トップページ > こども記者の記事 > こども記者 越前市の工房取材

こども記者の記事

こども記者 越前市の工房取材

掲載日:2016年06月26日
熱した鋼をハンマーでたたいて包丁の形をつくる工程を見学するこども記者たち=越前市余川町のタケフナイフビレッジ(杉本拓磨撮影)

甲高い音、火花… 職人の熱意「すごい」

 福井県の伝統産業の一つ「越前打刃物(えちぜんうちはもの)」。今回の福井新聞「こども記者」活動は、越前市(えちぜんし)余川町のタケフナイフビレッジを訪(おとず)れ、700年の歴史を持つ刃物(はもの)作りの現場を取材。世界で高い評価を受ける切れ味の秘密(ひみつ)や伝統を守る職人の熱意に触(ふ)れた。ペーパーナイフ作りにも挑(いど)み、ものづくりの魅力を体感した。(宇野和宏)【こどもタイムズに関連記事】

 そば切り、寿司(すし)切り、白菜切り用…。記者たちの目に飛びこんできたのは、壁(かべ)のショーケースにずらりと並んだ、包丁や鎌(かま)など70種類以上の刃物(はもの)。タケフナイフビレッジ協同組合の戸谷(とや)しのぶさん(47)は「刃先(はさき)の向きや刃(は)の素材がそれぞれ違(ちが)い、お客さんが使いやすいよう工夫しています」と教えてくれた。
 越前打刃物(えちぜんうちはもの)は、昔ながらの製法を受け継ぐ職人が一本一本、手作りで仕上げている。「機械で型抜(かたぬ)きした包丁と違(ちが)い、よく切れ、丈夫(じょうぶ)なのが特徴(とくちょう)」と戸谷さん。手入れすれば20~30年使えるそうだ。
 後継者(こうけいしゃ)不足や大量生産の安い包丁に押され、手間暇(てまひま)かけた越前打刃物は一時、衰退(すいたい)した。越前打刃物(えちぜんうちはもの)の伝統を守り未来へつないでいこうと、1991年に打刃物(うちはもの)会社10社が集まり同組合を結成。デザイナーとコラボした包丁など新たなデザインにもチャレンジし、反響(はんきょう)を呼んだ。
 93年には、いくつもの会社が集まった共同工房のタケフナイフビレッジも完成。切れ味や美しい波紋模様(はもんもよう)が人気を呼び、現在はドイツやイギリスなどにも販売している。戸谷さんは「全国から集まった若(わか)い職人さんもたくさんいますよ」とうれしそうだった。
   ■  ■  ■
 敷地内にある体験施設で、鍛冶(かじ)職人の池田拓視(いけだたくみ)さん(31)が、鋼(はがね)を2枚(まい)重ねて薄(うす)く打ち延(の)ばす越前打刃物独自の技「二枚(まい)広げ」を披露(ひろう)してくれた。重ねることで熱した鋼(はがね)の温度が下がりにくく、より薄(うす)く延(の)ばすことができ、切れ味が増すという。
 約800度の炉(ろ)で熱して真っ赤になった長方形の鋼(はがね)を、長年の経験を頼(たよ)りに向きを調整しながら専用(せんよう)の機械のハンマーでたたくと、あっという間に包丁の形に。「カン、カン、カン」と響(ひび)く甲高(かんだか)い音と飛び散る火花の迫力(はくりょく)に、記者たちは圧倒(あっとう)されたように見入っていた。
 形になった包丁を磨(みが)き、鋭(するど)さを増すのが「研ぎ」の工程だ。研師(とぎし)の戸谷祐次(とたにゆうじ)さん(40)が、高速で回転する砥石(といし)に包丁を当てると、つやが増してきた。早速、トマトやタマネギで切れ味を実演。研(と)ぐ前は、力を込めないと切れなかったトマトが、包丁の重みだけで簡単に切れるほどになった。林希美(はやしのぞみ)記者は「家の包丁と全然違(ちが)う」と、目を丸くさせていた。
   ■  ■  ■
 記者たちは、池田さんと戸谷(とたに)さんの指導でペーパーナイフ作りにも挑戦(ちょうせん)。長さ約20センチ、幅(はば)約5センチの銅板をハンマーでたたき内部の組織を細かくして強度を高めた後、思い思いの形にはさみで切断。やすりで形を整え、約1時間半かけて完成させた。稲継正幸(いなつぐまさゆき)記者は「思ったような形にするのが大変。毎日、刃物を作っている職人さんはすごい」と感心していた。
 同組合は包丁作り教室も開いている。結婚式(けっこんしき)の贈(おく)り物(もの)用に作りに来る人が県外を中心に増え、この4~5年で1500人以上訪(おとず)れたという。「包丁は幸運の道を切り開く開運効果があるといわれています」と戸谷(とや)さん。こども記者は、古里の伝統産業の人気ぶりに、ちょっと自慢げな表情だった。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2018年12月11日 県学校新聞コンクール 美方など4高校表彰 本社 県学校新聞コンクール 美方など4高校表彰 本社
  • 2018年12月09日 「いっしょに読もう!新聞コンクール」 入賞作紹介 「いっしょに読もう!新聞コンクール」 入賞作紹介
  • 2018年12月09日 「いっしょに読もう!新聞コンクール」 入賞作紹介 「いっしょに読もう!新聞コンクール」 入賞作紹介
  • 2018年12月07日 記事の感想 児童熱弁 大野・上庄小でコンテスト 記事の感想 児童熱弁 大野・上庄小でコンテスト
  • 2018年12月02日 いっしょに読もう!新聞コンクール 県NIE推進協議会賞、奨励賞発表 いっしょに読もう!新聞コンクール 県NIE推進協議会賞、奨励賞発表

