トップページ > キッズこだま > 12月テーマは「私の重大ニュース」

12月テーマは「私の重大ニュース」

 「投稿を見る」へ

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

マラソンを がんばれた

あわら市細呂木小 4年  藤田 愛奈

 今年(ことし)のわたしの重大(じゅうだい)ニュースは、あきらめずに1年間(ねんかん)マラソンをがんばって走(はし)り続(つづ)けたことです。
 わたしは1年生(ねんせい)の時(とき)から、マラソンが好(す)きではなかったです。でも4年間(ねんかん)あきらめずにマラソン大会(たいかい)にさんかしました。ほとんどが15位以内(いいない)に入(はい)れてとてもうれしかったです。今年(ことし)のマラソン大会(たいかい)も15位以内(いいない)に入(はい)れてうれしかったし、すごくいい思(おも)い出(で)になりました。でも目標(もくひょう)の10位以内(いいない)に入(はい)ることができなくてとってもくやしかったです。来年(らいねん)、再来年(さらいねん)がんばろうと思(おも)いました。

陸上記録会 全部で入賞

若狭町梅の里小 6年  井口 航

 ぼくの一番重大(いちばんじゅうだい)なニュースは若狭町陸上記録会(わかさちょうりくじょうきろくかい)のことです。
 ぼくは陸上記録会(りくじょうきろくかい)でハードル、幅(はば)とび、リレーの3種目(しゅもく)に出(で)ました。その中(なか)でぼくはハードルで決勝(けっしょう)に進出(しんしゅつ)。そして1位(い)になることができました。幅(はば)とびは2位(い)、リレーは6位(い)と全部(ぜんぶ)で入賞(にゅうしょう)することができました。
 ぼくは、ハードルは今年初(ことしはじ)めてして、練習中(れんしゅうちゅう)、先生(せんせい)や先輩(せんぱい)にとび方(かた)のこつや自分(じぶん)の直(なお)した方(ほう)がいいところを教(おし)えてもらって、期待(きたい)にしっかり応(こた)えられるようがんばりました。本番(ほんばん)では優勝(ゆうしょう)し、結果(けっか)で返(かえ)すことができてとてもうれしかったです。

ほかの学校と 昔の家、車学ぶ

福井市長橋小 3年  中濵 優輝

ぼくが一番心(いちばんこころ)にのこったのは、11月(がつ)24日(か)に、でんが小(しょう)、こしの小(しょう)、一乗小(いちじょうしょう)、上文(かみもん)じゅ小(しょう)といっしょに千戸(せんこ)の家(いえ)と「ちくちくぼんぼん」とふくい県立(けんりつ)れきしはく物館(ぶつかん)に行(い)ったことです。
 さいしょに千戸(せんこ)の家(いえ)に行(い)きました。屋根(やね)はかやでできていて500年前(ねんまえ)の家(いえ)でした。そんな昔(むかし)の家(いえ)がのこっているのはすごいなと思(おも)いました。次(つぎ)に、ちくちくぼんぼんに行(い)きました。おべんとうを食(た)べて、ドッジボールをしました。さいごに、れきしはく物館(ぶつかん)に行(い)きました。「昭和(しょうわ)のくらし」という部屋(へや)に入(はい)ったら、昭和(しょうわ)の車(くるま)やおもちゃ、お店(みせ)などがありました。今(いま)の物(もの)とくらべたら、古(ふる)いと思(おも)いました。ほかの学校(がっこう)といっしょにべんきょうできたのでよかったです。またこういうのがあってほしいです。

