トップページ > キッズこだま > 8月のテーマは「平和」

8月のテーマは「平和」

「投稿を見る」へ

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

自死する人へらしたい

越前市武生西小   4年 河島 実夢

 私(わたし)は、ずっと平和(へいわ)だと思(おも)っていました。ですが、そうではないことを知(し)りました。1年間(ねんかん)に約(やく)2~3万人(まんにん)。日本(にほん)で自死(じし)をした人(ひと)の数(かず)です。
 私(わたし)は、相談(そうだん)にのってくれる人(ひと)をふやすと自死(じし)がへるのじゃないかなと考(かんが)えました。アドバイスをしてあげることが大切(たいせつ)です。「次(つぎ)はがんばろうね」という言葉(ことば)や「いつでも相談(そうだん)にのってあげるね」という言葉(ことば)などです。そういった声(こえ)をかけるだけでも気持(きも)ちがかわります。私(わたし)も大人(おとな)になったら少(すこ)しでも力(ちから)になりたいと思(おも)います。これからは、自死(じし)を少(すこ)しでもへらしていけたらいいなと思(おも)いました。私(わたし)は、いつか自死(じし)をなくして、平和(へいわ)にしたいと思(おも)っています。

分け合いややさしさを

若狭町梅の里小 4年  須賀原 郁斗

 ぼくは、戦争(せんそう)がないということは、どんな時(とき)でも平和(へいわ)なんだなと思(おも)いました。ぼくは、どうしたら平和(へいわ)になれるんだろうと考(かんが)えました。分(わ)け合(あ)いややさしさを持(も)ってくらせば戦争(せんそう)が起(お)こらないと思(おも)います。
 今(いま)と昔(むかし)ではぜんぜんちがうと思(おも)います。昔(むかし)はいつもいつもばくだんを落(お)としてきて、家(いえ)がもえたり、人(ひと)がたくさん亡(な)くなったりしました。今(いま)は非常食(ひじょうしょく)もたくさんふえてきています。カンパンやレトルトのごはんもあります。だから今(いま)と昔(むかし)はとってもちがうと思(おも)います。
 ぼくは、争(あらそ)いごとで戦争(せんそう)になってほしくないです。ぼくは本当(ほんとう)に平和(へいわ)ということがとっても大切(たいせつ)なんだなあと思(おも)いました。

ケンカやいじめ争いにつながる

若狭町梅の里小 4年  森下 陽菜

 わたしは、約(やく)70年前(ねんまえ)におきた第(だい)2次世界大戦(じせかいたいせん)のことを思(おも)い、わたしたちにできることを考(かんが)えました。
 それはケンカをやめることです。理由(りゆう)は、だれかがいじめをしたら、そのいじめられている人(ひと)がぎゃくにおこってケンカになったら、争(あらそ)いへとつながってしまうからです。まず、やらないことが大事(だいじ)だと思(おも)います。もし、他(ほか)の人(ひと)がケンカをやっていたら「やめなよ」と声(こえ)をかけてあげることもだいじだと思(おも)いました。
 これからも、ケンカだけでなくいじめとかをやらないようにしたいです。一人一人(ひとりひとり)があんぜんにくらせるように、みんながあんぜんにくらせるようにすることが一番大事(いちばんだいじ)だと思(おも)います。わたしも、いじめやケンカをやらないように、考(かんが)えたことをいしきして行動(こうどう)したいです。

ようしや考え方ちがってもいい

越前市武生西小 4年  田中 紗彩

 わたしは戦争(せんそう)のことについて考(かんが)えた。なぜ戦争(せんそう)がおきるかぎもんに思(おも)った。戦争(せんそう)をなくすためにはどうしたらいいだろう。わたしは世界(せかい)のみんながなかまだと思(おも)えばいいと思(おも)う。
 わたしのクラスではブラジルの子(こ)と日本(にほん)の子(こ)が強(つよ)い口調(くちょう)でケンカしている。そういうことが戦争(せんそう)の始(はじ)まりだと思(おも)う。そんなことやらなくてもいいのに。ようし、考(かんが)え方(かた)、せいかくのちがう人(ひと)がいてもいい。みんながみんな同(おな)じではないのだから。そうすればみんながなかまになって戦争(せんそう)がなくなり、世界(せかい)が平和(へいわ)になる。ぜんぶの国(くに)に戦争(せんそう)がなくなってみんなが平和(へいわ)になるといいな。

