トップページ > こども記者の記事 > こども記者 セーレンを取材

こども記者の記事

こども記者 セーレンを取材

掲載日:2016年07月31日
タブレット端末を操作し、バーチャル試着を体験するこども記者たち=福井市毛矢1丁目のセーレン福井本社(杉本拓磨撮影)

カラフルなワンピース、自動車のエアバッグ、ロケットの部品…。さまざまな製品を作っている会社「セーレン」(本社福井市)。今回の福井新聞「こども記者」活動は同社の店舗(てんぽ)や工場を訪(おとず)れた。タブレット端末(たんまつ)を使ったバーチャル(仮想現実)試着システムや、多彩(たさい)な色を鮮(あざ)やかに布に表現するデジタル染色(せんしょく)技術を取材。最先端(さいせんたん)のものづくりの裏側(うらがわ)に迫(せま)った。(宇野和宏)
【こどもタイムズに関連記事】



 「お店で洋服を買うとき『この色で、違(ちが)う模様(もよう)があったらな…』って思ったことあるんじゃないかな。ここは、そんな希望をかなえられる場所です」。最初に訪(おとず)れたのは福井市の福井本社1階。女性のワンピースが売られている店舗を、総務部の森口さゆりさん(46)が案内してくれた。
 店内では、まず全身の写真を撮影。タブレット端末(たんまつ)を操作(そうさ)して、好きな色や形、模様を選ぶと、瞬時(しゅんじ)にそれを着た等身大の自分の姿(すがた)が、縦約150センチ、横約80センチのモニターに映(うつ)し出される。色や模様の組み合わせは47万通り。注文後、3週間で「自分だけのお気に入りの一着」が手元に届(とど)く。
 洋服を次々と着せ替(か)えながら、バーチャル試着を楽しむ記者たち。松村史香さん(勝山中部中2年)は「お店にない洋服を自分のためだけに作ってくれるなんてすごい」と驚(おどろ)いていた。森口さんは「たくさん作っても売れないと処分(しょぶん)されてしまう。注文があった分だけ作ると環境(かんきょう)にも優(やさ)しいでしょ」と教えてくれた。
 「自分だけの一着」はどんなふうに形になるんだろう。記者たちは、店で選んだ色や模様のデータがインターネットを通して送られる坂井市の工場へ向かった。
   ■  ■  ■
 東京ドーム6個分という約30万平方メートルの敷地(しきち)に、工場がいくつも並(なら)んでいた。「わが社の120年の歴史で子どもが工場に入るのは初めてです」とビスコテックス企画(きかく)業務部長の中村俊岳(しゅんがく)さん(54)。ものづくりのノウハウが詰(つ)まった“秘密(ひみつ)基地”を前に、緊張感(きんちょうかん)が高まった。
 「ビスコテックスセンター」と呼(よ)ばれる染色(せんしょく)工場に足を踏(ふ)み入れると、家庭用のプリンターを大きくしたような、布に染色するインクジェットプリンター約150台が置かれていた。「先ほどのお店で選んだ服のイメージ通りになるよう、インクから社内で作ったり、生地に熱処理(ねつしょり)を加えたり工夫しています」と中村さんが教えてくれた。
 デジタル染色システム「ビスコテックス」は、製品の企画から生産までを一貫して行うセーレン独自の技術。お客さんの要望に応じて、コンピューター上のデータを基に1677万色の色を表現でき、表面の凸凹(でこぼこ)や光沢(こうたく)も忠実(ちゅうじつ)に再現できる。
 工場内には、生地に染色したレオナルド・ダビンチなどの絵が飾(かざ)ってあり、一見しただけでは本物と見分けがつかない。坪内千大記者(瓜生(うりゅう)小4年)は「写真かと思った。色がすごくきれい」と目を丸くし、何度もカメラに収(おさ)めていた。
 こども記者たちは、企画業務部長代行の野形明広さん(47)の案内で、セーレンの製品が紹介(しょうかい)されている研究開発センターのショールームも見学。自動車のシートやエアバッグのほか、国産小型ロケット「イプシロン」に採用された防音材、繭(まゆ)から取り出した天然タンパク質「セリシン」を使った化粧品など、繊維(せんい)だけでなく宇宙(うちゅう)や医療(いりょう)分野にも手を広げていることを知り、地元企業(きぎょう)に誇(ほこ)りを高めた様子だった。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2020年03月27日 勝山市全小中でNIE 持続発展教育「ESD」一環 ふるさとへの学び深める 勝山市全小中でNIE 持続発展教育「ESD」一環 ふるさとへの学び深める
  • 2020年03月22日 2年目実践校 本年度活動報告(下) 2年目実践校 本年度活動報告(下)
  • 2020年03月15日 1年目実践校 本年度活動報告(上) 1年目実践校 本年度活動報告(上)
  • 2020年03月15日 【大学生TIMES】仁愛大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点 【大学生TIMES】仁愛大編 駅前サテライト(越前市) 一期一会 人集う拠点
  • 2020年03月01日 NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う NIE優秀教職員 中谷教諭(木田小) 新聞 読み、考え、伝え合う