英語を学ぶ意義 アメリカで知る

福井大附属義務教育学校 6年  藪野 密

 福井青年会議所(ふくいせいねんかいぎしょ)が募集(ぼしゅう)した日下部太郎(くさかべたろう)の作文(さくぶん)コンクールに応募(おうぼ)したとき、アメリカへの顕彰旅行(けんしょうりょこう)に自分(じぶん)が行(い)けるなんて思(おも)ってもいなかった。自由(じゆう)の女神(めがみ)、テロの悲(かな)しい現場(げんば)、マンハッタンの摩天楼(まてんろう)など心(こころ)に残(のこ)る風景(ふうけい)は多(おお)い。ニューブランズウィック市(し)にあるホームステイ先(さき)の先生(せんせい)と仲良(なかよ)くなれて、いろんなことを教(おし)えてもらった。授業参観(じゅぎょうさんかん)、体験学習(たいけんがくしゅう)で本場(ほんば)のアクティブラーニングに触(ふ)れて夢(ゆめ)のようだった。
 さらに今年(ことし)は姉妹都市提携(しまいとしていけい)35周年(しゅうねん)を記念(きねん)して市長(しちょう)さんを表敬訪問(ひょうけいほうもん)した。生(い)きて帰(かえ)れなかった日下部太郎(くさかべたろう)のお墓参(はかまい)りもできた。私(わたし)の下手(へた)な英語(えいご)でも伝(つた)えようとして相手(あいて)に伝(つた)わったとき、言葉(ことば)は人(ひと)を幸(しあわ)せにつないでいく力(ちから)になることを知(し)った。アメリカで知(し)った英語(えいご)を学(まな)ぶ意義(いぎ)を忘(わす)れずに、日下部太郎(くさかべたろう)のように強(つよ)い意志(いし)を持(も)って努力(どりょく)できる人(ひと)になりたい。

きっ花マラソン 10位に入しょう

越前市服間小 3年  國定 栄太

 ぼくは11月(がつ)3日(みっか)、お父(とう)さんと、きっ花(か)マラソンにさんかして、10位(い)に入(にゅう)しょうしたことがとてもうれしくて、心(こころ)にのこっています。
 ぼくの学校(がっこう)では、毎週月曜日(まいしゅうげつようび)と水曜日(すいようび)と金曜日(きんようび)の大休(おおやす)みに「みんなで走(はし)ろう」があります。5分間(ふんかん)、校庭(こうてい)のまわりを走(はし)ります。4月(がつ)のころは、まだ6しゅうしか走(はし)れなかったけれど、10月(がつ)ごろには7しゅう走(はし)れるようになりました。ぼくは、たくさんのきょりを走(はし)れるようになって自(じ)しんがつきました。
 いよいよ、きっ花(か)マラソンの本番(ほんばん)の日(ひ)がきました。その日(ひ)は暑(あつ)い日(ひ)になりました。ぼくは、暑(あつ)いのがにがてなので、はやく走(はし)れるか、ふ安(あん)でした。さいしょは、よゆうがあったけど、橋(はし)のあたりからくるしくなりました。けれど、みんなにまけたくないので一生(いっしょう)けん命走(めいはし)りました。
 10位(い)に入(にゅう)しょうできたのは、日(ひ)ごろの練習(れんしゅう)のせいかが、でたんだと思(おも)います。これからも何事(なにごと)にも一生(いっしょう)けん命(めい)がんばりたいです。

マラソン大会 1いでゴール

あわら市伊井小 2年  山崎 蓮一郎

ぼくの今年(ことし)のじゅう大(だい)ニュースは、マラソン大会(たいかい)で1いになったことです。
 まずさいしょは、グラウンドを1しゅうはしりました。そのときは、1いではしっていました。そのまま校門(こうもん)を出(で)て、のう道(どう)をはしりました。のう道(どう)では、ぼくと、れんとくんと、まさはるくんのせっせんでした。ちょっとぬかれてしまいましたが、またすぐにぬきかえしました。
 学校(がっこう)のはたけの近(ちか)くまで来(き)たら、おじいちゃんが立(た)っておうえんしてくれているのが見(み)えました。おじいちゃんの顔(かお)を見(み)たら、やる気(き)がアップしました。グラウンドにもどってきたら、ぼくと、まさはるくんの2ど目(め)のせっせんでした。ぼくは、力(ちから)いっぱい一生(いっしょう)けんめいにはしりました。そして1いのままゴールしました。
 そのときぼくは、とてもうれしかったです。3年生(ねんせい)のマラソン大会(たいかい)でもがんばって1いになりたいです。ぼくは、小学生(しょうがくせい)のマラソン大会(たいかい)では、6年間入(ねんかんにゅう)しょうして、しょうじょうをいっぱいもらいたいです。

