トップページ > キッズこだま > 4月テーマは「大切な言葉」

4月テーマは「大切な言葉」

 「投稿を見る」へ

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

たった一つの「命」守りたい

越前市服間小  4年 國定 栄太

 ぼくは「命(いのち)」という字(じ)をえらびました。なぜ「命(いのち)」をえらんだかというと、親(おや)からもらった、たった一(ひと)つの大切(たいせつ)なものだからです。
 ニュースでよく、自(じ)さつや、さつ人(じん)を耳(みみ)にします。勝手(かって)に人(ひと)の命(いのち)をうばうのは、とてもこわいと思(おも)いました。学校(がっこう)のじゅ業(ぎょう)でも命(いのち)の大切(たいせつ)さの勉強(べんきょう)もしました。
 ぼくは、一人一人(ひとりひとり)が命(いのち)の大切(たいせつ)さを知(し)ると、自(じ)さつや、さつ人(じん)がへると思(おも)います。だから自分(じぶん)の命(いのち)は自分(じぶん)で守(まも)っていきたいと思(おも)います。

「がんばれ」で勇気でてくる

越前市服間小  5年 武安 駿輔

 ぼくの大切(たいせつ)な言葉(ことば)は「がんばれ」です。なぜかと言(い)うと、がんばれと言(い)われると勇気(ゆうき)がもらえるからです。
 がんばれと言(い)われたことは、いっぱいあります。たとえばマラソン大会(たいかい)、体育大会(たいいくたいかい)、バレーボールでの試合(しあい)。まだまだ、いろいろなことで、がんばれと言(い)われたことがあります。
 とくに「がんばれ」をいっぱいくれるのがお母(かあ)さんです。お母(かあ)さんはマラソン大会(たいかい)や体育大会(たいいくたいかい)の100メートル走(そう)で、こうふんしながら「がんばれ」と言(い)ってくれました。お父(とう)さんは、バレーでミスったところを教(おし)えてくれます。お父(とう)さんは、みんなとちがって「もっとがんばれ」と言(い)ってくれます。ぼくは、がんばれと言(い)われると勇気(ゆうき)がでてきます。

人に言われる前に自分でやる「ゾウ」

若狭町梅梅の里小  4年 元田 七海

 ぼくが大切(たいせつ)にしたい言葉(ことば)は「ゾウ」です。校長先生(こうちょうせんせい)が、しゅう会(かい)の時(とき)におっしゃった言葉(ことば)です。ぼくは「ゾウ」という言葉(ことば)を使(つか)いたいと思(おも)います。
 「ゾウ」とは、人(ひと)に言(い)われないで自分(じぶん)からやることです。「マラソンをがんばるゾウ」「勉強(べんきょう)を早(はや)くするゾウ」「そうじ場所(ばしょ)に早(はや)く行(い)くゾウ」「野球(やきゅう)をがんばるゾウ」「空手(からて)をがんばるゾウ」を使(つか)えるようにしたいです。
 今年(ことし)からレイカーズに入(はい)りました。レイカーズではバッティング練習(れんしゅう)や、とうるいの練習(れんしゅう)、フライをとる練習(れんしゅう)など多(おお)くの練習(れんしゅう)をしています。ぼくはバッティングがうまくなりたいので「がんばるゾウ」という気持(きも)ちをもって、家(いえ)ですぶりをがんばりたいと思(おも)います。「今年一年(ことしいちねん)、がんばるゾウ」。

大人に向かってはばたいていく

大野市有終西小 5年  網本 遥太

  ぼくは「はばたき」という言葉(ことば)を目標(もくひょう)にしています。
 ようち園(えん)、ほいく園(えん)から小学生(しょうがくせい)へ。小学生(しょうがくせい)から中学生(ちゅうがくせい)へはばたくのは、とてもすばらしいことだと思(おも)うし、はばたくというのは、うえに上(あ)がるということなので、成長(せいちょう)のあかしだと思(おも)います。
 まだ小(ちい)さなぼくたちでも、やがては大人(おとな)になり、しょく業(ぎょう)につきます。何度(なんど)もはばたいて、一人前(いちにんまえ)の大人(おとな)になれるまでには、苦(くる)しいこともたくさんあるけれど、負(ま)けずにはばたいていこうと思(おも)います。早(はや)く一人前(いちにんまえ)になりたいです。
 まだ子(こ)どものぼくだけれど、せいいっぱいがんばりたいです。今(いま)いる同(おな)じクラスの子(こ)といっしょにはばたけると、一番(いちばん)うれしいです。

