トップページ > 郷土新聞コンクール > 2018年度  県地理学会長賞 「明良タイムズ2」 坂井中2年 河口 明良さん

2018年度  県地理学会長賞 「明良タイムズ2」 坂井中2年 河口 明良さん

米作る熱意、苦労知る
 私は、祖父が加入している「ひとつぶの里」を取材し、新聞にまとめることで組合になったことでのメリット、デメリットを知るとともに、これからの米作りが目指すものを考える機会になりました。また、米作りに携わる方々の熱意や苦労を知ることで、今まで以上にご飯が好きになりました。

【講評】農事組合の長短所迫る
 昨年、福井のブランド米「いちほまれ」が誕生したが、農家である祖父が「コシヒカリ」を栽培し続けていることに疑問をもった筆者は、祖父が所属する農事組合法人「ひとつぶの里」の存在を知る。「ひとつぶの里」の調査を行う中で、組合に所属することの長所に気づくことができている。
 調査やインタビューで発見した組合員になることのメリットとして、筆者は個人農家では所有することが難しいビニールハウスや米用冷蔵庫などの設備や、さまざまな農機具が使用できることを挙げている。これらの長所が記事の中でうまくまとめられている。
 長所だけにとどまらず、筆者は組合の抱える課題も指摘している。県が「いちほまれ」の栽培を推奨しているにもかかわらず、現場での生産体制は十分整っていないという課題である。また、米作りの形態が時代によって変化してきていることを新聞作りを通して浮き彫りにしていることも評価できる。(三国中・山内大輝教諭)



福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2021年01月17日 いっしょに読もう!新聞コンクール 県内3人が奨励賞 作品紹介 いっしょに読もう!新聞コンクール 県内3人が奨励賞 作品紹介
  • 2021年01月10日 勝山市北郷小 修学旅行新聞を制作 伝わる文章、紙面工夫 読者意識 言語力向上へ 勝山市北郷小 修学旅行新聞を制作 伝わる文章、紙面工夫 読者意識 言語力向上へ
  • 2020年12月27日 市長選報道の在り方 福井大生22人が学ぶ オンラインでNIE講座 市長選報道の在り方 福井大生22人が学ぶ オンラインでNIE講座
  • 2020年12月20日 いっしょに読もう! 新聞コンクール 県NIE推進協議会賞 竹内さん(雄島小3年)ら20人輝く 奨励賞は244人 2438点審査 いっしょに読もう! 新聞コンクール 県NIE推進協議会賞 竹内さん(雄島小3年)ら20人輝く 奨励賞は244人 2438点審査
  • 2020年12月19日 いっしょに読もう!新聞コンクール 小浜二中を伝達表彰 いっしょに読もう!新聞コンクール 小浜二中を伝達表彰
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

職人の手ほどきで焼き鳥の串を刺し、出来栄えを見せ合うこども記者=11月23日、福井市下河北町の秋吉グループ本部(東村淳吾撮影)

こども記者「秋吉」を取材 笑顔生む 福井の焼き鳥

 福井新聞「こども記者」5人は11月23日、県内27店舗(...
2019年12月08日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第12回「いっしょに読もう!新聞コンクール」