トップページ > キッズこだま > 7月のテーマは「自然災害」

7月のテーマは「自然災害」

「投稿を見る」へ

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

地震にそなえて じゅんびしたい

越前市武生西小 4年  清水 あすか

地震(じしん)は、学校(がっこう)にいるときや家(いえ)にいるとき、いつおきるかわからないので、ちゃんとじゅんびしておきましょう。もし学校(がっこう)にいるときに地震(じしん)がおきたら、つくえの下(した)にもぐるんでしたね。つくえがなかったら、近(ちか)くにある本(ほん)や教科書(きょうかしょ)を頭(あたま)の上(うえ)にのせましょう。
 熊本地震(くまもとじしん)ですむ場所(ばしょ)がなくなった人(ひと)がたくさんいたから、ほかの小学校(しょうがっこう)の人(ひと)がお金(かね)を集(あつ)めて、熊本(くまもと)の人(ひと)にわたしているニュースを見(み)ました。私(わたし)が生(う)まれてから私(わたし)たちの県(けん)では、大(おお)きな地震(じしん)はおきていないけれど、熊本(くまもと)の人(ひと)たちはとても大変(たいへん)だと思(おも)います。地震(じしん)はたて物(もの)がくずれたり、つなみでおぼれたりして死(し)んでしまうと社会科(しゃかいか)で習(なら)いました。わたしは地震(じしん)にそなえてじゅんびをしておきたいです。

協力する大切さ あらためて実感

越前市武生西小  5年 宮本 京香

 わたしは2月(がつ)の大雪(おおゆき)で、みんなが協力(きょうりょく)することが大切(たいせつ)だとあらためて感(かん)じました。
 大雪(おおゆき)の日(ひ)、国道(こくどう)8号線(ごうせん)が1500台(だい)の車(くるま)で渋(じゅう)たいになったり、スーパーから食品(しょくひん)がなくなったりするなんて思(おも)ってもいませんでした。国道(こくどう)では、たくさんの人(ひと)がこまり、あせるすがたがありましたが、協力(きょうりょく)し、がんばっているすがたもありました。自(じ)えい隊(たい)が来(き)て、一生(いっしょう)けん命(めい)に働(はたら)いた結果(けっか)、渋(じゅう)たいがかいじょされました。外(そと)にいた人(ひと)たちが、中(なか)の人(ひと)に飲(の)み物(もの)などをあげるすがたもありました。
 これらは全部協力(ぜんぶきょうりょく)のおかげだと思(おも)います。雪(ゆき)かきを子(こ)どもも大人(おとな)もがんばったからこそ、今(いま)、安心(あんしん)して日々(ひび)をおくれているんだと思(おも)いました。

災害時ひなん所 家族と決めたい

福井市長橋小 6年  平尾 早伎

 私(わたし)がこわいものは二(ふた)つあります。一(ひと)つ目(め)は台風(たいふう)です。風(かぜ)が強(つよ)くふいて、いろんな物(もの)がとんでくるし、いろんな物(もの)がこわれるからです。そして、家(いえ)から出(で)られなくなります。
 二(ふた)つ目(め)は地震(じしん)と津波(つなみ)です。いつ来(く)るか分(わ)からないから、こわいです。70年前(ねんまえ)、福井(ふくい)でも地震(じしん)があって、たくさんの人(ひと)が命(いのち)を落(お)としてしまいました。わたしの家(いえ)は海(うみ)の近(ちか)くなので、いつ津波(つなみ)が来(く)るか分(わ)かりません。命(いのち)を守(まも)るため、いつも学校(がっこう)でやっている訓練(くんれん)のように、ライフジャケットなどを着(き)て、自分(じぶん)の命(いのち)をしっかり守(まも)れるようにしたいです。
 もしも自然災害(しぜんさいがい)が起(お)きたら、家族(かぞく)で決(き)めておいて、ひなんしたいです。災害(さいがい)が減(へ)って、みんなが幸(しあわ)せにくらせるといいです。