トーマスの歌でなわとびとべた

大野市有終南小 4年  齊藤 暖人

 ぼくのすきなキャラクターの中(なか)にトーマスがあります。トーマスのえいがを見(み)て、ゆう気(き)をもらった言葉(ことば)があります。それは「自分(じぶん)らしく走(はし)れ、行(い)けるとこまで。自分(じぶん)らしい速(はや)さで行(い)けるとこまで。大(おお)きさも関係(かんけい)ないよ、大事(だいじ)なのは心(こころ)」という言葉(ことば)です。
 トーマスとその友(とも)だちのアシマが歌(うた)っていた歌(うた)ですが、ぼくも歌(うた)うと元気(げんき)になれます。
 ぼくたちは学校(がっこう)でなわとび大会(たいかい)に向(む)けて練習(れんしゅう)していました。なわとびのじょうずな子(こ)がいて、ぼくは負(ま)けているなあと思(おも)っていました。でも、とくいな二重(にじゅう)とびでは、新(しん)きろくは出(だ)したいなあと思(おも)っていました。練習(れんしゅう)では65回(かい)がさい高(こう)でした。
 本番(ほんばん)、50回(かい)とんだぐらいで、つかれてきたけれど、トーマスの歌(うた)を思(おも)い出(だ)してがんばり、84回(かい)の自(じ)こベストが出(だ)せました。

けいぞくは力がんばりたい

大野市有終南小 3年   小島 大虎

 ぼくが大切(たいせつ)にしたいと思(おも)っていることばは「けいぞくは力(ちから)なり」です。このことばは、おとうさんに教(おし)えてもらいました。
 ぼくは、新(あたら)しく教(おし)えてもらったことを、すぐにできるようになることがなかなかありません。てつぼうのさか上(あ)がりやピアニカができるようになるために、たくさんれんしゅうをしました。れんしゅうをしているときは、はやくあそびたいし、むずかしくていやなので、やめたくなりました。でも、おとうさんから「つづけてがんばってできるようになったことは、なかなかわすれない」といわれたのでがんばってできるようになりました。
 けいぞくは力(ちから)なりということばを大切(たいせつ)にして、またできないことがあったときにがんばりたいです。

命をむだにせず感しゃして食事

大野市有終西小 5年  笹嶋 柚子

 わたしが大切(たいせつ)だと思(おも)う言葉(ことば)は「いただきます」と「ごちそうさま」です。この二(ふた)つの言葉(ことば)は、ただ言(い)うだけじゃなくて、きちんと気持(きも)ちをこめて言(い)いたいなと思(おも)います。
 その気持(きも)ちはどんな気持(きも)ちかというと、農家(のうか)の人(ひと)や栄養士(えいようし)さん、調理師(ちょうりし)さんへの「感(かん)しゃ」ですが、それ以上(いじょう)に、わたしたちがたくさんごはんを食(た)べられるのは、たくさんの命(いのち)をもらっているからです。たくさんの命(いのち)をもらっているのに、それに感(かん)しゃしない人(ひと)は、しつれいだと思(おも)います。だから、わたしはこの感(かん)しゃの気持(きも)ちをわすれずにきちんと言(い)いたいと思(おも)います。
 ふざけて言(い)う人(ひと)やきちんと言(い)わない人(ひと)がいるけれど、たくさんの命(いのち)がもったいないと思(おも)います。命(いのち)をむだにせず、きちんと感(かん)しゃして食事(しょくじ)をしたいと思(おも)います。

