トップページ > キッズこだま > 6月のテーマは「わが家の自慢」

6月のテーマは「わが家の自慢」

「投稿を見る」へ

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

家族みんなが かぜひかない

あわら市北潟小 5年  柴田 悠仁

 ぼくの家族(かぞく)は、なかなかかぜをひかないです。かぜをひいてしまったときでもすぐ治(なお)るのです。ぼくが熱(ねつ)を出(だ)したときは、お父(とう)さんが気合(きあい)で治(なお)せといって、ぼくもそれにしたがって、気合(きあい)で熱(ねつ)を治(なお)します。
 お父(とう)さんは、インフルエンザにかかったことがないし、お母(かあ)さんとおばあちゃんが、かぜをひいているところも見(み)たことがないので、みんながかぜをひかない家(いえ)はなかなかないんじゃないかなあと思(おも)います。

まきストーブ 冬の部屋暖か

勝山市成器南小 4年  山崎 翼

 ぼくの家(いえ)には、まきストーブがあります。じいちゃんがこつこつ近所(きんじょ)から木(き)をたっくさんもらっています。だから、まきが車庫(しゃこ)に一面(いちめん)にならんでいます。冬(ふゆ)になると、じいちゃんが一番(いちばん)に起(お)きて、まきストーブに木(き)を入(い)れて火(ひ)をつけて部屋(へや)を暖(あたた)めてくれます。でも、火(ひ)がうまくつかなかったり、暑(あつ)くなりすぎたりして、結局(けっきょく)まどを開(あ)けて、冷(つめ)たい空気(くうき)を入(い)れて調整(ちょうせい)します。でも、ぼくは、暖(あたた)かいところにいられて幸(しあわ)せです。
 お母(かあ)さんが小学生(しょうがくせい)の時(とき)には、まきのおふろだったそうです。今(いま)は、じゃ口(ぐち)をひねれば、お湯(ゆ)が出(で)てくるけれど、昔(むかし)の人(ひと)はすごいと思(おも)います。じいちゃんは、もういい年(とし)なので、たまにまきわりをしていて、はずすことがあるので、ぼくがもう少(すこ)し大(おお)きくなったら、まきわりを手伝(てつだ)ってあげます。じいちゃんいつもありがとう、長生(ながい)きしてね。

どうぶつたくさん しあわせなきもち

鯖江市惜陰小 1年  丹羽 彩乃

 わたしのいえでは、どうぶつをたくさんかっています。わたしのおかあさんは、どうぶつびょういんで、おしごとをしていたので、どうぶつのことをいろいろおしえてくれます。
 どうぶつがたくさんいると、しあわせなきもちです。でも、どうぶつがいっぱいいるとエサをあげたり、こやをそうじしたりするのがたいへんです。どうぶつがしんじゃったら、かなしいきもちです。だから、これからもいっしょうけんめい、おせわをしたいです。

泣いておこる弟 本当はやさしい

若狭町熊川小 4年  池上 美来

 わが家(や)の自(じ)まんは、わたしの弟(おとうと)です。弟(おとうと)はいつも泣(な)いたり、おこったりしてうるさいです。けれど、本当(ほんとう)はとてもやさしい弟(おとうと)です。宿題(しゅくだい)をしているときにテレビを見(み)ずに、しずかにしてくれます。
 でも、いつもやさしいとはかぎりません。けんかしたあとなどは、ほとんど話(はな)しかけてくれません。わたしがおこるとすぐに泣(な)きます。けれど、けんかしたあとには、やさしくしてくれます。たとえば、おかしをくれたり、おもちゃをゆずってくれたりしてとてもやさしいです。
 なので、今度(こんど)は「わたしがやさしくしてあげる番(ばん)だな」と思(おも)います。でも、なかなかやさしくできません。けんかしたあとには「ごめん」だけでも言(い)えるようにしたいです。