こうし園行き 野球を近くで

小浜市遠敷小 6年  下内 健太郎

 ぼくにとっての重大(じゅうだい)ニュースは、夢(ゆめ)の舞台(ぶたい)をとても近(ちか)くで見(み)ることができ、その場(ば)で戦(たたか)う選手(せんしゅ)を見(み)ることができたことです。その舞台(ぶたい)はこうし園(えん)の「ドリームシート」です。
 ぼくは今(いま)、野球(やきゅう)をしています。野球(やきゅう)をしている子(こ)どもなら、プロ野球(やきゅう)やメジャーリーグを目指(めざ)している人(ひと)がいると思(おも)います。そのどだいとなるのがこうし園(えん)です。
 ピッチャーの投(な)げる球(たま)やバッティングフォームなど、いろいろな細(こま)かいところを見(み)ることができるドリームシートに、全国(ぜんこく)からおうぼしてえらばれた何(なん)チームかの1チームになりました。
 こうし園(えん)でプレーをたくさん見(み)ることができました。これからのぼくの野球人生(やきゅうじんせい)にひびいてくれるとうれしいと思(おも)います。

大きなさつまいも いっぱいとれた

勝山市村岡小 6年  山内 美緒

 私(わたし)の家庭菜園(かていさいえん)では毎年(まいとし)5月下旬(がつげじゅん)にさつまいもを植(う)え、9月下旬(がつげじゅん)にほっています。去年(きょねん)までは、小(ちい)さいさつまいもしかとれず、大(おお)きい物(もの)もくさって食(た)べられない物(もの)ばかりでした。いつもは私(わたし)と姉(あね)と母(はは)でしていたのですが、今年(ことし)は母(はは)が1人(ひとり)で耕(たがや)したり植(う)えたりしました。しっかりと植(う)えたから、今年(ことし)は大丈夫(だいじょうぶ)と言(い)っていたので私(わたし)も信(しん)じていました。今年(ことし)は「べにあずま」と「安納芋(あんのういも)」を植(う)え、絶対大丈夫(ぜったいだいじょうぶ)と思(おも)いました。
 9月下旬(がつげじゅん)、習(なら)い事(ごと)の帰(かえ)りに姉(あね)と母(はは)と一緒(いっしょ)にさつまいもをほりにいきました。ほってみると、かぼちゃのような大(おお)きな芋(いも)やきれいな丸(まる)の形(かたち)をした芋(いも)がいっぱいとれました。中身(なかみ)もきれいな物(もの)ばかりで、とてもうれしい気持(きも)ちになりました。特(とく)にとれたのは、さつまいもの中(なか)でも甘(あま)い「安納芋(あんのういも)」でした。中身(なかみ)も黄色(きいろ)とオレンジ色(いろ)に熟(じゅく)していて、おいしかったです。今年一番(ことしいちばん)の思(おも)い出(で)になりました。

