トップページ > こども記者の記事 > コウノトリ再び大空へ、こども記者が突撃取材

こども記者の記事

コウノトリ再び大空へ、こども記者が突撃取材

掲載日:2012年08月20日

 こども記者22人に与えられた〝指令〟は▽里地里山を守る越前市の取り組み▽無農薬無化学肥(ひ)料の米作り▽「ふっくん」「さっちゃん」が飼育されている理由やその様子―を取材すること。よし、3班(はん)に分かれて出発だ!
 赤チームはまず「しらやまいこい館」を突撃(とつげき)した。すると「みんなに聞きたいことがあります。コウノトリは、なぜ日本からいなくなったのかな?」。越前市職(しょく)員の日和佳政(ひよりよしまさ)さんから、質(しつ)問が飛んできたぞ。
 「農薬のせいだと思います」と胸(むね)を張る8人のメンバーに、日和さんは「実は、最後のとどめを刺したのが農薬なんです。最初は人間が鉄砲(ぽう)で撃(う)って捕(つか)まえ、すみかの松の木をどんどん切ってしまった。さらに農薬や化学肥料で田畑のえさがなくなり、数が減(へ)っていったんです」。え~っ…。児童たちは好奇(き)心で目を輝(かがや)かせながら、一生懸(けん)命メモしていたよ。
 コウノトリをシンボルにした自然再(さい)生の意義(ぎ)も、日和さんは分かりやすく教えてくれた。「生き物がいなくなったら、人間も食べ物がなくなって暮(く)らせなくなるよね。生態系(たいけい)のピラミッドの頂点に立つコウノトリが普通に過(す)ごせる場所は、人間にとっても優(やさ)しいんですよ!」。そっか、そういうことだったのか!! みんな、納(なっ)得した表情(じょう)で相づちを打っていた。
 日和さんの話を一通り聞き終えたら、インタビューにチャレンジした。その後、豊かな田園風景が広がる現場に出掛(か)け、「コウノトリ呼び戻(もど)す農法部会」代表の恒本明勇(つねもとあきお)さん、県職員で獣(じゅう)医師の木村美貴(きむらみき)さんを相手に取材活動を活発に繰り広げたよ。3カ所での主なやりとりは、右のコーナーに紹介(しょうかい)しているから、読んでみてね。
  ★  ★  ★
 お昼前には、隣(となり)の坂口地区にバスで移(い)動し、コウノトリの人工巣塔(とう)の除幕(じょまく)式に地元住民たちと一緒(しょ)に出席した。そして、近くのエコビレッジ交流センターで食事を取った後、奈良(なら)俊幸(としゆき)市長から直接話を聞いたよ。
 「私は越前市と遠く離(はな)れた所に住んでいるけど、コウノトリと人間が仲良く暮らすために、できることはありますか?」。こう切り出したのは河野(こうの)富貴乃(ふきの)さん(福井大附属小5年)。これに対し、奈良市長は「みんなの家に田んぼはあるかな?」と逆(ぎゃく)質問。ぽつぽつと手が挙がる様子を見つめながら、「田んぼがなくても、毎日ご飯は食べるよね。環境に優しいお米や野菜を買うことで、農薬や化学肥料を使わない農家を応援(おうえん)することになって、コウノトリを増(ふ)やすことにつながるんだよ」と呼び掛けた。
 〝記者会見〟の最後に「コウノトリは1日に体重の10分の1のえさを食べるんだ。だから、野外で暮らせるようにするには、魚や虫が捕(と)れる地域をたくさん増やさないといけない。力を合わせて頑張(がんば)りましょう!」と奈良市長。本当の豊(ゆた)かさって何なのかな? 一人一人が、日ごろの暮らしを見つめ直していたよ。
  ★  ★  ★
 これで全ての取材が終了。一息ついたら、無農薬の稲(いな)わらを使った壁(かべ)掛け作りを楽しんだよ。
 最初は、どの児童も緊張(きんちょう)気味だったけど、徐々に打ち解(と)け、最後は同じ学校の仲良しみたいだったよ。帰りのバスの中は、大きな口を開けて「zzz」と寝息を立てたり、おしゃべりを楽しんだり…。別れを惜(お)しんで、連絡(らく)先を教え合う姿(すがた)もあった。こども記者イベントで、また会おうね!