雪が少なくてもスノータイヤに

越前市服間小 4年  蓑輪 結衣

この冬(ふゆ)、わたしたちがすんでいるところでは、雪(ゆき)がたくさんふりました。すべらないようにスノータイヤにしました。けれども、あまり雪(ゆき)がふらない東京(とうきょう)などは、スノータイヤにしていない人(ひと)がほとんどだと思(おも)います。だからスリップ事故(じこ)がおきやすいのだと思(おも)います。雪(ゆき)がたくさんふらなくてもスノータイヤにかえたほうが事故(じこ)があまりおきないと思(おも)います。
 今年(ことし)は福井(ふくい)の大雪(おおゆき)で、除雪車(じょせつしゃ)がなかなかおいつかなかったのがびっくりしました。なのでお手伝(てつだ)いで雪(ゆき)かきをしました。それよりたいへんだと思(おも)ったことは1週間(しゅうかん)ぐらい学校(がっこう)がお休(やす)みになったことです。このことで考(かんが)えました。雪(ゆき)がふると事故(じこ)がおきやすくなり、大人(おとな)から子(こ)どもまで、こまります。来年(らいねん)はあまり雪(ゆき)がふらないでほしいです。

ひなんくん練や水のじゅんびを

若狭町梅の里小  4年  武長 睦

わたしは、地(じ)しんの時(とき)に、自分(じぶん)や他(ほか)の人(ひと)は、どうそなえたらいいかということを考(かんが)えてみました。
 70年前(ねんまえ)の福井地(ふくいじ)しんで、たくさんの子(こ)どもや大人(おとな)の命(いのち)をうしなってしまったのが、わたしはとてもかわいそうに思(おも)います。なので、地(じ)しんがおこる前(まえ)に次(つぎ)の三(みっ)つをしておいたほうがいいと思(おも)います。
 一(ひと)つ目(め)は、ひなんくん練(れん)です。二(ふた)つ目(め)は、大(おお)きい地(じ)しんがおきた時(とき)のためのじゅんびです。じゅんびというのは、水(みず)や食(た)べ物(もの)をじゅんびすることです。三(みっ)つ目(め)は、もし友達(ともだち)と遊(あそ)んでいる時(とき)に地(じ)しんがおきたらどうすればいいかを、家(いえ)で大人(おとな)といっしょに考(かんが)えておくことです。
 今(いま)、地(じ)しんが来(く)るか来(こ)ないか分(わ)からないけれど、三(みっ)つ書(か)いたことを守(まも)りたいと思(おも)いました。福井地(ふくいじ)しんでなくなった人(ひと)はかわいそうなので、これからは人(ひと)がなくならないようにいろんな工夫(くふう)をしていきたいです。

ぼうさいグッズ そろえておこう

福井市鶉小   5年  金鑄 純花

 わたしが住(す)んでいる福井県(ふくいけん)に6月(がつ)18日(にち)、地(じ)しんがありました。しん度(ど)3という地(じ)しんだったので、わたしは気(き)がつきませんでしたが、クラスのみんなは大(おお)さわぎしていました。
 同(おな)じ日(ひ)に、大阪(おおさか)では大(おお)きい地(じ)しんがありました。大阪(おおさか)にいた人(ひと)は大変(たいへん)だったと思(おも)います。なぜなら、地(じ)しんが起(お)きたのは朝(あさ)だったので、会社(かいしゃ)に向(む)かう人(ひと)たちが電車(でんしゃ)に乗(の)っていて、電車(でんしゃ)が止(と)まってしまい、電車(でんしゃ)からおりて、にげなければならなかったからです。わたしは、線路(せんろ)のじゃり道(みち)で、ころぶことがあったので、そこを歩(ある)くことは大変(たいへん)だと思(おも)います。
 非(ひ)じょう食(しょく)やぼうさいグッズなどをそろえて、いつ自然災害(しぜんさいがい)がおきても大(だい)じょう夫(ぶ)にして、にげおくれないでいたいと思(おも)います。訓(くん)れんをしっかりとして、自然災害(しぜんさいがい)で死(し)んでしまう人(ひと)が少(すこ)しでもへってほしいと思(おも)います。