あきらめない心 勇気をもらえた

大野市有終南小  5年 加藤 ちなつ

 私(わたし)の大切(たいせつ)な言葉(ことば)はいっぱいあります。その中(なか)でも一番(いちばん)は「あきらめない心(こころ)」です。
 ある日(ひ)、私(わたし)が、バスケの試合(しあい)で調子(ちょうし)が悪(わる)くて、カットばっかりされていました。でもタイムアウトのとき、コーチが「あきらめない心(こころ)があれば大丈夫(だいじょうぶ)」と言(い)ってくれました。私(わたし)はそのとき、心(こころ)があきらめかけていたので、勇気(ゆうき)をもらったような気(き)がしました。コーチに教(おし)えてもらいながら頑張(がんば)りました。
 試合(しあい)が終(お)わり、得点板(とくてんばん)を見(み)ると、ぎゃく点(てん)して勝(か)っていました。その時(とき)、私(わたし)は、思(おも)わずガッツポーズをしてしまいました。みんなが喜(よろこ)んでいてよかったと思(おも)いました。私(わたし)はコーチに今(いま)でも、かんしゃしています。試合(しあい)の時(とき)はあの言葉(ことば)をむねにだいて頑張(がんば)っています。「あきらめない心(こころ)」は私(わたし)の一番(いちばん)の言葉(ことば)です。

学校の合言葉 はげまされる

大野市有終西小  5年 田中 奈央



(たなか なお)

 わたしの好(す)きな言葉(ことば)は「悔(く)いなきがんばり」です。「悔(く)いなきがんばり」は有終西小学校(ゆうしゅうにししょうがっこう)の合言葉(あいことば)です。この言葉(ことば)には、いろいろな思(おも)いがつまっています。例(たと)えば、自分(じぶん)も友(とも)だちも大好(だいす)きになろう、笑顔(えがお)いっぱいの西(にし)っ子(こ)など、向上心(こうじょうしん)を持(も)った目標(もくひょう)がたくさんあります。
 わたしは、いつもつらい思(おも)いをしたときや、いやなことがあったら「悔(く)いなきがんばり」を思(おも)い出(だ)します。思(おも)い出(だ)したら、だれかにはげまされたような気(き)がします。わたしもがんばろうという気持(きも)ちが、だんだん強(つよ)くなります。
 有終西小学校(ゆうしゅうにししょうがっこう)の合言葉(あいことば)「悔(く)いなきがんばり」はずっと前(まえ)から伝(つた)わってきています。わたしが、どこへ行(い)っても、どんなときでも、ふるさとになる有終西小学校(ゆうしゅうにししょうがっこう)の合言葉(あいことば)をわすれずに、最後(さいご)まで何(なん)でもやりとげたいと思(おも)います。

努力は成功につながる

大野市有終西小  5年 馬場 妃菜乃

 私(わたし)は「努力(どりょく)は成功(せいこう)のもと」という言葉(ことば)を大切(たいせつ)にしています。
 この言葉(ことば)は、私(わたし)が2年生(ねんせい)の時(とき)に出合(であ)った言葉(ことば)です。努力(どりょく)をしなければ成功(せいこう)しないけれど、努力(どりょく)をしても失敗(しっぱい)することがあるという言葉(ことば)を聞(き)いて、私(わたし)の人生(じんせい)のテーマを「努力(どりょく)」にしようと決(き)めました。
 テストや習(なら)いごとでも、できないことがあったら、みんなの倍(ばい)、努力(どりょく)するようにしたいし、どんなにつらくても、未来(みらい)の自分(じぶん)を信(しん)じて努力(どりょく)するようにがんばっています。
 そのしょうこに、なわとびで3分(ぷん)とばなきゃいけないのに、とべませんでしたが、休(やす)みの日(ひ)も使(つか)って練習(れんしゅう)したら、とべるようになりました。「できないものはできない」とずっと思(おも)っていたけれど、この体験(たいけん)を通(とお)して、努力(どりょく)の大切(たいせつ)さをさいかくにんしました。努力(どりょく)することで成功(せいこう)につながるから、努力(どりょく)するとみんなできるということを伝(つた)えたいです。

あいさつすると お互いが元気に

大野市有終南小  3年 宮下 敦希

 ぼくの大切(たいせつ)な言(こと)ばは「おはようございます」です。わけは、元気(げんき)よくあいさつをすると、あいさつをする人(ひと)も、された人(ひと)も元気(げんき)が出(で)るからです。ぼくは、学校(がっこう)で元気(げんき)にあいさつすることを心(こころ)がけています。先生(せんせい)に「いつも元気(げんき)にあいさつしてくれてありがとう」とほめられて、とてもうれしかったです。
 ぼくは、ちいきでもあいさつをしています。朝(あさ)は「おはようございます」、昼(ひる)は「こんにちは」と、すれちがう人(ひと)に言(い)っています。ぼくがあいさつをすると、ちいきの人(ひと)も元気(げんき)にあいさつをかえしてくれます。そのおかげで、ぼくはいつも元気(げんき)に学校(がっこう)に行(い)くことができます。
 あいさつは、元気(げんき)づけてくれるまほうの言(こと)ばです。これからもあいさつをつづけたいです。

