがんばりたいです。

登校見守り いつも感謝

小浜市遠敷小 6年  広瀬 姫桜

 大人(おとな)のみなさん、いつも私(わたし)たち子(こ)どもを支(ささ)えてくださってありがとうございます。いつも登校(とうこう)の時間(じかん)、朝早(あさはや)くからボランティアとして見守(みまも)ってくださって、ありがとうございます。ボランティアではないのに、ついてきてくださる保護者(ほごしゃ)も、私(わたし)たち子(こ)どものためにしてくださって本当(ほんとう)にありがとうございます。
 今(いま)は、私(わたし)たちをささえてくださっているけれど、私(わたし)が大人(おとな)になったら、今(いま)、私(わたし)たちを支(ささ)えてくださっている人(ひと)を支(ささ)えていきたいなと思(おも)っています。だから、今(いま)は私(わたし)たち子(こ)どもが、こまってしまったときには助(たす)けてください。
 わたしが大人(おとな)になったら、地域(ちいき)の子(こ)どもたちを見守(みまも)っていけたらいいなと思(おも)います。地域(ちいき)の人(ひと)から「ありがとう」と言(い)われるような大人(おとな)になれたらいいなと思(おも)っています。大人(おとな)のみなさん、これからもよろしくお願(ねが)いします。

自分のペースで宿題をさせて

若狭町熊川小 5年  和田 寛希

 ぼくは大人(おとな)たちへ伝(つた)えたいことが二(ふた)つあります。
 一(ひと)つ目(め)は、宿題(しゅくだい)やそうじは自分(じぶん)のペースでしたいということです。理由(りゆう)は勉強(べんきょう)をしようとしたとき「勉強(べんきょう)しなさい」と言(い)われるとイラッとくるからです。何(なん)でもかんでも、決(き)めつけられたら困(こま)ります。自分(じぶん)のペースでゆっくりしたいです。
 二(ふた)つ目(め)は、おこる前(まえ)は、ぼくの話(はなし)を聞(き)いてほしいです。理由(りゆう)は、人(ひと)の話(はなし)を聞(き)かないでおこるからです。ぼくにだって事情(じじょう)があります。
 この二(ふた)つのことを理解(りかい)してほしいなぁと思(おも)います。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2019年05月19日 記事通し思考力育てて 小浜二中 教員向け活用法研修 記事通し思考力育てて 小浜二中 教員向け活用法研修
  • 2019年05月13日 論説 NIE実践9校始動 意欲的な取り組みに期待 論説 NIE実践9校始動 意欲的な取り組みに期待
  • 2019年05月12日 いっしょに読もう!新聞コンクールに参加しよう いっしょに読もう!新聞コンクールに参加しよう
  • 2019年04月28日 【ふくいNIE最前線】伝え合う学び重視 県教育研究会 玉木会長に聞く      【ふくいNIE最前線】伝え合う学び重視 県教育研究会 玉木会長に聞く     
  • 2019年04月21日 教員向け「NIE塾」スタート 新聞活用のヒント探ろう 教員向け「NIE塾」スタート 新聞活用のヒント探ろう