たすけ合って楽しく生活を

大野市有終南小 3年  宮下 敦希

 ぼくは「平和(へいわ)」というテーマをもとにして、家(いえ)での平和(へいわ)が何(なに)かを考(かんが)えました。そして、楽(たの)しい時(とき)が平和(へいわ)で、わるい気分(きぶん)の時(とき)が平和(へいわ)じゃないと分(わ)かりました。平和(へいわ)がいいわけは、わるいこともなくて、元気(げんき)にすごせるからです。
 ぼくがそうぞうする平和(へいわ)な世界(せかい)は、みんながたすけ合(あ)って、元気(げんき)で楽(たの)しくすごせる世界(せかい)です。みんなが楽(たの)しんで生活(せいかつ)をおくれて、せんそうやいじめがない世界(せかい)があったら、みんなよろこびそうです。
 ぼくたちのこの世界(せかい)を平和(へいわ)にするためにたいせつなのは、えがおを大切(たいせつ)にすることです。えがおになれば、なんでもできます。えがおだったら、友(とも)だちがふえたり、みんなのにんきものになれたりするかもしれません。えがおは、みんなのたからものです。ぼくもえがおを大切(たいせつ)にしていきたいです。

大雨のときは早めにひなん

大野市有終南小 3年  富田 千晴

 この間(あいだ)の大雨(おおあめ)で大野(おおの)はだいじょうぶだったけれど、今(いま)もおかやまけんの人(ひと)たちは、ひなんしているので、とてもかわいそうです。大野(おおの)は少(すこ)ししかふらなかったので、わたしたちはぶじでした。大野(おおの)は平和(へいわ)でよかったなと思(おも)いました。
 もし、わたしがおかやまけんとかにすんでいたら、とっても大(たい)へんなことになっていたんだなと思(おも)います。でもお母(かあ)さんに聞(き)いたら、ふくいもむかし、大雨(おおあめ)で家(いえ)がながされた人(ひと)もいるそうです。今(いま)では道路(どうろ)も家(いえ)もきれいになっているけど、今(いま)テレビでやってるぐらいひどかったそうです。
 今年(ことし)は、広(ひろ)いはんいで水(すい)がいになったけど、早(はや)めに注意(ちゅうい)してひなんするようにしたいです。平和(へいわ)な日本(にほん)がいいけど、地(じ)しんや大雨(おおあめ)のしぜんさいがいは、どうすることもできないので、ひなん場所(ばしょ)などをかくにんしておきたいです。

思いやりもち心結びあおう

越前市服間小 4年  児玉 明希恵

 私(わたし)は、平和(へいわ)というものは「幸(しあわ)せ」「感(かん)しゃ」「ありがとう」と言(い)えるものだと思(おも)います。
 なぜそう思(おも)ったのかというと、平和(へいわ)というものは幸(しあわ)せだと思(おも)うからです。まず、幸(しあわ)せになるには「感(かん)しゃ」や「ありがとう」という気持(きも)ちができなければいけないと思(おも)うのです。気持(きも)ちだけでなく、お年(とし)よりの方(かた)に気(き)を使(つか)ってあげたり、小(ちい)さい子(こ)のおせわ、めんどうを見(み)たりして、体(からだ)を使(つか)ってできることもあります。
 なのでわたしは、こう考(かんが)えました。みなさんも、気持(きも)ちや体(からだ)を使(つか)って、相手(あいて)に思(おも)いやりをもって、せっしてください。こうすると、人(ひと)と人(ひと)の心(こころ)が結(むす)びあうと思(おも)います。
 わたしは、このようなことをすれば平和(へいわ)になって、またその上(うえ)の平和(へいわ)になってと、幸(しあわ)せ、平和(へいわ)のつみかさねになるのをねがっています。