向上心持ち チャレンジ

大野市有終西小  5年 城戸 悠翔

 ぼくのすきな言葉(ことば)は「向上心(こうじょうしん)」です。向上心(こうじょうしん)というのは、自分(じぶん)の才(さい)のうや、じつ力(りょく)に満足(まんぞく)せずに、さらに上(うえ)をめざすという意味(いみ)です。ぼくは、この向上心(こうじょうしん)という言葉(ことば)を言(い)うたびに、心(こころ)の中(なか)で「向上心(こうじょうしん)をもとう」と心(こころ)がけることができます。
 たまに、向上心(こうじょうしん)という言葉(ことば)を忘(わす)れてしまって、自分(じぶん)がしていることにまんぞくしてしまうときがあります。そういうときは、気(き)をとりなおして、向上心(こうじょうしん)をもって、いろいろなことに取(と)り組(く)んできました。ぼくはこれからも向上心(こうじょうしん)を持(も)って行動(こうどう)し、自分(じぶん)がしていることに満足(まんぞく)せずに、たくさんのことにチャレンジしていきたいです。

「ありがとう」 友達も笑顔に

大野市有終南小  5年 原 梨乃

 私(わたし)の好(す)きな言葉(ことば)は「ありがとう」です。私(わたし)が友達(ともだち)のえん筆(ぴつ)をひろった時(とき)、友達(ともだち)に「ありがとう」と言(い)ってもらってうれしかったからです。また、友達(ともだち)が私(わたし)の教科書(きょうかしょ)をひろってくれた時(とき)、私(わたし)が「ありがとう」と言(い)ったら、友達(ともだち)が笑顔(えがお)になってくれたからです。「ありがとう」は、言(い)った人(ひと)も言(い)われた人(ひと)も良(よ)い気持(きも)ちになるから大好(だいす)きな言葉(ことば)です。
 私(わたし)が通(かよ)っている有終南小学校(ゆうしゅうみなみしょうがっこう)は「ありがとうメッセージ」があり、先生(せんせい)や友達(ともだち)にありがとうが伝(つた)えられます。ろう下(か)にはってあり、そこには「ありがとう」がいっぱいあります。
 私(わたし)も、おせわになった人(ひと)に「ありがとう」を伝(つた)えていきたいと思(おも)います。

いつも私の味方 家族はたから物

あわら市伊井小  5年 山本 歩夢

 わたしのいちばん大切(たいせつ)な言葉(ことば)は「家族(かぞく)」です。なぜかというと、つらいときも悲(かな)しいときも、いつもそばにいてくれるからです。そして、いつも私(わたし)の味方(みかた)でいてくれるからです。
 お母(かあ)さんは、せんたくをしたり、夜(よる)ご飯(はん)を作(つく)ったりしてくれて、お父(とう)さんは、茶(ちゃ)わんあらいや、お母(かあ)さんがいないときは、家(いえ)のことを全部(ぜんぶ)やってくれます。妹(いもうと)は、いっしょに遊(あそ)んでくれるし、みんなとてもいい家族(かぞく)です。
 お母(かあ)さんやお父(とう)さんや妹(いもうと)がいないことを考(かんが)えると、わたしは生(い)きていけないと思(おも)います。だから、家族(かぞく)はとっても大切(たいせつ)です。わたしのいちばんのたから物(もの)です。これからも家族(かぞく)とたくさんの思(おも)い出(で)をつくっていきたいと思(おも)います。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2018年11月14日 EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業 EU発展の方策考察 大野・上庄中 記事を基に発表 公開授業
  • 2018年11月11日 地域の魅力 紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作 地域の魅力 紙面に凝縮 国見、越廼、殿下 3中学が合同制作
  • 2018年11月11日 県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰 県中学生郷土新聞コンクール 取材力、内容たたえる 本社 上位入賞30人を表彰
  • 2018年11月08日 運輸の重要性 記事読み理解 越前町糸生小で公開授業 運輸の重要性 記事読み理解 越前町糸生小で公開授業
  • 2018年11月08日 県中学生郷土新聞コンクール 郷土の誇り紙面に凝縮 本社で入賞作65点展示 県中学生郷土新聞コンクール 郷土の誇り紙面に凝縮 本社で入賞作65点展示