福井地しん70年 そなえを考える

若狭町梅の里小 4年    前田 琉人

 今年(ことし)は1948年(ねん)の福井地(ふくいじ)しんから70年(ねん)。もしもの時(とき)にどうそなえればよいのかを考(かんが)えました。
 はじめに、地(じ)しんがおきる前(まえ)にどうすればいいか考(かんが)えました。まず、家(いえ)に水(みず)や食(しょく)りょうをよういします。そのあと、頭(あたま)の上(うえ)にかぶる、ぼうさいズキンをよういします。
 次(つぎ)に、地(じ)しんがおきたら、どう行動(こうどう)すればよいかを考(かんが)えました。まず、ぼうさいズキンをかぶって体(からだ)を守(まも)ります。リュックサックなどの中(なか)に、食(しょく)りょうや水(みず)を入(い)れます。そして、安全(あんぜん)な建物(たてもの)の中(なか)にひなんします。そして、きゅうじょたいや、消防士(しょうぼうし)さんからの助(たす)けをまちます。消防士(しょうぼうし)さんが来(き)て、けがをしていたら、ちりょうをしてもらいます。
 さい後(ご)は安全(あんぜん)な所(ところ)へ、ひなんしてくらします。もし、地(じ)しんがおきたら、こういうふうにしたいです。

大雪での助け合い大切

あわら市伊井小 5年    圓道 遥菜

 わたしが今一番心(いまいちばんこころ)に残(のこ)っている自然(しぜん)さい害(がい)は今年(ことし)の大雪(おおゆき)です。大雪(おおゆき)の間(あいだ)、外(そと)に出(で)ることができなくて、学校(がっこう)にも行(い)けませんでした。ずっと家(いえ)にいて、毎日(まいにち)、雪(ゆき)かきばかりしていました。
 そしてニュースを見(み)て、もっと大変(たいへん)なことが起(お)きていることを知(し)りました。大雪(おおゆき)のために、ひどい交通(こうつう)じゅうたいが起(お)きて、車(くるま)に乗(の)っていて動(うご)けなくなった人(ひと)たちがたくさんいました。でもそんな中(なか)で、ある男(おとこ)の人(ひと)や自(じ)えい隊(たい)の人(ひと)が、動(うご)けなくなった人(ひと)に食(た)べ物(もの)を配(くば)ってあげたり、車(くるま)が通(とお)れるように雪(ゆき)かきをしてあげたりしていて、すごいなと思(おも)いました。
 わたしは特(とく)に、その男(おとこ)の人(ひと)が自分(じぶん)のことも考(かんが)えないといけないのに、車(くるま)の中(なか)にいる人(ひと)を助(たす)けてあげていたのが、すごく心(こころ)に残(のこ)りました。わたしは、一人(ひとり)一人(ひとり)がみんなのために助(たす)け合(あ)うことが大切(たいせつ)だと思(おも)いました。この思(おも)いを忘(わす)れないでおこうと思(おも)います。また、もうこんなに大変(たいへん)な自然(しぜん)さい害(がい)は起(お)きてほしくないと思(おも)いました。

強い風がふく 台風をけい験

若狭町熊川小 4年  藤本 紗衣

 わたしは、台風(たいふう)、火事(かじ)について書(か)きます。一(ひと)つ目(め)は台風(たいふう)です。わたしは、台風(たいふう)を何度(なんど)もけい験(けん)したことがあります。風(かぜ)が強(つよ)くふいて、かさも飛(と)ばされるくらいの風(かぜ)なので、わたしは台風(たいふう)が苦手(にがて)です。家(いえ)の外(そと)に置(お)いてある、生協(せいきょう)の箱(はこ)も飛(と)ばされました。
 二(ふた)つ目(め)は火事(かじ)です。ニュースなどでよく見(み)ます。けむりがたくさん出(で)て、火(ひ)もたくさん出(で)て、こわいことが分(わ)かりました。火事(かじ)のときのけむりは、すうと、たおれてしまうので気(き)をつけたいです。わたしが、火事(かじ)のときに気(き)をつけたいことは、けむりをすわないこと、すぐにげることです。
 これから、地(じ)しん、洪水(こうずい)、台風(たいふう)、大雨(おおあめ)、火事(かじ)といったさい害(がい)に気(き)をつけたいです。