苦しむ子ども 他の国にいる

越前市神山小 5年  下霜 翔

 日本(にほん)は平和(へいわ)です。ですが他(ほか)の国(くに)では戦争(せんそう)が起(お)きていて、苦(くる)しんでいる子(こ)どもたちがたくさんいてかわいそうだと思(おも)います。ぼくたちが戦争(せんそう)にあっていたら、たくさんの友達(ともだち)を失(うしな)っていくし、大切(たいせつ)な命(いのち)を失(うしな)ってしまいます。それを考(かんが)えただけで、戦争(せんそう)がなくてよかったなと思(おも)います。
 でも、ぼくたちの住(す)んでいる地(ち)いきにミサイルが飛(と)んできたらこわいです。ぼくは戦争(せんそう)の物語(ものがたり)をたくさん読(よ)んでいます。その中(なか)では死(し)んでいく人(ひと)がたくさんいます。そんな戦争(せんそう)が70年(ねん)ぐらい前(まえ)まで起(お)きていました。第(だい)2次世界大戦(じせかいたいせん)(太平洋戦争(たいへいようせんそう))ではたくさんの人(ひと)が亡(な)くなりました。
 ぼくのひいばあちゃんも戦争(せんそう)を体験(たいけん)しています。ひいばあちゃんに戦争(せんそう)の話(はなし)を聞(き)いたことがあります。戦争(せんそう)では毎日勉強(まいにちべんきょう)をせず、戦(たたか)う練習(れんしゅう)をしていて、大変(たいへん)だったそうです。ひいばあちゃんはすごいと思(おも)いました。ぼくはこれからも日本(にほん)に戦争(せんそう)が起(お)こらないようにしてほしいと思(おも)います。

戦争の話にきょうふ感じる

越前市神山小 5年  南山 明日佳

 何十年(なんじゅうねん)か前(まえ)、日本(にほん)は戦争(せんそう)で負(ま)け、たくさんの人(ひと)が死(し)んでしまいました。小(ちい)さな子(こ)ども、老人(ろうじん)などいろいろな人(ひと)が。
 私(わたし)は、なぜ戦争(せんそう)をするかよく分(わ)かりません。戦(たたか)いをして帰(かえ)ったら愛(いと)しい人(ひと)が死(し)んでしまっていたり、戦争(せんそう)をして自分(じぶん)が死(し)んでしまい、その愛(いと)しい人(ひと)は悲(かな)しいにちがいありません。戦争(せんそう)はこわいです。戦(たたか)っている人(ひと)はきょうふでいっぱいです。
 私(わたし)には90さいのおばあちゃんがいます。おばあちゃんは戦争(せんそう)を経験(けいけん)していて、そのころの話(はなし)を聞(き)くときょうふを感(かん)じます。「日本(にほん)が戦争(せんそう)をしていたころ、おばあちゃんの夫(おっと)が戦争(せんそう)へ行(い)っていたね。夜(よる)はアメリカ軍(ぐん)が見回(みまわ)ってて電気(でんき)を消(け)して静(しず)かにしていたんだよ。アメリカだけじゃなく、米(こめ)をもっていく日本(にほん)もこわかったよ」
 「戦争(せんそう)はこわい。友達(ともだち)が消(き)えるのはとても悲(かな)しい」。この言葉(ことば)を心(こころ)に残(のこ)したいと思(おも)います。