福井教育ダイジェスト

  • 2018年10月31日 書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告  書く力、記事使いアップ 小浜で研修 小中4校が実践報告
  • 2018年10月30日 県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人  県立高全日制 定員4935人 19年度 58年ぶり5千人切る 定時制350人
  • 2018年10月30日 小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合  小規模校の課題確認 池田町 教育大綱検討委が会合
  • 2018年10月28日 「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない  「大学生タイムズ」県立大生が取材、執筆 日本の働き方つらい? 理想の欧州、甘くない
  • 2018年10月26日 揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」  揺らぐ小浜の学校給食 県内唯一 全小中学校で自校式 数年欠員続く「調理員」
  • 2018年10月26日 いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査  いじめ 県内も増1247件 解消率低下 17年度文科省調査
  • 2018年10月26日 不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人  不登校6年ぶり千人超 県内17年度 小中758人、高校357人
  • 2018年10月26日 不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」  不登校、子どもの立場で 小児科医・坂後さん(福井) 親の会相談乗り30年 「学校現場が歩み寄って」
  • 2018年10月25日 日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業  日本画の技、生徒学ぶ 高志高 東京芸大院生招き授業
  • 2018年10月25日 県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞  県中学生郷土新聞コンクール 木田さん(勝山南部2)知事賞
  • 2018年10月25日 アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業  アルファベット、新聞から探せ! 福井 安居小でNIE公開授業
  • 2018年10月24日 日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募  日下部作文コンクール最高賞 田中さん(宝永)村中さん(日新) 福井JC 小6対象、417件応募
  • 2018年10月23日 下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署  下校の安全確保へ協定 福井市教委×福井署×南署
  • 2018年10月23日 ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価  ふくいジュニア文学賞 塚本さん(清水中3年)大賞 小説、リアルな描写評価
  • 2018年10月21日 古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘  古里愛、紙面いっぱい 県子ども会壁新聞コンクール 特別賞など決定 魅力を発掘
  • 2018年10月21日 久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査  久保田さん(藤島2)中央選考へ 高校生読書体験記 本社で審査
  • 2018年10月20日 勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問  勝高生が地域の未来熟考 3年間通し「勝山人」学習 課題探究、市に鋭い質問
  • 2018年10月15日 池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う  池田中生自殺、報告書1年 「元気に帰れる教育考えて」 母親が手記、再発防止願う
  • 2018年10月06日 岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文  岩城君(木田6)ら最優秀  県小学生読書感想文
  • 2018年09月27日 SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査  SNS、ゲーム 1日3時間超 1カ月「読書ゼロ」4割 新聞「読まない」6割 福井の県立高生 県教委調査
  • 2018年09月27日 「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請  「置き勉」でかばん軽く 県教委 市町に工夫を要請
  • 2018年09月26日 生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人  生徒主体授業を教員学ぶ 若狭高で実践 県内外から40人
