トップページ > キッズこだま > 9月テーマは「私の宝物」

9月テーマは「私の宝物」

 「投稿を見る」へ

■送り先
〒910-8552
(住所不要)福井新聞社文化生活部 キッズこだま係

学校やちいきの人 ぬいぐるみも大事

越前市服間小 4年  多田 美咲

 わたしの宝物(たからもの)は三(みっ)つあります。一(ひと)つ目(め)は、人形(にんぎょう)(ぬいぐるみ)です。わたしは、人形(にんぎょう)が大好(だいす)きです。へやにはたくさんあります。人形(にんぎょう)は、男(おとこ)の子(こ)でもあそべるのでいいなと思(おも)います。
 二(ふた)つ目(め)は学校(がっこう)のみんな・ちいきの人(ひと)です。学校(がっこう)は、先生(せんせい)とクラスの友達(ともだち)です。先生(せんせい)はやさしいので、わたしもたんにんの上木先生(うえきせんせい)みたいにやさしくなりたいと思(おも)います。学校(がっこう)のみんなは同(どう)きゅう生(せい)が一番(いちばん)いいですが、年下(としした)も、ものすごくかわいいです。ちいきの人(ひと)たちは、いつも見守(みまも)ってもらっているので大事(だいじ)です。
 三(みっ)つ目(め)は家族(かぞく)です。兄(あに)・母(はは)・父(ちち)がいないとわたしは生(い)きていけません。母(はは)のおかげで、わたしが生(う)まれました。母(はは)は、やさしくて、いろいろ家事(かじ)をしてくれます。
 この三(みっ)つがわたしの、大事(だいじ)な大事(だいじ)な宝物(たからもの)です。

アルバム見ると 気持ちワクワク

小浜市遠敷小 6年  斉藤 明花里

 私(わたし)の宝物(たからもの)は、アルバムです。なぜなら、アルバムは赤(あか)ちゃんのときから現在(げんざい)までの成長(せいちょう)が残(のこ)されている大切(たいせつ)な物(もの)だからです。アルバムは全(すべ)ての思(おも)い出(で)がつめこまれていると思(おも)います。
 人(ひと)は全(すべ)ての成長(せいちょう)、思(おも)い出(で)を覚(おぼ)えていないけれど、アルバムにはしっかり残(のこ)っています。アルバムを見(み)ると「なつかしいな」「こんなことあったな」と思(おも)い出(だ)し、楽(たの)しいワクワクした気持(きも)ちになります。
 私(わたし)は、家族(かぞく)と、はなれるときはアルバムを持(も)っていきたいと思(おも)います。家族(かぞく)の写真(しゃしん)を見(み)ると心(こころ)がホッとします。小(ちい)さいころの写真(しゃしん)を見(み)ると、今(いま)とちがってかわいいし、性格(せいかく)もちがうなと分(わ)かります。今(いま)と昔(むかし)で変(か)わるところもあれば、変(か)わらないところもあるなと実感(じっかん)することができます。アルバムは私(わたし)にとって大切(たいせつ)な宝物(たからもの)です。

想像ふくらむ小説楽しい

越前市武生西小 6年  高木 りな

 私(わたし)の宝物(たからもの)は本(ほん)です。以前(いぜん)は、マンガや雑誌(ざっし)ばっかり読(よ)んでいたけれど、小説(しょうせつ)もおもしろくて宝物(たからもの)になりました。
 小説(しょうせつ)を読(よ)み終(お)わると「おもしろかったな」という気持(きも)ちが残(のこ)るのが好(す)きだし、絵(え)ばかりじゃなく、文字(もじ)が中心(ちゅうしん)なので想像(そうぞう)できて楽(たの)しいです。分厚(ぶあつ)い本(ほん)を読(よ)んだら、その分(ぶん)、頭(あたま)が良(よ)くなったんじゃないかなと思(おも)います。
 小説(しょうせつ)を書(か)いている人(ひと)、小説家(しょうせつか)は本当(ほんとう)にすごいなと思(おも)います。なんで、あんなにいいストーリーを思(おも)いつくのかなぁと思(おも)います。私(わたし)は小説家(しょうせつか)のような、そんな創造力(そうぞうりょく)、表現力(ひょうげんりょく)がほしいです。