駅伝で全国出場決めたぞ

大野市上庄小 6年  松田 尚也

ぼくは10月(がつ)15日(にち)、全国大会出場(ぜんこくたいかいしゅつじょう)が決(き)まる大事(だいじ)な駅伝(えきでん)に出(で)ました。みんなが全力(ぜんりょく)で走(はし)ってタスキをつないだので、僕(ぼく)たちのチームは福井県代表(ふくいけんだいひょう)として、全国大会出場(ぜんこくたいかいしゅつじょう)が決(き)まりました。その時(とき)につけていた、キャプテンが作(つく)ってくれたミサンガはとても力(ちから)になりました。そのミサンガがあったから、全国出場(ぜんこくしゅつじょう)が決(き)まったと思(おも)っています。
 もう一(ひと)つ、全国出場(ぜんこくしゅつじょう)が決(き)まった理由(りゆう)があります。それは、負(ま)けていたとしてもあきらめないチームのみんなの気持(きも)ちだと思(おも)います。ぼくたちのチームは一度(いちど)、1位(い)に大差(たいさ)をつけられていました。それでも、次(つぎ)の人(ひと)たちがあきらめず「抜(ぬ)くぞ」という気持(きも)ちで走(はし)ったから、抜(ぬ)くことができて1位(い)になれたと思(おも)います。
 そんなあきらめない心(こころ)を大切(たいせつ)にして、これから、一生(いっしょう)けん命走(めいはし)ることに心(こころ)を向(む)けていきたいです。

何度も料理し できるように

大野市有終南小 4年  水上 晴登

ぼくは最近(さいきん)、料理(りょうり)ができるようになりました。
 初(はじ)めは、お母(かあ)さんが教(おし)えてくれて、卵焼(たまごや)きができました。卵焼(たまごや)きができただけなのにすごく喜(よろこ)びました。それからも自分(じぶん)で何度(なんど)も卵焼(たまごや)きを作(つく)っては食(た)べ、作(つく)っては食(た)べました。
 そして、ぼくは新(あたら)しい料理(りょうり)を作(つく)りました。それは目玉焼(めだまや)きです。下(した)にハムをしいて、一(いっ)しょに焼(や)いてさらにおいしく食(た)べました。ハムをしくのは、お母(かあ)さんがやっていておいしいからまねしてみました。でもハムだけがするんっとぬけてしまいました。黄身(きみ)は超半(ちょうはん)じゅくでとろとろでした。
 ぼくは、料理(りょうり)をすべてお母(かあ)さんに教(おし)えてもらったので感(かん)しゃしています。

公園で桜植樹 成長が楽しみ

越前市武生西小 6年  奥野 幸生

 ぼくのニュースは、武生中央公園前(たけふちゅうおうこうえんまえ)の通(とお)りで桜(さくら)の木(き)を23本植(ぼんう)えた植樹祭(しょくじゅさい)です。
 植樹祭(しょくじゅさい)はあいにくの雨(あめ)でしたが、中央公園(ちゅうおうこうえん)をもっと美(うつく)しくしようと思(おも)いながら雨(あめ)も気(き)にせずせっせと植(う)えました。平成(へいせい)30年(ねん)には武生中央公園体育館(たけふちゅうおうこうえんたいいくかん)で国体(こくたい)が行(おこな)われるから、国体(こくたい)までにぐんぐん育(そだ)つといいです。そのために、桜(さくら)の木(き)をけったり、ゆさぶったりしないで、水(みず)や肥料(ひりょう)をやって見守(みまも)っていきたいと思(おも)います。
 ぼくは、この植樹祭(しょくじゅさい)を通(とお)して、えち前市(ぜんし)をもっとすごい町(まち)にしたいと思(おも)いました。これから何十年(なんじゅうねん)もぼくたちが植(う)えた桜並木(さくらなみき)がたくさんの人(ひと)に見(み)てもらえるのが楽(たの)しみだし、ほこりに思(おも)います。おとなになってから成長(せいちょう)した様子(ようす)を見(み)に行(い)きたいです。