ランプやラジオ持ちやすい物に

越前市武生西小 5年  和田 憲知

「地(じ)しんだ。にげなきゃ」「明(あ)かりが消(き)えてしまった、どうしよう」とこまらないように、ぼくの部屋(へや)には、かい中(ちゅう)ランプやラジオが置(お)いてある。
 部屋(へや)に置(お)いてある、かい中(ちゅう)ランプは、くらくなった部屋(へや)の中(なか)でも見(み)つけやすいように、大(おお)きなランプにしてある。そして、持(も)ち運(はこ)びやすいように手(て)さげにして、他(ほか)の物(もの)も持(も)ちやすいようにしてある。そしてラジオは、ふつうのラジオより軽(かる)いラジオなので、物(もの)を持(も)つ負担(ふたん)が軽(けい)げんされる。
 このように、ぼくは、いろいろなランプやラジオがある中(なか)で、ひなんしやすいように、持(も)ち運(はこ)びやすいものや軽(かる)い物(もの)を選(えら)ぶと良(よ)いと思(おも)う。これからもひなん用具(ようぐ)を選(えら)ぶ時(とき)は、どれを選(えら)んだらにげやすいかを考(かんが)えて選(えら)ぼうと思(おも)う。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡で全国大会 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡で全国大会
  • 2018年08月12日 盛岡全国大会 公開授業・実践発表 盛岡全国大会 公開授業・実践発表
  • 2018年07月29日 郷土新聞作り 生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座 郷土新聞作り 生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座
  • 2018年07月29日 新聞活用し企業研究 就活講座 記者が読み方説明 新聞活用し企業研究 就活講座 記者が読み方説明
  • 2018年07月29日 福井市財政難 記者へ質問 県立大・清水ゼミ  福井市財政難 記者へ質問 県立大・清水ゼミ 