福井教育ダイジェスト

  • 2019年04月24日 杉本知事方針 両副知事、教育長は続投へ 「適材適所、ノーサイド」  杉本知事方針 両副知事、教育長は続投へ 「適材適所、ノーサイド」
  • 2019年04月22日 県内高校生「新聞版ハッカソン」に挑戦 30人が取材の基本学ぶ  県内高校生「新聞版ハッカソン」に挑戦 30人が取材の基本学ぶ
  • 2019年04月20日 NIE実践指定9校を認定 県推進協議会が総会  NIE実践指定9校を認定 県推進協議会が総会
  • 2019年04月19日 中3に英語、4技能測る 全国学テ 県内小中1万4200人  中3に英語、4技能測る 全国学テ 県内小中1万4200人
  • 2019年04月17日 中学、高校の英語力、福井が1位 18年度文科省調査で2年連続 教員も上位占める  中学、高校の英語力、福井が1位 18年度文科省調査で2年連続 教員も上位占める
  • 2019年04月06日 福井大留学生に新宿舎 文京キャンパスで入居始まる  福井大留学生に新宿舎 文京キャンパスで入居始まる
  • 2019年04月06日 県内浪人生の進学をサポート 退職教員、福井市内にセンター開所  県内浪人生の進学をサポート 退職教員、福井市内にセンター開所
  • 2019年04月02日 福井国体選手の技 中高生へ 部活指導員に22人任命県教委  福井国体選手の技 中高生へ 部活指導員に22人任命県教委
  • 2019年03月27日 福井大附義務の中央棟完成、職員室を統合 小中一貫、連携密に  福井大附義務の中央棟完成、職員室を統合 小中一貫、連携密に
  • 2019年03月27日 文科省・特色ある私大研究支援 仁愛女子短大を選定 保育士不足解消目指す  文科省・特色ある私大研究支援 仁愛女子短大を選定 保育士不足解消目指す
  • 2019年03月26日 福井大入試の英語民間検定 全学部、出願資格に活用 20年度実施 現在の高1ら対象  福井大入試の英語民間検定 全学部、出願資格に活用 20年度実施 現在の高1ら対象
  • 2019年03月21日 福井大後期308人合格 敦賀市立看護大は15人  福井大後期308人合格 敦賀市立看護大は15人
  • 2019年03月20日 福井国体の選手を部活指導員に 教員負担を軽減  福井国体の選手を部活指導員に 教員負担を軽減
  • 2019年03月19日 「地域を巻き込み、JK課で運動会」提案 スポーツ庁訪問、鈴木長官に 鯖江の女子高生10人  「地域を巻き込み、JK課で運動会」提案 スポーツ庁訪問、鈴木長官に 鯖江の女子高生10人
  • 2019年03月16日 県内の私立6高、2054人入学へ 19年度、6年続き定員上回る  県内の私立6高、2054人入学へ 19年度、6年続き定員上回る
  • 2019年03月13日 県内高校、東大に15人合格 前年から大幅増  県内高校、東大に15人合格 前年から大幅増
  • 2019年03月08日 福井は「日本一」の教育県 学力と働き方、調和を「教員の犠牲と子どもの忍耐で成り立っている」  福井は「日本一」の教育県 学力と働き方、調和を「教員の犠牲と子どもの忍耐で成り立っている」
  • 2019年03月07日 大野市の旭幼稚園は廃止 県内私立で1983年以来 県審議会答申  大野市の旭幼稚園は廃止 県内私立で1983年以来 県審議会答申
  • 2019年03月07日 730人待望の〝春〟 福井大、県立大が前期日程の合格発表  730人待望の〝春〟 福井大、県立大が前期日程の合格発表
  • 2019年03月06日 県教委、授業や部活動の指導優秀教職員を表彰  県教委、授業や部活動の指導優秀教職員を表彰
  • 2019年03月05日 教員採用に嶺南枠を検討 県教育長 福井大入試合わせ  教員採用に嶺南枠を検討 県教育長 福井大入試合わせ
  • 2019年02月24日 大学生TIMES 仁愛大編 地域活性化に〝奮闘〟  大学生TIMES 仁愛大編 地域活性化に〝奮闘〟
  • 2019年02月19日 部活動数削減なら 区域外通学希望増 坂井市教育長が認識  部活動数削減なら 区域外通学希望増 坂井市教育長が認識