福井県内のNIEニュース

一覧

福井教育ダイジェスト

  • 2019年07月29日 読字障害、ICT支援を 読み書き困難「発達性ディスレクシア」 県立大でセミナー 教育に「端末必要」  読字障害、ICT支援を 読み書き困難「発達性ディスレクシア」 県立大でセミナー 教育に「端末必要」
  • 2019年07月29日 仁愛大生、地域課題挑む 越前市職員に政策提案  仁愛大生、地域課題挑む 越前市職員に政策提案
  • 2019年07月27日 AIが学習法指南 金津高、金津、芦原中 試験事業へ  AIが学習法指南 金津高、金津、芦原中 試験事業へ
  • 2019年07月27日 大学共通テストに英語民間検定 県立大3学部で加点 経済学部は出願資格  大学共通テストに英語民間検定 県立大3学部で加点 経済学部は出願資格
  • 2019年07月27日 勝山3中学校 1校化、勝山高に併設を 再編検討委が答申  勝山3中学校 1校化、勝山高に併設を 再編検討委が答申
  • 2019年07月26日 あわら市 小中5校へ統廃合 施設再配置計画案 35年度までに  あわら市 小中5校へ統廃合 施設再配置計画案 35年度までに
  • 2019年07月25日 勤務時間、管理徹底を 県教委研修会 校長に呼び掛け  勤務時間、管理徹底を 県教委研修会 校長に呼び掛け
  • 2019年07月24日 プログラミング教育 鯖江の知見、全国へ発信 NPOなど通信大手と連携 小学必修化控え熱視線  プログラミング教育 鯖江の知見、全国へ発信 NPOなど通信大手と連携 小学必修化控え熱視線
  • 2019年07月23日 和紙の技伝承、物語を絵本に 仁愛大教授、学生2作目 「名塩」の職人、家族描く  和紙の技伝承、物語を絵本に 仁愛大教授、学生2作目 「名塩」の職人、家族描く
  • 2019年07月19日 私立高無償化独自に拡大 来年度から年収910万円未満 生徒8割対象へ  私立高無償化独自に拡大 来年度から年収910万円未満 生徒8割対象へ
  • 2019年07月13日 国語の歩み教科書で回顧 坂井・県教育博が企画展 スイミー、くじらぐも…人気作順位も  国語の歩み教科書で回顧 坂井・県教育博が企画展 スイミー、くじらぐも…人気作順位も
  • 2019年07月09日 個性、古里愛など軸教育大綱 知事が方針示す  個性、古里愛など軸教育大綱 知事が方針示す
  • 2019年07月07日 伝える力、コラムで育む 本社でセミナー 教員ら執筆体験  伝える力、コラムで育む 本社でセミナー 教員ら執筆体験
  • 2019年07月07日 学生目線で地域活性化 大野・県内9人 七間通り歩き魅力探る  学生目線で地域活性化 大野・県内9人 七間通り歩き魅力探る
  • 2019年07月03日 日本式教育エジプトにも 現地教員が県内小学校を訪問  日本式教育エジプトにも 現地教員が県内小学校を訪問
  • 2019年07月02日 ネット出願に移行 実技重視、推薦も拡大 福井大20年度入試  ネット出願に移行 実技重視、推薦も拡大 福井大20年度入試
  • 2019年06月28日 県立高再編を議論へ 県教委、県高校教育問題協議会(高問協)を設置  県立高再編を議論へ 県教委、県高校教育問題協議会(高問協)を設置
  • 2019年06月28日 来春開校の「武生商工高」 25年度に校舎集約  来春開校の「武生商工高」 25年度に校舎集約
  • 2019年06月27日 児童、紙芝居で記事を理解 勝山・荒土小 校長が用語など解説  児童、紙芝居で記事を理解 勝山・荒土小 校長が用語など解説
  • 2019年06月21日 持続可能な鯖江どうつくる? 中学3年生700人 SDGs学ぶ  持続可能な鯖江どうつくる? 中学3年生700人 SDGs学ぶ
  • 2019年06月17日 宇宙わくわく スペースキッズ3期目スタート  宇宙わくわく スペースキッズ3期目スタート
  • 2019年06月12日 勝山高芸術部×市広報紙・消費者相談欄 イラストで市民啓発  勝山高芸術部×市広報紙・消費者相談欄 イラストで市民啓発