福井教育ダイジェスト

  • 2018年07月31日 病弱生徒の教育80人在り方探る 福井で近畿東海北陸大会  病弱生徒の教育80人在り方探る 福井で近畿東海北陸大会
  • 2018年07月29日 郷土新聞作り、生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座  郷土新聞作り、生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座
  • 2018年07月27日 復興、防災 新聞で考える 全国大会 盛岡で開幕 県内から8人参加  復興、防災 新聞で考える 全国大会 盛岡で開幕 県内から8人参加
  • 2018年07月26日 学校、医療機関、福祉機関 発達障害支援、連携探る 永平寺町でシンポジウム  学校、医療機関、福祉機関 発達障害支援、連携探る 永平寺町でシンポジウム
  • 2018年07月22日 中国語審査、世界大会へ 谷口さん(敦賀気比高3)永原さん(足羽高2) 西日本予選で1等  中国語審査、世界大会へ 谷口さん(敦賀気比高3)永原さん(足羽高2) 西日本予選で1等
  • 2018年07月22日 読書感想文、書くこつは 心に残ったこと整理を 本に5色の付箋、事前にメモ作成 自分の言葉を大事に  読書感想文、書くこつは 心に残ったこと整理を 本に5色の付箋、事前にメモ作成 自分の言葉を大事に
  • 2018年07月21日 IT企業など協議会 県内プログラミング教育推進 児童ら対象 クラブ創設へ  IT企業など協議会 県内プログラミング教育推進 児童ら対象 クラブ創設へ
  • 2018年07月21日 福井工大 単位習得、大阪大と協定 工学部・大学院研究科 実験装置活用も  福井工大 単位習得、大阪大と協定 工学部・大学院研究科 実験装置活用も
  • 2018年07月19日 道徳教科化、教員手探り 県内小学校 考えさせる授業に腐心 内面の成長、文章で評価  道徳教科化、教員手探り 県内小学校 考えさせる授業に腐心 内面の成長、文章で評価
  • 2018年07月15日 科学、深く知り楽しんで 藤島高が独自教材 名文34編収録  科学、深く知り楽しんで 藤島高が独自教材 名文34編収録
  • 2018年07月13日 準2級は藤島など7校 19年度県立高入試英検加算 加点幅縮小  準2級は藤島など7校 19年度県立高入試英検加算 加点幅縮小
  • 2018年07月09日 人材育成、Uターン促進へ 経営者と教員タッグ 福井 同友会が交流事業開催  人材育成、Uターン促進へ 経営者と教員タッグ 福井 同友会が交流事業開催
  • 2018年07月08日 20年度から必修化、プログラミング教育 論理的思考力育つ 県内普及活動グループ「PCN」 松田優一代表に聞く  20年度から必修化、プログラミング教育 論理的思考力育つ 県内普及活動グループ「PCN」 松田優一代表に聞く
  • 2018年07月07日 池田町と学研提携 教育体験開発、PRで  池田町と学研提携 教育体験開発、PRで
  • 2018年07月07日 AIの時代、生きる力を 福井大附属 児童に新教科「社会創生科」  AIの時代、生きる力を 福井大附属 児童に新教科「社会創生科」
  • 2018年07月04日 羽水高、香港学校と協定 生徒対話、地域課題解決へ  羽水高、香港学校と協定 生徒対話、地域課題解決へ
  • 2018年07月03日 「指導力不足教員 分限処分検討を」 総務教育常任委で細川委員  「指導力不足教員 分限処分検討を」 総務教育常任委で細川委員
  • 2018年07月03日 スポーツや文化「特色選抜」導入 19年度県立高 校長推薦は不要  スポーツや文化「特色選抜」導入 19年度県立高 校長推薦は不要
  • 2018年07月01日 文章の書き方、記事から学ぶ 鯖江・新横江保育園で講座 保育士30人真剣  文章の書き方、記事から学ぶ 鯖江・新横江保育園で講座 保育士30人真剣
  • 2018年07月01日 郷土新聞作り、ポイントは? 歴代知事賞受賞者に聞く  郷土新聞作り、ポイントは? 歴代知事賞受賞者に聞く
  • 2018年06月27日 ロボット操作に挑戦! 坂井・兵庫小 児童がプログラム学ぶ  ロボット操作に挑戦! 坂井・兵庫小 児童がプログラム学ぶ
  • 2018年06月21日 記事、見出し、コツ学ぶ 池田中 壁新聞制作向け講座  記事、見出し、コツ学ぶ 池田中 壁新聞制作向け講座
  • 2018年06月21日 福井地震70年 校舎壊滅でもひたむき テントで授業、給食は支援物資… 県教育博 当時の日誌、写真展示  福井地震70年 校舎壊滅でもひたむき テントで授業、給食は支援物資… 県教育博 当時の日誌、写真展示
  • 2018年06月21日 検討校区本年度にも 福井市小中学校規模適正化 教育長  検討校区本年度にも 福井市小中学校規模適正化 教育長
  • 2018年06月19日 福井市立小 教員の超勤時間改ざん 教頭、100時間未満にし報告  福井市立小 教員の超勤時間改ざん 教頭、100時間未満にし報告
