トップページ > こども記者の記事 > コウノトリ再び大空へ、こども記者が突撃取材

こども記者の記事

コウノトリ再び大空へ、こども記者が突撃取材

掲載日:2012年08月20日

 こども記者22人に与えられた〝指令〟は▽里地里山を守る越前市の取り組み▽無農薬無化学肥(ひ)料の米作り▽「ふっくん」「さっちゃん」が飼育されている理由やその様子―を取材すること。よし、3班(はん)に分かれて出発だ!
 赤チームはまず「しらやまいこい館」を突撃(とつげき)した。すると「みんなに聞きたいことがあります。コウノトリは、なぜ日本からいなくなったのかな?」。越前市職(しょく)員の日和佳政(ひよりよしまさ)さんから、質(しつ)問が飛んできたぞ。
 「農薬のせいだと思います」と胸(むね)を張る8人のメンバーに、日和さんは「実は、最後のとどめを刺したのが農薬なんです。最初は人間が鉄砲(ぽう)で撃(う)って捕(つか)まえ、すみかの松の木をどんどん切ってしまった。さらに農薬や化学肥料で田畑のえさがなくなり、数が減(へ)っていったんです」。え~っ…。児童たちは好奇(き)心で目を輝(かがや)かせながら、一生懸(けん)命メモしていたよ。
 コウノトリをシンボルにした自然再(さい)生の意義(ぎ)も、日和さんは分かりやすく教えてくれた。「生き物がいなくなったら、人間も食べ物がなくなって暮(く)らせなくなるよね。生態系(たいけい)のピラミッドの頂点に立つコウノトリが普通に過(す)ごせる場所は、人間にとっても優(やさ)しいんですよ!」。そっか、そういうことだったのか!! みんな、納(なっ)得した表情(じょう)で相づちを打っていた。
 日和さんの話を一通り聞き終えたら、インタビューにチャレンジした。その後、豊かな田園風景が広がる現場に出掛(か)け、「コウノトリ呼び戻(もど)す農法部会」代表の恒本明勇(つねもとあきお)さん、県職員で獣(じゅう)医師の木村美貴(きむらみき)さんを相手に取材活動を活発に繰り広げたよ。3カ所での主なやりとりは、右のコーナーに紹介(しょうかい)しているから、読んでみてね。
  ★  ★  ★
 お昼前には、隣(となり)の坂口地区にバスで移(い)動し、コウノトリの人工巣塔(とう)の除幕(じょまく)式に地元住民たちと一緒(しょ)に出席した。そして、近くのエコビレッジ交流センターで食事を取った後、奈良(なら)俊幸(としゆき)市長から直接話を聞いたよ。
 「私は越前市と遠く離(はな)れた所に住んでいるけど、コウノトリと人間が仲良く暮らすために、できることはありますか?」。こう切り出したのは河野(こうの)富貴乃(ふきの)さん(福井大附属小5年)。これに対し、奈良市長は「みんなの家に田んぼはあるかな?」と逆(ぎゃく)質問。ぽつぽつと手が挙がる様子を見つめながら、「田んぼがなくても、毎日ご飯は食べるよね。環境に優しいお米や野菜を買うことで、農薬や化学肥料を使わない農家を応援(おうえん)することになって、コウノトリを増(ふ)やすことにつながるんだよ」と呼び掛けた。
 〝記者会見〟の最後に「コウノトリは1日に体重の10分の1のえさを食べるんだ。だから、野外で暮らせるようにするには、魚や虫が捕(と)れる地域をたくさん増やさないといけない。力を合わせて頑張(がんば)りましょう!」と奈良市長。本当の豊(ゆた)かさって何なのかな? 一人一人が、日ごろの暮らしを見つめ直していたよ。
  ★  ★  ★
 これで全ての取材が終了。一息ついたら、無農薬の稲(いな)わらを使った壁(かべ)掛け作りを楽しんだよ。
 最初は、どの児童も緊張(きんちょう)気味だったけど、徐々に打ち解(と)け、最後は同じ学校の仲良しみたいだったよ。帰りのバスの中は、大きな口を開けて「zzz」と寝息を立てたり、おしゃべりを楽しんだり…。別れを惜(お)しんで、連絡(らく)先を教え合う姿(すがた)もあった。こども記者イベントで、また会おうね!

福井教育ダイジェスト

2016-2017年度

  • NIE実践指定校に県内9校決定 16年度新聞協会、新規に5小中(3月15日) NIE実践校

2015-2016年度

2014-2015年度

2013-2014年度

  • 対立ない社会の実現へ意見発表 福井農林高でNIE公開授業 福井農林高校
  • 錦織圭選手を教材に夢実現の道探る NIE実践校の越前中で授業 越前中学校
  • 中学生のスマホ利用のルールは? NIE実践、越前中で討論 越前中学校
  • 輝ける人になるには?児童が研究 NIE実践校の武生西小 武生西小学校

2011-2012年度

この漢字はなんでしょう?
福井の中学生の想像力!「郷土新聞」ベスト5

ヤングこだま

以前のテーマ >

3月テーマは「別れ」

  • 楽しく遊べる雪 とけてさみしい
  • 6年生みたいに やさしくしたい
  • 中学に行っても みんなと仲良く

こども記者の記事

以前の記事 >

絵画を鑑賞しながら、作品をきれいに見せるための秘密などを取材するこども記者=福井市の県立美術館(新谷貴之撮影)

こども記者 県立美術館に“潜入”

今回の福井新聞「こども記者」活動は県立美術館(福井市)を訪(...
2016年11月27日 (土)

NIE公開授業指導案
こどもタイムズプラス こども記者募集!