みんなえ顔で明るい世界に

越前市服間小 4年 武安 凜佳 

 平和(へいわ)は、戦争(せんそう)がなくて、おだやかなことです。わたしは、平和(へいわ)がずっと続(つづ)いてほしいと思(おも)います。そのためには、どんなことをすればいいのかを考(かんが)えなければなりません。
 一(ひと)つ目(め)は、え顔(がお)でいることです。え顔(がお)がなかったら暗(くら)い世界(せかい)になると思(おも)います。だから、人々(ひとびと)みんなが、え顔(がお)になると、明(あか)るく元気(げんき)な世界(せかい)になると思(おも)います。
 二(ふた)つ目(め)は、物(もの)を大事(だいじ)にすることです。お金(かね)のむだづかいをしない、感(かん)しゃしてごはんを食(た)べる、このようなことができないと、住(す)みにくい所(ところ)になると思(おも)います。
 今(いま)、わたしが生(い)きていることが平和(へいわ)なことです。わたしが大人(おとな)になってもずっと平和(へいわ)な国(くに)であってほしいです。

戦争や自然災 起こらなければ

あわら市伊井小 5年  大島 薫

 ぼくは、平和(へいわ)はとても大切(たいせつ)だと思(おも)います。なぜなら、平和(へいわ)は安心(あんしん)してくらせるという意味(いみ)だと思(おも)うからです。でも、今(いま)も世界(せかい)では戦(たたか)ったり、争(あらそ)ったりして安心(あんしん)してくらせない人(ひと)たちがいます。
 今(いま)、日本(にほん)は平和(へいわ)だと思(おも)います。でも昔(むかし)は日本(にほん)も外国(がいこく)と戦争(せんそう)をしていました。ぼくは、戦争(せんそう)のことはあまりくわしくわかりません。でも、長(なが)さき県(けん)や広島県(ひろしまけん)に原(げん)ばくが落(お)とされ、たくさんの人(ひと)がなくなったことは知(し)っています。そのとき、日本(にほん)は平和(へいわ)ではなかったと思(おも)います。
 戦争(せんそう)だけでなく、自然災害(しぜんさいがい)があっても、平和(へいわ)ではないと思(おも)います。冬(ふゆ)にあった大雪(おおゆき)やこの間(あいだ)あった大雨(おおあめ)でも、安心(あんしん)してくらせない人(ひと)がたくさんいるからです。これから、戦争(せんそう)や自然災害(しぜんさいがい)が起(お)こらないといいです。そして、日本(にほん)だけでなく、世界各地(せかいかくち)が平和(へいわ)になってほしいです。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2018年11月14日 EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業 EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業
  • 2018年11月11日 地域の魅力 紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作 地域の魅力 紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作
  • 2018年11月11日 県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰 県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰
  • 2018年11月08日 運輸の重要性 記事読み理解 越前町糸生小で公開授業 運輸の重要性 記事読み理解 越前町糸生小で公開授業
  • 2018年11月08日 県中学生郷土新聞コンクール 郷土の誇り紙面に凝縮 本社で入賞作65点展示 県中学生郷土新聞コンクール 郷土の誇り紙面に凝縮 本社で入賞作65点展示