仕事、家事、遊び お父さんすごい

越前市服間小 4年  三井 優弥

 ぼくのお父(とう)さんは、連休(れんきゅう)があると旅行(りょこう)につれていってくれます。この前(まえ)は静岡県(しずおかけん)につれていってくれました。
 大雪(おおゆき)のときは、家(いえ)や車庫(しゃこ)の屋根(やね)の雪(ゆき)おろし、駐車場(ちゅうしゃじょう)の除雪(じょせつ)をしてくれました。夏(なつ)は、じょそうざいをまいたり、草(くさ)かりをしたりしてくれます。
 仕事(しごと)も朝早(あさはや)くから夜(よる)おそくまで、ぼくたちのためにはたらいてくれています。
 お父(とう)さんの、しゅ味(み)は山登(やまのぼ)りです。ときどき、休(やす)みを利用(りよう)して楽(たの)しんでいるようです。ぼくもいっしょに行(い)きたいです。
 お父(とう)さんはスキーがとてもじょうずです。冬(ふゆ)にスキーのすべり方(かた)を教(おし)えてくれます。早(はや)くお父(とう)さんのようにすべれるようになりたいです。
 これがぼくの自(じ)まんのお父(とう)さんです。

地区、学校の行事 何でも協力する

あわら市伊井小 5年  大島 薫

 ぼくの家(いえ)の自(じ)まんは、家族(かぞく)が何(なん)でも協力(きょうりょく)し合(あ)うことです。大雪(おおゆき)がふった日(ひ)は、みんなで屋根(やね)の雪下(ゆきお)ろしをしました。
 地区(ちく)の行事(ぎょうじ)にも、みんなで参加(さんか)します。あじさいロードのかれた花(はな)のせん定(てい)や草(くさ)むしりをし、用水路(ようすいろ)のそうじをして魚(さかな)などが生(い)きやすいようにきれいにします。
 また、ぼくのおじいちゃんとおばあちゃんは、伊井小学校(いいしょうがっこう)のサポート会(かい)のメンバーになっています。交通教室(こうつうきょうしつ)やマラソン大会(たいかい)では、道路(どうろ)に立(た)ってぼくたちの安全(あんぜん)を見守(みまも)ってくれます。さつまいものなえ植(う)えのときは、土(つち)をたがやして、うねを作(つく)ってくれたり、さつまいもがとれると、くん炭(たん)を作(つく)って焼(や)いてくれたりします。おじいちゃんは、学校(がっこう)の松(まつ)の木(き)のせん定(てい)や草(くさ)かりをしたり、虫(むし)よけの薬(くすり)をまいたりもしています。
 地(ち)いきや学校(がっこう)のことをたくさんしていて、すごいなと思(おも)います。ぼくは何(なん)でも協力(きょうりょく)してできる家族(かぞく)が自(じ)まんです。

うんどうきぐで からだうごかす

大野市有終南小 2年  高畑 芽依

 わたしのいえの二(に)かいには、いろいろなうんどうができるものがあります。
 一(いち)ばんはじめにあったのは、ぶらんこをとったら、てつぼうになるきぐです。わたしは、それで、さかあがりができるようになりました。つぎにかったのは、おとうさんがぶらさがるきぐです。まいあさ、それにぶらさがると、からだのちょうしがいいと言(い)っているので、わたしもたまに、ぶらさがっています。
 そして、このまえ、おとうとたちのたんじょうびプレゼントで、小(ちい)さくてまるいトランポリンをもらいました。かぞくみんなでとりあいになるけど、トランポリンは、とってもたのしくて、気(き)もちがいいです。
 おとうさんもおかあさんもわたしも、からだをうごかすことが大(だい)すきなので、これからもかぞくみんなで、いっぱいうんどうをして、たい力(りょく)をつけたいです。

性格 ちがうからおもしろい

越前市武生西小 5年   田中 心夏

 「目(め)がいい」ということは、私(わたし)の家族(かぞく)みんな同(おな)じこと。でも「マラソンが好(す)き」「マラソンはきらい」「字(じ)がきれい」「字(じ)がきたない」などちがうことも山(やま)ほどある。
 家族(かぞく)が全部同(ぜんぶおな)じだとこわい。顔(かお)も好(す)きなものも性格(せいかく)も、全部同(ぜんぶおな)じだということは、ぜったいないと思(おも)う。同(おな)じことと、ちがうことがあるからおもしろい。
 私(わたし)の家族(かぞく)では「同(おな)じ」より「ちがう」の方(ほう)が多(おお)い。その中(なか)で一番(いちばん)ちがいがはげしいのは「性格(せいかく)」。お父(とう)さんは、ていねいで算数(さんすう)が得意(とくい)。お母(かあ)さんは社交的(しゃこうてき)で弟(おとうと)はいつでも元気(げんき)。私(わたし)はガマン強(づよ)い。みんなの性格(せいかく)はバラバラだ。でも、みんなちがっておもしろい。
 みんなそれぞれ同(おな)じことと、ちがうことが山(やま)ほどある。それを比(くら)べ合(あ)うことは無理(むり)。だから、おもしろい。