  • 2018年06月19日 再編検討、中学優先に 住民ら委員会、町長へ提言 南越前町  再編検討、中学優先に 住民ら委員会、町長へ提言 南越前町
  • 2018年06月16日 記事で文字、言葉に関心 安居小・公開授業 切り抜き単語作り  記事で文字、言葉に関心 安居小・公開授業 切り抜き単語作り
  • 2018年06月16日 「ニーズ対応が大切」 福井大附属生 職業観を発表  「ニーズ対応が大切」 福井大附属生 職業観を発表
  • 2018年06月15日 教諭枠出願、900人切る 県教委19年度採用 25年ぶり  教諭枠出願、900人切る 県教委19年度採用 25年ぶり
  • 2018年06月14日 学生の力、まちづくりに 大野市、関西大と連携協定  学生の力、まちづくりに 大野市、関西大と連携協定
  • 2018年06月13日 「加点級、各校で選択」 県立高入試英検加算見直し 県教委意向 6月県会で議論  「加点級、各校で選択」 県立高入試英検加算見直し 県教委意向 6月県会で議論
  • 2018年06月10日 遠隔授業で理科実験 県教委 小学生向けもスタート  遠隔授業で理科実験 県教委 小学生向けもスタート
  • 2018年06月10日 養護教諭の“卵” いじめ対応学ぶ 福井医療大の35人  養護教諭の“卵” いじめ対応学ぶ 福井医療大の35人
  • 2018年06月10日 数学者ガロアの発見、解説 元教諭・小林さん(坂井)が著書  数学者ガロアの発見、解説 元教諭・小林さん(坂井)が著書
  • 2018年06月09日 主権者教育で自覚を 福井 朝日大法学部長が講演  主権者教育で自覚を 福井 朝日大法学部長が講演
  • 2018年06月08日 幼児教育、理念学ぶ 坂井のこども園 中国から視察  幼児教育、理念学ぶ 坂井のこども園 中国から視察
  • 2018年06月07日 県内大学生の 地元就職46% 16年度比、3ポイント減  県内大学生の 地元就職46% 16年度比、3ポイント減
  • 2018年06月06日 選挙権年齢引き下げ2年 18歳、19歳の投票率の差2倍に 16年参院選、17年衆院選比較 進学、就職で県外へ 不在者投票二の足か  選挙権年齢引き下げ2年 18歳、19歳の投票率の差2倍に 16年参院選、17年衆院選比較 進学、就職で県外へ 不在者投票二の足か
  • 2018年06月06日 本県児童生徒 体力全国トップクラス 規則正しい生活習慣が要因 福井大など分析 「業間体育」充実も  本県児童生徒 体力全国トップクラス 規則正しい生活習慣が要因 福井大など分析 「業間体育」充実も
  • 2018年06月05日 小学英語の現場視察 国会議員 提言反映具合を調査 勝山・成器西  小学英語の現場視察 国会議員 提言反映具合を調査 勝山・成器西
  • 2018年06月03日 新聞製作「緊張感伝わる」 県立大生が本社見学  新聞製作「緊張感伝わる」 県立大生が本社見学
  • 2018年06月03日 「チーム学校」どう実現 福井大・松木健一教授に聞く 「専門家が協働を」「子とともに悩み考えて」  「チーム学校」どう実現 福井大・松木健一教授に聞く 「専門家が協働を」「子とともに悩み考えて」
  • 2018年06月01日 独自の教員用手引 来年3月配布方針 敦賀市総合教育会議  独自の教員用手引 来年3月配布方針 敦賀市総合教育会議
  • 2018年05月30日 不登校生に学びの場 小野寺さん(福井) 体験生かし開校 一歩踏み出す契機に  不登校生に学びの場 小野寺さん(福井) 体験生かし開校 一歩踏み出す契機に
  • 2018年05月26日 勝山市教委 3中学再編、議論再開 来年度方針決定 24~25年度実施へ 検討委初会合  勝山市教委 3中学再編、議論再開 来年度方針決定 24~25年度実施へ 検討委初会合
  • 2018年05月26日 自殺防止へ連携 600人研修 福井 池田中問題受け県教委  自殺防止へ連携 600人研修 福井 池田中問題受け県教委
  • 2018年05月25日 大学講義で若狭町“探究” 立命大 町民、職員が毎週講師 リポート参考、活性化探る  大学講義で若狭町“探究” 立命大 町民、職員が毎週講師 リポート参考、活性化探る
  • 2018年05月25日 プログラミング面白い 勝山 鹿谷小児童が熱中  プログラミング面白い 勝山 鹿谷小児童が熱中
  • 2018年05月25日 福大附の教育世界発信 教員ら国際会議に参加 主体性養う活動関心集め  福大附の教育世界発信 教員ら国際会議に参加 主体性養う活動関心集め
  • 2018年05月22日 教員多忙解消へ具体策 福井市教委 会議を短縮 各校へ「宣言」通知 PTAにも協力依頼  教員多忙解消へ具体策 福井市教委 会議を短縮 各校へ「宣言」通知 PTAにも協力依頼
  • 2018年05月20日 県立大と福井新聞社コラボ 「情報活用力磨いて」 2准教授活動 記者交え議論も  県立大と福井新聞社コラボ 「情報活用力磨いて」 2准教授活動 記者交え議論も
  • 2018年05月20日 児童、切り抜き新聞挑戦 本社でNIE塾開講 教員対象も  児童、切り抜き新聞挑戦 本社でNIE塾開講 教員対象も