  • 2018年09月23日 不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る  不登校生の進路、柔軟に 通信、定時制やフリースクールも視野に 福井 経験基に保護者語る
  • 2018年09月23日 大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材  大学生が企画、取材、原稿執筆「大学生タイムズ」 福井大生がスマホ依存や海外留学取材
  • 2018年09月23日 学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練  学校で被災、どう動く 坂井・三国南小 「考えて行動」を訓練
  • 2018年09月23日 英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告  英語力、積極性大切さ実感 シンガポール研修の福井大附属校生報告
  • 2018年09月23日 記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ  記事題材に表現力磨く 勝山北部中 10回目のスピーチコンテスト 世界、地域へ興味広げ
  • 2018年09月20日 藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ  藤島Aが初の北陸予選V 高校生英語ディベート 12月、福井での全国大会へ
  • 2018年09月16日 海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す  海外留学生、福井の力に 昨春開校の日本語学校 地域交流充実 進学、就職促す
  • 2018年09月16日 読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」  読字障害、早期支援を ディスレクシア 自己評価低下、登校渋りにつながる懸念 県内専門医「学校、家族の協力重要」
  • 2018年09月15日 小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置  小中学校規模適正化 統廃合方針 来年度末に 福井市、検討委を設置
  • 2018年09月14日 福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を  福井市会予特委 教員の勤務実態 始業前も把握を
  • 2018年09月13日 数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念  数学教育に尽力 福井の青山さん表彰 学会100周年記念
  • 2018年09月08日 自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針  自校調理の小中学校給食 段階的に民間委託へ 福井市方針
  • 2018年09月02日 学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」  学校のブラック迫る 教員の長時間労働 理不尽な校則 名古屋大大学院准教授 内田氏(福井出身)が著書 「社会全体で議論を」
  • 2018年08月28日 小中再編見直しへ調査 大野市教委 他自治体を視察予定  小中再編見直しへ調査 大野市教委 他自治体を視察予定
  • 2018年08月28日 教育大綱を年度内改定へ 池田町 検討委が初会合  教育大綱を年度内改定へ 池田町 検討委が初会合
  • 2018年08月28日 市立保育園の民営化急ぐ 小浜市長 厳しい財政見越し  市立保育園の民営化急ぐ 小浜市長 厳しい財政見越し
  • 2018年08月26日 福井の「今」を記事に アントレ・キッズ 一日新聞記者挑戦 取材通し働く楽しさ体感  
  • 2018年08月24日 薦めたい留学先に 福井工大選ばれる 5年連続、殿堂入り  薦めたい留学先に 福井工大選ばれる 5年連続、殿堂入り
  • 2018年08月24日 楽しいと思う学校に 中学生自殺受け今春新設 池田町・内藤教育企画官  楽しいと思う学校に 中学生自殺受け今春新設 池田町・内藤教育企画官
  • 2018年08月22日 肢体不自由児の支援 家庭と学校が連携を 福井で全国大会  肢体不自由児の支援 家庭と学校が連携を 福井で全国大会
  • 2018年08月21日 大野市政に鋭く質問 子ども議会 10人登壇 「飲料工場造って」「PR徹底的に」  大野市政に鋭く質問 子ども議会 10人登壇 「飲料工場造って」「PR徹底的に」
  • 2018年08月17日 恐竜研究者 夢追う若者 県立大大学院に新設 古生物学コース 教員休職や再入学3人  恐竜研究者 夢追う若者 県立大大学院に新設 古生物学コース 教員休職や再入学3人
  • 2018年08月16日 ハンガリー流 音楽教育学ぶ 福井で大会  ハンガリー流 音楽教育学ぶ 福井で大会
  • 2018年08月12日 小規模校の児童数増を 若狭町・規模配置検討委 住民対象にアンケート  小規模校の児童数増を 若狭町・規模配置検討委 住民対象にアンケート
  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会②  スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会②
