トップページ > こども記者の記事 > スーパークローン文化財展へ  リアルに再現 「すごい技術」

こども記者の記事

スーパークローン文化財展へ  リアルに再現 「すごい技術」

掲載日:2019年08月04日
東京芸大の最先端技術で精巧に復元されたバーミヤン 東大仏天井壁画を見上げるこども記者たち

 福井新聞「こども記者」活動は、福井県立美術(じゅつ)館の特別企(き)画展(てん)「東京藝術(げいじゅつ)大学スーパークローン文化財展(ざいてん)」を取材。記者6人は、シルクロードの世界遺(い)産や巨匠(きょしょう)の名画を巡(めぐ)る時空を超(こ)えた旅を楽しんだ。リアルに再現(さいげん)された人類の宝に触(ふ)れて「すごい技術(ぎじゅつ)」と心躍(おど)らせた。(山口晶永)【こどもタイムズに関連記事】

 この日の先生は学芸員の野田訓生さん。「細かな手仕事と、最新のデジタル技術(ぎじゅつ)を融(ゆう)合した新しい作品で、時に本物を超(こ)えています。五感で楽しんで」と呼(よ)び掛(か)けた。
 最初に目に飛び込んできたのは、奈良・法隆(ほうりゅう)寺の国宝「釈迦三尊像(しゃかさんぞんぞう)」。お経(きょう)が響(ひび)き、暗闇(くらやみ)に仏像(ぶつぞう)が浮(う)かぶ厳(おごそ)かな空間だ。実物をスキャンして3Dプリンターで立体モデルを制(せい)作し、職(しょく)人の手で精巧(せいこう)に創(つく)り上げた。本物で一部かけている部分も復(ふく)元しているという。「実物は近くでは見られないし、顔もはっきりと見えないんですよ」と野田さん。記者たちはそっと触(ふ)れてみた。「ひんやりしてる。これが本物…」
 「東洋のビーナス」と呼(よ)ばれる菩薩(ぼさつ)が描かれた世界遺産の「敦煌(とんこう) 莫高窟(ばっこうくつ)」、四つの神が生き生きと舞(ま)う古墳(こふん)の内部なども見て回った。記者たちは「小さな傷(きず)まで復(ふく)元されていて、クローン技術(ぎじゅつ)ってすごい」と興奮気味だ。
   ■   ■   ■
 メイン展示(てんじ)の一つ、テロで破壊(はかい)されたバーミヤンの大仏(ぶつ)天井壁(じょうへき)画も圧巻(あっかん)の迫力だった。大仏(ぶつ)の頭の上にあった壁(へき)画を、約1万5千枚(まい)の写真と3Dデータから彩り豊(ゆた)かに復(ふく)元した。壁(へき)画を見上げる記者たちに、野田さんは「東西の文化が美しく融(ゆう)合した素(す)晴らしい絵」と説明してくれた。
 歌川広重らの浮(うき)世絵や、ゴッホの西洋絵画といった名画の復(ふく)元も見どころ満載(さい)だった。浮世絵からは、ふんわりと“江(え)戸の匂(にお)い”が漂(ただよ)い、タイムスリップしたかのよう。ゴッホの自画像では、背(はい)景の青い渦巻(うずま)きの筆遣(づか)いに触(ふ)れ、絵が動く仕掛けにも驚(おどろ)きの表情(じょう)だった。マネの「笛を吹(ふ)く少年」はキャンバスを飛び出して立体的に再現(さいげん)されており、横笛を吹(ふ)く姿をまねて「ハイ・ポーズ」。
 最後はスーパークローン文化財(ざい)の源(げん)流である「複(ふく)写」のフロア。国宝の三大絵巻が勢(せい)ぞろい。東京芸大の学生たちが針(はり)の先ほどの筆を使い、色落ちや紙のしわまで忠(ちゅう)実に写し取っている。戸田浩之学芸員は「文化財(ざい)を後世に伝える大切な作品。人の手はデジタルにも負けない、素晴らしい力を秘(ひ)めているんです」と教えてくれた。
 クローン展(てん)は文化財(ざい)の「保存(ほぞん)」と「公開」の両立という大きなテーマを投げかけている。野田さんは「人類共有の財(ざい)産を守り、次の世代にどう伝えるのか。この問題を解決し、人々に感動を与えてくれるのがクローン文化財(ざい)です」と話していた。
 企(き)画展(てん)は25日まで。夏休みも中盤(ばん)、友達や家族で世界の宝に触(ふ)れに行こう!