福井教育ダイジェスト

  • 2018年11月27日 橋本君(宝永小5年)最優秀賞 いっしょに読もう!新聞コンクール 「子犬工場」記事に着目  橋本君(宝永小5年)最優秀賞 いっしょに読もう!新聞コンクール 「子犬工場」記事に着目
  • 2018年11月25日 福井大院生ら羽水高で授業 AIの光と影じっくり 医療、自動運転の課題探る  福井大院生ら羽水高で授業 AIの光と影じっくり 医療、自動運転の課題探る
  • 2018年11月25日 こども記者、若狭町の県年縞博物館へ 水月湖の奇跡に驚き 7万年の歩み理解  
  • 2018年11月25日 「拉致覚えていて」 小浜 地村さん、小中回り講座 7校310人受講 優しく語り啓発  「拉致覚えていて」 小浜 地村さん、小中回り講座 7校310人受講 優しく語り啓発
  • 2018年11月22日 白川静漢字教育賞 古澤さん(浜松)最優秀 岸下さん(福井)ら優秀賞  白川静漢字教育賞 古澤さん(浜松)最優秀 岸下さん(福井)ら優秀賞
  • 2018年11月22日 福井大新学長に上田氏 3人続けて医学部出身  福井大新学長に上田氏 3人続けて医学部出身
  • 2018年11月20日 創立120周年で 1300人飛躍誓う 仁愛女子高  創立120周年で 1300人飛躍誓う 仁愛女子高
  • 2018年11月20日 越前町の未来を考察 特別授業で意見交換 小さな親切運動会員と丹生高生  越前町の未来を考察 特別授業で意見交換 小さな親切運動会員と丹生高生
  • 2018年11月17日 記事活用事例で情報交換 本社 北信越のアドバイザー会議  記事活用事例で情報交換 本社 北信越のアドバイザー会議
  • 2018年11月17日 認知症知って 児童が映画出演 敦賀南小5年、三輪さん作文原作  認知症知って 児童が映画出演 敦賀南小5年、三輪さん作文原作
  • 2018年11月15日 不登校の悩み、親が共有 三國さん(敦賀)ら月1「カフェ」 話し合い「心を楽に」  不登校の悩み、親が共有 三國さん(敦賀)ら月1「カフェ」 話し合い「心を楽に」
  • 2018年11月14日 EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業  EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業
  • 2018年11月13日 外国籍子どもらの教育、保育 越前市、企業が研究会 年内設置で合意 支援策協議へ  外国籍子どもらの教育、保育 越前市、企業が研究会 年内設置で合意 支援策協議へ
  • 2018年11月11日 社労士と高校授業立案 福井大院生 労働問題を題材に  社労士と高校授業立案 福井大院生 労働問題を題材に
  • 2018年11月11日 22年度から高校で必修「公共」 授業は専門家と連携を 福井大・橋本教授に聞く 他教科と接続も 切実なテーマ選んで  22年度から高校で必修「公共」 授業は専門家と連携を 福井大・橋本教授に聞く 他教科と接続も 切実なテーマ選んで
  • 2018年11月11日 地域の魅力、紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作  地域の魅力、紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作
  • 2018年11月11日 キレる子に考える力を 福井で全国児童館大会  キレる子に考える力を 福井で全国児童館大会
  • 2018年11月11日 県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰  県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰
  • 2018年11月07日 国体記事、熱気を実感 木田小 3年生、切り抜き発表  国体記事、熱気を実感 木田小 3年生、切り抜き発表
  • 2018年11月06日 外国籍子どもに 学習支援の場 越前市「オラ・バモス」始動 ブラジル人ら集う 急増受け、居場所にも  外国籍子どもに 学習支援の場 越前市「オラ・バモス」始動 ブラジル人ら集う 急増受け、居場所にも
  • 2018年11月06日 高校生、園児と劇を通し交流 坂井 「教科横断授業」にらむ  高校生、園児と劇を通し交流 坂井 「教科横断授業」にらむ
  • 2018年11月04日 県高文祭新聞大会 紙面作り、3校交流 鯖江 29人、4班で取材  県高文祭新聞大会 紙面作り、3校交流 鯖江 29人、4班で取材
  • 2018年11月04日 留学生がはがき新聞挑戦 福井大 記事の書き方学ぶ  留学生がはがき新聞挑戦 福井大 記事の書き方学ぶ
  • 2018年11月03日 新学部「恐竜前面に」 県立大 有識者が初会合  新学部「恐竜前面に」 県立大 有識者が初会合
  • 2018年11月02日 越前市 小中入学式を遅らす 4月7日 教員多忙解消へ  越前市 小中入学式を遅らす 4月7日 教員多忙解消へ
  • 2018年10月31日 書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告  書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告
  • 2018年10月30日 県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人  県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人
  • 2018年10月30日 小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合  小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合
  • 2018年10月28日 「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない  「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない
  • 2018年10月26日 揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」  揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」
  • 2018年10月26日 いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査  いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査
  • 2018年10月26日 不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人  不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人
  • 2018年10月26日 不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」  不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」
  • 2018年10月25日 日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業  日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業
  • 2018年10月25日 県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞  県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞
  • 2018年10月25日 アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業  アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業
  • 2018年10月24日 日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募  日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募
  • 2018年10月23日 下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署  下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署
  • 2018年10月23日 ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価  ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価
  • 2018年10月21日 古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘  古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘
  • 2018年10月21日 久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査  久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査
  • 2018年10月20日 勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問  勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問
  • 2018年10月15日 池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う  池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う
  • 2018年10月06日 岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文  岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文
  • 2018年09月27日 SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査  SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査
  • 2018年09月27日 「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請  「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請
  • 2018年09月26日 生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人  生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人
  • 2018年09月23日 不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る  不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る
  • 2018年09月23日 大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材  大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材
  • 2018年09月23日 学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練  学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練
  • 2018年09月23日 英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告  英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告
  • 2018年09月23日 記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ  記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ
  • 2018年09月20日 藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ  藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ
  • 2018年09月16日 海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す  海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す
  • 2018年09月16日 読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」  読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」
  • 2018年09月15日 小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置  小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置
  • 2018年09月14日 福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を  福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を
  • 2018年09月13日 数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念  数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念
  • 2018年09月08日 自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針  自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針
  • 2018年09月02日 学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」  学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」
  • 2018年08月28日 小中再編見直しへ調査 大野市教委 他自治体を視察予定  小中再編見直しへ調査 大野市教委 他自治体を視察予定
  • 2018年08月28日 教育大綱を年度内改定へ 池田町 検討委が初会合  教育大綱を年度内改定へ 池田町 検討委が初会合
  • 2018年08月28日 市立保育園の民営化急ぐ 小浜市長 厳しい財政見越し  市立保育園の民営化急ぐ 小浜市長 厳しい財政見越し
  • 2018年08月26日 福井の「今」を記事に アントレ・キッズ 一日新聞記者挑戦 取材通し働く楽しさ体感  
  • 2018年08月24日 薦めたい留学先に 福井工大選ばれる 5年連続、殿堂入り  薦めたい留学先に 福井工大選ばれる 5年連続、殿堂入り
  • 2018年08月24日 楽しいと思う学校に 中学生自殺受け今春新設 池田町・内藤教育企画官  楽しいと思う学校に 中学生自殺受け今春新設 池田町・内藤教育企画官
  • 2018年08月22日 肢体不自由児の支援 家庭と学校が連携を 福井で全国大会  肢体不自由児の支援 家庭と学校が連携を 福井で全国大会
  • 2018年08月21日 大野市政に鋭く質問 子ども議会 10人登壇 「飲料工場造って」「PR徹底的に」  大野市政に鋭く質問 子ども議会 10人登壇 「飲料工場造って」「PR徹底的に」
  • 2018年08月17日 恐竜研究者 夢追う若者 県立大大学院に新設 古生物学コース 教員休職や再入学3人  恐竜研究者 夢追う若者 県立大大学院に新設 古生物学コース 教員休職や再入学3人
  • 2018年08月16日 ハンガリー流 音楽教育学ぶ 福井で大会  ハンガリー流 音楽教育学ぶ 福井で大会
  • 2018年08月12日 小規模校の児童数増を 若狭町・規模配置検討委 住民対象にアンケート  小規模校の児童数増を 若狭町・規模配置検討委 住民対象にアンケート
  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会②  スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会②
  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会①  スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会①
  • 2018年08月09日 20年度必修・プログラミング教育 福井市 10月から先行 小5対象  20年度必修・プログラミング教育 福井市 10月から先行 小5対象
  • 2018年08月07日 プログラミング楽しく理解 小中生100人、1泊2日フェス 鯖江・河和田  プログラミング楽しく理解 小中生100人、1泊2日フェス 鯖江・河和田
  • 2018年08月06日 理数GP予選 中学生白熱 県内7ヵ所 400チーム出場  理数GP予選 中学生白熱 県内7ヵ所 400チーム出場
  • 2018年08月05日 生涯学習、実践力が大切 仁愛大名誉教授 青山さん(福井)著書  生涯学習、実践力が大切 仁愛大名誉教授 青山さん(福井)著書
  • 2018年08月05日 紙面作りのコツつかめ 滋賀・石山高新聞部員 本社で研修  紙面作りのコツつかめ 滋賀・石山高新聞部員 本社で研修
  • 2018年08月03日 県内進学率 0.5ポイント増 今春卒高校生 進学者の37%  県内進学率 0.5ポイント増 今春卒高校生 進学者の37%
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ
こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」