福井教育ダイジェスト

  • 2020年02月26日 全日制平均 1倍割る 県立高入試  全日制平均 1倍割る 県立高入試
  • 2020年02月21日 拉致問題 風化許すな 地村さん証言  拉致問題 風化許すな 地村さん証言
  • 2020年02月21日 森田小「児童多すぎ」56%   森田小「児童多すぎ」56% 
  • 2020年02月21日 県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携  県立大 ベンチャー設立 東京の化学企業と連携
  • 2020年02月20日 あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から  あわら市 小中2学期制 正式導入 4月から
  • 2020年02月20日 教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院  教員養成で交流協定 福井大連合教職大学院
  • 2020年02月19日 教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針  教職員定数見直しを 部活動負担減へ重点要望 県方針
  • 2020年02月18日 探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設  探究科 課題解決力育む 県立高3校に新設
  • 2020年02月14日 22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点  22年春に増養殖学科 県立大 全国初、嶺南を拠点
  • 2020年02月13日 授業上手24人「名人」に任命 県教委  授業上手24人「名人」に任命 県教委
  • 2020年02月08日 同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高  同テーマで6教科横断 教諭リレー形式、公開授業 勝山高
  • 2020年01月30日 県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初  県教委・優秀教職員表彰 中谷教諭(木田小) NIEで初
  • 2020年01月30日 新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示  新教育計画案に354事業 少子化、技術革新、教員の多忙化… 課題受け、県教委提示
  • 2020年01月29日 暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.  暮らしに数列 関心高め 福井銀、鯖江高で特別授業.
  • 2020年01月26日 記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」  記事まとめ家族も意見 宝永小(福井)取り組み10年目 読む 書く 話す 「力付いた」
  • 2020年01月24日 平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ   平均点、合否ライン低下 県内国公立大 志願者数昨年並み センター試験 河合塾まとめ
  • 2020年01月24日 早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格  早咲き 1964人満開 県内高校 推薦入試・各選抜 県立 「外国人特別」は3人 私立 6校1140人合格
  • 2020年01月23日 提案する大学生地域活性化策を発表  提案する大学生地域活性化策を発表
  • 2020年01月23日 県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%  県の学力調査 業者に採点委託 中学校90%「負担軽減」 小学校では77%
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ  前田さん(福井南)優秀賞 高校生論文大会 教育格差テーマ
  • 2020年01月23日 宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人   宇宙飛行士と 珠玉の10分 ISSと無線交信 質問次々 福井・森田中生15人
  • 2020年01月21日 通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ  通学かばん 科技高生開発 児童向け 軽くておしゃれ
  • 2020年01月14日 全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う  全国高校英語ディベート 高志準優勝、藤島3位 「労働時間」テーマ 64校競う
  • 2020年01月13日 不登校解決策探る 福井で講座  不登校解決策探る 福井で講座
  • 2020年01月13日 iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察  iPS細胞 探究心熱く 県教育研究所 中高生80人、顕微鏡で観察
  • 2020年01月12日 新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座   新聞通し 社会に関心 福井大で出前講座
  • 2020年01月06日 入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標  入試で地域枠新設 検討 敦賀市立看護大 市が中期目標
  • 2019年12月28日 電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え  電子システム 三者面談活用 武生東高 自己評価で導入 大学入試改革見据え
  • 2019年12月24日 体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低  体力テスト 小5男女 中2女子 本県1位 11回連続レベル維持 全国小5男子 過去最低
  • 2019年12月22日 北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲  北陸高の話題伝えるぞ 新聞同好会が発足 県コンクールへ意欲
  • 2019年12月21日 高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育  高3身長 全国トップ級 学校保健調査 本県男子1位、女子2位 全学年 バランス良く発育
  • 2019年12月13日 おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信  おにぎり屋台 県立大に 3年原田さん マイカーで開店 自らコメ作り おいしさ発信
  • 2019年12月12日 部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針  部活 地域クラブに移行を まず中学運動部 県教委が検討方針
  • 2019年12月10日 最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式  最優秀4高校表彰 県学校新聞コンクール 本社で式
  • 2019年12月10日 教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減  教員働き方改革へ一歩 県立高独自試験廃止へ 県教委 過労死ライン残業38%減
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
キラリ学校じまん
中高生タイムズ

こども記者の記事

以前の記事 >

職人の手ほどきで焼き鳥の串を刺し、出来栄えを見せ合うこども記者=11月23日、福井市下河北町の秋吉グループ本部(東村淳吾撮影)

こども記者「秋吉」を取材 笑顔生む 福井の焼き鳥

 福井新聞「こども記者」5人は11月23日、県内27店舗(...
2019年12月08日 (日)

こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」