トップページ > こども記者の記事 > 名画展示の工夫、納得 鑑賞法学び〝裏方〟も体験

こども記者の記事

名画展示の工夫、納得 鑑賞法学び〝裏方〟も体験

掲載日:2018年04月29日
牧井さん(中央)から絵の鑑賞のポイントなどを聞くこども記者たち=福井市の県立美術館(棟田崇仁撮影)

福井市の県立美術館で開かれている企画展(きかくてん)「ウェールズ国立美術館所蔵(しょぞう) ターナーからモネへ」。福井新聞のこども記者6人が同展を訪(おとず)れ、絵画鑑賞(かんしょう)の楽しみ方を教わるとともに、作品展示(てんじ)の秘密(ひみつ)や学芸員の仕事について取材した。(宇野和宏)【「こどもタイムズ」に関連記事】

 「この部屋の中でお気に入りの1枚(まい)を見つけてごらん」。記者たちを案内してくれたのは県文化振興課(しんこうか)の牧井正人さん。中学校の美術教師の牧井さんは“マッキー先生”の愛称(あいしょう)で知られ、美術鑑賞(かんしょう)の出前授業を担当(たんとう)している。
 1人の記者が選んだのはイギリスの画家ターナーが描(えが)いた「難破後(なんぱご)の朝」という作品。「どんなことを感じる?」と問いかける牧井さんに、子どもたちは目を輝(かがや)かせ、次々と答える。「何だか悲しい絵」「誰(だれ)かに襲(おそ)われて船が沈(しず)んでしまったのかな」「戦争から逃(に)げてきたのかも」
 この絵は船や人々がぼんやりと描(えが)かれている。「はっきり描(えが)かれていないから、いろんなことが想像できるね」と牧井さん。角井美咲記者は「自分が考えたことと全く違(ちが)うことを友達が考えていて面白かった」。1人では見えないことが、みんなで見ると見えてくる。マッキー先生が伝授する絵の楽しみ方だ。
 鮮(あざ)やかな色彩(しきさい)が目を引くモネの「サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏(たそがれ)」の前で、子どもたちの足が止まった。1人が「色の塗(ぬ)り方(かた)が雑じゃない?」とつぶやいた。「そうだね。ちょっと絵から離(はな)れてごらん」という牧井さんの指示に従(したが)って眺(なが)めてみると「きれい」「いい感じ!」と驚(おどろ)きの声があがった。絵に合った適度な距離感(きょりかん)を見つけるのも鑑賞(かんしょう)のポイントだそうだ。
   ■  ■  ■
 「次はお客さんじゃなくて美術館スタッフの立場で展覧会(てんらんかい)を見てみよう」。学芸員の野田訓生さんが展示(てんじ)の工夫を紹介(しょうかい)してくれた。
 「学芸員の仕事の中でも会場づくりが一番好き」という野田さん。今回は5章に分け、章ごとに赤や青、緑などトーンの異(こと)なる色の壁紙(かべがみ)をあしらった。絵の雰囲気(ふんいき)を壊さないよう、色選びにはこだわったという。またターナーやモネが活躍(かつやく)した時代にタイムトリップした気分で作品鑑賞(かんしょう)を楽しんでもらおうとシャンデリアも設置した。
 展覧会(てんらんかい)をPRするポスター作製も学芸員の仕事の一つ。野田さんが見せてくれたのは、採用されなかった数種類の“幻(まぼろし)”のポスターだ。デザイナーと相談した結果、明るい色使いで目立つ、モネの作品をモチーフにした図柄(ずがら)に決めた。「大勢のお客さんに来てもらえるよう、展覧会(てんらんかい)の魅力(みりょく)を分かりやすく伝えるのが学芸員の役割(やくわり)です」
 記者たちは、入り口で入場券の半券をちぎる「もぎり」も体験。絵を管理する収蔵室(しゅうぞうしつ)やボランティアスタッフの部屋など美術館の裏側(うらがわ)を見学し、展覧会(てんらんかい)が多くの人に支えられていることを実感した。
 「ターナーからモネへ」展(てん)は5月27日まで。5、19日は小中学生対象のキッズワークショップ「好きな絵を描(えが)こう!」が開かれる。問い合わせは県立美術館=電話0776(25)0452。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2020年03月27日 勝山市全小中でNIE 持続発展教育「ESD」一環 ふるさとへの学び深める 勝山市全小中でNIE 持続発展教育「ESD」一環 ふるさとへの学び深める
  • 2020年03月22日 2年目実践校 本年度活動報告(下) 2年目実践校 本年度活動報告(下)
  • 2020年03月15日 1年目実践校 本年度活動報告(上) 1年目実践校 本年度活動報告(上)
  • 2020年03月15日 【大学生TIMES】仁愛大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点 【大学生TIMES】仁愛大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点
  • 2020年03月01日 NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う

福井教育ダイジェスト

  • 2020年02月26日 全日制平均 1倍割る 県立高入試  全日制平均 1倍割る 県立高入試
  • 2020年02月21日 拉致問題 風化許すな 地村さん証言  拉致問題 風化許すな 地村さん証言
  • 2020年02月21日 森田小「児童多すぎ」56%   森田小「児童多すぎ」56% 
  • 2020年02月21日 県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携  県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携
  • 2020年02月20日 あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から  あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から
  • 2020年02月20日 教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院  教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院
  • 2020年02月19日 教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針  教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針
  • 2020年02月18日 探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設  探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設
  • 2020年02月14日 22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点  22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点
  • 2020年02月13日 授業上手24人「名人」に任命 県教委  授業上手24人「名人」に任命 県教委
  • 2020年02月08日 同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高  同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高
  • 2020年01月30日 県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初  県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初
  • 2020年01月30日 新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示  新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示
  • 2020年01月29日 暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.  暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.
  • 2020年01月26日 記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」  記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」
  • 2020年01月24日 平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ   平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ
  • 2020年01月24日 早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格  早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格
  • 2020年01月23日 提案する大学生地域活性化策を発表  提案する大学生地域活性化策を発表
  • 2020年01月23日 県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%  県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人   宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人
  • 2020年01月21日 通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ  通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ
  • 2020年01月14日 全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う  全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う
  • 2020年01月13日 不登校解決策探る 福井で講座  不登校解決策探る 福井で講座
  • 2020年01月13日 iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察  iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察
  • 2020年01月12日 新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座   新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座
  • 2020年01月06日 入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標  入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標
  • 2019年12月28日 電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え  電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え
  • 2019年12月24日 体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低  体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低
  • 2019年12月22日 北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲  北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲
  • 2019年12月21日 高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育  高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育
  • 2019年12月13日 おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信  おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信
  • 2019年12月12日 部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針  部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針
  • 2019年12月10日 最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式  最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式
  • 2019年12月10日 教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減  教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

職人の手ほどきで焼き鳥の串を刺し、出来栄えを見せ合うこども記者=11月23日、福井市下河北町の秋吉グループ本部(東村淳吾撮影)

こども記者「秋吉」を取材 笑顔生む 福井の焼き鳥

 福井新聞「こども記者」5人は11月23日、県内27店舗(...
2019年12月08日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」