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2020年03月15日 【大学生TIMES】県立大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点 【大学生TIMES】県立大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点
  • 2020年03月15日 1年目実践校 本年度活動報告(上) 1年目実践校 本年度活動報告(上)
  • 2020年03月01日 NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う
  • 2020年02月16日 【大学生TIMES】県立大編 テクノフェア、より面白く  【大学生TIMES】県立大編 テクノフェア、より面白く 
  • 2020年02月02日 見出し、原稿 コツ学ぶ 「高校締めくくりの新聞作るぞ」 本社担当者に 武生定時制4人 見出し、原稿 コツ学ぶ 「高校締めくくりの新聞作るぞ」 本社担当者に 武生定時制4人

福井教育ダイジェスト

  • 2020年02月26日 全日制平均 1倍割る 県立高入試  全日制平均 1倍割る 県立高入試
  • 2020年02月21日 拉致問題 風化許すな 地村さん証言  拉致問題 風化許すな 地村さん証言
  • 2020年02月21日 森田小「児童多すぎ」56%   森田小「児童多すぎ」56% 
  • 2020年02月21日 県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携  県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携
  • 2020年02月20日 あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から  あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から
  • 2020年02月20日 教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院  教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院
  • 2020年02月19日 教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針  教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針
  • 2020年02月18日 探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設  探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設
  • 2020年02月14日 22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点  22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点
  • 2020年02月13日 授業上手24人「名人」に任命 県教委  授業上手24人「名人」に任命 県教委
  • 2020年02月08日 同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高  同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高
  • 2020年01月30日 県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初  県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初
  • 2020年01月30日 新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示  新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示
  • 2020年01月29日 暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.  暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.
  • 2020年01月26日 記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」  記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」
  • 2020年01月24日 平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ   平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ
  • 2020年01月24日 早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格  早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格
  • 2020年01月23日 提案する大学生地域活性化策を発表  提案する大学生地域活性化策を発表
  • 2020年01月23日 県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%  県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人   宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人
  • 2020年01月21日 通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ  通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ
  • 2020年01月14日 全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う  全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う
  • 2020年01月13日 不登校解決策探る 福井で講座  不登校解決策探る 福井で講座
  • 2020年01月13日 iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察  iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察
  • 2020年01月12日 新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座   新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座
  • 2020年01月06日 入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標  入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標
  • 2019年12月28日 電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え  電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え
  • 2019年12月24日 体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低  体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低
  • 2019年12月22日 北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲  北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲
  • 2019年12月21日 高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育  高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育
  • 2019年12月13日 おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信  おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信
  • 2019年12月12日 部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針  部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針
  • 2019年12月10日 最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式  最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式
  • 2019年12月10日 教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減  教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減
  • 2019年11月24日 生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業  生徒 労使共存に理解 福井大院生と社労士 羽水高で雇用の授業
  • 2019年11月24日 毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」  毛利飛行士の部屋 新設 県児童科学館開館20周年記念し式典 「宇宙目指す意味考えて」
  • 2019年11月23日 福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ  福井大附義務9年生 市予算配分 何を優先? 9分野提案へ
  • 2019年11月23日 白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献  白川静漢字教育賞 道関校長(勝山荒土小)が最優秀 成り立ち教え文化普及貢献
  • 2019年11月22日 現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点  現中2生から廃止 スピーキング導入も見送り 県立高入試の英検加点
  • 2019年11月16日 教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案  教員働き方改革24施策 県教育振興基本計画素案
  • 2019年11月10日 地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール  地道取材の情熱称賛 本社、上位入賞30人表彰 県中学生郷土新聞コンクール
  • 2019年11月10日 ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流  ゆるい運動会 鯖江でJK課企画 高校生が白熱 全国の70人交流
  • 2019年11月06日 福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問  福井の教育 理解深まる 台湾の視察団 丸岡高を訪問
  • 2019年11月06日 中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト  中3生7000人実力試す きょうまで、校長会テスト
  • 2019年11月05日 最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査  最優秀賞輝く 県小・中学生科学アカデミー賞 2万4294点審査
  • 2019年11月03日 笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰  笹川さんら48人たたえ 県小学読書感想文 本社で表彰
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

職人の手ほどきで焼き鳥の串を刺し、出来栄えを見せ合うこども記者=11月23日、福井市下河北町の秋吉グループ本部(東村淳吾撮影)

こども記者「秋吉」を取材 笑顔生む 福井の焼き鳥

 福井新聞「こども記者」5人は11月23日、県内27店舗(...
2019年12月08日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」