おとうさんが つくったへや

大野市有終南小 2年 笹嶋 翼

 わたしのたからものは、じぶんのへやです。なぜかというと、おとうさんがつくってくれ、じぶんでかべがみをえらんだからです。でもいまは、つかっていません。なぜかというと、まだ1人(ひとり)でねたりおきたりできないからです。
 大(おお)きくなったら、ベッドをおき、べんきょうづくえをおき、おもちゃばこをおき、おともだちをたくさんよびたいです。
 1人(ひとり)でねられるようになったら、夏休(なつやす)みのこうさくでつくった、にじ色(いろ)のランプをつけてねたいです。でんきをけすと、にじいろのランプからいろいろないろがでてきて、へやじゅうがカラフルになります。わたしのへやから大(おお)のじょうが見(み)えてきれいです。それがじまんです。

友人、家族の 支えに感謝

若狭町梅の里小  6年 吉田 遥香

 私(わたし)の宝物(たからもの)は家族(かぞく)、友人(ゆうじん)です。私(わたし)がおちこんでいるときや悲(かな)しんでいるとき、いつもそばにいてくれて、はげましてくれるからです。
 家族(かぞく)には、たくさんめいわくをかけています。すぐおこってしまったり、やつあたりをしてしまったりします。ストレスがたまり、なやみごとも多(おお)いです。それを優(やさ)しく聞(き)いてくれるのが家族(かぞく)です。
 友人(ゆうじん)は、親(おや)や家族(かぞく)には言(い)えないことを聞(き)いてくれます。悲(かな)しんだときは笑(わら)わせてくれたり、はげましてくれたり、共感(きょうかん)し言葉(ことば)をかけてくれたりするところが大好(だいす)きです。
 私(わたし)は本当(ほんとう)に、だれかに支(ささ)えてもらってるんだと改(あらた)めて感(かん)じました。日(ひ)ごろは感謝(かんしゃ)を伝(つた)えられていませんが、私(わたし)の心(こころ)の支(ささ)えになっています。これからもずっと支(ささ)えてください。

心配してくれる 家族に恩返しを

越前市武生西小 6年 近藤 安優

 私(わたし)の宝物(たからもの)は家族(かぞく)です。わけは、家族(かぞく)はどんな悲(かな)しいことがあっても、そばにいて話(はなし)を聞(き)いてくれます。そして「つらかったね。大丈夫(だいじょうぶ)だよ」と言(い)ってなぐさめてくれます。うれしいことがあったときは私以上(わたしいじょう)に喜(よろこ)んでくれてハイタッチをしてくれます。
 もう一(ひと)つは、病気(びょうき)にかかったときには、薬(くすり)を飲(の)ませてくれたり、おかゆを作(つく)ってくれたりして、まるで自分(じぶん)のことのように心配(しんぱい)してくれて、かんびょうしてくれました。そのときに私(わたし)は、こんなに心配(しんぱい)してくれてうれしいな、早(はや)くがんばって治(なお)そうと思(おも)いました。だから、私(わたし)の宝物(たからもの)は家族(かぞく)です。これからは私(わたし)が何(なに)か恩返(おんがえ)ししたいです。

けんかもするけど かわいい2人の弟

大野市有終南小 4年 加藤 陽向

 ぼくには2人(ふたり)の弟(おとうと)がいます。ぼくは2人(ふたり)が大(だい)すきです。ぼくたちは3人(にん)とも、宇宙(うちゅう)に関係(かんけい)した名前(なまえ)です。ぼくは陽向(ひなた)で太陽(たいよう)です。2番目(ばんめ)の弟(おとうと)は悠月(ゆづき)で月(つき)です。3番目(ばんめ)の弟(おとうと)は星渚(せな)で星(ほし)です。両親(りょうしん)はどんな気持(きも)ちで名前(なまえ)をつけたのだろうと、いつも空(そら)を見(み)ながら兄弟(きょうだい)で話(はなし)をします。
 2歳下(さいした)の弟(おとうと)、悠月(ゆづき)は、絵(え)や字(じ)をかくのがとても上手(じょうず)で、負(ま)けないかとひやひやします。5歳下(さいした)の弟(おとうと)、星渚(せな)は、いつも泣(な)いているイメージがあります。星渚(せな)は甘(あま)えんぼうです。最近(さいきん)は、おしゃべりも上手(じょうず)になってきて、ぼくとけんかだってします。けんかをしても、ぼくのことをたよりにしてくれる弟(おとうと)2人(ふたり)がすごくかわいいです。ぼくの大事(だいじ)な宝物(たからもの)です。