ちがってみえる みんなのえがお

若狭町梅の里小 4年  西村 真白

 わがやのじまんはえがおです。わたしはみんなのえがおを見(み)ると、なんだかうれしくなります。
 おかあさんのえがおは、かわいいえがお、おとうさんのえがおは、かっこいい元気(げんき)なえがお、わたしの弟(おとうと)は、かわいく、うっとり、お兄(にい)ちゃんは、ちょっぴりおもしろいえがおです。えがおは、みんないっしょかもしれないけど、わたしには、今(いま)かいたようにみえます。
 わたしのえがおは、おもしろえがおです。これでみんなをわらわせるときがあります。わたしは、かぞくやおじいちゃん、おばあちゃんのえがおがだいすきです。わたしは、これからも、みんなから、えがおがなくならないように、わたしのえがおで、わらいや元気(げんき)がいっぱいあふれるようにしたいです。
 えがおは、とってもたいせつだと思(おも)います。えがおでまいにちをすごしたら、つぎの日(ひ)、つぎの日(ひ)がたのしくなります。自分(じぶん)のえがおでみんなを元気(げんき)にあかるく楽(たの)しくハッピーにできるようにがんばろうと思(おも)います。

一しょに作るおいしい料理

南越前町湯尾小 4年  山下 凰雅

 ぼくの家(いえ)は料理(りょうり)がおいしいです。家(いえ)で一番(いちばん)おいしい料理(りょうり)はたこやきです。ときどき作(つく)るたこやきは、1日(にち)100こくらい作(つく)り、まんぷくになります。
 次(つぎ)においしい料理(りょうり)は、自分(じぶん)が作(つく)るフレンチトーストです。「みんなにおいしい」と言(い)われます。フレンチトーストは最大(さいだい)24こ作(つく)れます。やり始(はじ)めると30分(ぷん)か1時間(じかん)かかるので、とてもつかれます。休(やす)みの日(ひ)に作(つく)り、家族全員(かぞくぜんいん)で一(いっ)しょに食(た)べます。
 フレンチトーストは、いとこのお母(かあ)さんに教(おし)えてもらいました。パン六(むっ)つと卵三(たまごみっ)つとバター二(ふた)つで作(つく)れます。それでも、みんなと一(いっ)しょに作(つく)る料理(りょうり)の方(ほう)がおいしいです。

くうきすずしく けしきもいいよ

大野市有終西小 3年  北山 結愛

 わが家(や)の自(じ)まんの場所(ばしょ)は家(いえ)の外(そと)です。わたしの家(いえ)は、みどり色(いろ)ですずしい所(ところ)にあります。たぶんみんなの家(いえ)より、わたしの家(いえ)のほうが大(おお)きいと思(おも)います。とてもけしきがよくて、カエルの声(こえ)やひこうきがとんでいる音(おと)がきこえます。
 わたしは、学校(がっこう)がすんだあとに外(そと)に出(で)て、すずしいくうきやカエルの声(こえ)を聞(き)きます。くうきをすっているときに、心(こころ)の中(なか)でこう言(い)っています。「明日(あした)もがんばろう」「今日(きょう)もよくがんばったなーわたし」などと言(い)っています。これがわが家(や)の自(じ)まんです。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2018年11月14日 EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業 EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業
  • 2018年11月11日 地域の魅力 紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作 地域の魅力 紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作
  • 2018年11月11日 県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰 県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰
  • 2018年11月08日 運輸の重要性 記事読み理解 越前町糸生小で公開授業 運輸の重要性 記事読み理解 越前町糸生小で公開授業
  • 2018年11月08日 県中学生郷土新聞コンクール 郷土の誇り紙面に凝縮 本社で入賞作65点展示 県中学生郷土新聞コンクール 郷土の誇り紙面に凝縮 本社で入賞作65点展示