福井教育ダイジェスト

  • 2018年10月31日 書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告  書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告
  • 2018年10月30日 県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人  県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人
  • 2018年10月30日 小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合  小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合
  • 2018年10月28日 「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない  「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない
  • 2018年10月26日 揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」  揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」
  • 2018年10月26日 いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査  いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査
  • 2018年10月26日 不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人  不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人
  • 2018年10月26日 不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」  不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」
  • 2018年10月25日 日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業  日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業
  • 2018年10月25日 県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞  県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞
  • 2018年10月25日 アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業  アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業
  • 2018年10月24日 日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募  日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募
  • 2018年10月23日 下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署  下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署
  • 2018年10月23日 ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価  ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価
  • 2018年10月21日 古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘  古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘
  • 2018年10月21日 久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査  久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査
  • 2018年10月20日 勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問  勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問
  • 2018年10月15日 池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う  池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う
  • 2018年10月06日 岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文  岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文
  • 2018年09月27日 SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査  SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査
  • 2018年09月27日 「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請  「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請
  • 2018年09月26日 生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人  生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人
  • 2018年09月23日 不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る  不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る
  • 2018年09月23日 大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材  大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材
  • 2018年09月23日 学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練  学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練
  • 2018年09月23日 英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告  英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告
  • 2018年09月23日 記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ  記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ
  • 2018年09月20日 藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ  藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ
  • 2018年09月16日 海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す  海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す
  • 2018年09月16日 読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」  読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」
  • 2018年09月15日 小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置  小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置