  • 2019年02月19日 教員の実践、工夫紹介 県教育総合研 28組が研究発表  教員の実践、工夫紹介 県教育総合研 28組が研究発表
  • 2019年02月19日 職業系高校生の資格得点制度 「トップ賞」9人表彰  職業系高校生の資格得点制度 「トップ賞」9人表彰
  • 2019年02月18日 IT魅力、大人が体感 鯖江 授業支援へプログラミング講座 教員ら19人、ミニゲーム作り挑戦  IT魅力、大人が体感 鯖江 授業支援へプログラミング講座 教員ら19人、ミニゲーム作り挑戦
  • 2019年02月17日 教員へ40の時短術 春江東小・江澤教諭が著書 働き方変え「ゆとりを」  教員へ40の時短術 春江東小・江澤教諭が著書 働き方変え「ゆとりを」
  • 2019年02月17日 労働問題、高3生に授業 社労士と福井大院生 奥越明成高 労使の立場、劇で理解  労働問題、高3生に授業 社労士と福井大院生 奥越明成高 労使の立場、劇で理解
  • 2019年02月16日 地産地消の優良活動 奥越特別支援学校 北陸農政局長賞に  地産地消の優良活動 奥越特別支援学校 北陸農政局長賞に
  • 2019年02月16日 福井大入学に嶺南枠 出身教員不足で検討 教育学部  福井大入学に嶺南枠 出身教員不足で検討 教育学部
  • 2019年02月14日 主体的学習、意欲高める 県教育総合研 課題解決型、成果を紹介 モデル6高校  主体的学習、意欲高める 県教育総合研 課題解決型、成果を紹介 モデル6高校
  • 2019年02月13日 県内教員働き方改革 教育の質持続へ決意 11組織・団体メッセージ保護者、地域の理解呼び掛け  県内教員働き方改革 教育の質持続へ決意 11組織・団体メッセージ保護者、地域の理解呼び掛け
  • 2019年02月10日 発信!新聞部 金津高 取材の出会い通し成長  発信!新聞部 金津高 取材の出会い通し成長
  • 2019年02月10日 大学生TIMES 福井大編 先生多忙、将来に不安  大学生TIMES 福井大編 先生多忙、将来に不安
  • 2019年02月09日 新教育大綱、納得できぬ 池田中生自殺 母親が意見書「どの市町でも通用」  新教育大綱、納得できぬ 池田中生自殺 母親が意見書「どの市町でも通用」
  • 2019年02月08日 キャリア教育 国表彰を報告 市内2団体、市長に  キャリア教育 国表彰を報告 市内2団体、市長に
  • 2019年02月07日 小学校プログラミング教育 教材、市内全校に配備へ 福井コンHDが470台寄付  小学校プログラミング教育 教材、市内全校に配備へ 福井コンHDが470台寄付
  • 2019年02月07日 「残業80時間超」ゼロに 教員働き方改革で方針 県教委策定  「残業80時間超」ゼロに 教員働き方改革で方針 県教委策定
  • 2019年02月05日 朝読書に新聞 有識者が提言 県教育計画改定で会合  朝読書に新聞 有識者が提言 県教育計画改定で会合
  • 2019年02月03日 子ども電話相談「力貸して」 県内 足りぬボランティア NPOセンター苦慮  子ども電話相談「力貸して」 県内 足りぬボランティア NPOセンター苦慮
  • 2019年02月02日 学校偏重の教育「反省」 池田町 生徒自殺受け新大綱案  学校偏重の教育「反省」 池田町 生徒自殺受け新大綱案
  • 2019年02月01日 「教育旅行適している」 中国の校長ら 福大附義務校など視察  「教育旅行適している」 中国の校長ら 福大附義務校など視察
  • 2019年01月27日 記事選び、親子で会話 本社でセミナー開催  記事選び、親子で会話 本社でセミナー開催
  • 2019年01月27日 「もう一つ」の高校 福井の定通制 不登校、勇気出して進学  「もう一つ」の高校 福井の定通制 不登校、勇気出して進学
  • 2019年01月27日 主権者の自覚育む教材に 新科目「公共」向け 県内高校教諭ら作成 除雪の順番、夫婦別姓… 討論促す  主権者の自覚育む教材に 新科目「公共」向け 県内高校教諭ら作成 除雪の順番、夫婦別姓… 討論促す