USJで買った限定シャーペン

若狭町梅の里小 6年  武長 孝要

 ぼくの宝物(たからもの)は修学旅行(しゅうがくりょこう)のUSJで買(か)ったシャーペンです。ぼくはあまりシャーペンを使(つか)わず、えんぴつを使(つか)っているけれど、このUSJで買(か)ったシャーペンは宝物(たからもの)です。その理由(りゆう)は三(みっ)つあります。
 一(ひと)つ目(め)は、修学旅行(しゅうがくりょこう)の時(とき)に自分(じぶん)のおこづかいで買(か)った思(おも)い出(で)のものだからです。
 二(ふた)つ目(め)の理由(りゆう)は、そのシャーペンが期間限定(きかんげんてい)のもので、あまり売(う)っていないものだったからです。
 三(みっ)つ目(め)の理由(りゆう)は、自分(じぶん)のシャーペンだからです。ぼくは今(いま)まで家族(かぞく)みんなで使(つか)っていて、自分(じぶん)が使(つか)いたいときに使(つか)えないことがあったから、自分(じぶん)のができてうれしかったです。
 今(いま)はあまりシャーペンを使(つか)わないけれど、中学生(ちゅうがくせい)になったら使(つか)おうと思(おも)います。思(おも)い出(で)の宝物(たからもの)なので大切(たいせつ)に使(つか)いたいと思(おも)います。

いつもえ顔で いられる家族

あわら市伊井小 4年  圓道 遥菜

わたしのたから物(もの)は家族(かぞく)です。
 お母(かあ)さんは、わたしを生(う)んでくれたし、やさしくしてくれます。お父(とう)さんも、やさしいし、勉強(べんきょう)を教(おし)えてくれます。おばあちゃんは、私(わたし)が習(なら)っているバレーボールのことをほめてくれたり、料理(りょうり)を作(つく)ってくれたりします。お兄(にい)ちゃんは、お兄(にい)ちゃんのいろいろな物(もの)を使(つか)わせてくれるし、やさしいです。
 みんなに共通(きょうつう)して、すきなところは、元気(げんき)で、え顔(がお)のところです。家族(かぞく)といっしょにいると楽(たの)しくて、いつも、え顔(がお)でいられるところが、いいところです。
 わたしが、バレーボールの練習(れんしゅう)をしたり、し合(あい)に出(で)たりすることができるのも、家族(かぞく)のささえのおかげです。県大会(けんたいかい)に行(い)けるのも、いろいろな人(ひと)たちや家族(かぞく)のささえがあったから行(い)けるんだなと思(おも)います。家族(かぞく)はわたしのたから物(もの)です。

元気もらえる 仲間を大切に

小浜市加斗小 6年  阿部 比奈乃

 私(わたし)にとって、一番(いちばん)の宝物(たからもの)は仲間(なかま)です。仲間(なかま)とは、今(いま)いっしょに勉強(べんきょう)や運動(うんどう)をしている学校(がっこう)のみんなです。いろいろな性格(せいかく)の人(ひと)がいるし、いつも元気(げんき)をもらっているからです。特(とく)に同(おな)じ学年(がくねん)の人(ひと)と勉強(べんきょう)したり、遊(あそ)んだり、運動(うんどう)したり、いっしょに何(なに)かをやりとげたりするのはとても楽(たの)しいです。
 私(わたし)が悲(かな)しんでいるときは、話(はなし)を聞(き)いてはげましてくれ、けがをして痛(いた)がっているときは、保健室(ほけんしつ)までつれていってくれる仲間(なかま)にとても感謝(かんしゃ)しています。
 今年(ことし)は6年生(ねんせい)で、学校(がっこう)のリーダーとして下級生(かきゅうせい)をひっ張(ぱ)っていかなければいけないけれど、これまでいろいろなことをいっしょに乗(の)りこえてきた私(わたし)の大切(たいせつ)な仲間(なかま)なら、がん張(ば)れると思(おも)います。
 中学校(ちゅうがっこう)に行(い)ったら、みんな同(おな)じクラスにはなれないけれど、ライバルとして、がん張(ば)っていきたいです。私(わたし)は仲間(なかま)がとても大好(だいす)きです。大好(だいす)きな仲間(なかま)を大切(たいせつ)にしていきたいです。