  • 2018年09月14日 福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を  福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を
  • 2018年09月13日 数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念  数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念
  • 2018年09月08日 自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針  自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針
  • 2018年09月02日 学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」  学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」
  • 2018年08月28日 小中再編見直しへ調査 大野市教委 他自治体を視察予定  小中再編見直しへ調査 大野市教委 他自治体を視察予定
  • 2018年08月28日 教育大綱を年度内改定へ 池田町 検討委が初会合  教育大綱を年度内改定へ 池田町 検討委が初会合
  • 2018年08月28日 市立保育園の民営化急ぐ 小浜市長 厳しい財政見越し  市立保育園の民営化急ぐ 小浜市長 厳しい財政見越し
  • 2018年08月26日 福井の「今」を記事に アントレ・キッズ 一日新聞記者挑戦 取材通し働く楽しさ体感  
  • 2018年08月24日 薦めたい留学先に 福井工大選ばれる 5年連続、殿堂入り  薦めたい留学先に 福井工大選ばれる 5年連続、殿堂入り
  • 2018年08月24日 楽しいと思う学校に 中学生自殺受け今春新設 池田町・内藤教育企画官  楽しいと思う学校に 中学生自殺受け今春新設 池田町・内藤教育企画官
  • 2018年08月22日 肢体不自由児の支援 家庭と学校が連携を 福井で全国大会  肢体不自由児の支援 家庭と学校が連携を 福井で全国大会
  • 2018年08月21日 大野市政に鋭く質問 子ども議会 10人登壇 「飲料工場造って」「PR徹底的に」  大野市政に鋭く質問 子ども議会 10人登壇 「飲料工場造って」「PR徹底的に」
  • 2018年08月17日 恐竜研究者 夢追う若者 県立大大学院に新設 古生物学コース 教員休職や再入学3人  恐竜研究者 夢追う若者 県立大大学院に新設 古生物学コース 教員休職や再入学3人
  • 2018年08月16日 ハンガリー流 音楽教育学ぶ 福井で大会  ハンガリー流 音楽教育学ぶ 福井で大会
  • 2018年08月12日 小規模校の児童数増を 若狭町・規模配置検討委 住民対象にアンケート  小規模校の児童数増を 若狭町・規模配置検討委 住民対象にアンケート
  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会②  スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会②
  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会①  スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会①
  • 2018年08月09日 20年度必修・プログラミング教育 福井市 10月から先行 小5対象  20年度必修・プログラミング教育 福井市 10月から先行 小5対象
  • 2018年08月07日 プログラミング楽しく理解 小中生100人、1泊2日フェス 鯖江・河和田  プログラミング楽しく理解 小中生100人、1泊2日フェス 鯖江・河和田
  • 2018年08月06日 理数GP予選 中学生白熱 県内7ヵ所 400チーム出場  理数GP予選 中学生白熱 県内7ヵ所 400チーム出場
  • 2018年08月05日 生涯学習、実践力が大切 仁愛大名誉教授 青山さん(福井)著書  生涯学習、実践力が大切 仁愛大名誉教授 青山さん(福井)著書
  • 2018年08月05日 紙面作りのコツつかめ 滋賀・石山高新聞部員 本社で研修  紙面作りのコツつかめ 滋賀・石山高新聞部員 本社で研修
  • 2018年08月03日 県内進学率 0.5ポイント増 今春卒高校生 進学者の37%  県内進学率 0.5ポイント増 今春卒高校生 進学者の37%
  • 2018年08月01日 「書く」「伝える」力課題 全国学力テスト 県教委分析 〝文低理高〟傾向続く  「書く」「伝える」力課題 全国学力テスト 県教委分析 〝文低理高〟傾向続く
  • 2018年08月01日 実践的な道徳教育 教諭が在り方模索 福井で研究会  実践的な道徳教育 教諭が在り方模索 福井で研究会
  • 2018年07月31日 病弱生徒の教育80人在り方探る 福井で近畿東海北陸大会  病弱生徒の教育80人在り方探る 福井で近畿東海北陸大会
  • 2018年07月29日 郷土新聞作り、生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座  郷土新聞作り、生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座
  • 2018年07月27日 復興、防災 新聞で考える 全国大会 盛岡で開幕 県内から8人参加  復興、防災 新聞で考える 全国大会 盛岡で開幕 県内から8人参加
  • 2018年07月26日 学校、医療機関、福祉機関 発達障害支援、連携探る 永平寺町でシンポジウム  学校、医療機関、福祉機関 発達障害支援、連携探る 永平寺町でシンポジウム
  • 2018年07月22日 中国語審査、世界大会へ 谷口さん(敦賀気比高3)永原さん(足羽高2) 西日本予選で1等  中国語審査、世界大会へ 谷口さん(敦賀気比高3)永原さん(足羽高2) 西日本予選で1等
  • 2018年07月22日 読書感想文、書くこつは 心に残ったこと整理を 本に5色の付箋、事前にメモ作成 自分の言葉を大事に  読書感想文、書くこつは 心に残ったこと整理を 本に5色の付箋、事前にメモ作成 自分の言葉を大事に
  • 2018年07月21日 IT企業など協議会 県内プログラミング教育推進 児童ら対象 クラブ創設へ  IT企業など協議会 県内プログラミング教育推進 児童ら対象 クラブ創設へ
  • 2018年07月21日 福井工大 単位習得、大阪大と協定 工学部・大学院研究科 実験装置活用も  福井工大 単位習得、大阪大と協定 工学部・大学院研究科 実験装置活用も
  • 2018年07月19日 道徳教科化、教員手探り 県内小学校 考えさせる授業に腐心 内面の成長、文章で評価  道徳教科化、教員手探り 県内小学校 考えさせる授業に腐心 内面の成長、文章で評価
  • 2018年07月15日 科学、深く知り楽しんで 藤島高が独自教材 名文34編収録  科学、深く知り楽しんで 藤島高が独自教材 名文34編収録
  • 2018年07月13日 準2級は藤島など7校 19年度県立高入試英検加算 加点幅縮小  準2級は藤島など7校 19年度県立高入試英検加算 加点幅縮小
  • 2018年07月09日 人材育成、Uターン促進へ 経営者と教員タッグ 福井 同友会が交流事業開催  人材育成、Uターン促進へ 経営者と教員タッグ 福井 同友会が交流事業開催
  • 2018年07月08日 20年度から必修化、プログラミング教育 論理的思考力育つ 県内普及活動グループ「PCN」 松田優一代表に聞く  20年度から必修化、プログラミング教育 論理的思考力育つ 県内普及活動グループ「PCN」 松田優一代表に聞く
  • 2018年07月07日 池田町と学研提携 教育体験開発、PRで  池田町と学研提携 教育体験開発、PRで
  • 2018年07月07日 AIの時代、生きる力を 福井大附属 児童に新教科「社会創生科」  AIの時代、生きる力を 福井大附属 児童に新教科「社会創生科」
  • 2018年07月04日 羽水高、香港学校と協定 生徒対話、地域課題解決へ  羽水高、香港学校と協定 生徒対話、地域課題解決へ
  • 2018年07月03日 「指導力不足教員 分限処分検討を」 総務教育常任委で細川委員  「指導力不足教員 分限処分検討を」 総務教育常任委で細川委員
  • 2018年07月03日 スポーツや文化「特色選抜」導入 19年度県立高 校長推薦は不要  スポーツや文化「特色選抜」導入 19年度県立高 校長推薦は不要
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ
こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」