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2019年12月01日 第10回「いっしょに読もう!新聞コンクール」 県NIE推進協議会賞 岡崎さん(雄島小3年)ら20人 奨励賞には274人 第10回「いっしょに読もう!新聞コンクール」 県NIE推進協議会賞 岡崎さん(雄島小3年)ら20人 奨励賞には274人
  • 2019年11月26日 杉原君(武生西小)ら5人奨励賞 学校奨励賞に県内31校 いっしょに読もう!新聞コンクール 杉原君(武生西小)ら5人奨励賞 学校奨励賞に県内31校 いっしょに読もう!新聞コンクール
  • 2019年11月26日 県学校新聞コンクール 金津高 2年ぶり最優秀 話題多彩、見出しも工夫 県学校新聞コンクール 金津高 2年ぶり最優秀 話題多彩、見出しも工夫
  • 2019年11月25日 新聞ワークショップ 言葉の力、会話力高めよう 新聞ワークショップ 言葉の力、会話力高めよう
  • 2019年11月25日 新聞ワークショップ 言葉の力、会話力高めよう 新聞ワークショップ 言葉の力、会話力高めよう

福井教育ダイジェスト

  • 2019年11月24日 】生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業  】生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業
  • 2019年11月24日 毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」  毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」
  • 2019年11月23日 福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ  福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ
  • 2019年11月23日 白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献  白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献
  • 2019年11月22日 現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点  現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点
  • 2019年11月16日 教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案  教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案
  • 2019年11月10日 地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール  地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール
  • 2019年11月10日 ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流  ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流
  • 2019年11月06日 福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問  福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問
  • 2019年11月06日 中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト  中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト
  • 2019年11月05日 最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査  最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査
  • 2019年11月03日 笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰  笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰
  • 2019年10月30日 県立高20年度定員 全日制55人減 4880人 武生商工 足羽 外国人向け選抜新設  県立高20年度定員 全日制55人減 4880人 武生商工 足羽 外国人向け選抜新設
  • 2019年10月29日 工大福井高、啓新高 進学コース専願に 来年度入試から変更  工大福井高、啓新高 進学コース専願に 来年度入試から変更
  • 2019年10月27日 高校生、記者に記者する 県高文祭 本社で新聞大会 4校29人、取材し紙面制作  高校生、記者に記者する 県高文祭 本社で新聞大会 4校29人、取材し紙面制作
  • 2019年10月26日 魅力ある県立高とは 11年ぶり高問協、県教委諮問 校数維持の選択肢へ  魅力ある県立高とは 11年ぶり高問協、県教委諮問 校数維持の選択肢へ
  • 2019年10月25日 ラグビー熱 春江小(坂井)にも 今春新設のクラブ 人気で定員超え 「トライ楽しい」  ラグビー熱 春江小(坂井)にも 今春新設のクラブ 人気で定員超え 「トライ楽しい」