  • 2019年06月11日 プレゼン能力 児童125人養う 福井大附義務校で出前授業  プレゼン能力 児童125人養う 福井大附義務校で出前授業
  • 2019年06月09日 県立大が「創造農学科」を来春新設 地域密着で人材育成  県立大が「創造農学科」を来春新設 地域密着で人材育成
  • 2019年06月08日 居酒屋仕切る学生店長 福井の「五目亭」導入 若い発想に期待 バイト人員確保も  居酒屋仕切る学生店長 福井の「五目亭」導入 若い発想に期待 バイト人員確保も
  • 2019年06月08日 福井の出生率上昇、1.67 18年、全国は1.42 3年連続減  福井の出生率上昇、1.67  18年、全国は1.42  3年連続減
  • 2019年06月01日 来春の高志中入試 集団面接を導入 作文問題取りやめ  来春の高志中入試 集団面接を導入 作文問題取りやめ
  • 2019年05月24日 県立大生考案の嶺南ドライブコース JAF機関誌に掲載  県立大生考案の嶺南ドライブコース JAF機関誌に掲載
  • 2019年05月22日 犯罪、電柱から見逃さぬ 福井・松本地区 防犯カメラを北陸初設置  犯罪、電柱から見逃さぬ 福井・松本地区 防犯カメラを北陸初設置
  • 2019年05月21日 鯖江市が「眼育」本腰 就学前検診や意識啓発  鯖江市が「眼育」本腰 就学前検診や意識啓発
  • 2019年05月16日 複式続く学校から統合 若狭町・小中学校適正化計画で検討委  複式続く学校から統合 若狭町・小中学校適正化計画で検討委
  • 2019年05月14日 プール開放 引率者同伴 福井市今夏方針  プール開放 引率者同伴 福井市今夏方針
  • 2019年05月05日 県内スポ少1万人割る 少子化進みピークから半減  県内スポ少1万人割る 少子化進みピークから半減
  • 2019年05月05日 子どもの人口 福井県9万7265人で過去最少 県推計  子どもの人口 福井県9万7265人で過去最少 県推計
  • 2019年05月03日 懐かしの校歌、試聴人気 坂井・県教育博物館  懐かしの校歌、試聴人気 坂井・県教育博物館
  • 2019年04月24日 杉本知事方針 両副知事、教育長は続投へ 「適材適所、ノーサイド」  杉本知事方針 両副知事、教育長は続投へ 「適材適所、ノーサイド」
  • 2019年04月22日 県内高校生「新聞版ハッカソン」に挑戦 30人が取材の基本学ぶ  県内高校生「新聞版ハッカソン」に挑戦 30人が取材の基本学ぶ
  • 2019年04月20日 NIE実践指定9校を認定 県推進協議会が総会  NIE実践指定9校を認定 県推進協議会が総会
  • 2019年04月19日 中3に英語、4技能測る 全国学テ 県内小中1万4200人  中3に英語、4技能測る 全国学テ 県内小中1万4200人
  • 2019年04月17日 中学、高校の英語力、福井が1位 18年度文科省調査で2年連続 教員も上位占める  中学、高校の英語力、福井が1位 18年度文科省調査で2年連続 教員も上位占める
  • 2019年04月06日 福井大留学生に新宿舎 文京キャンパスで入居始まる  福井大留学生に新宿舎 文京キャンパスで入居始まる
  • 2019年04月06日 県内浪人生の進学をサポート 退職教員、福井市内にセンター開所  県内浪人生の進学をサポート 退職教員、福井市内にセンター開所
  • 2019年04月02日 福井国体選手の技 中高生へ 部活指導員に22人任命県教委  福井国体選手の技 中高生へ 部活指導員に22人任命県教委
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

東京芸大の最先端技術で精巧に復元されたバーミヤン 東大仏天井壁画を見上げるこども記者たち

スーパークローン文化財展へ  リアルに再現 「すごい技術」

 福井新聞「こども記者」活動は、福井県立美術(じゅつ)館の...
2019年08月04日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」