トップページ > こども記者の記事 > こども記者 六呂師・池ケ原湿原へ  ミズチドリ見つけた!  ドジョウ、イモリに感激

こども記者の記事

こども記者 六呂師・池ケ原湿原へ  ミズチドリ見つけた!  ドジョウ、イモリに感激

掲載日:2017年07月23日
県内では六呂師高原でしか見ることができないミズチドリを観察する記者たち=7月8日、勝山市平泉寺町の池ケ原湿原

 今回の福井新聞「こども記者」活動は、大野市と勝山市にまたがる六呂師(ろくろし)高原を舞台(ぶたい)に繰(く)り広げられた。高原内にある池ケ原湿原(しつげん)は希少な動植物の宝庫(ほうこ)。参加者は昆虫や花を観察しながら、豊かな自然を守り、残していく意識を高めた。(宇野和宏)【こどもタイムズに関連記事】

 標高500~600メートルに広がる、なだらかな地形の六呂師(ろくろし)高原。その中の池ケ原湿原(しつげん)は周囲の距離(きょり)約1キロ、面積約3ヘクタールで、嶺北(れいほく)で最大規模(きぼ)の湿原だ。探検(たんけん)を控(ひか)えた記者たちは、はやる気持ちを抑(おさ)え、まず座学(ざがく)で県自然保護センター(大野市)の松村俊幸(まつむらとしゆき)所長(58)と國永知裕(くにながともひろ)さん(32)から湿原(しつげん)の特徴(とくちょう)を学んだ。
 「ミズチドリ、ノカンゾウ、メタカラコウ…。池ケ原には希少で美しい花がたくさん咲(さ)きます」と松村所長。特に、ランの仲間で県の絶滅危惧(ぜつめつきぐ)1類に指定されるミズチドリは県内で六呂師高原(こうげん)でしか見ることができないという。
 ただ、かつてこうした植物が危機(きき)にひんした時代があった。昭和30年代ごろまでは地元の人が雪囲いの「よしず」の材料としてヨシを刈(か)っていたが、40年代以降(いこう)、ヨシを利用することが減ったことに加え、周辺の土地開発や化学肥料の普及(ふきゅう)で、栄養の豊富な水が流れ込んだために背の高いヨシがはびこり、日光が十分に届(とど)かなくなった湿原(しつげん)植物の数が減少した。
 國永(くになが)さんは、同センターなどが2009年度からヨシを刈(か)るなどの活動に力を入れていることを説明。ミズチドリは09年の約240本から、12年に約2300本に増えたという。6月には池ケ原で51年ぶりに湿原(しつげん)植物のサギスゲ(県の絶滅危惧(ぜつめつきぐ)1類)が確認(かくにん)された。
 湿原(しつげん)に足を運ぶと、見ごろを迎えたミズチドリの白くかれんな花が記者たちを迎(むか)えてくれた。松田康然(まったこうねん)記者(平泉寺小5年)は、甘(あま)い香(かお)りを放つ花に顔を近づけ「クリオネみたいできれい」と表現。記者たちは高さ約2メートルのヨシを鎌(かま)で刈(か)り取る作業も体験した。
 湿原(しつげん)内には県の絶滅危惧(ぜつめつきぐ)2類のノカンゾウや「要注目」のメタカラコウの姿(すがた)も。記者たちは花の特徴(とくちょう)をメモしながら、豊かな自然が残る湿原(しつげん)の魅力(みりょく)を感じ取った。
 池ケ原湿原(しつげん)には貴重(きちょう)な生き物もたくさんいる。池のほとりでは、木の枝にモリアオガエルの卵(たまご)の塊(かたまり)をたくさん見つけることができ、記者たちは「あんな高いところにあるんだ」と驚(おどろ)いていた。
 前日の夜から、池には「もんどり」と呼(よ)ばれる、かごを設置(せっち)。生き物が大好きだという生田開都(いくたかいと)記者(木田小6年)は、引き上げたもんどりをのぞき込(こ)み「ドジョウ、アカハライモリ、クロゲンゴロウ、イシガメ…。いっぱいいる!」と目を輝(かがや)かせていた。
 松村所長は「昔は身の回りにいたドジョウもイモリもゲンゴロウも今では県のレッドデータブックに載(の)っている。けれど、この湿原(しつげん)には普通(ふつう)にいるんだよ」と紹介。また、ゲンゴロウが獲物(えもの)の体内に消化液を注入し、体液を吸(す)い取るなど、水生昆虫(こんちゅう)の不思議な生態を解説し「命をつなぐため、虫は小さな体で必死に生きている。だから大事にしてあげよう」と語りかけた。
 昼食後は「ミルク工房奥越前(こうぼうおくえちぜん)」で、牧場の新鮮(しんせん)な生乳(せいにゅう)を使ったアイスクリーム作りに挑戦(ちょうせん)。冷たいアイスを口にし、探検(たんけん)で疲(つか)れた体を癒(い)やした。記者たちは、自然いっぱいの六呂師(ろくろし)を堪能(たんのう)し、活動を終えた。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2020年03月27日 勝山市全小中でNIE 持続発展教育「ESD」一環 ふるさとへの学び深める 勝山市全小中でNIE 持続発展教育「ESD」一環 ふるさとへの学び深める
  • 2020年03月22日 2年目実践校 本年度活動報告(下) 2年目実践校 本年度活動報告(下)
  • 2020年03月15日 1年目実践校 本年度活動報告(上) 1年目実践校 本年度活動報告(上)
  • 2020年03月15日 【大学生TIMES】仁愛大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点 【大学生TIMES】仁愛大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点
  • 2020年03月01日 NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う