福井教育ダイジェスト

  • 2018年10月31日 書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告  書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告
  • 2018年10月30日 県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人  県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人
  • 2018年10月30日 小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合  小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合
  • 2018年10月28日 「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない  「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない
  • 2018年10月26日 揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」  揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」
  • 2018年10月26日 いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査  いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査
  • 2018年10月26日 不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人  不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人
  • 2018年10月26日 不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」  不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」
  • 2018年10月25日 日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業  日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業
  • 2018年10月25日 県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞  県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞
  • 2018年10月25日 アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業  アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業
  • 2018年10月24日 日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募  日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募
  • 2018年10月23日 下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署  下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署
  • 2018年10月23日 ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価  ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価
  • 2018年10月21日 古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘  古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘
  • 2018年10月21日 久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査  久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査
  • 2018年10月20日 勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問  勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問
  • 2018年10月15日 池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う  池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う
  • 2018年10月06日 岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文  岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文
  • 2018年09月27日 SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査  SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査
  • 2018年09月27日 「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請  「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請
  • 2018年09月26日 生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人  生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人
  • 2018年09月23日 不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る  不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る
  • 2018年09月23日 大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材  大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材
  • 2018年09月23日 学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練  学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練
  • 2018年09月23日 英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告  英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告
  • 2018年09月23日 記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ  記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ
  • 2018年09月20日 藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ  藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ
  • 2018年09月16日 海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す  海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す
  • 2018年09月16日 読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」  読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」
  • 2018年09月15日 小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置  小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置