福井県内のNIEニュース

一覧

  • 2018年01月17日 五輪効果 記事で学ぶ 成和中で公開授業 五輪効果 記事で学ぶ 成和中で公開授業
  • 2018年01月14日 20日にNIEセミナー 県NIE教育研究会 20日にNIEセミナー 県NIE教育研究会
  • 2017年12月27日 【論説】新聞感想文 思考・判断・表現の力育む 【論説】新聞感想文 思考・判断・表現の力育む
  • 2017年12月20日 偉人功績 英字紙で探る 福井・成和中で公開授業 偉人功績 英字紙で探る 福井・成和中で公開授業
  • 2017年12月17日 【NIE話】オリジナル見出しに挑戦 【NIE話】オリジナル見出しに挑戦

福井教育ダイジェスト

  • 2017年12月30日 プログラミング教育 先駆者が意義を強調 福井で「サミット」  プログラミング教育 先駆者が意義を強調 福井で「サミット」
  • 2017年12月29日 小学英語教材を共同開発 県教委、ベネッセ 18年度導入向け 研修もスタート  小学英語教材を共同開発 県教委、ベネッセ 18年度導入向け 研修もスタート
  • 2017年12月28日 学校支援員、全小中に配置 県教委 教員勤務改善図る 国へ予算要求  学校支援員、全小中に配置 県教委 教員勤務改善図る 国へ予算要求
  • 2017年12月28日 丹南県立高再編 5校体制を決定 県教委  丹南県立高再編 5校体制を決定 県教委
  • 2017年12月27日 幼児・児童期の教育 スムーズにつなごう 永平寺町でフォーラム  幼児・児童期の教育 スムーズにつなごう 永平寺町でフォーラム
  • 2017年12月22日 悪口書き込まない、学習中操作しない… 全小中にスマホ独自規則 県教委いじめ対策協で報告  悪口書き込まない、学習中操作しない… 全小中にスマホ独自規則 県教委いじめ対策協で報告
  • 2017年12月22日 校歌検索リニューアル 坂井・県教育博物館 316校、歌唱入りに  校歌検索リニューアル 坂井・県教育博物館 316校、歌唱入りに
  • 2017年12月21日 「持続可能な社会」探る 福井でユネスコフォーラム 高校生や団体、活動発表  「持続可能な社会」探る 福井でユネスコフォーラム 高校生や団体、活動発表
  • 2017年12月20日 偉人功績、英字紙で探る 成和中 苦戦しながら読み解く  偉人功績、英字紙で探る 成和中 苦戦しながら読み解く
  • 2017年12月14日 福井の教育、体験し理解 アフガンの教員ら17人視察 越廼中  福井の教育、体験し理解 アフガンの教員ら17人視察 越廼中
  • 2017年12月13日 空き家活用しカフェ 美浜西小6年 地域交流に一役 NIEの一環  空き家活用しカフェ 美浜西小6年 地域交流に一役 NIEの一環
  • 2017年12月12日 教育行政、根本見直しを 池田中自殺で意見書案可決 県会常任委  教育行政、根本見直しを 池田中自殺で意見書案可決 県会常任委
  • 2017年12月12日 中3生56% 英検3級以上 県教委報告 前年比3倍 県立高入試導入で  中3生56% 英検3級以上 県教委報告 前年比3倍 県立高入試導入で
  • 2017年12月12日 県学校新聞コンクール 金津高など4校表彰 本社  県学校新聞コンクール 金津高など4校表彰 本社
  • 2017年12月12日 小中統廃合、方針検討へ 来年度 保護者ら交え委員会設置 若狭町  小中統廃合、方針検討へ 来年度 保護者ら交え委員会設置 若狭町
  • 2017年12月09日 県教委 カウンセラー増員 来年度 池田中自殺受け  県教委 カウンセラー増員 来年度 池田中自殺受け
  • 2017年12月08日 記事読み意見、生き生き 大野上庄小でスピーチコンテスト  記事読み意見、生き生き 大野上庄小でスピーチコンテスト
  • 2017年12月05日 小学校いじめ 認知件数1.6倍 福井市、16年度  小学校いじめ 認知件数1.6倍 福井市、16年度
  • 2017年12月03日 新聞社提供のワークシート 記事の活用を「手助け」 「今」学ぶ教材、好評 県内小中学校で広がる  新聞社提供のワークシート 記事の活用を「手助け」 「今」学ぶ教材、好評 県内小中学校で広がる