  • 2019年01月26日 鉱物、岩石、ゲームで理解 福井大院生開発 カード型教材 坂井・丸岡南中生が体験  鉱物、岩石、ゲームで理解 福井大院生開発 カード型教材 坂井・丸岡南中生が体験
  • 2019年01月25日 平均点、合否ライン上昇 県内国公立 県外から出願減か 河合塾 センター試験自己採点分析  平均点、合否ライン上昇 県内国公立 県外から出願減か 河合塾 センター試験自己採点分析
  • 2019年01月25日 沓見小、車いす贈り20年 敦賀 児童が缶回収し換金  沓見小、車いす贈り20年 敦賀 児童が缶回収し換金
  • 2019年01月24日 いじめ防止へ 方針を初改定 発達障害児ら支援 県教委  いじめ防止へ 方針を初改定 発達障害児ら支援 県教委
  • 2019年01月24日 高校推薦、選抜 1828人〝春〟一番乗り  高校推薦、選抜 1828人〝春〟一番乗り
  • 2019年01月24日 永平寺町活性化を提案 県立大生 住民取材の成果発表  永平寺町活性化を提案 県立大生 住民取材の成果発表
  • 2019年01月21日 藤島が英語討論世界2位 大阪で即興型高校大会 誰もが納得の主張展開  藤島が英語討論世界2位 大阪で即興型高校大会 誰もが納得の主張展開
  • 2019年01月20日 大学生TIMES 福井工大編 “脱スマホ”道は険し アプリで2週間「時間制限」  大学生TIMES 福井工大編 “脱スマホ”道は険し アプリで2週間「時間制限」
  • 2019年01月19日 プログラミング、教員学ぶ あわら 小学校必修化向け31人  プログラミング、教員学ぶ あわら 小学校必修化向け31人
  • 2019年01月18日 教員働き方改革へ 部活動在り方議論 県教委、有識者会議  教員働き方改革へ 部活動在り方議論 県教委、有識者会議
  • 2019年01月14日 iPS細胞学び「感動」 坂井・県教育総合研ラボで講座 9高校60人が最先端体感  iPS細胞学び「感動」 坂井・県教育総合研ラボで講座 9高校60人が最先端体感
  • 2019年01月11日 地域皆でIT教育を 鯖江で大人のプログラミング講座 必修化向け人材育成  地域皆でIT教育を 鯖江で大人のプログラミング講座 必修化向け人材育成
  • 2019年01月11日 多様性認める教育望む 保護者間関係も考慮を いじめ対策協で意見  多様性認める教育望む 保護者間関係も考慮を いじめ対策協で意見
  • 2019年01月08日 安野さん(敦賀松陵中)暗算十段 県内最年少で合格 全珠連最高位 2年かけ達成「次は珠算で」  安野さん(敦賀松陵中)暗算十段 県内最年少で合格 全珠連最高位 2年かけ達成「次は珠算で」
  • 2019年01月05日 久保田さん(藤島)最高賞 全国高校生読書体験記 903グラムで誕生 命救われた病院訪問  久保田さん(藤島)最高賞 全国高校生読書体験記 903グラムで誕生 命救われた病院訪問
  • 2019年01月03日 同世代へ、伝えたい “ジュニア記者”憧れのオトナに会う なぜ学ぶ、なぜ働く? 夢かなえるには?①  同世代へ、伝えたい “ジュニア記者”憧れのオトナに会う なぜ学ぶ、なぜ働く? 夢かなえるには?①
  • 2019年01月03日 同世代へ、伝えたい “ジュニア記者”憧れのオトナに会う なぜ学ぶ、なぜ働く? 夢かなえるには?②  同世代へ、伝えたい “ジュニア記者”憧れのオトナに会う なぜ学ぶ、なぜ働く? 夢かなえるには?②
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

みその香りを感じ、色合いを間近で見るこども記者。みそは大豆と米こうじ、塩で造られる=福井市春山2丁目の米五(杉本哲大撮影)

奥深い伝統のみそ 手作り仕込みも挑戦

 みそのおいしさ、楽しみ方を届(とど)けたい―。職人さんの「...
2019年04月14日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」