トップページ > こども記者の記事 > 「福井商高JETS」と共演 チア初舞台 

こども記者の記事

「福井商高JETS」と共演 チア初舞台 

掲載日:2019年08月18日
大勢の観客を前に最高の笑顔で「JETS」と共演するこども記者=7月31日、福井市のハピリンホール(柿木孝介撮影)

こども記者「福井商高JETS」と共演

チア初舞台 感動、充実

 福井商業高校チアリーダー部「JETS」の「チア☆ダン ショー inハピリン」に参加した福井新聞「こども記者」。チーム名は「スマイル5」。チアの経(けい)験はなく、短い練習での本番のステージとなったが、JETSに負けじと全力の笑顔で輝(かがや)きを放ち、堂々とした演技(えんぎ)を披露(ひろう)した。(山口晶永)【「こどもタイムズ」に関連記事】

 レッスンは、JETSのトレードマークでもある「おでこ全開」の高橋真凜さん、惟紗希さんが担(たん)当してくれた。全体リハーサルまで、練習はたったの40分。時間との勝負だ。あこがれの先輩(ぱい)たちの手本を見た後、早速パートに区切って振(ふ)りを練習した。
 「ここは元気いっぱいジャンプ」「扉(とびら)をトントンたたく感じ」。はじめは「振(ふ)りが難(むずか)しく、できっこない」と表情(じょう)も硬(かた)く、動きもぎこちなかったけれど、少しずつ緊張(きんちょう)が解(と)けて、リズムに乗ってきた。その調子、その調子。JETSの2人は「笑顔があれば大丈夫。自信持ってね」と送り出した。
   ■  ■  ■
 本番直前の控(ひかえ)室。JETSから「おいでよ」と声を掛(か)けられたスマイル5。肩を組んで円陣(じん)に加わり「頑張(がんば)るぞ」と気合。それでも舞(ぶ)台そでに移動すると、緊張(きんちょう)はマックスに。すると、部員たちは「リラックスね」と優(やさ)しく声を掛(か)け、JETSを率(ひき)いる五十嵐裕子先生も「上手に踊(おど)ろうとしなくていい。とにかく体を大きく使って、笑顔で」とアドバイスした。
 華麗(かれい)で迫(はく)力あるJETSの舞(ぶ)台。終盤(ばん)、いよいよスマイル5の出番だ。スポットライトからのぞく表情(じょう)は、何か吹(ふ)っ切れたようなすがすがしさ、そして、まばゆい笑顔。JETSが支えてくれる―。
 音楽が流れると、体を大きく揺(ゆ)らし、ステップ、ジャンプ、そして決めポーズ。JETSの息づかいを感じながら、最高の舞(ぶ)台で、最高のパフォーマンスを繰(く)り広げ、ステージを盛り上げた。振(ふ)りを間違えて苦笑いする場面もあったけど笑顔で乗り切り、元気いっぱいにやり遂(と)げた。
 公演後はJETSと記念撮影(さつえい)。スマイル5は喜びの表情(じょう)を浮(う)かべ、自信もみなぎっていた。「良かったよ」「かっこよかった」。ステージを間近で見た保護(ほご)者の一人は涙(なみだ)ぐみ、ギュッと抱(だ)きしめる場面も。こども記者は「笑顔が大切と自分に言い聞かせ、最後まで笑顔で踊(おど)れました」と充(じゅう)実感にひたっていた。
 「笑顔が弾(はじ)けてたよ。よかった!」。スマイル5の名付け親でもある五十嵐先生は、こうねぎらい、メッセージをくれた。「これから、いろいろなことがあると思う。けれど、笑顔でいれたら楽しいことがたくさんある。夢(ゆめ)もかなう。笑顔でいきましょう」
 ダンスを通して心を一つにしたスマイル5。「いつか、JETSで一緒に踊(おど)りましょう」と向けられると、最後は張りのある声で「ハイ」と大きく返事をし、夢の共演を締めくくった。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2021年04月04日 【教育】NIE授業 わくわくアルバム 【教育】NIE授業 わくわくアルバム
  • 2021年02月27日 NIEみんなの新聞 コロナ題材 社会に関心 県研究会、8校が活動報告 NIEみんなの新聞 コロナ題材 社会に関心 県研究会、8校が活動報告
  • 2021年02月23日 みんなの新聞 NIE 校内放送で本紙音読 勝山・荒土小「キッズこだま」活用 みんなの新聞 NIE 校内放送で本紙音読 勝山・荒土小「キッズこだま」活用
  • 2021年02月07日 【教育】NIE授業 わくわくアルバム 【教育】NIE授業 わくわくアルバム
  • 2021年02月07日 【教育】Let’s NIE 楽しく、深い学びへ 【教育】Let’s NIE 楽しく、深い学びへ
ふくい椿ファイル

越山若水

この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ

キッズこだま

以前のテーマ >

習慣

  • 好きな歌を聴きながらねる
  • 読書もっとむずかしい本も
  • きんトレ 野球のため毎日
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

職人の手ほどきで焼き鳥の串を刺し、出来栄えを見せ合うこども記者=11月23日、福井市下河北町の秋吉グループ本部(東村淳吾撮影)

こども記者「秋吉」を取材 笑顔生む 福井の焼き鳥

 福井新聞「こども記者」5人は11月23日、県内27店舗(...
2019年12月08日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第12回「いっしょに読もう!新聞コンクール」