  • 2019年10月25日 個性磨き 楽しい学びを 県が教育大綱策定  個性磨き 楽しい学びを 県が教育大綱策定
  • 2019年10月18日 中学生郷土新聞コンクール審査 柳本さん(足羽中2)最優秀  中学生郷土新聞コンクール審査 柳本さん(足羽中2)最優秀
  • 2019年10月13日 高校受験へ1320人腕試し  高校受験へ1320人腕試し
  • 2019年10月13日 「高田博厚」五感で鑑賞 福井大院生 シート4種創作、発表 福井市美術館 常設展楽しく  「高田博厚」五感で鑑賞 福井大院生 シート4種創作、発表 福井市美術館 常設展楽しく
  • 2019年10月12日 無言清掃 精神に磨き 小浜二中  無言清掃 精神に磨き 小浜二中
  • 2019年10月08日 福井市街地で“子ども五輪” 八杉さん(福井大)3月開催へ  福井市街地で“子ども五輪” 八杉さん(福井大)3月開催へ
  • 2019年10月03日 陸上記録処理で科技高生輝く 半年かけシステム構築 瞬時に順位、負担減  陸上記録処理で科技高生輝く 半年かけシステム構築 瞬時に順位、負担減
  • 2019年09月30日 小中生が理系研究発表 福井大「育成塾」 テーマじっくり  小中生が理系研究発表 福井大「育成塾」 テーマじっくり
  • 2019年09月25日 武生「探究進学」、敦賀「文理進学」 2高校の新学科名  武生「探究進学」、敦賀「文理進学」 2高校の新学科名
  • 2019年09月20日 県内小学5・6年の「外国語科」 教科担任制の導入検討  県内小学5・6年の「外国語科」 教科担任制の導入検討
  • 2019年09月20日 来春に広域通信制高校 青池学園 県内法人で初めて  来春に広域通信制高校 青池学園 県内法人で初めて
  • 2019年09月19日 全日制受験教科を限定 外国人生徒の県立高入試 来春にも特別枠導入の方針  全日制受験教科を限定 外国人生徒の県立高入試 来春にも特別枠導入の方針
  • 2019年09月15日 福井市など6割が「国以上」 幼保無償化で自治体調査 独自財源で拡充  福井市など6割が「国以上」 幼保無償化で自治体調査 独自財源で拡充
  • 2019年09月14日 勝山北部中 心に残った記事〝熱弁〟 学校祭で表現、考える力競う  勝山北部中 心に残った記事〝熱弁〟 学校祭で表現、考える力競う
  • 2019年09月10日 子の不登校 親はどうする? 福井大で質問会 専門家ら助言  子の不登校 親はどうする? 福井大で質問会 専門家ら助言
  • 2019年09月04日 都市の大学定員削減を 福井県など知事ネット、内閣府へ提言  都市の大学定員削減を 福井県など知事ネット、内閣府へ提言
  • 2019年09月03日 福井大、来春に社会人向け新専門職大学院を設置 グローバル人材を育成  福井大、来春に社会人向け新専門職大学院を設置 グローバル人材を育成
  • 2019年08月27日 新鯖江高・スポーツ専攻 体操、駅伝特化へ 来春再編 体育授業数4倍に  新鯖江高・スポーツ専攻 体操、駅伝特化へ 来春再編 体育授業数4倍に
  • 2019年08月25日 「エビデンス(科学的根拠)」基に学校見直し 春江東小・江澤教諭が共著 時間対効果上げる一助に  「エビデンス(科学的根拠)」基に学校見直し 春江東小・江澤教諭が共著 時間対効果上げる一助に
  • 2019年08月23日 福井工大福井高に「eスポーツ同好会」 県内高校で初めて  福井工大福井高に「eスポーツ同好会」 県内高校で初めて
  • 2019年08月23日 道徳教育こつ 教員200人学ぶ 福井で研究会  道徳教育こつ 教員200人学ぶ 福井で研究会
  • 2019年08月22日 小学校プール利用者86%減 福井市、開放7日間のみ 熱中症予防、人手不足…「来夏の可否議論」  小学校プール利用者86%減 福井市、開放7日間のみ 熱中症予防、人手不足…「来夏の可否議論」
  • 2019年08月19日 選択科目にポルトガル語 来春開校の武生商工高 地域性を考慮  選択科目にポルトガル語 来春開校の武生商工高 地域性を考慮
  • 2019年08月14日 若い発想、紙面に凝縮 新聞版ハッカソン 本社で編集 高校生42人「達成感」  若い発想、紙面に凝縮 新聞版ハッカソン 本社で編集 高校生42人「達成感」
  • 2019年08月09日 学生のU・Iターン促進へ 愛知学院大、京都橘大など6大学と就職支援協定 県、企業情報など提供  学生のU・Iターン促進へ 愛知学院大、京都橘大など6大学と就職支援協定 県、企業情報など提供
  • 2019年08月07日 プログラミング基礎学ぶ 坂井、あわら 小学教員 必修化前に  プログラミング基礎学ぶ 坂井、あわら 小学教員 必修化前に
  • 2019年08月02日 新聞で深い学びを 宇都宮でNIE全国大会 県内から13人  新聞で深い学びを 宇都宮でNIE全国大会 県内から13人
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ

キッズこだま

以前のテーマ >

12月テーマは「私の重大ニュース」

  • 大野市有終南小 
  • ニュース選んで自分だけの新聞
  • 運動会で最優秀 努力は必ず実る
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

静かにゆっくりと深呼吸。座禅体験で心を整えるこども記者たち=9月28日、永平寺町の「柏樹関」(出蔵浩隆撮影)

座禅「気持ち良い」 精進料理味わう 食材敬う心学ぶ

 禅(ぜん)の心とは―。福井新聞「こども記者」活動は9月28...
2019年10月13日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」