福井教育ダイジェスト

  • 2020年02月26日 全日制平均 1倍割る 県立高入試  全日制平均 1倍割る 県立高入試
  • 2020年02月21日 拉致問題 風化許すな 地村さん証言  拉致問題 風化許すな 地村さん証言
  • 2020年02月21日 森田小「児童多すぎ」56%   森田小「児童多すぎ」56% 
  • 2020年02月21日 県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携  県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携
  • 2020年02月20日 あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から  あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から
  • 2020年02月20日 教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院  教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院
  • 2020年02月19日 教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針  教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針
  • 2020年02月18日 探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設  探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設
  • 2020年02月14日 22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点  22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点
  • 2020年02月13日 授業上手24人「名人」に任命 県教委  授業上手24人「名人」に任命 県教委
  • 2020年02月08日 同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高  同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高
  • 2020年01月30日 県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初  県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初
  • 2020年01月30日 新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示  新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示
  • 2020年01月29日 暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.  暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.
  • 2020年01月26日 記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」  記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」
  • 2020年01月24日 平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ   平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ
  • 2020年01月24日 早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格  早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格
  • 2020年01月23日 提案する大学生地域活性化策を発表  提案する大学生地域活性化策を発表
  • 2020年01月23日 県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%  県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人   宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人
  • 2020年01月21日 通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ  通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ
  • 2020年01月14日 全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う  全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う
  • 2020年01月13日 不登校解決策探る 福井で講座  不登校解決策探る 福井で講座
  • 2020年01月13日 iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察  iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察
  • 2020年01月12日 新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座   新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座
  • 2020年01月06日 入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標  入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標
  • 2019年12月28日 電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え  電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え
  • 2019年12月24日 体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低  体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低
  • 2019年12月22日 北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲  北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲
  • 2019年12月21日 高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育  高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育
  • 2019年12月13日 おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信  おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信
  • 2019年12月12日 部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針  部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針
  • 2019年12月10日 最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式  最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式
  • 2019年12月10日 教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減  教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

職人の手ほどきで焼き鳥の串を刺し、出来栄えを見せ合うこども記者=11月23日、福井市下河北町の秋吉グループ本部(東村淳吾撮影)

こども記者「秋吉」を取材 笑顔生む 福井の焼き鳥

 福井新聞「こども記者」5人は11月23日、県内27店舗(...
2019年12月08日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」