  • 2017年12月03日 国語授業力向上の参考に 三好さん(福井大名誉教授)が著書 小学校の定番教材5点例に  国語授業力向上の参考に 三好さん(福井大名誉教授)が著書 小学校の定番教材5点例に
  • 2017年12月02日 本県教育 各国から視察 世界研究学会106人 授業に感心  本県教育 各国から視察 世界研究学会106人 授業に感心
  • 2017年12月01日 エネルギー教育 講演、事例で理解 教員ら福井でセミナー  エネルギー教育 講演、事例で理解 教員ら福井でセミナー
  • 2017年11月29日 車の安全技術「納得!」 勝山・村岡小 記事使い公開授業  車の安全技術「納得!」 勝山・村岡小 記事使い公開授業
  • 2017年11月29日 障スポで何ができる? 成和中で公開授業 社説読み比べ、発表  障スポで何ができる? 成和中で公開授業 社説読み比べ、発表
  • 2017年11月28日 乾側小区が再編協議会 大野 下庄小への統合検討  乾側小区が再編協議会 大野 下庄小への統合検討
  • 2017年11月28日 県学校新聞コンクール 金津高が2年連続最優秀 特別号や発行頻度評価  県学校新聞コンクール 金津高が2年連続最優秀 特別号や発行頻度評価
  • 2017年11月24日 いっしょに読もう!新聞コンクール 野原さん(武生三中3年)ら3人優秀賞  いっしょに読もう!新聞コンクール 野原さん(武生三中3年)ら3人優秀賞
  • 2017年11月24日 学校カウンセラー 増員へ請願と署名 教育団体が県会に提出  学校カウンセラー 増員へ請願と署名 教育団体が県会に提出
  • 2017年11月23日 新聞で「片仮名」探し 安居小で公開授業 種類や意味学ぶ  新聞で「片仮名」探し 安居小で公開授業 種類や意味学ぶ
  • 2017年11月23日 相談役「命の門番」に 県教委 池田中生自殺で研修会  相談役「命の門番」に 県教委 池田中生自殺で研修会
  • 2017年11月22日 池田中自殺 教育課題を町民と共有 町教委、年内にも初会議  池田中自殺 教育課題を町民と共有 町教委、年内にも初会議
  • 2017年11月22日 高校レベルの実験挑戦 芦原・金津中生 中高一貫教育で  高校レベルの実験挑戦 芦原・金津中生 中高一貫教育で
  • 2017年11月21日 教員超勤、最長218時間 県立高・9月 部活指導で 県教委調査  教員超勤、最長218時間 県立高・9月 部活指導で 県教委調査
  • 2017年11月21日 ひとり親悩み 教育5割 高校通学、病児保育 県が助成検討 支援策定委  ひとり親悩み 教育5割 高校通学、病児保育 県が助成検討 支援策定委
  • 2017年11月15日 丹南の2校削減を了承 県立高再編で地区懇談会 県教委、年内正式決定へ  丹南の2校削減を了承 県立高再編で地区懇談会 県教委、年内正式決定へ
  • 2017年11月15日 食で活性化へ共同研究 小浜市、立命館大と協定 新学部生、実地研修の場に  食で活性化へ共同研究 小浜市、立命館大と協定 新学部生、実地研修の場に
  • 2017年11月14日 学校の適正規模 「改めて検証を」 越前町教育会議で町長  学校の適正規模 「改めて検証を」 越前町教育会議で町長
  • 2017年11月12日 自分だけの新聞できた 敦賀・赤崎小児童 記事集め、台紙に  自分だけの新聞できた 敦賀・赤崎小児童 記事集め、台紙に
  • 2017年11月12日 伝統芸能触れ感動発信 小浜で「文化プログラム・プレスセンター」 中高生が取材、新聞に  伝統芸能触れ感動発信 小浜で「文化プログラム・プレスセンター」 中高生が取材、新聞に
  • 2017年11月12日 白川静漢字教育賞 中谷教諭(福井・豊小)最優秀  白川静漢字教育賞 中谷教諭(福井・豊小)最優秀
  • 2017年11月07日 学力向上の現場 全国教員が視察 福井・中藤小など  学力向上の現場 全国教員が視察 福井・中藤小など