  • 2018年08月12日 スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会①  スローガン「新聞と歩む 復興、未来へ」 盛岡でNIE全国大会①
  • 2018年08月09日 20年度必修・プログラミング教育 福井市 10月から先行 小5対象  20年度必修・プログラミング教育 福井市 10月から先行 小5対象
  • 2018年08月07日 プログラミング楽しく理解 小中生100人、1泊2日フェス 鯖江・河和田  プログラミング楽しく理解 小中生100人、1泊2日フェス 鯖江・河和田
  • 2018年08月06日 理数GP予選 中学生白熱 県内7ヵ所 400チーム出場  理数GP予選 中学生白熱 県内7ヵ所 400チーム出場
  • 2018年08月05日 生涯学習、実践力が大切 仁愛大名誉教授 青山さん(福井)著書  生涯学習、実践力が大切 仁愛大名誉教授 青山さん(福井)著書
  • 2018年08月05日 紙面作りのコツつかめ 滋賀・石山高新聞部員 本社で研修  紙面作りのコツつかめ 滋賀・石山高新聞部員 本社で研修
  • 2018年08月03日 県内進学率 0.5ポイント増 今春卒高校生 進学者の37%  県内進学率 0.5ポイント増 今春卒高校生 進学者の37%
  • 2018年08月01日 「書く」「伝える」力課題 全国学力テスト 県教委分析 〝文低理高〟傾向続く  「書く」「伝える」力課題 全国学力テスト 県教委分析 〝文低理高〟傾向続く
  • 2018年08月01日 実践的な道徳教育 教諭が在り方模索 福井で研究会  実践的な道徳教育 教諭が在り方模索 福井で研究会
  • 2018年07月31日 病弱生徒の教育80人在り方探る 福井で近畿東海北陸大会  病弱生徒の教育80人在り方探る 福井で近畿東海北陸大会
  • 2018年07月29日 郷土新聞作り、生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座  郷土新聞作り、生徒こつ学ぶ 県立図書館で講座
  • 2018年07月27日 復興、防災 新聞で考える 全国大会 盛岡で開幕 県内から8人参加  復興、防災 新聞で考える 全国大会 盛岡で開幕 県内から8人参加
  • 2018年07月26日 学校、医療機関、福祉機関 発達障害支援、連携探る 永平寺町でシンポジウム  学校、医療機関、福祉機関 発達障害支援、連携探る 永平寺町でシンポジウム
  • 2018年07月22日 中国語審査、世界大会へ 谷口さん(敦賀気比高3)永原さん(足羽高2) 西日本予選で1等  中国語審査、世界大会へ 谷口さん(敦賀気比高3)永原さん(足羽高2) 西日本予選で1等
  • 2018年07月22日 読書感想文、書くこつは 心に残ったこと整理を 本に5色の付箋、事前にメモ作成 自分の言葉を大事に  読書感想文、書くこつは 心に残ったこと整理を 本に5色の付箋、事前にメモ作成 自分の言葉を大事に
  • 2018年07月21日 IT企業など協議会 県内プログラミング教育推進 児童ら対象 クラブ創設へ  IT企業など協議会 県内プログラミング教育推進 児童ら対象 クラブ創設へ
  • 2018年07月21日 福井工大 単位習得、大阪大と協定 工学部・大学院研究科 実験装置活用も  福井工大 単位習得、大阪大と協定 工学部・大学院研究科 実験装置活用も
  • 2018年07月19日 道徳教科化、教員手探り 県内小学校 考えさせる授業に腐心 内面の成長、文章で評価  道徳教科化、教員手探り 県内小学校 考えさせる授業に腐心 内面の成長、文章で評価
  • 2018年07月15日 科学、深く知り楽しんで 藤島高が独自教材 名文34編収録  科学、深く知り楽しんで 藤島高が独自教材 名文34編収録
  • 2018年07月13日 準2級は藤島など7校 19年度県立高入試英検加算 加点幅縮小  準2級は藤島など7校 19年度県立高入試英検加算 加点幅縮小
  • 2018年07月09日 人材育成、Uターン促進へ 経営者と教員タッグ 福井 同友会が交流事業開催  人材育成、Uターン促進へ 経営者と教員タッグ 福井 同友会が交流事業開催
  • 2018年07月08日 20年度から必修化、プログラミング教育 論理的思考力育つ 県内普及活動グループ「PCN」 松田優一代表に聞く  20年度から必修化、プログラミング教育 論理的思考力育つ 県内普及活動グループ「PCN」 松田優一代表に聞く
  • 2018年07月07日 池田町と学研提携 教育体験開発、PRで  池田町と学研提携 教育体験開発、PRで
  • 2018年07月07日 AIの時代、生きる力を 福井大附属 児童に新教科「社会創生科」  AIの時代、生きる力を 福井大附属 児童に新教科「社会創生科」
  • 2018年07月04日 羽水高、香港学校と協定 生徒対話、地域課題解決へ  羽水高、香港学校と協定 生徒対話、地域課題解決へ
  • 2018年07月03日 「指導力不足教員 分限処分検討を」 総務教育常任委で細川委員  「指導力不足教員 分限処分検討を」 総務教育常任委で細川委員
  • 2018年07月03日 スポーツや文化「特色選抜」導入 19年度県立高 校長推薦は不要  スポーツや文化「特色選抜」導入 19年度県立高 校長推薦は不要
ふくい椿ファイル
この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ
こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」