  • 2018年05月17日 プログラミング、遊び感覚で基礎習得 県内団体「PCN」 小学校必修備えPC開発  プログラミング、遊び感覚で基礎習得 県内団体「PCN」 小学校必修備えPC開発
  • 2018年05月16日 教育計画の整理、簡素化を 県有識者会議が初会合 英検加算、7月中に結論  教育計画の整理、簡素化を 県有識者会議が初会合 英検加算、7月中に結論
  • 2018年05月16日 地域担い手実感が大切 福井で主権者教育講習会  地域担い手実感が大切 福井で主権者教育講習会
  • 2018年05月13日 県内小学校「出前授業」広がる 記事比較、身近な話題で 「恐竜」で本紙と北海道新聞活用 楽しく学び、関心高まる  県内小学校「出前授業」広がる 記事比較、身近な話題で 「恐竜」で本紙と北海道新聞活用 楽しく学び、関心高まる
  • 2018年05月09日 本場の英語、児童楽しく 荒土小で授業公開 勝山市、独自ALT採用  本場の英語、児童楽しく 荒土小で授業公開 勝山市、独自ALT採用
  • 2018年05月09日 自殺再発防止や教員多忙化 課題対応へ有識者会議 県教委、基本計画策定向け 英検加算も議論  自殺再発防止や教員多忙化 課題対応へ有識者会議 県教委、基本計画策定向け 英検加算も議論
  • 2018年05月06日 思考力育む記事活用学ぶ 大野・上庄中で教員研修  思考力育む記事活用学ぶ 大野・上庄中で教員研修
  • 2018年05月03日 教員養成、連携へ協議 福井大と金沢大、富山大 少子化で効率運営検討  教員養成、連携へ協議 福井大と金沢大、富山大 少子化で効率運営検討
  • 2018年05月02日 学テ英語へ要領確認 角鹿中(敦賀)皮切り全国予備調査  学テ英語へ要領確認 角鹿中(敦賀)皮切り全国予備調査
  • 2018年04月22日 県推進協新会長の松友教授(福井大)に聞く 「社会参画へ土台づくり」 新聞通じ「現実」に目を  県推進協新会長の松友教授(福井大)に聞く 「社会参画へ土台づくり」 新聞通じ「現実」に目を
  • 2018年04月21日 小中校あり方議論開始 若狭町・規模配置検討委 教育環境改善軸に  小中校あり方議論開始 若狭町・規模配置検討委 教育環境改善軸に
  • 2018年04月20日 県NIE推進協 新会長に福井大の松友教授  県NIE推進協 新会長に福井大の松友教授
  • 2018年04月20日 8指定校、実践開始 県NIE研究会 本社で総会 新規5校含め認定  8指定校、実践開始 県NIE研究会 本社で総会 新規5校含め認定
  • 2018年04月19日 ハワイで英語「自信に」 勝山の中高生、交流成果を発表  ハワイで英語「自信に」 勝山の中高生、交流成果を発表
  • 2018年04月18日 全国学力テスト 県内1万4000人臨む 小6中3、結果7月公表  全国学力テスト 県内1万4000人臨む 小6中3、結果7月公表
  • 2018年04月14日 小6英語科スタート 県内、全国先駆け教科化 越前市味真野小 五輪題材、楽しく会話  小6英語科スタート 県内、全国先駆け教科化 越前市味真野小 五輪題材、楽しく会話
  • 2018年04月14日 小5~中3に意識調査 不登校、いじめ防止へ県教委 池田中2自殺踏まえ 本年度3回  小5~中3に意識調査 不登校、いじめ防止へ県教委 池田中2自殺踏まえ 本年度3回
  • 2018年04月11日 不登校4人の日常を発信 父親、幸せ願いブログ 「恥ずかしくない。別の生き方しているだけ」  不登校4人の日常を発信 父親、幸せ願いブログ 「恥ずかしくない。別の生き方しているだけ」
  • 2018年04月11日 福井大・原子力安全工学コース 3年生、学び拠点敦賀に 実践教育の授業を開始  福井大・原子力安全工学コース 3年生、学び拠点敦賀に 実践教育の授業を開始
  • 2018年04月08日 NIE実践9校決定 18年度県内 新規は5小中 日本新聞協  NIE実践9校決定 18年度県内 新規は5小中 日本新聞協
  • 2018年04月08日 園芸、工事を児童が取材 ジョブツアー、新聞製作も 美浜  園芸、工事を児童が取材 ジョブツアー、新聞製作も 美浜
  • 2018年04月07日 17年度文科省調査 中高英語力、福井1位 教員含めトップ独占 入試英検加算で伸び 中3  17年度文科省調査 中高英語力、福井1位 教員含めトップ独占 入試英検加算で伸び 中3
  • 2018年04月05日 規模配置の適正化検討 若狭町の小中 一斉休業日も確認 総合教育会議  規模配置の適正化検討 若狭町の小中 一斉休業日も確認 総合教育会議
  • 2018年04月05日 県内4市町 働き方改革、入学式遅く 小中学校 春休み延長 教員の多忙緩和  県内4市町 働き方改革、入学式遅く 小中学校 春休み延長 教員の多忙緩和
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ
こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」