  • 2017年11月07日 途上国の教員研修を支援 福井大教職大学院 東南アジア、アフリカで 留学受け入れ窓口も  途上国の教員研修を支援 福井大教職大学院 東南アジア、アフリカで 留学受け入れ窓口も
  • 2017年11月05日 「秋」が満載 新聞できた NIE塾、本社で開講 写真や見出しを切り貼り  「秋」が満載 新聞できた NIE塾、本社で開講 写真や見出しを切り貼り
  • 2017年11月03日 小浜市学校再編計画 「小中校区を再検討」 美郷小、通学の安全確保 窪田新教育長  小浜市学校再編計画 「小中校区を再検討」 美郷小、通学の安全確保 窪田新教育長
  • 2017年11月03日 全小中に無線LAN 越前市方針 タブレットも配置  全小中に無線LAN 越前市方針 タブレットも配置
  • 2017年11月01日 深い学びへ活用法探る 坂井で研修会 教員180人真剣  深い学びへ活用法探る 坂井で研修会 教員180人真剣
  • 2017年10月31日 県立高18年度定員 全日制165人減 5180人 平成以降最少 定時制は20人増  県立高18年度定員 全日制165人減 5180人 平成以降最少 定時制は20人増
  • 2017年10月29日 県子ども会壁新聞コンクール 地域愛紙面に 構成、色使いで工夫の跡  県子ども会壁新聞コンクール 地域愛紙面に 構成、色使いで工夫の跡
  • 2017年10月29日 県子ども会壁新聞コンクール 地域愛紙面に 構成、色使いで工夫の跡  県子ども会壁新聞コンクール 地域愛紙面に 構成、色使いで工夫の跡
  • 2017年10月28日 異なる視点、記事に違い 芦原中で公開授業 衆院選を題材、理解  異なる視点、記事に違い 芦原中で公開授業 衆院選を題材、理解
  • 2017年10月27日 県内小中生 不登校4年連続増 千人当たり16年度調査 県教委、対策強化へ  県内小中生 不登校4年連続増 千人当たり16年度調査 県教委、対策強化へ
  • 2017年10月26日 小学校の規模適正化へ 年度内に課題整理 福井市長  小学校の規模適正化へ 年度内に課題整理 福井市長
  • 2017年10月26日 ふくいジュニア文学賞審査 山村さん(福井大附属9)大賞 エッセー展開力など評価  ふくいジュニア文学賞審査 山村さん(福井大附属9)大賞 エッセー展開力など評価
  • 2017年10月24日 「まわしよみ」で 記事の活用体験 越前市商工会青年部  「まわしよみ」で 記事の活用体験 越前市商工会青年部
  • 2017年10月24日 心に響く見出し発見 安居小で公開授業 思いやり学ぶ  心に響く見出し発見 安居小で公開授業 思いやり学ぶ
  • 2017年10月24日 県中学生郷土新聞コン審査 掃部さん(川西2)最高賞  県中学生郷土新聞コン審査 掃部さん(川西2)最高賞
  • 2017年10月19日 保幼小「運動遊び」学ぶ 福井で講座 教諭ら230人  保幼小「運動遊び」学ぶ 福井で講座 教諭ら230人
  • 2017年10月17日 教員 週1は早め帰宅を 多忙解消、働き方見直しへ 大野市教委 全小中で試行  教員 週1は早め帰宅を 多忙解消、働き方見直しへ 大野市教委 全小中で試行
  • 2017年10月16日 池田中男子生徒転落死 「教員指導要因で自殺」 町教委調査委 校長ら謝罪  池田中男子生徒転落死 「教員指導要因で自殺」 町教委調査委 校長ら謝罪
  • 2017年10月12日 地域を発信、新聞できた 越前市花筐小子ども記者ク 取材の苦労など発表  地域を発信、新聞できた 越前市花筐小子ども記者ク 取材の苦労など発表
  • 2017年10月11日 丹南高、鯖江高へ統合 20年度 武生商、武生工「産業高」に 県教委提示  丹南高、鯖江高へ統合 20年度 武生商、武生工「産業高」に 県教委提示
  • 2017年10月08日 沖縄の痛み、新聞で知る 武生東高 修学旅行控え地元紙活用 「無関心ではいけない」  沖縄の痛み、新聞で知る 武生東高 修学旅行控え地元紙活用 「無関心ではいけない」
  • 2017年10月08日 教員養成、県外2校と知見共有 福井大が連合大学院 全国初 来春設置へ調印  教員養成、県外2校と知見共有 福井大が連合大学院 全国初 来春設置へ調印