  • 2018年09月14日 福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を  福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を
  • 2018年09月13日 数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念  数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念
  • 2018年09月08日 自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針  自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針
  • 2018年09月02日 学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」  学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」
  • 2018年08月28日 小中再編見直しへ調査 大野市教委 他自治体を視察予定  小中再編見直しへ調査 大野市教委 他自治体を視察予定
  • 2018年08月28日 教育大綱を年度内改定へ 池田町 検討委が初会合  教育大綱を年度内改定へ 池田町 検討委が初会合
  • 2018年08月28日 市立保育園の民営化急ぐ 小浜市長 厳しい財政見越し  市立保育園の民営化急ぐ 小浜市長 厳しい財政見越し
  • 2018年08月26日 福井の「今」を記事に アントレ・キッズ 一日新聞記者挑戦 取材通し働く楽しさ体感  
  • 2018年08月24日 薦めたい留学先に 福井工大選ばれる 5年連続、殿堂入り  薦めたい留学先に 福井工大選ばれる 5年連続、殿堂入り
  • 2018年08月24日 楽しいと思う学校に 中学生自殺受け今春新設 池田町・内藤教育企画官  楽しいと思う学校に 中学生自殺受け今春新設 池田町・内藤教育企画官
  • 2018年08月22日 肢体不自由児の支援 家庭と学校が連携を 福井で全国大会  肢体不自由児の支援 家庭と学校が連携を 福井で全国大会
  • 2018年08月21日 大野市政に鋭く質問 子ども議会 10人登壇 「飲料工場造って」「PR徹底的に」  大野市政に鋭く質問 子ども議会 10人登壇 「飲料工場造って」「PR徹底的に」
  • 2018年08月17日 恐竜研究者 夢追う若者 県立大大学院に新設 古生物学コース 教員休職や再入学3人  恐竜研究者 夢追う若者 県立大大学院に新設 古生物学コース 教員休職や再入学3人
  • 2018年08月16日 ハンガリー流 音楽教育学ぶ 福井で大会  ハンガリー流 音楽教育学ぶ 福井で大会
  • 2018年08月12日 小規模校の児童数増を 若狭町・規模配置検討委 住民対象にアンケート  小規模校の児童数増を 若狭町・規模配置検討委 住民対象にアンケート
  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会②  スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会②
  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会①  スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会①
  • 2018年08月09日 20年度必修・プログラミング教育 福井市 10月から先行 小5対象  20年度必修・プログラミング教育 福井市 10月から先行 小5対象
  • 2018年08月07日 プログラミング楽しく理解 小中生100人、1泊2日フェス 鯖江・河和田  プログラミング楽しく理解 小中生100人、1泊2日フェス 鯖江・河和田
  • 2018年08月06日 理数GP予選 中学生白熱 県内7ヵ所 400チーム出場  理数GP予選 中学生白熱 県内7ヵ所 400チーム出場
  • 2018年08月05日 生涯学習、実践力が大切 仁愛大名誉教授 青山さん(福井)著書  生涯学習、実践力が大切 仁愛大名誉教授 青山さん(福井)著書
  • 2018年08月05日 紙面作りのコツつかめ 滋賀・石山高新聞部員 本社で研修  紙面作りのコツつかめ 滋賀・石山高新聞部員 本社で研修
  • 2018年08月03日 県内進学率 0.5ポイント増 今春卒高校生 進学者の37%  県内進学率 0.5ポイント増 今春卒高校生 進学者の37%
  • 2018年08月01日 「書く」「伝える」力課題 全国学力テスト 県教委分析 〝文低理高〟傾向続く  「書く」「伝える」力課題 全国学力テスト 県教委分析 〝文低理高〟傾向続く
  • 2018年08月01日 実践的な道徳教育 教諭が在り方模索 福井で研究会  実践的な道徳教育 教諭が在り方模索 福井で研究会
  • 2018年07月31日 病弱生徒の教育80人在り方探る 福井で近畿東海北陸大会  病弱生徒の教育80人在り方探る 福井で近畿東海北陸大会
  • 2018年07月29日 郷土新聞作り、生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座  郷土新聞作り、生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座
  • 2018年07月27日 復興、防災 新聞で考える 全国大会 盛岡で開幕 県内から8人参加  復興、防災 新聞で考える 全国大会 盛岡で開幕 県内から8人参加
  • 2018年07月26日 学校、医療機関、福祉機関 発達障害支援、連携探る 永平寺町でシンポジウム  学校、医療機関、福祉機関 発達障害支援、連携探る 永平寺町でシンポジウム
  • 2018年07月22日 中国語審査、世界大会へ 谷口さん(敦賀気比高3)永原さん(足羽高2) 西日本予選で1等  中国語審査、世界大会へ 谷口さん(敦賀気比高3)永原さん(足羽高2) 西日本予選で1等
  • 2018年07月22日 読書感想文、書くこつは 心に残ったこと整理を 本に5色の付箋、事前にメモ作成 自分の言葉を大事に  読書感想文、書くこつは 心に残ったこと整理を 本に5色の付箋、事前にメモ作成 自分の言葉を大事に
  • 2018年07月21日 IT企業など協議会 県内プログラミング教育推進 児童ら対象 クラブ創設へ  IT企業など協議会 県内プログラミング教育推進 児童ら対象 クラブ創設へ
  • 2018年07月21日 福井工大 単位習得、大阪大と協定 工学部・大学院研究科 実験装置活用も  福井工大 単位習得、大阪大と協定 工学部・大学院研究科 実験装置活用も
  • 2018年07月19日 道徳教科化、教員手探り 県内小学校 考えさせる授業に腐心 内面の成長、文章で評価  道徳教科化、教員手探り 県内小学校 考えさせる授業に腐心 内面の成長、文章で評価
  • 2018年07月15日 科学、深く知り楽しんで 藤島高が独自教材 名文34編収録  科学、深く知り楽しんで 藤島高が独自教材 名文34編収録
  • 2018年07月13日 準2級は藤島など7校 19年度県立高入試英検加算 加点幅縮小  準2級は藤島など7校 19年度県立高入試英検加算 加点幅縮小
  • 2018年07月09日 人材育成、Uターン促進へ 経営者と教員タッグ 福井 同友会が交流事業開催  人材育成、Uターン促進へ 経営者と教員タッグ 福井 同友会が交流事業開催
  • 2018年07月08日 20年度から必修化、プログラミング教育 論理的思考力育つ 県内普及活動グループ「PCN」 松田優一代表に聞く  20年度から必修化、プログラミング教育 論理的思考力育つ 県内普及活動グループ「PCN」 松田優一代表に聞く
  • 2018年07月07日 池田町と学研提携 教育体験開発、PRで  池田町と学研提携 教育体験開発、PRで
  • 2018年07月07日 AIの時代、生きる力を 福井大附属 児童に新教科「社会創生科」  AIの時代、生きる力を 福井大附属 児童に新教科「社会創生科」
  • 2018年07月04日 羽水高、香港学校と協定 生徒対話、地域課題解決へ  羽水高、香港学校と協定 生徒対話、地域課題解決へ
  • 2018年07月03日 「指導力不足教員 分限処分検討を」 総務教育常任委で細川委員  「指導力不足教員 分限処分検討を」 総務教育常任委で細川委員
  • 2018年07月03日 スポーツや文化「特色選抜」導入 19年度県立高 校長推薦は不要  スポーツや文化「特色選抜」導入 19年度県立高 校長推薦は不要
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ
こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」