  • 2017年10月07日 英検 中3の9割超挑む 県立高入試加算で大幅増  英検 中3の9割超挑む 県立高入試加算で大幅増
  • 2017年10月04日 記事素材に問題作り 敦賀赤崎小 切り抜きも  記事素材に問題作り 敦賀赤崎小 切り抜きも
  • 2017年10月02日 iPS観察、特徴学ぶ 坂井 高校生が京大研講座で  iPS観察、特徴学ぶ 坂井 高校生が京大研講座で
  • 2017年10月02日 青年会議所と協働し 主権者教育の充実を 福井、フォーラムで提案  青年会議所と協働し 主権者教育の充実を 福井、フォーラムで提案
  • 2017年10月01日 はがき新聞、全校で実践 勝山・荒土小 「書く力」向上へ  はがき新聞、全校で実践 勝山・荒土小 「書く力」向上へ
  • 2017年10月01日 児童と生徒が歌声共演 敦賀・角鹿中合唱コンクール 小中一貫教育 6年生初参加  児童と生徒が歌声共演 敦賀・角鹿中合唱コンクール 小中一貫教育 6年生初参加
  • 2017年09月27日 敦賀市と福井大 地域振興で連携協定 原子力コース実践教育控え  敦賀市と福井大 地域振興で連携協定 原子力コース実践教育控え
  • 2017年09月27日 ベトナム学生と交流 福井大事業 藤島高生も研究紹介  ベトナム学生と交流 福井大事業 藤島高生も研究紹介
  • 2017年09月27日 英検加算 19年入試で見直し検討 県教育長見解「来年の結果みて」  英検加算 19年入試で見直し検討 県教育長見解「来年の結果みて」
  • 2017年09月26日 子どもの遊び 体験通し考察 県内外学生がフォーラム 坂井・竹田  子どもの遊び 体験通し考察 県内外学生がフォーラム 坂井・竹田
  • 2017年09月26日 英検、来月7200人受検 中3の7500人中 公立校で5.4倍に 県会予特委 理事者答弁  英検、来月7200人受検 中3の7500人中 公立校で5.4倍に 県会予特委 理事者答弁
  • 2017年09月25日 「未来開拓、親子共闘を」 予備校講師林さん講演 県子連50年 福井で式典  「未来開拓、親子共闘を」 予備校講師林さん講演 県子連50年 福井で式典
  • 2017年09月24日 中3生 英検講座に真剣 県教委主催 県内7会場で始まる  中3生 英検講座に真剣 県教委主催 県内7会場で始まる
  • 2017年09月24日 部活動のスリム化を 名古屋大大学院准教授 内田良氏(福井出身)が新刊 長時間労働 教員の働き方改革提案  部活動のスリム化を 名古屋大大学院准教授 内田良氏(福井出身)が新刊 長時間労働 教員の働き方改革提案
  • 2017年09月24日 地域課題の解決策探る 本社でセミナー 親子ら20人、記事ヒントに  地域課題の解決策探る 本社でセミナー 親子ら20人、記事ヒントに
  • 2017年09月23日 モンゴルなどの教員 福井の教育環境学ぶ 7カ国から14人  モンゴルなどの教員 福井の教育環境学ぶ 7カ国から14人
  • 2017年09月21日 空き家活用、記事で探る 美浜西小 公開授業、活性化を検討  空き家活用、記事で探る 美浜西小 公開授業、活性化を検討
  • 2017年09月17日 NIE研修に各校挑戦中 指導要領改定、道徳教科化控え 遊びの感覚取り入れ  NIE研修に各校挑戦中 指導要領改定、道徳教科化控え 遊びの感覚取り入れ
  • 2017年09月08日 小中一貫校19年度着工 敦賀 設置準備委が初会合 全学年2学級で開校へ  小中一貫校19年度着工 敦賀 設置準備委が初会合 全学年2学級で開校へ
  • 2017年09月06日 県奨学金 滞納443万円減 16年度末 返還指導員が奏功  県奨学金 滞納443万円減 16年度末 返還指導員が奏功

越山若水

この漢字はなんでしょう?
こどもタイムズ
新聞わくワークシート
中高生タイムズ
こども記者募集!
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5
NIE公開授業指導案
NIE
ニュースパーク
第8回「いっしょに読もう!新聞コンクール」